膠原 病 症状 チェック シート。 膠原病ってどんな病気?

膠原病とは?画像でみる膠原病の症状と種類、検査、治療法

膠原 病 症状 チェック シート

図5 感染から発病まで 結核の典型的な経過を辿った症例をご紹介いたします Aさんは60歳代男性です。 もともと健康で大きな病気にかかったことはありませんでした。 1発病 ある時から咳が出始めたため、風邪と思って手持ちの風邪薬を服用し、3~4日で症状がやや軽くなったので、そのまま放置していました。 2発熱 2週間後再び咳が出始めました。 このころから夕方になると37. かかりつけ医を受診したところ、「風邪のぶり返し」と言われ、抗生物質や解熱剤、咳止めなどが処方されました。 4入院 結核病床のある病院を紹介され直ちに入院し、標準的治療による治療を開始しました。 5治療の進行 治療開始後2カ月後の結核菌塗抹検査で結核菌検査が3回続けて陰性になりました。 6退院 カンファランスが開かれ、病院の医師や看護師、ケースワーカー、それと地域の保健師などが検討し、Aさんの今後の治療について検討されました。 7外来受診 外来での治療は2剤だけとなり、毎月受診して1カ月分の薬をもらい、それを毎日服用することになりました。 また、保健所から交付された「服薬手帳」のカレンダーに妻が[服薬済み]のマークを記入して、外来受診の時に主治医がチェックし、確認のサインをもらうという方法がとられました。 図6 診断から治療完了までの経過 結核は患者さん本人だけの問題ではありません Aさんのまわりの方に感染が広がっていないかどうか調査(接触者検診)をしました Aさんの入院に伴って保健所の保健師が面会に来院し、病気や治療の説明をしながら、発病前後のAさんの生活について尋ねました。 その結果に基づいて、保健所はAさんから結核感染を受けそうな人の範囲を決めました(妻、咳をし始めてから何回か訪ねてきた子どもの家族、何回か通った近所の碁会所の仲間など)。 これらの人々には保健所から連絡して健康診断を受けてもらいました。 検査の結果、妻は病気は起こしていないが感染を受けた可能性があるとのことで発病予防の治療が行われました。 子どもの家族は全員感染はありませんでした。 碁会所の仲間にもX線検査により異常がないことが確認されました。

次の

膠原病(こうげんびょう)の種類・初期症状・治療法 [膠原病・リウマチ] All About

膠原 病 症状 チェック シート

膠原病は中年の女性に多い病気です 膠原病が何かを理解するためには、まず免疫について知っておく必要があります。 詳しくは、「」を参考にしてください。 「免疫」とは、簡単に言うと異物や病原体が体に侵入してきたとき、体を防御しようとするシステムです。 免疫によって病気が治ったり、予防できたりします。 ところが、この免疫が暴走することで、かえって病気になってしまうのが、「膠原病」です。 「自己免疫疾患」の通り、自分の免疫が自分を攻撃してしまい、炎症を起こし、臓器や組織を壊してしまうわけです。 攻撃される臓器によって病気が異なります。 例えば、慢性関節リウマチは、主に関節が攻撃され、関節炎を起こします。 皮膚筋炎は皮膚と筋肉が攻撃され、皮膚に湿疹が出たり、筋肉に力が入らない状態になります。 膠原病の種類 一言で膠原病と言っても、その種類や病名は様々です。 リウマチなどのよく聞く疾患も、膠原病の一つなのです。 主な膠原病の種類と、主に攻撃される部位についてまとめました。 全身が攻撃される• ・若年性免疫性リウマチ 主に関節、子供では全身が攻撃される• 主に全身が攻撃される• 全身性硬化症 SSc ・・進行性全身性硬化症 PSS 主に皮膚などが攻撃される• ・多発性筋炎 PM 主に皮膚や筋肉が攻撃される• 結節性多発性動脈炎 PN 主に血管が攻撃される• 主に唾液腺、涙腺などが攻撃される• Wegener肉芽腫症 Wegener's granulomatosis; WG 副鼻腔、腎臓、肺が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 過敏性血管炎 主に血管が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 主に血管が攻撃される• 原因不明の筋肉の病気• 主に消化管が攻撃される• 主に消化管が攻撃される• 主に粘膜が攻撃される• 原発性胆汁性肝硬変 主に肝臓や胆管が攻撃される 以上のように種類が多く、なかなか診断がつかないことがあります。 膠原病の初期症状と診療科 発熱が続いたり、体がだるい状態が続くのも症状の一つです 膠原病は、慢性疾患になりますので、症状が長いことが特徴です。 また、良くなったり悪くなったりする症状があれば、要注意です。 発熱、咳、蛋白尿、関節痛、湿疹、下痢、腹痛、体がだるいなどの症状が長く続く場合、膠原病の可能性があります。 風邪や胃腸炎の症状に似ていますが、1週間も、2週間、1ヶ月も改善しなければ、風邪ではない可能性が高くなりますので、一度医療機関を受診するようにしましょう。 詳しく問診で、膠原病が疑われた場合、血液検査や尿検査を行います。 さらに関節痛がある場合は、整形外科でも診てもらうことが大切です。 認定認定アレルギー専門医になる試験に、膠原病の知識が必ず問われますので、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を標榜されているといいかもしれません。 しかし、膠原病の可能性が高い場合は、膠原病内科、膠原病・リウマチ内科の方がいいでしょう。 リウマチなら整形外科を受診してもいいでしょう。 ただ、子供の場合と同じで、や認定リウマチ専門医を標榜されているといいかもしれません。 学会認定専門医・指導医のリスト• 医療機関の科目に、膠原病、リウマチの文字があるかどうかを調べておいた方がいいですね。 次ページでは、膠原病の診断法と治療法について解説します。

次の

膠原病の初期症状は目と咳と筋肉と発熱に注意!女性が多い理由は?

膠原 病 症状 チェック シート

大野貴司皮膚科・形成外科部長 自己免疫疾患では特異疹とよばれる疾患に特徴的な皮膚症状がみられます。 今回は代表的な自己免疫疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)、皮膚筋炎、全身性強皮症、シェーグレン症候群の皮膚症状をイラストで紹介します。 全身性エリテマトーデス SLEは10~30歳代の女性に多くみられる関節症状、発熱、全身倦怠(けんたい)を伴う膠原(こうげん)病の代表的疾患です。 血液検査では抗核抗体陽性、抗Sm抗体陽性など多彩な免疫異常を伴います。 最も特徴的な皮膚症状は頬部紅斑(蝶=ちょう=形紅斑ともよばれます)で両頬に蝶が翅(はね)を広げたような紅斑がみられます。 鼻唇溝(頬と口の間にできるハの字の溝)より上にあり、鼻背にも発疹がみられるのが特徴です= 図1。 かぶれと違いかゆみより勺熱(しゃくねつ)感(焼ける感じ)を伴うことが多いといわれています。 手指、耳介などに凍瘡(とうそう=しもやけ)様の紅斑がみられることもあります。 紅斑以外に頭頂部の脱毛(ループスヘア、前頭部の毛髪が細く、折れやすく短くなる)もSLEの皮膚症状のひとつです= 図2。 皮膚筋炎 皮膚筋炎は筋肉の痛み、筋力低下に皮膚症状を伴う疾患です。 特徴的な皮膚症状はヘリオトロープ疹とよばれる上眼瞼(がんけん)の紅斑、浮腫です= 図3。 顔面の筋力低下で悲しそうな表情になることもあります。 名前の由来の花の色のように白人では赤紫色にみえますが、日本人では淡い紅色にみえます。 ゴットロン徴候は両手指関節背面に一致して紅斑、丘疹をみとめます= 図4。 背中から両肩にはショールを羽織ったような紅斑がみられます(ショールサイン)= 図5。 最近注目されている皮膚筋炎の皮疹はメカニックハンド(機械工の手)と呼ばれ親指と人差し指の内側に手あれのような皮疹がみられます= 図6。 全身性強皮症 全身の皮膚硬化と、逆流性食道炎、肺線維症、高血圧などの内臓病変を伴う疾患です。 皮膚症状はレイノー現象(寒冷暴露などで手指が蒼白=そうはく=になり、その後紫紅色、潮紅がみられます)、手指がソーセージ様に腫脹、後爪郭(こうそうかく)部の毛細血管異常(爪の後ろに毛細血管が拡張蛇行)、爪上皮出血点などが特徴です= 図7。 手指は初め厚ぼったく触れますが、やがて硬化し指でつまむことができなくなります。 顔面は皮膚硬化により表情の乏しい顔貌(仮面様顔貌)になります。 小さな円形から楕円(だえん)形の斑状毛細血管拡張が目立つこともあります= 図8。 シェーグレン症候群 涙腺や唾液腺に炎症を起こし、眼、口腔(こうくう)の乾燥症状、関節症状のほか種々の免疫異常がみられる疾患です。 皮膚症状としては顔面などにドーナツ型の環状紅斑とよばれる皮疹がみられます。 唾液の分泌低下により舌が赤く平らになる場合もあります= 図9。 目の周りに湿疹ができることもあります。 自己免疫疾患に伴う皮疹は疾患に特徴的なものも多く、早期診断のきっかけになる場合もあり、気になる皮膚症状があれば専門医へご相談ください。 岡山大学医学部皮膚科准教授を経て、くらしき作陽大学食文化学部栄養学科教授・学科長。 2015年4月より現職。 日本皮膚科学会認定専門医。 岡山大学医学部臨床教授。 (2016年09月19日 更新).

次の