王 は 愛する 視聴 率。 韓国ドラマ

「王は愛する」登場人物と感想

王 は 愛する 視聴 率

原作小説ありきで、「大王四神記」「シンイ~信義~」の脚本家ソン・ジナの最新作 OST、映像美が素晴らしく、3人の愛と友情、渦巻く陰謀と見ごたえがありました。 主人公の1人ワン・ウォン(のちの26代忠宣王)は、父親は高麗25代忠烈王、母親は元の皇帝フビライの娘元成公主という高麗初の混血の世子 出自のせいで、父親に疎まれ、母親には理解されず、絶対的な孤独を抱えて生きる役どころ そんなワン・ウォンが唯一心を許せる存在がワン・リン ワン・リンは、高麗第一序列の王族で王にふさわしい器を持ちながらそれを望まず、ひたすらワン・リンを陰で支えます。 そして、ウォンとリンの2人と運命的な出会いをする高麗一の富豪の娘ウン・サン 純血の高麗王を立てようとする陰謀に巻き込まれたサンは、侍女と入れ替わり、母を殺した相手に復讐を誓います。 このドラマ、最後までどうなるのかわからず、ハラハラしました。 (もちろん、だいたい予想はつくのですが) あ~、まさかやめてーと最後までハラハラし通しで、飽きることなく視聴できました。 イム・シワン推しかホン・ジョンヒョン推しかで、ドラマの観かたや感想は違ってくるかと思いますが、オススメのドラマです。 「王は愛する」というタイトルではありますが、3人の愛の行方以外にも、さまざまな愛の形が描かれています。 「王は愛する」の概要 第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。 政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。 ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。 リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。 ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。 殺された女性の娘であるサンは幸い難を逃れるが、狙われていたのが娘だと気付いたヨンベクは、身分を偽り侍女として生きるようサンに告げる。 一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言を伝えようとヨンベクの屋敷へ忍び込み、サンとは知らずに母親の最期の言葉を伝える。 これが三人の出会いだった。 7年後、学者イ・スンヒュを訪ねたウォンとリンはそこで美しく気高い女性に成長したサンと再会する。 サンはソファと名乗り、スンヒュの弟子になっていた。 三人の間には友情が芽生えるが、これが三人の運命を大きく変えていく。 ウォンは次第にサンに恋心を抱くようになり、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。 永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。 引用:公式 引用:公式 放送年度 2017年 回数話 全20話(韓国版は40話) 最高視聴率 8. 1% 「王は愛する」主要キャストと出演作 役名 出演作 イム・シワン ワン・ウォン 「太陽を抱く月」「トライアングル」「ミセン~未生~」「他人は地獄だ」 ホン・ジョンヒョン ワン・リン 「絶対彼氏」「世界で一番可愛い私の娘」「麗~花萌ゆる8人の皇子たち」「恋のハイヒール」「ママ~最後の贈り物~」」 ユナ(少女時代) ウン・サン 「君は僕の運命」「シンデレラマン」「総理と私」「初めてだから」「ラブレイン」 人気の韓国ドラマを無料で見放題!動画配信サイトのまとめ みなさんは、韓国ドラマを何で視聴していますか? 地上波やBS,WOWWOW,専門チャンネルといろいろなところで放送していますね。 私は、主にBSをチェックしていますが、見逃してしまったドラマや話題の最新ドラマを見たい時には「動画配信サイト」を利用しています。 どのサイトも無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったら、まずは無料で体験してみてください。 初めまして、しらこです。 当サイトにご訪問いただきありがとうございます。 韓国ドラマにはまって15年以上、ド定番の冬のソナタから始まり、視聴したドラマ数は100本以上の50代主婦です。 ついでに、知っているとさらに韓国ドラマが楽しめる小ネタも紹介しています。 また、韓国の女優さんの肌の美しさに憧れ、美容情報にもアンテナを張り、自分で使ってみた美容アイテムを紹介しています。 ちなみに好きな俳優さんは、イ・ジュンギ씨、ソ・ジソプ씨です。

次の

「王は愛する」登場人物と感想

王 は 愛する 視聴 率

 [王は愛する OST Part 1]Roy Kim- Starlight MV 王は愛する ドラマ放送情報• 放送日と時間: MBC月火10h 韓国• ジャンル: ヒストリカル、メロドラマ• 演出: キム・サンヒョブ「トンイ2010」「華麗なる誘惑2017」「ママ」• 脚本:ソン・ジナ「シンイ・信義」「ヒーラー」• 全体のあらすじ:高麗時代を背景に美しく悲しい三人の男女の愛と欲望を描いたドラマ• キム・キリョン原作「王は愛する」をドラマ化• 中国の世界最大のゲーム会社テンセント Tencent)が出資• イム・シワン入隊前の最後の作品• 六カ国 中国・台湾・日本・タイ・アメリカ・オーストラリア へ先行発売済み 王は愛する 時代背景 1206 チンギス・カンがモンゴル帝国建設 -57 モンゴルの侵攻 59 23代高宗がモンゴルへ降伏し24代元宗が親善関係を結ぶ 70 100年続いた武臣政権が崩壊し、王政が復活 1271年 国号を「元」へと改めた頃から モンゴルが高麗に干渉するようになり国力が衰退している時代• この頃から王室の呼び方が「朕」から「寡人」、「陛下」から「殿下に下げられ 廟号も「宗」の使用が禁止され 元への忠誠を示す「忠」の字の使用が強制されるようになる。 この後31代恭ミン王まで80年間、 モンゴルの支配下に置かれる高麗• 高麗の忠烈王は、1274年に、モンゴル帝国の世祖フビライ・ハーンの娘クトルグケルミシュ公主に婿入りし、その息子がモンゴル人とのハーフのイジルブハ(忠宣王)。 ドラマと違い史実では、 その頃の世子は元都のモンゴル宮廷で育てられるのが慣例だった。 1259-74 24代 高麗王元宗 ウォンジョン 1274-98 25代忠烈王 チュンニョルワン 1298-1308 復位 1298-98 26代忠宣王 チュンソンワン 1308-1313 復位 日本 鎌倉時代中国 宗 韓国ドラマ 王は愛する キャスト 登場人物 視聴率 メインキャスト 出演者 イム・シワン ワン・ウォン役 高麗史初の混血王世子 征服欲と熱い欲望を隠し持つ シワン代表作: 『他人は地獄だ』 『ミセン』 『太陽が抱く月』 イム・ユナ 少女時代 ウン・サン役 高麗一金持ちの一人娘 清純さと男性的な強さを持つ ユナ代表作: 『The K2』 『初めてだから』 『総理と私』 ホン・ジョンヒョン ワン・リン役 純血の王族の三男 ウォンの幼馴染で護衛武士 ホンジョンヒョン代表作: 『世界で一番かわいい私の娘』 『絶対彼氏』 『』 三人の登場人物の情報についてはあらすじ1話2話でまとめています。 助演のキャスト・登場人物 ワン・ウォン シワン 周辺 ギム内官 キム・ジョンウク扮 ウォンの宦官 ジン・グァン ジェホ扮 ウォンの護衛 チャン・ギ キ・ドフン扮 ウォンの護衛 ウン・サン ユナ 周辺 ウン・ヨンべク イ・ギヨン扮 サンの父 高麗一の金持ち イ・ギヨン代表作:『カンテク揀択』『熱血司祭』『不滅の恋人』 イ・スンヒュ オム・ヒョソブ扮 サンの師匠 オム・ヒョソプの代表作:『カンテク揀択』『医師ヨハン』『』『』 ビヨン パク・ジヒョン扮 サンの侍女 パク・ジヒョンの代表作:『』『親愛なる判事様』『私の恋したテリウス』 コ・ヒョン キム・ジョンハク扮 ヨンべク腹心の家来 ワン・リン ホン・ジョンヒョン 周辺 キム・ホジン ワン・ヨン リンの父 パク・ファニ ワン・ダン リンの妹 ユン・ジョンフン ワン・ジョン リンの次兄 王家の人々 チョン・ボソク 25代高麗王 ワン・ウォンの父 チャン・ボソクの代表作:『』『胸部外科』『アラン使道伝』 チャン・ヨンナム 元成 ウォンソン 公主 クビライ・カンの娘 17歳でウォンを生む チャン・ヨンナムの代表作:『』『私の国』『王になった男』『』 チェ・セヨン キム・ビョンチュン 元成公主の宦官 フラタイ キム・ジュワン扮 元成公主護衛武士 チョ尚宮 ミン・ヨンウォン扮 元成公主の最高尚宮 ソン・イン オ・ミンソク と周辺の人々 オ・ミンソク ソン・イン 隠れた実力者 オ・ミンソク代表作:『愛はビューティフル。 忠烈王とモンゴルから嫁いだウォンソン王后が宮廷内で権力争いをしていること• ワン・ウォンとワン・リンの二人の愛はウン・サンへと向かっているが、ウン・サンの愛はどちらにも向いていない所に関心。 ウォンに向かっているリンの妹ダンの思い。 世子の座を狙う兄ジョンと対立しているリン。 0 8. 6 7. 8 8. 0 6. 5 5. 1 6. 9 7. 0 6. 2 7. 2 7. 6 7. 0 7. 5 7. 3 5. 9 6. 5 6. 7 6. 3 6. 9 7. 0 5. 6 6. 0 7. 5 6. 2 7. 0 7. 0 6. 5 6. 6 6. 6 6. 5 7. 1 7. 1 6. 2 7. 5 8. 1 7. 2 7. 4 6. 3 6. 4 6. 4 7. 3 6. 9 7. 3 5. 6 5. 7 6. 7 6. 3 6. 6 7. 6 6. 3 5. 8 6. 6 6. 3 6. 6 7. 8 6. 8 7. 2 7. 1 6. 2 7. 3 7.

次の

「王は愛する」登場人物と感想

王 は 愛する 視聴 率

 [王は愛する OST Part 1]Roy Kim- Starlight MV 王は愛する ドラマ放送情報• 放送日と時間: MBC月火10h 韓国• ジャンル: ヒストリカル、メロドラマ• 演出: キム・サンヒョブ「トンイ2010」「華麗なる誘惑2017」「ママ」• 脚本:ソン・ジナ「シンイ・信義」「ヒーラー」• 全体のあらすじ:高麗時代を背景に美しく悲しい三人の男女の愛と欲望を描いたドラマ• キム・キリョン原作「王は愛する」をドラマ化• 中国の世界最大のゲーム会社テンセント Tencent)が出資• イム・シワン入隊前の最後の作品• 六カ国 中国・台湾・日本・タイ・アメリカ・オーストラリア へ先行発売済み 王は愛する 時代背景 1206 チンギス・カンがモンゴル帝国建設 -57 モンゴルの侵攻 59 23代高宗がモンゴルへ降伏し24代元宗が親善関係を結ぶ 70 100年続いた武臣政権が崩壊し、王政が復活 1271年 国号を「元」へと改めた頃から モンゴルが高麗に干渉するようになり国力が衰退している時代• この頃から王室の呼び方が「朕」から「寡人」、「陛下」から「殿下に下げられ 廟号も「宗」の使用が禁止され 元への忠誠を示す「忠」の字の使用が強制されるようになる。 この後31代恭ミン王まで80年間、 モンゴルの支配下に置かれる高麗• 高麗の忠烈王は、1274年に、モンゴル帝国の世祖フビライ・ハーンの娘クトルグケルミシュ公主に婿入りし、その息子がモンゴル人とのハーフのイジルブハ(忠宣王)。 ドラマと違い史実では、 その頃の世子は元都のモンゴル宮廷で育てられるのが慣例だった。 1259-74 24代 高麗王元宗 ウォンジョン 1274-98 25代忠烈王 チュンニョルワン 1298-1308 復位 1298-98 26代忠宣王 チュンソンワン 1308-1313 復位 日本 鎌倉時代中国 宗 韓国ドラマ 王は愛する キャスト 登場人物 視聴率 メインキャスト 出演者 イム・シワン ワン・ウォン役 高麗史初の混血王世子 征服欲と熱い欲望を隠し持つ シワン代表作: 『他人は地獄だ』 『ミセン』 『太陽が抱く月』 イム・ユナ 少女時代 ウン・サン役 高麗一金持ちの一人娘 清純さと男性的な強さを持つ ユナ代表作: 『The K2』 『初めてだから』 『総理と私』 ホン・ジョンヒョン ワン・リン役 純血の王族の三男 ウォンの幼馴染で護衛武士 ホンジョンヒョン代表作: 『世界で一番かわいい私の娘』 『絶対彼氏』 『』 三人の登場人物の情報についてはあらすじ1話2話でまとめています。 助演のキャスト・登場人物 ワン・ウォン シワン 周辺 ギム内官 キム・ジョンウク扮 ウォンの宦官 ジン・グァン ジェホ扮 ウォンの護衛 チャン・ギ キ・ドフン扮 ウォンの護衛 ウン・サン ユナ 周辺 ウン・ヨンべク イ・ギヨン扮 サンの父 高麗一の金持ち イ・ギヨン代表作:『カンテク揀択』『熱血司祭』『不滅の恋人』 イ・スンヒュ オム・ヒョソブ扮 サンの師匠 オム・ヒョソプの代表作:『カンテク揀択』『医師ヨハン』『』『』 ビヨン パク・ジヒョン扮 サンの侍女 パク・ジヒョンの代表作:『』『親愛なる判事様』『私の恋したテリウス』 コ・ヒョン キム・ジョンハク扮 ヨンべク腹心の家来 ワン・リン ホン・ジョンヒョン 周辺 キム・ホジン ワン・ヨン リンの父 パク・ファニ ワン・ダン リンの妹 ユン・ジョンフン ワン・ジョン リンの次兄 王家の人々 チョン・ボソク 25代高麗王 ワン・ウォンの父 チャン・ボソクの代表作:『』『胸部外科』『アラン使道伝』 チャン・ヨンナム 元成 ウォンソン 公主 クビライ・カンの娘 17歳でウォンを生む チャン・ヨンナムの代表作:『』『私の国』『王になった男』『』 チェ・セヨン キム・ビョンチュン 元成公主の宦官 フラタイ キム・ジュワン扮 元成公主護衛武士 チョ尚宮 ミン・ヨンウォン扮 元成公主の最高尚宮 ソン・イン オ・ミンソク と周辺の人々 オ・ミンソク ソン・イン 隠れた実力者 オ・ミンソク代表作:『愛はビューティフル。 忠烈王とモンゴルから嫁いだウォンソン王后が宮廷内で権力争いをしていること• ワン・ウォンとワン・リンの二人の愛はウン・サンへと向かっているが、ウン・サンの愛はどちらにも向いていない所に関心。 ウォンに向かっているリンの妹ダンの思い。 世子の座を狙う兄ジョンと対立しているリン。 0 8. 6 7. 8 8. 0 6. 5 5. 1 6. 9 7. 0 6. 2 7. 2 7. 6 7. 0 7. 5 7. 3 5. 9 6. 5 6. 7 6. 3 6. 9 7. 0 5. 6 6. 0 7. 5 6. 2 7. 0 7. 0 6. 5 6. 6 6. 6 6. 5 7. 1 7. 1 6. 2 7. 5 8. 1 7. 2 7. 4 6. 3 6. 4 6. 4 7. 3 6. 9 7. 3 5. 6 5. 7 6. 7 6. 3 6. 6 7. 6 6. 3 5. 8 6. 6 6. 3 6. 6 7. 8 6. 8 7. 2 7. 1 6. 2 7. 3 7.

次の