未来のミライ 声優。 【おすすめアニメ】映画『未来のミライ』豪華声優陣に注目!|なんちゃんの映画珍道中

未来のミライのネタバレと感想!声優が下手?一覧をチェック!

未来のミライ 声優

細田守監督の新作アニメーション映画『未来のミライ』の声優陣が発表。 あわせて新映像が公開された。 7月20日から公開される同作は『未来のミライ』は、甘えん坊の4歳の少年くんちゃんが未来から来た妹・ミライちゃんと出会い、初めての体験を繰り返しながら成長していく様を描くファンタジー作品。 細田監督が自ら原作と脚本を手掛けている。 今回声優として出演が発表されたのは、くんちゃん役の上白石萌歌、ミライちゃん役の黒木華、おとうさん役の星野源、おかあさん役の麻生久美子、くんちゃんが出会う謎の男役の吉原光夫、くんちゃんのばあば役の宮崎美子とじいじ役の役所広司。 黒木が細田作品に参加するのは同作で3作目となる。 上白石は「ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに監督から呼び止められ、4歳の男の子を演じることになり、驚きました。 くんちゃん役に決まってからは、保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、お話をしたりして、自分が4歳だったころを思い出していました」、黒木は「私自身、姉弟がいるので、妹ができた時のくんちゃんの気持ちにはとても共感するところがありました。 くんちゃんが少しずつ成長していく姿が微笑ましく、くんちゃんの冒険を通して、愛情や絆を沢山感じられる作品です」とそれぞれコメント。 また星野は「僕が演じるのは、子育てと仕事に奔走し、成長せんと踠いている父親です。 映像を初めて観た時、くんちゃんと赤ちゃんのミライちゃんの一挙手一投足があまりにも可愛く、転げ回りました」、麻生は「私が演じるおかあさんは、ミライちゃんの誕生で赤ちゃん返りをするくんちゃんに手を焼きますが、私も同じことで悩んだことがあったので、共感の嵐でした。 なお、4月13日から『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』のポスタービジュアルを使用した5枚組ポストカード付前売券を5万人限定で販売。 詳細は『未来のミライ』のオフィシャルサイトで確認しよう。 上白石萌歌のコメント 最新作が公開になる度に劇場で観ていた細田監督の作品に出演することができ、すごく幸せです。 ミライちゃん役のオーディションを受けた帰りに監督から呼び止められ、4歳の男の子を演じることになり、驚きました。 くんちゃん役に決まってからは、保育園で4歳の男の子と実際に遊んだり、お話をしたりして、自分が4歳だったころを思い出していました。 とても難しい役でしたが、模索しながらも楽しんで挑戦しました。 くんちゃんはずっと見ていても飽きないくらい愛くるしい。 「未来のミライ」は、細田監督の愛を強く感じる作品です。 その愛情を受け取り、くんちゃんとしてしっかり存在したいです。 黒木華のコメント 細田監督作品は、身近な出来事が繊細に描かれているのに、物語の世界観が壮大で勇気をもらうことができます。 監督と今作で再びご一緒することができてとても嬉しいです。 4歳の子どもが主人公の作品はなかなかないのでとても楽しみにしていました。 私自身、姉弟がいるので、妹ができた時のくんちゃんの気持ちにはとても共感するところがありました。 くんちゃんが少しずつ成長していく姿が微笑ましく、くんちゃんの冒険を通して、愛情や絆を沢山感じられる作品です。 星野源のコメント 細田監督の世界に呼んで頂いたことを、とても嬉しく思います。 僕が演じるのは、子育てと仕事に奔走し、成長せんと踠いている父親です。 映像を初めて観た時、くんちゃんと赤ちゃんのミライちゃんの一挙手一投足があまりにも可愛く、転げ回りました。 収録も穏やかで、何か一つの生き物を全員で大事に育てている感覚になりました。 いまから公開の日を楽しみにしています 麻生久美子のコメント 『時をかける少女』を観た時から細田作品のファンでした。 くんちゃんの家族は、我が家の家族構成とよく似ていてとても身近に感じました。 私が演じるおかあさんは、ミライちゃんの誕生で赤ちゃん返りをするくんちゃんに手を焼きますが、私も同じことで悩んだことがあったので、共感の嵐でした。

次の

未来のミライは声優が下手で酷い!声に違和感がありすぎて映画に集中できないと話題!

未来のミライ 声優

では、映画「未来のミライ」がつまらないし面白くないと感じる理由や意見、 声優がひどい下手くそだといった評価・感想をツイッター上の声とともに紹介していきましょう。 日本アカデミー賞の長編アニメーション部門でノミネートされたことも、つまらないと感じた人の気持ちに拍車をかけているようです。 タイムスリップする理由が意味不明で面白くない 今更ながら細田監督の「未来のミライ」を見た。 つまらない。 主役の声優が下手、タイムスリップする意味(仕掛け)が不明、だからどうした?というストーリー。 特にそのタイムスリップに意味があるわけでもなく、なんのための設定なのか理解ができないと感じてしまいます。 せっかく家族の日常を描くなら、すべて日常に寄り添った上で壁を越えていくストーリーにすべきだったのではないでしょうか? 細田守作品が好きな人にはつまらないし面白くない 未来のミライ今までの作品と違うのね😃 子供いる人ならすげーあるあるがつまってるけど 今までの作品が好きな人とか子供いない人にはつまらないと思う。 — bbd bbd52158776 バケモノの子やサマーウォーズなどで有名な細田守監督といえば、分かりやすい作品づくりが魅力でもあります。 シンプルにかっこいい、感動すると思える作品に惹かれて映画「未来のミライ」を見てしまうと、あまりのギャップに失望してしまいます。 日本人にとっては家族の日常をいまさら長編アニメ映画で見させられることに必要性を感じられませんが、日本に興味のある外国人にとっては「普通の日本」を知ることができるという意味でも評価が高いのかもしれません。 ただし「普通の日本の家族」の描写に対しても批判的な意見も多くあります。 主人公くんちゃんの声優がひどい下手くそでつまらない 未来のミライつまらない。 すごいわだいになったから期待してたんだけどなー。 なにより主人公っぽい男の子の見た目と声のギャップが違和感しかない。 男の子なのに声が女すぎるわ。 努力はしているのでしょうが、違和感が強いため作品にも集中できなくなるほどひどいです。 声優が俳優だらけでひどい下手で面白くない なんか昔から細田守監督の作品に違和感を感じてたんだけど、飛行機で「未来のミライ」を見て決定的になった。 自分の好み的にはすっごい苦手な映画だったし、女性観がやっぱ他の作品を含めても違和感。 絵は綺麗だったけどね。 でも終始イライラするし、声もダメすぎた。 多分自分には合わないんだな! — ポリちん porichinmayu 主人公の「くんちゃん」だけでなく、脇を固めるキャラクターもほとんど俳優です。 黒木華、福山雅治、星野源などが主なキャラクターの声優を務めており、話題作りのために本職の声優ではなく俳優や著名人を起用するやり方にうんざりしている人たちにとっては特につまらないと感じるポイントの一つです。 映画「未来のミライ」を面白いし楽しいと感じるのはこんな人 映画「未来のミライ」についてつまらないし面白くないといった意見を紹介してきましたが、面白いと感じる人たちもいます。 どういった人たちが映画「未来のミライ」を楽しめるのか見ていきましょう。 あのおうちは私の理想。 — にあ Niea722 「なんで?」という理屈ではなく、自分自身の想像力で補うことが得意な人にとっては楽しむことができる作品のようです。 また、主人公「くんちゃん」の住む普通の家に魅力を感じる人にとっては、そこでの暮らしぶりに想像が膨らみ、より一層面白いと感じられます。 兄弟や子供がいる人は面白いと感じる 『未来のミライ』を観た。 日常を微細に描くことをつまらないと捉えるか、現実味があると捉えるかは人それぞれだし、個人的に後半の展開は悪くないかなって思った。 兄弟、子供のいる方は共感できる作品。 — 出来 良磨 Ryoma Deki LegoRyoura1 兄弟との思い出を振り返り「自分にもこういった経験があったな」と思いを馳せたり、子育てをしていて経験した「あるあるネタ」として共感できる人にとっては面白いと感じることができます。 懐かしい日々を思い返したいという人には打ってつけの作品と言えそうです。 まとめ ・映画「未来のミライ」のあらすじは? 映画「未来のミライ」は家族の日常を描いた作品で、ごく当たり前な家族の普通な日々の中にある葛藤や感動に焦点を当てています。 ・映画「未来のミライ」の評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由• 何が言いたいのか意味不明でつまらないし面白くない• タイムスリップする理由が意味不明で面白くない• 細田守作品が好きな人にはつまらないし面白くない• 日本の家庭が見たい外国人は面白いと感じる• 主人公くんちゃんの声優がひどい下手くそでつまらない• 声優が俳優だらけでひどい下手で面白くない ・映画「未来のミライ」を面白いし楽しいと感じるのはこんな人• 想像力がある人は面白くて楽しいと感じる• 兄弟や子供がいる人は面白いと感じる いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

未来のミライ

未来のミライ 声優

・主人公で本名は「太田訓」 ・4歳の男の子 ・妹「ミライ」が生まれ、複雑な心境 ・電車が大好き ・わがまま こんな感じです。 ただ、 わがままとレッテルを張って、敬遠してしまうと可哀そうな部分もありますよね。 正直言って、みんな同じ道を歩むんですから当たり前のことなんですよ、これって。 要は、普通の男の子です。 この年頃の男の子を育てている夫婦の場合はかなり重なる部分があり、ちょっと憎らしくも見えてくるのかもしれませんね。 我が家の場合は、数年前に通り過ぎているので懐かしいな~という感じで見ています! ただ、その時に戻れと言われるとちょっと考えものですけどね。 くんちゃんの声に違和感…ネット上の感想や評価まとめ! そんなキャラクターのくんちゃんに対して、声に違和感を持つ人が続出している模様です。 その 声優さんとは、 上白石萌歌ちゃんなんですよね。 そのうえで、まとめると4歳児の声にしては大人すぎるってあたりが「 合わない」「 ひどい」「 違和感」という感想に繋がってるわけですね。 そして、その声を自然に聞き取れないことで、作品の構成全体に影響を及ぼす結果になっているあたりが、この作品の評価に繋がっていると言ってもいい部分もありますね。 感想についても、多くはこの声が理由でネガティブなものが多数含まれていますね。。。 これに加えて、残念ながらくんちゃんの性格と言うかこの年頃特有と言うか…当然周りのことなんて気にしない子供ですから、嫌悪感を抱かざるを得ない人たちが一定数いる訳ですね。。。 まあ、ある意味では、リアルな子育て環境ってこういうもんですよ。 ですから、子育てをしたことない人達へ、大人視点でのその大変さ、そして、子供も状況に対する葛藤の中で戦っているという感覚が伝わることを願う感じですね。 電車の中やお店で子供がわがままで騒いでいたり、暴れたりされると「親はどういう躾をしているのか!」って感覚になりますが、子供ってそういうもんなので、親を責めないで欲しいと思いますよね。 その辺の状況を考えてもらう機会にもなるかな。 と密かに願っています。 Sponsored Links くんちゃんのキャラに合わない声優を選んだ細田守監督の基準って何? で、ちょっと込み入った話になってしまいましたので、軌道修正して、そもそも、くんちゃんの キャラに合った声質の声優さんを起用しなかった理由って何なんでしょうか? 裏を返せば、なぜ、キャラに合わない声優さんを選んだんでしょう… 細田守監督の選考基準が気になりますね。 で、 オーディションの時のエピソードなのですが、実は監督は小学校4年生くらいまでの子を抜擢しようとしていたらしいです。 お~、なるほど、子供役は子供に…えっ???? ちょっとこの時点で方向性が見えていたようですね。 監督の中では実際の4歳児よりも少し少年的なイメージの声を探していたってことですよね。 きっと、その視点で選考していれば、仮に 上白石萌歌ちゃんじゃなかったとしても、同じようなテイストになっていたって話ですね。。。 ってことで完全に細田監督のセンスが一般感覚と異なっていたって話が一つ。 そして、そもそも上白石萌歌ちゃんはくんちゃん役ではなく妹・ミライ役でオーディションに参加していたらしいです。 その中で、監督的にも「声に違和感があった」ということは認識されていたらしい。。。 じゃあなぜ、それでも起用したのか? それは、 「 泣き声のイメージがジャストフィットした」 から、みたいです。 マジかよ…って感じですね。 やっぱりヒット作品を生み出す監督の感覚ってちょっとクレイジーなんですね! これは当然「 誉め言葉」ですよ! だって、一般人と同じ頭脳をしているとすれば、『サマーウォーズ』や『おおかみこどもの雨と雪』みたいな素晴らしい作品を作ることなんてできるはずないからです。 実際、自信をもって細田監督が選択した声優さんですから、その選定理由の「泣き声」に注目して作品を見返してみると楽しいかもしれませんね! とは言え、それでも受け入れられない方は、こういったものもありますよ! 作品のストーリーを純粋に楽しめるはずです! それでは!.

次の