デイリーヤマザキ メリット。 【有能】デイリーヤマザキの「デイリーホット」はもっと評価されてイイ

デイリーヤマザキではポイント二重取りがオススメ!使える支払方法・貯まるポイントなどを調査してきました

デイリーヤマザキ メリット

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年8月) 株式会社デイリーヤマザキ Daily YAMAZAKI CO. ,LTD. これとは別に山崎製パン株式会社の営業部門の事業として5月に「 ヤマザキデイリーストアー」の店舗展開を開始し、9月には同社営業部門内に「 デイリー事業部」を設置した。 同じグループ内の重複する事業であったため、1月、株式会社サンエブリーに山崎製パン株式会社のデイリー事業部を統合した上でを変更して、 株式会社サンショップヤマザキとした。 約20年間、サンエブリーとヤマザキデイリーストアーの2つのブランド(デュアルブランド) が並存していたが、1月に新しく「 デイリーヤマザキ」というブランドに統合して店舗展開を開始し、同時に会社の商号も 株式会社デイリーヤマザキに変更している。 2013年7月、山崎製パン株式会社が同社を吸収合併したことにより、以降当コンビニチェーンの運営は山崎製パン株式会社内の社内カンパニーである「 デイリーヤマザキ事業統括本部」が担っている。 なおとのみ、山崎製パンとする会社(前者は、後者は)内の「デイリー事業部」によって運営(事実上エリアフランチャイズ)されている。 旧来からの「ヤマザキデイリーストアー」と「サンエブリー」から順次「デイリーヤマザキ」に切り替わったが、小規模な店舗の中にはフランチャイズを終了して独立店舗となったり、営業時間や店舗面積・機能等の制約が少ないヤマザキデイリーストアー(現在のニューヤマザキデイリーストア、詳細は後述)にとどまったり、さらに店舗運営の独立性の高く、かつ制約が少ない(当コンビニチェーンよりも独立性の高い) 、および店舗管理システムの導入などコンビニエンスストア機能の一部を付加した「 ヤマザキスペシャルパートナーショップ(YSPS)」 )に転換する例も見られる。 元来が個人経営のやからの転換が加盟店に多く含まれているため、店舗運営に対してはの自主性を尊重する方針であり、他の大手コンビニエンスストアと比べ本部の締め付けが緩やかなのが特徴である。 しかしこの方針のため、かつては店舗によってサービス水準・商品展開のばらつきが激しくなるというデメリットもあった。 現在ではサービス面での改善が進んでいる。 また、大手のコンビニとしては珍しく、が近い食品(パン、弁当類など)を値引き販売することがある。 なお、前述の2013年の吸収合併を機に、デイリーヤマザキとの中間形態(こちらも体裁上はサテライト店舗扱い )として「 ニューヤマザキデイリーストア」という新たな業態ブランド(店舗パッケージ)を設定、デイリーヤマザキに移行しなかったヤマザキデイリーストアーも順次こちらに移行している。 このブランドは、コンビニエンスストアの機能を有しながらも店舗運営の負担も減らした、深夜営業しない若干小規模の店舗形態である。 大学内・病院内など24時間営業を要しない施設内店舗、深夜営業での収益の見込みが少ないシニア層を重点にした店舗が多い。 これによって山崎製パンのコンビニ形態のブランドは「デイリーヤマザキ」と、サテライト店舗形式 の「ニューヤマザキデイリーストア(「ヤマザキデイリーストアー」含む)」「ヤマザキショップ(「ヤマザキスペシャルパートナーショップ(YSPS)」を含む)」の3ブランド体制となった。 店舗展開 [ ] 総店舗数は1,493店で業界5位、うちデイリーヤマザキ1,131店、ニューヤマザキデイリーストア337店、ヤマザキデイリーストアー25店である (2018年12月末時点)。 2019年9月時点で 、 、、、 、には店舗がない。 ただしはとに1店舗ずつの計2店舗、はに3店舗、とに1店舗ずつの計5店舗、はとに1店舗ずつの計2店舗、はに1店舗、はに3店舗とに2店舗とに1店舗の計6店舗、はに1店舗、はとととに1店舗ずつの計4店舗、はに1店舗出店。 山崎製パンの本社のある周辺は交差点ごとにデイリーヤマザキがある程、店舗が密集しているが、一例として、の内陸地方(、、を含む一帯)や、の地方(とには、ニューヤマザキデイリーストアが出店している)、の県北地方の大部分(や、)、の能登地方は全く出店していないなど、同一県内の出店密度でかなりのばらつきがある地域もある。 ただし、以上に挙げた「デイリーヤマザキ」としての出店がない道県においても、沖縄県を除き、事実上のサテライト店舗である「ヤマザキショップ」 は出店している。 なお、店舗がない地域でもCMが放映されることはあった。 サービス [ ] 、、といった現金以外の支払方法への対応は遅れていた(ごく一部の店舗で、を導入していた)。 しかし7月以降、のSuica利用可能エリア(首都圏・新潟・東北)の店舗にの導入を拡大することが決定し 、後にはの協力でiD・Suicaの共用端末を7月以降、全店舗への導入が進められている(iDについては、全店舗で対応。 Suicaについては、JR東日本エリア内の店舗のみ対応)。 なお、北陸・関西 ・中国・四国地区の店舗では、iDとのとの共用端末としての導入が進められている(JR西日本管内の福井県・鳥取県及び、管内の高知県は進出していない)。 他に内の一部店舗では、の利用が可能である。 より、福岡・佐賀・長崎・大分・熊本の各県にあるデイリーヤマザキの店舗において、の電子マネーが順次導入されている (JR九州管内の鹿児島県及び、JR線がない沖縄県は進出していない)。 また同年8月上旬より、愛知・岐阜・静岡・滋賀 の各県内の全店舗、および長野県内の一部店舗に、の電子マネーが、順次導入されている(近年進出した三重県の店舗でも対応)。 なお北海道には出店していないためへの直接加盟はない。 が一部店舗(高速道路のPAやSA内の店舗など)で利用可能である。 ただしチャージは不可。 クレジットカードは全種類とも2013年より利用可能となりも2013年7月20日より利用可能となった。 2010年より全国の店舗に、が順次導入されている。 サービス開始から一年半以上が経過しても未だにIC読み取り機が設置されていない店舗があり、他社のように全店一斉開始しないようである。 ちなみにIC読み取り機が無い店舗でも、支払時にレジ液晶画面に、Edyチャージできる事のお知らせが出ている。 での支払いは長らく対応していなかったが、2020年2月28日からと、同年3月23日から、 の取扱いを導入している。 他のコンビニエンスストアの大半で2019年10月1日より実施されているキャッシュレス即時還元(2%、2020年6月30日までの予定)も実施されていない。 楽天Edyのみ後日還元されるが交通系電子マネー、iD、QUICPay、クレジットカード及び一部店舗にて取り扱いのPiTaPa、WAONでは全く還元が受けられないほか、QRコードも対応予定はない。 なお、楽天ポイントの利用は元々制度の対象とならずポプラやファミリーマートなどでも適用されない(他のポイントを導入するチェーンも同様である)。 2020年4月1日からはの(QUOカードペイは除く)にも対応した。 の設置状況についても同様で、店舗によって、(ゆうちょ銀行はいわゆるコンビニ 内ATM(コンビニATM型の機種で通帳には非対応。 )で、厳密な意味でのコンビニATMではない)とバラバラであり地域によっては他の金融機関のATM(コンビニ 内ATM)を設置している店舗もある。 また、ゆうちょ銀行ATMをイーネットATMまたは東京スター銀行ATMに置き換えた店舗、東京スター銀行ATMをゆうちょ銀行ATMに置き換えた店舗やゆうちょ銀行ATMを撤去した店舗もある。 デイリーヤマザキ伊豆長岡店と一部ニューヤマザキデイリーストアにはATMを設置している。 かつてはATM、ATMを設置している店舗もあった。 については、が集荷を受託する形で、とのデュアル対応を行っていたが、両サービスの統合を見据えた措置として、からはゆうパックに一本化されていた。 しかし、2010年にとの間で、取扱店業務委託契約締結。 同年から、ゆうパックに変えての取扱サービスを開始することとなった。 なお、ゆうパックの取扱いが終了することから店内に設置してあった郵便ポストについても撤去されている。 この他、デイリーヤマザキ店内で流れるインフォメーションの声は・が務めている。 山崎製パンが毎年展開している「」の点数シールが添付される対象商品として、デイリーヤマザキではパンの他に、2015年から「ヤマザキベストセレクション」名義で販売している商品(・・など) も追加されている。 ポイントカード [ ] 大手コンビニとしては珍しくを導入していなかったが、9月14日(のエリアが含まれている都県)と同28日(それ以外の府県)とに分けて順次、がデイリーヤマザキ非出店の道県を除いて全国導入された。 沿革 [ ]• (昭和52年)• - サンエブリー雑司が谷店()が開店。 - 株式会社サンエブリー、資本金2000万円で設立。 (昭和53年) - ヤマザキデイリーストアー(東京都・軍司店)が開店。 (昭和55年) - 山崎製パン株式会社の営業部門に「 デイリー事業部」設立。 (昭和56年) - 関東地区で受発注オンライン開始。 (昭和57年) - デイリー事業部とサンエブリーの業務を統合し、 株式会社サンショップヤマザキを発足。 (昭和58年)• 1月 - 第1次店舗情報システム(オンライン発注システム)の導入開始。 5月 - 本部を千葉県市川市の「サンプラザ35」ビル(市川1-9-2)内に移転。 6月 - 総店舗数が1000店を達成(サンエブリー185店、ヤマザキデイリーストアー835店)。 - 秋田県の株式会社たけや製パンとヤマザキデイリーストアーのサブフランチャイズ契約を締結。 (昭和60年) - 第2次店舗情報システム()導入開始。 (平成元年) - 総店舗数2000店達成(サンエブリー292店、ヤマザキデイリーストアー1725店)。 (平成2年) - 収納代行業務()の開始。 (平成3年)• - 青森県の株式会社工藤パンとヤマザキデイリーストアーのサブフランチャイズ契約締結。 - 一般社団法人(JFA)に正会員として入会。 青森市に1号店を出店し、青森県へ出店開始。 (平成5年)1月 - 第3次店舗情報システム(を利用したネットワークシステム)導入開始。 (平成6年)• - 総店舗数が2500店達成(サンエブリー454店、ヤマザキデイリーストアー2064店)。 - 大阪東成区の森ノ宮駅前店で焼きたてパン(RHBS)導入。 (平成7年) - 資本金8000万円から1億6000万円に増資。 (平成9年) - MMS()導入開始。 (平成11年)• - 社名を 株式会社デイリーヤマザキに変更。 「ヤマザキデイリーストアー」と「サンエブリー」のブランドを「 デイリーヤマザキ」に順次統合。 2月 - 第4次店舗情報システム(を利用したネットワークシステム)導入開始。 - 大手百貨店のとギフト取扱いで業務提携を締結。 (平成12年)• - 設置開始。 - の株式会社とデイリーヤマザキのサブフランチャイズ契約締結。 - 本格的焼きたてパン()併設店舗を(現・)に開店(丘里工業団地店)。 (平成13年)• - 長崎県内の店舗にての設置を開始。 - の国際規格である「」の認証を取得。 (平成15年)• - 関西におけるデイリーホットフラッグシップショップ、「森ノ宮駅前店」開店。 - デイリーホット導入店舗100店突破。 (平成17年)• - 一般財団法人協力会と業務提携を締結し、駅構内売店を順次デイリーヤマザキ店舗へ転換。 - 内の直営店舗において取扱い開始。 (平成20年)• - 、Suicaの導入開始。 - 山崎製パンが79. (平成21年)• - エリア内の約280店舗へ、ICOCA電子マネーを順次導入。 - (下り線)に出店し、滋賀県へ出店開始。 (平成22年)• - の導入開始。 - 株式会社との間で、取扱店業務委託契約締結。 - 九州地区の店舗においての導入開始。 - ヤマト運輸の宅急便取り扱い開始。 (平成23年)• - 岩手県、山形県、福島県、新潟県、長野県の約110店舗にSuica導入。 - 店舗にてEdyのチャージサービス開始(秋田、青森地区を除く)。 (平成25年) - 株式会社デイリーヤマザキが山崎製パン株式会社にされ、同社における「 デイリーヤマザキ事業統括本部」となる。 (平成30年)• - 主に東日本地域(秋田、青森地区を含む)で、のサービスを開始。 - 主に西日本地域で、楽天ポイントカードのサービスを開始し、同サービスの全国対応化。 独自のシステム・サービス [ ]• デイリーホット 店内でパン・弁当・惣菜を店員が作って販売するシステム。 売店() - 院内1階。 公式サイトの店舗案内には紹介されていないが、秋田市内ではの院内売店もデイリーヤマザキ(正確には、エリアフランチャイザーの)のフランチャイズとなっている。 国立国府台病院店() - 国府台病院内1階。 店() - 本館地階• 付属病院店()• エキサイカイ病院店(愛知県名古屋市) - 内。 病院名はだが、店舗名は表記になっている。 店() - B館2階• 星総合病院店() - 院内2階• ニューヤマザキデイリーストア店(徳島県吉野川市) - 後述の吉野川SA下り店の閉店により、徳島県唯一の店舗となった。 教育機関 [ ]• 東店() - 青葉山キャンパス内、工学研究科の機械・知能系エリアにあるスチューデントロビーに開店。 の青葉山ゲート側から入場する際の入場券販売を委託されている。 青葉山ゲートができる前は川内の文系側からでないと入場できなかったが団体を除き、より青葉山側の入場が可能になったことに伴い受託開始。 店() - 学生や関係者以外でも利用することができ、通常の店舗の品揃えの他に防衛大学・自衛隊オリジナルグッズといった土産物の販売もしている。 店() - 2014年9月頃にを設けた学生会館が完成したため、閉店した。 高速道路・一般有料道路 [ ] 玉名パーキングエリア下り線に設置されたD'space玉名PA下り線店 ・上の店舗では防止のため、酒類は販売されていない。 また阿智PAを除く全ての店舗にATMが設置されており、山谷PA下り線・梓川SA・辰野PA・駒ヶ岳SA・城端SAはATM(以前はATM)、山谷PA上り線・その他のSA・PAはATMとなっている。 店() - E85 下り線。 3月開店。 2011年3月閉店。 店() - E1 下り線。 2003年11月開店。 2011年3月閉店。 店() - E1 上り線。 4月開店、5月閉店。 店() - E17 上下線。 下り線は2006年12月開店、上り線は開店。 店() - E4 上下線。 下り線は2007年開店、上り線は開店。 2007年開店、2018年3月31日閉店。 同年ににリブランドされた。 2007年開店、2018年3月31日閉店。 同年4月27日にセブン-イレブンにリブランドされた。 実質的には徳島県内唯一の店舗だった。 2007年開店、2018年3月31日閉店。 同年4月27日にセブン-イレブンにリブランドされた。 上り店() - E19 上り線。 下り店(長野県) - E20 中央自動車道上り線。 2008年4月開店。 下り店(長野県) - E19 中央自動車道下り線。 2008年7月開店。 ともに2008年開店。 下り店(長野県) - E19 下り線。 2008年12月開店。 下り店() - E1 下り線。 下り店(長野県) - E19 中央自動車道下り線。 2009年開店。 下り店() - E8 下り線。 2009年3月18日開店。 2009年4月開店。 下り店() - E1 下り線。 滋賀県内唯一の店舗。 2009年開店。 店() - E41 (上下線集約)。 店(静岡県) - E1A 上下線。 ともに開店。 新東名上り店(静岡県) - E1A 新東名高速道路上り線。 2012年4月14日開店。 下り店(静岡県) - E1A 新東名高速道路下り線。 2012年4月14日開店。 店(富山県) - E8 北陸自動車道上下線。 下り線は開店、上り線は開店。 上り店(愛知県) - E1 東名高速道路上り線。 2018年開店。 下り店() - E14 下り線。 2018年開店。 交通機関の施設 [ ]• 店()• 店()• 店(埼玉県) - 西口ビル1階。 店()• 東葉店(千葉県船橋市)• 東葉店(千葉県) - 改札内。 各駅構内(など、一部の駅のみ) - 通称「はまりんコンビニ」。 現在はに転換されている。 JR店() - 店舗は改札外にあるがレジ裏に窓口があり、窓口を通じて改札内からも利用可能。 JR店(新潟県) - Suica電子マネー対応。 店()• 店(愛知県) - 西口。 店() - 南口。 店() - 同フェリーの乗場はを併設。 2012年10月の国道フェリーの運航休止後もしばらく営業していたが、2013年8月に閉店。 店(埼玉県さいたま市緑区)• 店(埼玉県川口市)• 店(埼玉県川口市)• 店(埼玉県川口市) その他 [ ]• 舞浜bfs店()• のバックステージ(後方施設内)の「ワードローブビル」にあるキャスト専用店舗。 特殊立地にゆえ、看板はなくコスチュームも独自のものになっている。 キャストが使用する各職種別の靴の販売もおこなっている。 ちなみに「ワードローブビル別館」にはがある。 「bfs」とは運営者「」の略。 ルッキンググラス・ギフト• 内店舗でデイリーヤマザキ系列。 イーネットATM設置。 売店() - 職員専用店舗。 (、東京都) - 職員専用店舗。 厚生棟1階に出店。 東部方面隊の数個駐屯地やにも出店している。 船橋市役所店() - 船橋市役所地下1階に出店。 営業時間は市役所開庁日の午前7時から午後7時まで。 主に職員向けだが、一般市民も庁舎への出入りは自由であるため利用に制限はない。 2010年5月6日に開店した。 これに伴い、船橋市役所職員労働組合が経営していた売店は2010年3月で閉店となった。 静岡市役所静岡店() - 静岡市役所静岡庁舎・葵区役所地下1階に出店。 営業時間は開庁日の午前8時から午後6時まで。 主に職員向けだが、一般市民も庁舎への出入りは自由であるため利用に制限はない。 2010年6月に開店した。 これに伴い、静岡市役所職員互助会が運営していた売店は2010年2月で閉店となった。 らいよんデイリーストア() - (MBS)本社の本館(M館)1階『ちゃやまちプラザ』にに開業。 「らいよん」とはMBSのマスコットキャラクター『』から採ったもの。 デイリーヤマザキとMBSの共同企画による出店で、店舗内にはMBSのオリジナルグッズも取り扱うことから、コンビニとテレビ局のグッズショップの融合店舗となる(一般利用も可能)。 正式名称は「デイリーヤマザキMBS店」。 - 東京と横浜の港湾施設労働者の福利厚生を目的に湾福利厚生協会(東京都)と湾福利厚生協会()が運営していた売店業務を拡大する際にデイリーヤマザキと提携した上で開業。 非営利団体がコンビニエンスストアを運営している都合上、デイリーヤマザキのロゴは用いず、店舗表示は「 PORT STORE」としていた。 2019年現在は閉店または他のチェーン店に転換している。 CM [ ]• デイリーヤマザキに統合される以前の「ヤマザキデイリーストアー」「サンエブリー」時代には15秒のが放送されていた。 統合前、2つの店名部分以外は全く同じラジオCMも存在した。 その後デイリーヤマザキになってからはとが歌う「夢を見ましょう」を起用した30秒CMをの早朝ワイド番組「」「」の全国ネットワークセールス時間帯に放送していた(ちなみに、CMに出ていた球体のキャラクターは現在でもレジの休止札やパンフレットのラックで見る事が出来る)。 の裏側に商品割引クーポンを印刷して発行する「レシートみてみてキャンペーン」では、映像はアニメが使用され、もレトロな雰囲気の曲が使用された。 その後2001年からCMを取りやめたが、2016年からCMを放映開始し、などが出演するCMが見られるようになった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 秋田地区ではのデイリー事業部、青森地区ではのデイリー事業部がそれぞれエリアフランチャイザーとして運営している。 同例として、がある (2004年に法人格上は旧サークルケイ・ジャパンが持株会社のシーアンドエス及び旧サンクスアンドアソシエイツを吸収合併しているが 、2016年9月1日のへの社名変更時点でも「」「サンクス」のデュアルブランド状態が続いた (ファミマへの再合併後も、当面一部店舗で暫定的に左記ブランドでの営業をするが、2018年11月までにすべてファミマに統合した )• かつて北海道にも進出を計画していたことがありとにそれぞれヤマザキデイリーストアー名義の実験店舗を出店したが、出店計画は白紙になった [ ]。 かつて内にデイリーヤマザキを1店舗出店したことがあるが、この1店舗は公式な店舗ではなく、北海道のヤマザキデイリーストアーと同様に実験的店舗と思われる。 また、デイリーヤマザキに譲渡される前のも出店していた [ ]。 1980年~2007年頃に数店だけ店舗が存在、地場の製パンメーカーが個店ごとにでFCしていたが現在は事業清算した模様 [ ]。 電子マネー導入店舗のデイリーヤマザキ伊吹パーキングエリア上り店()を除く [ ]。 、、も利用可能 [ ]。 デイリーヤマザキ伊吹パーキングエリア上り店()のみ。 後にオープンしたニューヤマザキデイリーストア大津市役所店()ではICOCA電子マネーを導入 [ ]。 iD経由での決済に関しては既に導入済み。 他にやとも提携。 ファミリーマートの店舗は旧来は店だった。 出典 [ ]• 504• 朝日新聞社 : p. 朝刊 8. 2016年1月28日• 朝日新聞社 : p. 朝刊 8. 2016年9月2日• 石原猛 2017年4月12日. 中日新聞社 : p. 朝刊 7• 日本経済新聞社 : p. 2013年10月29日. 2018-08-233閲覧。 日本食糧新聞(2013年9月25日作成). 2020年3月3日閲覧。 キャリコネニュース(2018年4月20日作成). 2020年3月3日閲覧。 山崎製パン(2020年2月1日作成). 2020年3月3日閲覧。 乗りものニュース(2019年5月6日作成). 2019年5月6日閲覧。 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• [ ]• 東日本旅客鉄道株式会社・プレスリリース・2008年2月27日• 三井住友カード株式会社・ニュースリリース・2008年2月27日• 山崎製パン株式会社(2020年2月26日作成). 2020年3月3日閲覧。 山崎製パン株式会社(2020年3月19日作成). 2020年3月29日閲覧。 デイリーヤマザキ・2010年7月26日ニュースリリース• 山崎製パン・2018年3月13日ニュースリリース• 東日本高速道路株式会社・ネクセリア東日本株式会社 2016年12月1日. 2019年1月20日閲覧。 東日本高速道路株式会社・ネクセリア東日本株式会社 2018年2月1日. 2019年1月21日閲覧。 東日本高速道路株式会社・ネクセリア東日本株式会社・山崎製パン株式会社・株式会社松屋フーズ 2018年3月29日. 2019年1月21日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (食料品スーパー)• (生活雑貨強化のために加盟し、日用品や調味料が陳列されている)• (ギフトで連携している)• (ニューイヤー駅伝。 一時期冠スポンサーになっていた)• (販売について提携していた) 外部リンク [ ]•

次の

デイリーヤマザキで月2回しか買えない「高級食パン」は1,620円!

デイリーヤマザキ メリット

コンビニエンスストアの再編はこの先、無風状態が続く可能性が高い。 再編が注目されている中堅コンビニのうち、大手色に染まっていないチェーンとしては「デイリーヤマザキ」「セイコーマート」がある。 ただし「セイコーマート」(企業名:セコマ)は直営・非24時間営業、製造小売という独自のビジネスモデルで我が道を行く。 他方、デイリーヤマザキはコンビニと全方位で取引する山崎製パン(東京都)が運営母体だが、再編に向かう可能性はあるのだろうかーー。 なぜ、デイリーヤマザキは再編の対象とならないのか 現在、中堅コンビニは業界3位のローソンに次ぐ売上規模を持つイオングループのミニストップ(千葉県)以下、スリーエフ(神奈川県)、ポプラ(広島県)、セーブオン(群馬県)などがあるが、いずれも上位3社との規模の差は歴然とし、大手と提携したり、協業したりしている。 こうした状況下、大手色に染まってないコンビニチェーンとして注目されるのが、製パン業界のガリバーである山崎製パンが展開する「デイリーヤマザキ」、北海道が地盤のセコマが運営する「セイコーマート」である。 一見すると、いずれこの2社は大手との関係性を構築するものと思われがちだが、デイリーヤマザキ、セコマともに再編に向かう観測はまったくといっていいほど流れていない。 「セコマ」はすでに冒頭で述べた通りで、デイリーヤマザキにも固有の事情があるからだ。 デイリーヤマザキの店舗数は1454店舗(2019年6月末時点)。 なぜ、デイリーヤマザキは再編の対象とならないのか。 それは、運営会社である山崎製パンが抱える、ある事情に起因する。 次ページは.

次の

契約のタイプ

デイリーヤマザキ メリット

直近のコンビニフランチャイズ市場概況 10月度のコンビニエンスストア統計調査(日本フランチャイズチェーン協会発表)によれば、季節外れの台風上陸や秋雨前線の停滞により、全国的に雨天日が多くなった結果、外出機会が減少し、既存店ベースの売上高は5か月連続の減少となる7950億円となりました。 来店客数は1年8か月連続の減少で12億9550万人でした。 一方、 客単価は2年7か月連続の増加で614円と好調です。 コンビニエンスストア全店基礎データ 2017年10月 2016年10月 全店舗売上高 9052億円800万円 9020億2700万円 全店舗数 5万5341店舗 5万4007店舗 全来店客数 14億6630万3000人 15億205万4000人 全店平均客単価 617円 600円 (日本フランチャイズチェーン協会資料より) 第2グループの加盟金・ロイヤリティ ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマートの加盟に必要な金額を見ていきます。 いずれもトップ3社とは異なる独自戦略で生き残ってきた個性派です。 「加盟するなら大手以外のコンビニがいい」という人にはピッタリのフランチャイザーではないでしょうか。 ミニストップの場合 ミニストップはイート・イン・スタイルコンビニとして先駆け的な存在です。 ソフトクリームなどのスイーツ類からホットスナックまで他店とは一線を画すオリジナル商品を展開してきました。 創業は1980年で、同年7月に1号店を横浜市に出店しました。 5年後には100店舗を超え、96年、東証一部に上場します。 また、韓国やフィリピン、ベトナムといった海外にも積極的に進出。 近年はいち早く電子マネーにも対応するなど 顧客の利便性を重視した経営を続けています。 店舗数は2017年10月末時点で国内外合わせて5332店舗(国内2255店舗、海外3077店舗)で業界4位。 国内では1都2府24県で展開。 海外では韓国、フィリピン、中国、ベトナムの4カ国に進出しています。 ミニストップの国内外店舗数 国内 2255店舗 海外 韓国 2426店舗 中国 63店舗 フィリピン 489店舗 ベトナム 99店舗 合計 3077店舗 (ミニストップHPより) ミニストップのフランチャイズ契約形態は、おもに、 加盟オーナーが土地・建物を用意するタイプ(Sタイプ・SLタイプ)と、本部が用意するタイプ(CLタイプ・MLタイプ)があります。 契約期間は7年です。 契約時に支払う加盟金はいずれのタイプも保証金150万円、開店準備金100万円の合計250万円です。 ミニストップの契約タイプ別の加盟料 SLタイプ( 自分が店舗を用意) CLタイプ( 本部が店舗を用意) 保証金 150万円 150万円 開業準備手数料 100万円 100万円 計 250万円 250万円 SLタイプは内外装費は本部負担。 毎月支払うロイヤリティは契約タイプ別で異なります。 オーナーが土地・建物を用意する「SLタイプ」では粗利益(売上総利益)の33%となります。 一方、本部が土地・建物を用意する「CLタイプ」では粗利益が360万円以下の部分だと36%、360万円を超える部分からは58%となっています。 ミニストップのロイヤリティ SLタイプ( 自分が店舗を用意) CLタイプ( 本部が店舗を用意) 粗利益に対するロイヤリティ 33% 360万円以下には36% 360万円超えると58% このほか、支援制度としてSLタイプでは賃料支援を最大30%までとしています。 商品廃棄では商品原価40万円以上の部分の30%を支援として受けることができます。 また、年間2100万円の総収入保証もあります。 (より) デイリーヤマザキの場合 山崎製パンが運営するデイリーヤマザキは、焼きたてパンを味わえるコンビニとして1977年から店舗展開が開始されました。 店舗内に厨房を設けているのが特徴で、他店にはない大きな強みとなっています。 パンのほかホットスナックも充実しており、リピーターも多く、根強い固定客を獲得しています。 国内店舗数は1648店舗(2012年度)ですが、近年は店舗数を減らしています。 契約タイプでは、 自分で店舗・設備を用意するタイプと、本部が用意するタイプがあります。 本部が用意するタイプでの加盟金は220万円です。 その内訳は、研修費90万円、開店準備手数料100万円、開店時釣り銭30万円となります。 一方、自分で店舗・設備を用意するタイプでの加盟金は180万円です。 その内訳は研修費50万円、開店準備手数料100万円、開店時釣り銭30万円となっています。 デイリーヤマザキの契約タイプ別の加盟料 本部が店舗を用意 自分が店舗を用意 研修費 90万円 50万円 開業準備手数料 100万円 100万円 保証金 30万円 30万円 計 220万円 180万円 このほか開店時商品代金として150万円以上を用意しておく必要があります。 支援制度としては最大20万円の転居・引越し費用支給があります。 次に、 ロイヤリティは、本部が店舗・設備を用意するタイプを見ると「一般品」とホットスナックなどの「デイリーホット商品」ごとに粗利益に応じて異なります。 「一般品」の250万円以下では40%、250万円超〜360万円以下では55%、360万円超からは65%となります。 一方、「デイリーホット商品」は一律27%です。 自分で店舗を用意するタイプでは、「一般品」の場合、500万円以下で30%、500万円を超えると23%となります。 「デイリーホット商品」の場合は一律18%です。 デイリーヤマザキのロイヤリティ(一般品) 本部が店舗を用意 自分が店舗を用意 250万円以下 40% 500万円以下 30% 250万円超〜 360万円以下 55% 360万円超 65% 500万円超 23% 本部が店舗を用意するタイプの最低総売上利益は年間1680万円で、契約期間は10年です。 自分で用意するタイプでは年1860万円、契約期間は5年です。 このほか、開店初期支援制度として、開業日から4ヶ月間は月間20万円〜50万円までの商品ロスを本部が負担します。 セイコーマートの場合 北海道内でセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのトップ3社を抑えて店舗数1位となっているのがセイコーマートです。 関東では茨城県と埼玉県にしか出店していないため、全国的な知名度では他のコンビニよりも劣るかもしれません。 しかし、サービス産業生産性協議会によるコンビニ顧客満足度指数(JCSI)で2年連続1位を獲得するなど、ファンから最も強く支持されているコンビニとなっています。 セイコーマートは1971年、札幌市内に1号店を出店しました。 それから10年間で道内店舗数を100に伸ばし、87年に埼玉県、翌年に茨城県に進出。 以降、順調に出店数を伸ばしていき、 2017年10月末時点で1184店舗(道内1088店舗、茨城85店舗、埼玉11店舗)を構えています。 道内におけるセイコーマートの人口カバー率は驚異の99. 8%です。 全179道内市町村のうち173市町村に出店しており、道民にとっては単なるコンビニエンスストアとしてではなく、日常生活に不可欠なライフライトしての役割を担っています。 そのため、王者であるセブンイレブンが進出しても撤退を余儀なくされるほど、 道民から圧倒的な支持を得ているのです。 近年のセイコーマートは出店数をほとんど増やしておらず、加盟店の募集を積極的に行っていないようです。 JFAフランチャイズガイドによれば、 加盟金は300万円です。 その内訳は店舗の立地調査や、開店時におけるスタッフ貸し出し、研修費(50万円)などを含みます。 経営指導では、9日間のオーナートレーニング、教育研修、開店時の指導・援助週1回のスーパーバイザーによるアドバイスなどのサポートを受けられます。 セイコーマートの加盟金 内容 加盟料 経営ノウハウ代 合計300万円 商標使用料 店舗立地調査 開店時スタッフサポート 教育研修費 (JFAフランチャイズガイドより) ロイヤリティは年間総粗利益の10%とされています。 契約期間は10年間です。 最も加盟費用が安いのは? ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマートの3社を比較すると、セイコーマートの契約タイプが定かではないですが、 本部が店舗・土地を用意するタイプで加盟費用が最も安いのはデイリーヤマザキの220万円となります。 ロイヤリティでは、セイコーマートの「年間総粗利益の10%」が圧倒的に低いと言えそうです。 しかし、前述した通り、現在セイコーマートはフランチャイズ契約、店舗数などを非公表としているため、 ミニストップの36%(360万円以下)が最も安いと言えます。 3社加盟費用比較(店舗・土地は本部が用意するタイプ) ミニストップ デイリーヤマザキ セイコーマート 加盟金 350万円 220万円 300万円 ロイヤリティ 36%(360万円以下) 40%(250万円以下) 10%(年間総粗利益) より安定した収入を求めて大手に加盟するのも一つの方法です。 しかし独自の商品ラインナップや地域色の強い店舗など、一味違った本部を選択してみると独立の醍醐味を味わえて面白いかもしれません。 自分に最も合うフランチャイズは何かを明確にして、後悔なく夢の独立・起業を果たしましょう。

次の