グーグルアドセンス ブログ。 Googleアドセンスのやり方と稼ぎ方

【2019年更新】グーグルアドセンスの登録申請方法は?無料ブログは設定不可能?

グーグルアドセンス ブログ

お疲れ様です。 激務会社員とみです。 グーグルアドセンスの審査は厳しいと言われており、ブログ初心者の登竜門と言っても過言ではありません。 ネットやツイートを見ていても、「審査が通らない」と嘆く方が多数います。 そのような中、 今見て頂いているこちらのブログは開設して日が浅く記事数が少ない状態でもグーグルアドセンスの審査に合格しました。 そこで本記事にて、 申請時の本ブログの状況や、グーグルアドセンス審査に合格するために最も重要な基準についての考察をお伝えしたいと思います。 以下のようにお考えの人にとって、この記事は読む価値があると考えています。 グーグルアドセンスに審査完了は申請後からどれくらい期間がかかるのか?• グーグルアドセンスの審査は記事数は最低どれくらいいるのか?• 審査に受かるためにはどれくらいのPV数が必要か?• グーグルアドセンスの審査になかなか通らないがどうしたらよいか? コロナウイルスの影響で審査が遅いとの噂もささやかれていましたが、申請から1週間程度で合格通知を貰いました。 具体的には、以下がグーグルアドセンスの審査申請時の状況です。 2020年5月4日に申請して、5月11日に合格をメールでもらっています。 時間がかかるケースで3~4週間ほどと聞きますので、早い方ではないでしょうか。 因みに、こちらのブログは私にとっては3つ目のグーグルアドセンスの審査が通ったブログです。 最初のブログは申請から通知まで2週間くらいかかったと記憶しています このブログを運用する前の遍歴やプロフィールは以下の記事で纏めています。 もしご興味あればご一読ください。 しかしながら 本ブログの結果を見ると、個人的にはあまりコロナウイルスの影響は関係ないのではないかと。 コロナウイルスの影響を受けた真っ只中でも審査合格の通知を貰いましたので。 そもそもアドセンスの審査はAIが実施していると言われており、コロナウイルスの影響を受けにくいのではないかと思います グーグルアドセンスの審査申請時の状況:記事数と記事内容 記事数はグーグルアドセンスの審査に 申請した時で6、合格した時には12になっていました。 1日およそ1記事のペースで更新していたため、合格時は少し増えています。 因みに、以下のリンク先の記事が申請時の6記事です。 どのような記事でグーグルアドセンス審査に合格したかの参考として、良ければご参照下さい。 しかも検索流入は0です。 こちらのPVは、全てTwitterからの流入です。 書いた記事はまだブログ運用歴・記事投稿からの期間が短いため、検索で上位表示されていません。 そのためGoogle検索などからの流入は全く起こっていない状況でした。 そのためこの時期、少しはPVを稼ぐためブログ開設と合わせてTwitterを運用しており、ちょうどフォロワー100名を達成した頃でした。 Twitterでフォロワー100名を獲得するためにやったことを以下記事で纏めていますので、良ければご覧ください。 ネット上で多数情報が出ていますので、検索して調べて頂ければと思います。 ただ本ブログの結果を見る限り、グーグルアドセンスの審査基準で最も重要なのはやはり、 「記事コンテンツがユーザーファーストと言えるか」「ユーザーにとって価値があるコンテンツか」 だと考えられます。 主観的な分析になりますが、本ブログの申請時の状況からグーグルアドセンスの審査に通った要因と考えられるのは以下です。 一言で言うと、 Googleが提唱する「ユーザーファースト」に合致している、「価値があるコンテンツ」と見做されたということだと思います。 グーグルアドセンスの審査に落ちてしまう、中々通らないという方は、今一度自身のコンテンツを見直すことをおすすめします ユーザーファーストへの対応は言い換えるとSEO対策と言えます。 もしSEO対策についてまだ学ぶ余地があるとお考えであれば本などで体系的に学ぶのが良いです。 以下のリンクでは、SEO対策のおすすめ本を紹介しています。 良ければご一読下さい。 その裏付けとしてグーグルアドセンスの審査が不合格になってしまう要因として、グーグルから「価値の低いコンテンツ広告枠」であると連絡がくるケースがあるようです。 価値の低い広告枠でGoogleAdsenseの審査が通らない 以下のような通知がされ、GoogleAdsenseの審査に通りませんでした。 「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)についてAdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページやアプリ、または広告の比率が高すぎるページやアプリには Google 広告が表示されません。 」 グーグルがユーザーへの価値有無を重視していることが分かります グーグルアドセンスの審査に通った後は「収益化」 審査に通った後は、実際に広告を貼り収益化していくことが次のステップとなります。 グーグルアドセンスの審査に通ったからと言ってペタペタと広告をたくさん貼っていては効率的に収益化することはできません。 以下の記事では、Google Adsenseで稼ぐたった4つの方法について紹介しています。 宜しければ併せてご覧ください。 グーグルアドセンス審査は厳しいと言われており、ブログ初心者で苦戦する方も多くいらっしゃいます。 重要なのは、当たり前なのですが 「記事コンテンツがユーザーファーストか」「ユーザーに価値があるコンテンツか」という点です。 この基準をクリアしていれば、記事数・PVが少なくてもグーグルアドセンス審査に合格することができます。 たとえ審査に通らなくても、諦めずにユーザーファーストな記事を心がければ必ず審査に合格できます。

次の

グーグルアドセンスの収入が300万円越えたので「稼ぐための20の方法」を公開します。

グーグルアドセンス ブログ

今回は アドセンスで月10万円稼ぐための20のTipsをまとめてみました。 ちなみに私は4年前にアドセンスブログを始め、4年間で 337万7813円のアドセンス収入となっています。 以下はアドセンスの収益レポートです。 今は 月15〜20万円がアベレージですね。 ちなみに今は アドセンスよりも特別単価のバナーの方が稼ぎやすいので、今はほとんど掲載していません。 最近のアフィリエイト収益については以下でまとめているのでぜひ。 また、他の記事でも クリック単価・クリック率の上げ方をまとめています。 グーグルアドセンスの収入を上げるための20のTips 本記事では 「アドセンス収入が全くない!」という人に向けて、私が月20万を超えたために使った 「稼ぐためのコツ」を20コにまとめました。 ブログアフィリエイトをやっている方は必ず収益がアップすると思うので、ぜひ活用あれ! 1)記事下には絶対にアドセンスを貼れ! 最もクリック率が高いのは記事の下です。 これが基本! サイトタイトルの近くなどヘッダー付近は訪問者の目に入りやすいのですが、基本的にクリック率がかなり低いため、あまりオススメできません。 訪問者はコンテンツを見にくるので 記事を読む前に広告をクリックすることは少ないです。 実際にアドセンスのレポートを見てみても コンテンツ前にあるバナーのクリック率はかなり低めです。 記事を読み終わった後はクリック率がかなり高くなるので、まずは 記事の直後にバナーを貼って成果を出しやすくしましょう。 2)アドセンスはとにかくデカいバナーを貼れ! アドセンスで 大きなサイズのバナーを貼るメリットは2つあります。 1つは単純に サイズが大きいほどクリック率が高くなること。 そしてもう1つが 広告単価が上がるということです。 Google社員が語っていたので間違いないのですが、 「大きい広告を貼ると残り2つの広告単価も上がる傾向にある」そうです。 これだけでも クリック単価とクリック率を両方上げることが可能です。 3)アドセンスはこんな位置には絶対貼るな! アドセンスを貼ってはいけない位置として、一番ダメなのは ヘッダーの右側です。 よくタイトルロゴを左、アドセンスを右に表示しているサイトがありますが、まず人の目線が行きにくい部分ですし、データとしてクリック率も非常に低い傾向にあります。 フッター部分も非常にクリック率が低いのであまり掲載しない方がいいかも。 4)アドセンスの掲載位置はここがおすすめ! まず、アドセンスブログで稼ぐなら 1ページに3つ貼ることが前提になります。 そして、おすすめの位置が 記事の上部・記事の下部・サイドバーです。 Google Adsenseの公式でも上記の位置がおすすめされていますが、 ・自分でクリックしてはいけない ・ユーザーにクリックを促してはいけない ・広告を分かりにくくしてはいけない ・アダルトコンテンツに載せてはいけない ・パクった記事に載せてはいけない ・違法なことに関する記事はダメ ・ポップアップや追尾させてはダメ ・1ページに4つ以上のコンテンツ向け広告はダメ ・お小遣いサイト・ポイントサイトの紹介はダメ 詳細はに載っているので、ガイドラインを読んでおくと安心ですよ。 6)誤クリック狙いはトータルで損になる! よくスマホの広告で誤クリック狙いの配置を見かけますが、実はこれ、 クリック単価を大きく下げる原因になるんです。 Googleでは クリック後のCVR(成果率)も計算されているので、同じクリック数でも成果が出るサイトの方がクリック単価が高くなります。 つまり、誤クリックばかりだと成果が全く出ないので、 そのドメイン自体のクリック単価を下げられてしまうんですね。 Googleアドセンスも広告主あってのサービスなので、クリック後のことも考えて、紛らわしい部分への掲載はやめた方がいいでしょう。 7)ホットな話題はアクセスを集めやすいが、賞味期限は短い! テレビや芸能人関連のホットな話題はアクセスが集めやすく、アドセンスでの収入を一気に増やします。 しかし、キーワードの鮮度がすぐになくなってしまいますし、ブログに関係のないホットワードは成果率も低いので、 話題のキーワードは長い目で見るとあまり狙わない方がいいとも言えるでしょう。 ただ、 自分のブログジャンルに関連したホットなニュースに限っては、被リンクを稼ぐのに最適です。 ニュースをすばやく扱うためにも、関連ブログなどをRSS登録してアンテナを張っておくとよいでしょう。 8)ホットな話題を狙うなら先読みしろ! 通常、ホットな記事を書いても Googleに拾われるまで時間がかかるので、ほとんどの場合、ニュースが落ちついてからGoogleに拾われてしまいます。 そのため、 あなたのブログジャンルに関連したニュースが出そうな場合は先読みして記事で取り上げましょう。 新作映画・人気コミックの新刊情報など、先読みだけでアクセスを集めて稼いでいるアドセンスブログもたくさん存在します。 自分のジャンルのニュースを先読みすることで、ユーザーを前もって自分のブログに誘導できるでしょう。 9)狙うならどのジャンルがいいの? 単純にアドセンスブログで考えるなら クリック単価が高いジャンルを狙うのもいいでしょう。 具体的にクリック単価が高いジャンルとして、 不動産・クレジットカード・キャッシング・就職や転職サイト系・投資関連がクリック単価が高くなっています。 これらは広告主もたくさんいることが多いので成果アフィリエイトに誘導することも出来るのも大きな利点ですね。 基本的にパソコンと違ってディスプレイが狭いので、縦長や横長の広告はクリックされづらい傾向にあります。 スマホからのアクセスが多いのであれば、サイドバーには 縦長ではなく四角いサイズを使った方がいいでしょう。 11)狙うキーワードから派生するワードをリスト化しろ! 狙うキーワードをなどで決めたら、次は狙っているワードから派生するキーワードも狙いましょう。 関連キーワードはで探せるので、リスト化しておいてブログ記事を書くときに使うと効果的です。 12)キーワードは詰め込まないように2つずつ狙え! 狙うキーワードをリスト化すると、ついタイトルにキーワードを詰め込みすぎてしまう人も多いです。 しかし、 キーワードの詰め込みはスパムになりやすく、ユーザーにとって良いタイトルにもなりません。 1ページにつき1つ〜2つのキーワードを狙って書いた方が結果的に上位表示しやすいですね。 検索エンジン向けに書くのではなく、 あくまで人に読みやすいタイトルをつけるのが大事です。 13)12月と3月はクリック単価が上がるよ! 実はアドセンスでは クリック単価が上がる時期があり、それが 年末の12月と 年度末の3月です。 12月と3月は広告代理店の予算が最後に使われるのと、Googleの営業ノルマもこの時期で追い込むため、クリック単価が高い傾向にあります。 この時期は何もしなくても若干、収入が増えることが多いので覚えておくと混乱しませんね。 14)Googleアドセンスで稼ぐにはPVを増やすこと! クリック単価は基本的には大きく上げることができないので、アドセンスの収入は PV数と クリック率で決まります。 クリック率を上げるのにも限度があるので、アドセンスで稼ぐには とにかくPVを稼ぐしかありません。 100クリックされれば単価30円で3000円の収入になるので、 月間30万PVで月9万円の収入を稼ぐことが可能です。 コンテンツの数と被リンクを稼ぐことが基本ではありますが、記事の下に 「関連コンテンツ」を表示したり、 サイドバーに人気ページを掲載するなどで、1ユーザーあたりのPV数を稼ぐのも大事です。 15)初心者ははてなブログかWordpressがおすすめ! アドセンスブログを作るなら、なるべく有料のブログサービスやレンタルサーバーを使いましょう。 無料の場合は アドセンスの掲載が禁止の場合が多いですし、そもそもサービス側の広告が表示されていることも多いです。 WordPressであれば アドセンスを特定の位置に貼ってくれるプラグインもありますし、PVを増やすための 関連記事を表示するプラグインなども充実しています。 はてなブログであればWordpressよりも簡単にブログを作ることができますし、有料アカウントを1つ持てば 10サイトまで作ることが出来るのでオススメ。 16)アドセンス狩りはこう予防しろ! たくさん稼いでいるとアドセンス狩りに合う可能性も上がるので対策をまとめておきます。 アドセンス狩りとは同一IPからクリックをくり返すことで、Google Adsense側に不正クリックだと思わせてアカウントを抹消させることです。 ただ、今ではすぐにアカウント停止にはなりませんし、もあるので、不自然なクリックがあったら報告してしまえばOKです。 ちなみに予防策として 「サイトの認証」で「特定のサイトだけに広告を表示する」にしておくのも大事です。 アダルトサイトや掲示板に広告タグを貼られても非表示にすることができますよ。 詳しくは以下の記事でもまとめているのでぜひ。 17)アドセンスアカウントが停止したらこう対処しろ! もし、あなたのアドセンスアカウントが停止されてしまったら、まずは原因を考えましょう。 ・自分でクリックを繰り返していないか ・アドセンス狩りにあっていないか ・不適切なページにアドセンスを載せていないか ・誤クリックを狙うような位置にアドセンスを載せていないか ・クリックを促すような文言を入れてないか 上記で掲載した違反項目を確認してから、原因を取り除き、もう大丈夫だと確信できたら Googleで再審査をお願いしましょう。 あまりに悪質な場合を除けば、アカウント停止は免れますのでしっかりとガイドラインに沿ったブログ作りを心がけましょう。 18)アドセンスの平均クリック率はどれくらい? アドセンスの平均クリック率はアドセンスのみで稼いでいるブログの場合は 0. 成果広告メインで、サブとしてアドセンスを使っている人は0. 2〜0. アドセンスブログをやるのならば 最低でも1. 0〜1. クリック率の上げ方はこちらでまとめています。 19)アドセンスの平均クリック単価ってどれくらい? 単価についてはジャンルによって大きく変わり、パソコンとモバイルでもクリック単価が変わってくるので一概には言えません。 ただ、平均では1クリックあたり35円となっており、 パソコンでは1クリック40円・モバイルでは平均30円となっています。 モバイルの場合はバナーサイズの大きい広告が表示できないため、単価もサイズと比例して下がるようになっています。 クリック単価の上げ方についてはこちら。 20)月10万円稼ぐためにどれくらいの記事数がいるの? これはジャンルにも記事のクオリティにもよるので難しいのですが、私の場合、新規ブログを作って 5記事のみで月4万円まで到達したこともあります。 うまくバズると少ない記事でも稼ぐことは可能ですが、通常はロングテールコンテンツを増やしていき、 100記事以上はないと多くの人は月10万円に到達しないでしょう。 闇雲に記事数を増やしても効率が悪いので、 有益かつロングテールの記事を書いていくことをオススメします。 結局、ユーザーに役立つコンテンツこそ、最短の道ですので。 以上、アドセンスで稼ぐための20のTipsまとめでした! ブログアフィリエイターの方はこれらの方法だけでも、収益をグっと増やすことが出来ますので、ぜひお試し下さいませ。

次の

グーグルアドセンスブログとは?稼ぐ方法と審査に受かるコツ

グーグルアドセンス ブログ

グーグルアドセンスにおすすめブログ ネットで副収入を稼ぐために Google Adsenseを始めよう! という方が増えてきました。 私もその考えには大いに賛成します^^ あなたのヤル気次第で本業を上回る収入を稼ぐことだって可能です。 ですが、 「グーグルアドセンスにはどんなブログがおすすめ?」 「アドセンスに適したテーマやテンプレートはどんな?」 「アドセンス審査にはどこブログサービスを使うのがいいの?」 といった、これからスタートされる方には少し先の話になりますね。 まずは、あなたが現在疑問に感じている グーグルアドセンスのスタートアップ、準備編として 無料ブログ、テンプレートの選び方、そして審査時の事について、 少しお話をしていこうと思います。 先のご質問は、一見似たような質問なのですが、 潜在ニーズとしては異なる疑問にも思えますので、 個人的な解釈ではありますが、それぞれに対して説明していきますね。 アドセンス審査にはどのブログサービスを使えばいいの? アドセンス広告を運営サイト ブログ に掲載するには、 ご存知の様に審査が必要となります。 審査用のブログは無料ブログでも問題ありません! 審査時に試されるのは、 あなたが運営者 WEBマスター として、 Google Adsense規約を理解して 有益なコンテンツを提供できる人なのか?という一点です。 以下のAdsenseヘルプをご参考にしてください。 従いまして、どんなブログサービス使い、どんなデザインでも、 それ自体は審査に関係ありません。 しかし、無料ブログの場合は、提供するサービス側の規約で Googleアドセンスを掲載できない場合も少くありませんので、 その場合は、2次審査と言われる、 実際に広告を掲載した状況下で Googleサイドが広告の確認ができないため非承認となります。 なので、無料ブログで審査を受ける場合には、 必然的に限定されてしまいます。 アドセンス広告が掲載可能な無料ブログサービスとしては、 ソネットブログ、ブロガー、Seesaa、FC2ブログなどがありますが、 ここは多くの方が推奨されるとおり、 ソネットブログ一択だと思います。 理由の詳細は割愛しますが、カンタンに言いますと、 サービス側の余計な広告が入らず、好きな場所に広告配置ができる ということです。 以下は、以前「ソネットブログ」としていた部分を「Blogger」に変更しています。 あなたが軽い気持ちで、とりあえず無料だしカンタンに始められるから… という程度であれば、無料ブログのBloggerでも試してみるのもアリですが、 本気で在宅収入・ネット副業 又は本業 としてGoogle Adsenseを選択したのであれば、 私は独自ドメインを取得してWordPressで運営することを絶対推奨します。 これにも色々と理由がありますが、 ひとつは、無料サービスは今後も無料提供される保証がないことや、 規約の変更によりアドセンス広告が掲載できなくなるリスクがあるためです。 また中には、審査だけ無料ブログを利用して本チャンはWordPressで… とお考えの方もいるかも知れませんが、 この場合もAdsenseポリシー上、そしてWEBマスターとして良くはありません。 仮に審査を無料ブログで行い、運営に慣れた数カ月後に 本番用のWordPressをスタートする際でも、 審査用の無料ブログを削除したり、広告を外した場合には、 アドセンスの再審査 2次審査 を受けることになります。 従いまして、数千円程度のお小遣い稼ぎとしてアドセンスを利用し、 中長期に運営していくのであれば、Bloggerでも問題ないと考えます。 しかし、本気でアドセンスブログを運営して大きく稼ぎたいとお考えなら、 最初の審査だけBloggerを利用といった方向には反対です。 アドセンスに適したテーマやテンプレートはどんな? アドセンスに適したデザイン テーマ・テンプレート は、 昔も今も基本的にはシンプルなもの、メインコンテンツ 記事 が読みやすいもの という点に変わりはありません。 しかし、昔 2007年以前 のアドセンス掲載は、 どちらかと言うと、記事と広告が馴染んだ、悪く言えば区別の付かない掲載方法が 推薦されていた事もあり、シンプルデザインの中には、この辺の名残もあります。 ですが現在は、シンプルというより、 ユーザビリティーの高いデザインが好ましいです。 また、デザイン性に乏しいよりは、多少のデザイン性あるテンプレートの方が 訪問者に好まれる傾向があります。 ここはネット回線の高速化も影響 無料のワードプレステーマでしたら… 但し、テーマ性が高いブログや物販アフィリエイトでは、 無料テーマをある程度カスタマイズするスキルが必要とされる場合もあります。 また、テーマ テンプレート 選択において一つ注意が必要なことは、 WordPressの場合、定期的にバージョンアップが実施されるので、 それに併せてテーマ テンプレート も更新が必要になることが多いです。 HTMLサイト 静的サイト の用に大事になることは先ずありません。 しかも、WordPressなら殆どクリックだけでカンタンできます。 静的サイトではできない、或いは、熟練スキルが必要なことであっても WordPressならカンタンな作業で完了してしまいます。 また、 こんな機能があればいいのに…という要望は全て揃っていると言って 過言ではないと思います。 何らかのネット収入を目指す人にとって、 WordPressは有益な ビジネスツールであるとも言えます。 つまり、効率的な収益を図りたい方には、WordPressです! しかし、Wordpressは完全無料で利用することはできません。 基本、レンタルサーバーと独自ドメインの取得が必要になります。 しかし、アナタが効率的な収益化に拘る方であれば、更に次のこともご検討ください。 有料テーマの魅力と投資価値 先述、Wordpressの無料テーマについてお話させていただきましたが、 テーマには有料のデザインもあります。 そして、有料テーマは効率的な収益において、何れ検討すべき点です! アドセンス審査に通過したばかりで、日に数十レベルのアクセスですと、 有料テーマでも収益差を確認することも難しくなりますが、 数千・数万サイトとなると、顕著に差となるのは、テーマデザインです。 これはクリック率 広告がクリックされる確率 への影響はもちろんですが、 訪問者の滞在状況 滞在時間や周回によるPVアップ に差がつきます。 一般的に有料テーマは、SEO対策が施され、 ページ表示速度が速い、といったメリットを明示する場合が多いです。 確かに、表示速度はSEOのアルゴリズムに組み込まれているとされますが、 筆者的には、それより「滞在状況」が生むメリットの方が勝ると考えます。 滞在状況「機能性」を改善することが優れたSEO だから、有料テーマはSEOに強いのです。 無料テーマでも、ページの軽い、表示速度が速いものは多々ありますが、 軽くシンプルというだけでは、滞在状況の改善には不十分だと言えます。 ポイントは、情報の魅せ方! 読みやすいのは当然、視覚的にも印象を与えるコンテンツ! こうした部分で比較しますと、やはり無料と有料での差は大きいですね。 WEBサイトに強いエンジアさんであれば、 無料テーマを有料レベルにカスタマイズすることも不可能ではありませんが、 ブロガーの本分はそこではありません。 読みやすく、デザインも洗練され、機能性も上がるのであれば、 有料テーマは、収益ブロガーが優先して投資すべきものだと言えます。 ですので、私は、アフィリエイト情報教材に略手を出しませんが、 有料テーマは、かなりの数を所有しています。 これは、運営サイトが複数あることも関係しますが、 より効率的に収益化できるテーマに乗り換えているからです。 オススメの有料テーマはこちら そんな私が、今もっとも稼げるテーマだと考えるのが、 「ザ・トール」は、全ての有料テーマの良いとこどりがされたもので、 初めて有料テーマを検討するのであれば、まずコチラです。 実は、筆者自身この有料テーマの存在を知ったのは今年になってからです。 また最初は、インフォトップから…という事もありましたので、 売れているのもアフィリエイターの後押しだけで、大したテーマではないだろう。 と高を括っていただけに、ちょっと驚きました。 「これだけのものが、わずか14,800円で手に入るなんて…。 」 以前から愛用していたTCDが、内容以上に高くなってしまった感がありましたので、 余計にそう思えたのかも知れませんが、 現状この価格帯のテーマって、自分には当たりはずれのないものが多く、 「使いたい!」と思うものはなかったのですが、「ザ・トール」は違いました。 十分なアドバンテージを手にしたと言っても良いでしょう。 しかし、どんなに素晴らしいテーマであっても、肝心のコンテンツ 記事 がお粗末では本末転倒。 テーマはあくまで引き立て役、逆に言えば、SEO・収益化に優れた「THE THOR」を生かすも殺すも、あなたが執筆される記事次第です。 でも、勘違いしないでください! 物語作家のような表現力豊かな魅力的な文章を綴る…そんな事ではありません。 重要になのは、興味 ニーズ を見抜く力と、その伝え方。 読者に分かりやすく、読みやすく伝えること、そうすれば自ずと結果はついてきます。 また、嫌らし話になりますが、50万円以上のアドセンス報酬を生む記事もあります。 たった一記事がですよ。 しかし逆に、3時間4時間かけて書き上げた記事がたったの1円も稼げない事も…。 この違いはなにか! それは、ライティングスキルといった文章テクニックではなく、 先程お話しました 「興味 ニーズ を見抜く力と、その伝え方」なんです。 どんなに力作した記事でも読まれなければ無意味、その存在すら誰も知らない。 また、執筆に不慣れな方は「どんな題材でどんな記事を書けば良いのだろう…。 」と不安があるかと思います。 でも、これは多くの先人も通ってきた道で、基本的には「ケーススタディ」です。 執筆&検証を繰り返すことで、身につくもの。 ですが、ここでも効率化を図ることは可能です! 独学・読解して覚えたことは、自分の資産になるスキルであり、揺るぎない自信にもなります。 しかし、初心者がそこまで辿りつくには、回り道も多く、容易ではありません。 やや余談になりますが… 私は仕事の関係から、Adobeのフォトショプやイラレを活用しています。 これらのソフトは非常に高機能ですが、使いこなすには覚えることも膨大にあります。 もし、独学、手探りで覚えようとするなら、数年はかかるでしょう。 なので、リファレンス 参考書 は必須です。 何からやっていけば良いのか、自分がしたいことや、上手くできなかった場合など、 ピンポイントで解説されているので、効率良くスキルを身につけることができます。 これは、Googleアドセンスやアフィリエイトなど、ネットの収益化でも同じことが言えます。 私は、アドセンスをはじめ、3ヶ月目で40万円の報酬を手にしましたが、 これだけ短時間で大きな結果が出せたのも、Googleアドセンスのリファレンスのお陰。 このブログの他の記事をご覧になられた方はご存知かと思いますが、PRIDE プライド という情報教材になります。 ですので、「Googleアドセンスに最適なブログ」として、コンテンツも含めて考えるのであれば、リファレンスもまた、収益効率化には欠かせないものだと言えます。 グーグルアドセンスにおすすめブログまとめ この記事のポイントをまとめますと、要点は3つです。 渡辺さん コメントありがとうございました。 最初に審査を受けたブログがアドセンス広告掲載をして運営されていれば、 その後に追加するサイトは個別に2次審査を受ける必要はありません。 記事に書いている事は、 初回審査時のブログを閉鎖したり、広告を削除した場合の話です。 ですが、これは意図せぬ場合もあったりします。 例えば、審査時に利用した無料ブログがサービス提供を終了したり、 利用規約でアドセンス広告の利用不可となった場合、 またブログ仕様変更により、ポリシー上問題となり見直しが必要とされる 可能性も考えられます。 コメントありがとうございました。 残念ながら最初のお申込みは承認できませんでした。 となっても再審査が可能です。 但し、全く不可能でもないようです。 iscle. google. どんなカテゴリであっても承認基準は変わらないと考えます。 はじめまして。 とてもスッキリとわかり易い記事とサイトデザインですね。 ご自身で実践していらっることが答えなのですね。 質問なのですが、私は独自ドメインのブログをスタートし記事を書き溜めているところです。 記事の内容は絞り込んだほうが良いのか、ある程度広く情報やニュースを書き綴るほうがいいのか?という部分です。 自分自身が色々なサイトにアクセスすると、自分がショップで閲覧していた商品が広告として掲載されているのをよく目にします。 これがGoogleアドセンスという理解で宜しいでしょうか。 ネット上では、Googleアドセンスの手法を紹介するサイトが氾濫していますが、Googleアドセンスは、そのページの記事に合わせた広告が掲載される、と書いている人がいますが、これって誤解ではないかと思うのですが、果たして正解はどちらでしょうか。 後者なら、記事の内容を絞り込まなければならないと思いますし、運用の方向性に多大な影響が出る部分なので、恐れ入りますが、ご教示いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 はじめまして。 突然のコメント失礼いたします。 1週間ほど前に人生初のブログをはじめました。 経緯としましては 10年ほどスニーカー販売店に勤めておりましたが、結婚を機に転職、大好きだった仕事を離れることとなりました。 ですが、大好きな仕事だった為、今でも忘れられずにもやもやしていたところブログを始めてみよう!となった次第でございます。 せっかくはじめるのであればたくさんの方に見ていただき、楽しんだうえで収益に繋げられればと考えております。 当面の目標としましては、google adsenceの審査に通ることです。 現在は、snsとの連携でブログを見ていただき、楽天アフィリエイトのリンクを張っている状況です。 google adsenceの審査に通るためには、、、というような記事をいくつも読んだのですが私のブログの現状にはどのような問題点があるのだろうか。 と悩んでおります。 お時間あります際に、アドバイスをいただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

次の