富士通 id。 ソフトウェアライセンスの電子納品について : 富士通

ソフトウェアライセンスの電子納品について : 富士通

富士通 id

事前にご準備いただくと登録がスムーズです 使用されているメールアドレス My Cloud サービスを利用する際の認証ID(My Cloud ID)となるため、普段使用しているメールアドレスをご用意いただくことをおすすめします。 「 」以降が以下に該当するメールアドレスは使用できません。 「mb. infoweb. jp」、「nifty. jp」、「niftyserve. jp」、「nifmail. jp」 パスワード 6文字以上〜24文字以内で、次の使用可能文字から2種類以上使用したパスワードを作成してください。 同じパスワードを使い回さず、あらたに作ることをおすすめします。 登録製品情報 ご登録いただくFMVの「製品型名」「製造番号」「保証開始日」がわかるものを用意してください。

次の

富士通IDに関するお問い合わせフォーム 情報の入力 : 富士通

富士通 id

会員サービス内容 「富士通のソフトウェア会員」に登録頂くとソフトウェアに関する各種サービスをご利用頂けます。 eラーニング ウェブブラウザを利用したオンライン学習システムです。 自席でいつでも好きな時間に学習することができます。 ダウンロード 無料で利用できるソフトウェアの体験版や、ソフトウェアと組み合わせて使えるツールやサンプルプログラム、サンプルデータなどがダウンロードできます。 会員限定コンテンツ 会員のみが閲覧できるコンテンツやホワイトペーパー、パンフレットなどをご用意しています。 「富士通ソフトウェアマスター」の受験 富士通がソフトウェアの技術力を認定する富士通ソフトウェア技術者認定制度「富士通ソフトウェアマスター」が受験できます。 受験は有料です。 富士通ソフトウェアマスター試験に合格した方向けサービス 「富士通ソフトウェアマスター」試験に合格し、認定された方には「資格取得者特典」をご提供しています。 「富士通のソフトウェア」会員への登録は無料で年会費も不要です。 どなた様でも登録できますので、ぜひご登録ください。 個人情報の取り扱い• お客様が入力された内容は、ソフトウェアに関する資料の送付(製品・サービスのご紹介、講習会のご案内、各種アンケートの実施)、メールマガジン配信、富士通ソフトウェアマスター資格認定のために利用いたします。 お客様の情報は、に基づき適切に管理します。 ご本人から同意を得た場合または法令により許された場合を除き、個人情報を第三者に提供いたしません。 なお、個人情報を第三者に提供する場合には、その第三者に対し契約により適切な管理を義務づけます。 個人情報の取り扱いに関するご質問や登録内容の削除につきましては、下記「本コンテンツに関するお問い合わせ」に記載されている窓口までご連絡ください。

次の

ユーザー登録のお願い

富士通 id

アカウントについて、知っておこう! 1. アカウントとは? アカウントとは、コンピューターを利用したり、インターネット上のサービスを利用したりするために必要な、個人を特定するための会員名のようなものです。 利用するサービスごとに、アカウントを作成する(登録する)必要があります。 アカウントを作成するには、サービスごとにユーザーID(アカウント名)やパスワード、各種個人情報などを登録する必要があります。 アカウント名は、自由に名前を付けられる場合や、普段使っているメールアドレスをアカウント名として使う場合など、サービスによってルールは異なります。 作成したアカウントは、サービスごとに「My Cloud アカウント」や「Microsoft アカウント」のような名称で呼ばれます。 ほとんどの場合、一度決めたアカウントは変更できません。 登録したユーザーIDとパスワードを入力し、コンピューターやサービスを使える状態にすることを「ログイン(サインイン)」といいます。 ログインすることで利用者が特定され、コンピューターやインターネットのサービスを利用することができるのです。 英語の「account(アカウント)」には「口座」という意味があります。 銀行のATMを利用するには、口座を開設して口座番号を取得し、暗証番号を決めますよね。 同じように、パソコンやスマートフォンで各種サービスを利用する場合も、ユーザーIDとパスワードが必要です。 銀行口座=アカウント、口座番号=ユーザーID、暗証番号=パスワードと置き換えるとわかりやすいかもしれないですね。 ちなみに、同じサービス内では、他の人と同じアカウント(ユーザーID)を使用することはできないことも覚えておきましょう。 アカウントの種類 ひとことでアカウントといっても、たくさんの種類があります。 ここでは主なものをご紹介します。 Windows パソコンのアカウント Microsoft アカウントやローカルアカウントがあります。 ローカルアカウントは、Windowsを利用するときに、最初に作成します。 インターネットに接続していない状態でも作成できます。 Microsoft アカウントは、インターネットに接続して作成します。 ワードやエクセルを使ったり、マイクロソフト社の各種サービスを利用したりするときに必要です。 メールアカウント メールの送受信をするにはメールアドレスが必要ですが、メールソフトを使ってメールの送受信をするためには、メールアカウントとパスワードも必要です。 メールアカウントとパスワードもプロバイダーなどから発行されるため、メールソフトに入力して設定します。 多くの場合、メールアドレスの「 」よりも左側の文字列がメールアカウントになります。 SNSアカウント Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)などのSNSを利用したいときに作成します。 インターネットサービスのアカウント Google の各種アプリを使用するときに必要なGoogle アカウントや、Yahoo Japan ID、楽天、Amazon、Apple IDをはじめ、ショッピングサイトや動画配信サービスなど、さまざまなサービスのアカウントがあります。 サービスや製品を利用したいときはそれぞれ個別にアカウントを作成します。 アカウントを作成するときの注意点 パスワードを他人に知られてしまうと、パソコンやスマートフォンを勝手に使われてしまったり、ショッピングサイトで知らない間に買い物をされてしまったりする危険性があります。 アカウントのパスワードは他人には絶対に知られないようにしましょう。 他にも、アカウントを作成するときは、以下のような注意点があります。 ユーザーIDやパスワードを忘れないようにする• ユーザーIDやパスワードに、誕生日や電話番号などの個人情報がわかる数字や文字列を使わない• 複数のサービスで同じパスワードは使わない• 「12345」などの簡単なパスワードは使わない• 誰かにパスワードを聞かれても絶対に教えない• パソコンがウイルスなどに感染してパスワードが流出しないよう、セキュリティ対策ソフトを使用する フィッシング詐欺にも注意が必要です。 メールなどで有名なショッピングサイトなどに見た目がそっくりなサイトへ誘導し、入力したユーザーIDとパスワードを盗む手口が流行しています。 メールに記載されたURLなどをクリックしてページを開いた場合は、むやみにユーザーIDやパスワードを入力しないようにしましょう。 インターネットのサービスを利用するときは、メールのURLから開いたページにはログインせず、お気に入りやGoogle 検索などから該当するサービスの正規のページを開いてログインするのがおすすめですね。 My Cloud アカウントとは? 富士通パソコンをご購入後は、My Cloud アカウントを登録しましょう。 登録は無料です。 My Cloud アカウントを作成すると、現金キャッシュバックや各種サービス、サポートを利用できます。 富士通パソコンをお持ちでない方でもMy Cloud アカウントを登録して、各種サービスを利用することもできます。 また、My Cloud ホームページやFMVサポートページで、My Cloud アカウント(My Cloud ID)でログインすると、お客様ごとの登録情報がすぐに確認できるなど、ホームページがより便利に利用できるようになります。 My Cloud アカウントの登録は以下のページから行います。 My Cloud アカウントが登録できたら、早速ログインしてみましょう。 以下の手順では、FMVサポートページを表示して、登録機種のサポート情報を表示する手順をご紹介します。 My Cloud アカウントのログイン パスワードとPINは違う!? Windows 10のパソコンでは、パスワードの代わりにPINを使ってサインインできます。 PINは、「Personal Identification Number」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「個人識別番号」ですが、わかりやすくいうと「暗証番号」のことです。 PINは、数字だけで設定できるため、覚えやすく、入力時のサインインが簡単になります。 また、パソコンを常に自宅で使用しているような状況であれば、セキュリティを強化できることもPINを使うメリットです。 例えば、通常のパスワードの場合は、万が一、通信を傍受され、パスワードが流出してしまうと、勝手に別のパソコンからMicrosoft アカウントにサインインされてしまい、アカウントを乗っ取られるなどの被害にあう可能性があります。 PINの場合は、設定したパソコンでのみ使用可能なため、PINの情報がもれてしまったとしても、別のパソコンではサインインすることができません。 PINといっしょにパソコンが盗まれない限り、勝手にアカウントを使われる危険性は低いといえます。

次の