踊り子 ff14 スキル 回し。 [FF14] 踊り子 開幕スキル回し(Lv80)

[FF14] 踊り子 開幕スキル回し(Lv80)

踊り子 ff14 スキル 回し

注目スキル クローズドポジション 基本的に、自分と選んだ相手の与ダメージをアップさせる効果を持ちます。 もちろん、火力が出せる相手を選んだ方がより効果を発揮しますので、DPSを出せそうなメンバーであれば誰を選んでも問題ないです。 必ずリキャ毎に使うようにしましょう!! このスキルを発動すると、ステップシンボル(下図真ん中参照)が出現します。 この表示されているアイコン通りにステップを踏むことで、「スタンダードフィニッシュ」を放った際に追加効果を得ることができるのです。 同じく「ファウンテン」後は確率50%で「ファウンテンフォール」を打つことができます。 基本的には、「カスケード」と「ファウンテン」を打ちながら、プロックしたら「リバースカスケード」「ファウンテンフォール」を打っていくスタイルとなります。 ・スタンダードステップはリキャ毎に発動 ・基本コンボ時にプロックしたらすぐ発動 上記の2つを繰り返していくこが、踊り子の基本的な立ち回りと覚えていただければと思います!! まとめ 60レベル時点では使えるスキルもそこまで多くない為、スキル回しに関しても単調です。 その分、80レベルになると結構忙しくなるジョブだと思います。 Advertisement 関連する記事• みなさんどうもこんにちわ! 今回は、漆黒のヴィランズで新しく追加された新ジョブ「踊り子」について、スキルの回し方や、立ち回り方法を紹介していきます。 […]• はいどうもみなさんこんにちわ!! 今回は、学者のスキル回し 立ち回り)について記載していきます。 回復系の各スキルの使い方や、ヒールワークについて詳し[…]• はいどうもみなさんこんにちわ!! 今回は、占星術師の立ち回り、主にカード部分について記載していきます。 カードの詳細や、効果、使い方など詳しく書いてあり[…]• はいどうもみなさんこんにちわ!! 今回は、ガンブレイカーのスキル回しについて記載していきます。 基本的な部分と、立ち回り方等を詳しく記載しているので単[…]• 皆さんどうもこんにちわー! 今回は侍についてスキル回しを紹介していこうと思います。 侍を始めたばかりでよくわからないよーって方や、初心者の方などご参考[…].

次の

【FF14】踊り子の木人スキル回し5.01 Lv80|FF14木人ブログ

踊り子 ff14 スキル 回し

踊り子 早いもので、踊り子のレベルが80になりました。 FATEでランクを上げつつやっていたので意外と早かったです。 サブクエストの消化は地味に大変でしたけど… アクション・特性 さてさて、踊り子なんですがIDとかで範囲バシバシやると結構楽しいですよね。 普段はヒーラーなんであまりDPSは得意ではありませんがとりあえず80のスキル回しを考えてみました。 スキル一覧 まずは基本となるスキルの特性とかを再確認していきます。 (私のために) 詳細は「」に乗っていますのでそこから丸パクリです。 アイコン アクション名 リキャストタイム 効果 カスケード 2. 5秒 対象に物理攻撃。 威力:200 追加効果(発動確率50%):自身に「リバースカスケード実行可」を付与する 効果時間:20秒 ダンスモード中は「薔薇のアンボワテ」に変化する。 ファウンテン 2. 5秒 対象に物理攻撃。 威力:100 コンボ条件:カスケード コンボ時威力:250 コンボボーナス(発動確率50%):自身に「ファウンテンフォール実行可」を付与する 効果時間:20秒 ダンスモード中は「小鳥のアントルシャ」に変化する。 ウィンドミル 2. 5秒 自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:150 追加効果(発動確率50%):自身に「ライジングウィンドミル実行可」を付与する 効果時間:20秒 スタンダードステップ 30秒 ダンスモードになり、自身に「スタンダードステップ」を付与する。 効果時間:15秒 効果中は「スタンダードフィニッシュ」に変化する。 また、ステップアクションと「スタンダードフィニッシュ」「アン・アヴァン」、ロールアクション以外を実行することができなくなる。 このアビリティには固有のリキャストタイムに加えて、ウェポンスキルと同様のリキャストタイムも発生する。 さらに、実行するとステップアクションとフィニッシュアクションにリキャストタイムが発生する。 スタンダードフィニッシュ 1. 5秒 自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 ステップ成功時追加効果:自身と「クローズドポジション[被]」を付与したパーティメンバーに「スタンダードフィニッシュ」と「エスプリ」を付与する。 効果時間:60秒 このアクションの威力とスタンダードフィニッシュの効果量は、ステップアクションの成功回数により異なる。 成功回数が0回のとき:威力500 成功回数が1回のとき:威力750および効果量2% 成功回数が2回のとき:威力1000および効果量5% 2体目以降の対象への威力は75%減少する。 このアクションを実行するとウェポンスキルと魔法にリキャストタイムが発生する。 リバースカスケード 2. 5秒 対象に物理攻撃。 威力:300 追加効果(発動確率50%):自身に「幻扇」を付与する 発動条件:「リバースカスケード実行可」効果中 ダンスモード中は「緑葉のジュテ」に変化する。 ブレードシャワー 2. 5秒 自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:100 コンボ条件:ウィンドミル コンボ時威力:200 コンボボーナス(発動確率50%):自身に「ブラッドシャワー実行可」を付与する 効果時間:20秒 扇の舞い【序】 1秒 対象に物理攻撃。 威力:150 追加効果(発動確率50%):自身に「扇の舞い【急】実行可」を付与する 効果時間:20秒 発動条件:「幻扇」 ライジングウィンドミル 2. 5秒 自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:250 2体目以降の対象への威力は50%減少する。 追加効果(発動確率50%):自身に「幻扇」を付与する 発動条件:「ライジングウィンドミル実行可」効果中 ファウンテンフォール 2. 5秒 対象に物理攻撃。 威力:350 追加効果(発動確率50%):自身に「幻扇」を付与する 発動条件:「ファウンテンフォール実行可」効果中 ダンスモード中は「金冠のピルエッテ」に変化する。 ブラッドシャワー 2. 5秒 自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:300 2体目以降の対象への威力は50%減少する。 追加効果(発動確率50%):自身に「幻扇」を付与する 発動条件:「ブラッドシャワー実行可」効果中 扇の舞い【破】 1秒 自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:100 追加効果(発動確率50%):自身に「扇の舞い【急】実行可」を付与する 効果時間:20秒 発動条件:「幻扇」 アン・アヴァン 30秒 自身の10m前方に向かって素早く移動する。 最大チャージ数:3 バインド中は実行不可。 癒やしのワルツ 60秒 自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復する。 回復力:200 追加効果:「クローズドポジション[被]」を付与したパーティメンバーからも同様の範囲回復効果を発生させる。 守りのサンバ 180秒 一定時間、自身と周囲のパーティメンバーの被ダメージを10%軽減させる。 効果時間:15秒 吟遊詩人のトルバドゥール、機工士のタクティシャンとは同時に付与されない。 クローズドポジション 30秒 パーティメンバーひとりを対象とする。 自身に「クローズドポジション」を付与し、対象には「クローズドポジション[被]」を付与する。 効果中に「スタンダードフィニッシュ」「攻めのタンゴ」「癒やしのワルツ」を実行すると、クローズドポジション[被]を付与したパーティメンバーも、同様の効果を得ることができる。 再使用で解除する。 効果時間:永続 クローズドポジション解除 1秒 クローズドポジションを解除する。 攻めのタンゴ 120秒 一定時間、自身のクリティカル発動率とダイレクトヒット発動率を20%上昇させる。 効果時間:20秒 追加効果:「クローズドポジション[被]」を付与したパーティメンバーにも同様の効果を付与する。 扇の舞い【急】 1秒 対象とその周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:200 2体目以降の対象への威力は50%減少する。 発動条件:「扇の舞い【急】実行可」効果中 テクニカルステップ 120秒 ダンスモードになり、自身に「テクニカルステップ」を付与する。 効果時間:15秒 効果中は「テクニカルフィニッシュ」に変化する。 また、ステップアクションと「テクニカルフィニッシュ」「アン・アヴァン」、ロールアクション以外を実行することができなくなる。 このアビリティには固有のリキャストタイムに加えて、ウェポンスキルと同様のリキャストタイムも発生する。 さらに、実行するとステップアクションとフィニッシュアクションにリキャストタイムが発生する。 テクニカルフィニッシュ 1. 5秒 自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 ステップ成功時追加効果:自身と周囲のパーティメンバーに「テクニカルフィニッシュ」と「エスプリ」を付与する。 効果時間:20秒 このアクションの威力とテクニカルフィニッシュの効果量は、ステップアクションの成功回数により異なる。 成功回数が0回のとき:威力500 成功回数が1回のとき:威力750および効果量1% 成功回数が2回のとき:威力1000および効果量2% 成功回数が3回のとき:威力1250および効果量3% 成功回数が4回のとき:威力1500および効果量5% 2体目以降の対象への威力は75%減少する。 このアクションを実行するとウェポンスキルと魔法にリキャストタイムが発生する。 フラリッシュ 60秒 自身に「リバースカスケード実行可」「ファウンテンフォール実行可」「ライジングウィンドミル実行可」「ブラッドシャワー実行可」「扇の舞い【急】実行可」を付与する。 剣の舞い 2. 5秒 対象とその周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:600 2体目以降の対象への威力は50%減少する。 発動条件:「エスプリ」50 インプロビゼーション 120秒 その場でダンスを踊り、自身に「インプロビゼーション」を付与する。 効果時間:15秒 インプロビゼーション効果:範囲内にいるパーティメンバーが受けるHP回復効果を10%上昇させる。 さらに、自身が戦闘状態であれば「エスプリ」を継続蓄積させる。 蓄積量は範囲内にいるパーティメンバーの人数に応じて増加する。 効果時間中にアクションの実行や移動・ターンを行うと、インプロビゼーションを終了する。 実行後にオートアタックを停止する。 コンボ 踊り子も例にもれず、単体・範囲コンボが存在します。 他と違って、一部50%の確率で発動したりしなかったりするため一部ではプロック凝視ゲームとも言われています。 ようは慣れだよ慣れ。 単体コンボ 範囲コンボ 幻扇 特定のスキルを使用するとこれまた確率で「幻扇」という羽みたいなのをためることが出来ます。 一定数ためるといいことが起きるわけではないのでたまった都度使ってしまってもいいですし大事な時に(かついっぱいにならないように)取っておくのも手です。 幻扇は最大4枚スタックしておけます。 また、レベルが76になると「エスプリ」を覚え、これまた特定のスキルを使用することでポイントをためておくことが出来ます。 これは100を上限とし50ポイント単位で「剣の舞い」を発動することが出来ます。 細かいところ 強み やっぱり、バッファーとして火力が高いメンバーをより高めるところにつきますかね。 弱み 上記の通り、バッファー職的な立ち位置なので火力は控えめなところですかね。 ただ、これに関して言えばしっかりスキルを合わせればそこそこ火力は出るという話もありますんで一概には言えないのかもしれません。 また、近接・範囲によって立ち位置が変わるのも注意が必要なところです。 その他でいうと、支援である「クローズドポジション」も的確な人につける見極めも必要なところが面倒なところ。 立ち回り 基本的に、遠隔DPSなのでどこでもいい感じがする。 ただし、範囲は自分中心が多いのでIDとかでまとめをする場合は敵の近くにいる必要がある。 また、エスプリをためられる「インプロビゼーション」なんかは範囲6m以内にPTメンバーがいるとより多く蓄積させることが出来るので覚えておく必要があります。 履行技なんかでエスプリをまとめておいて開幕ドカンとかすることもできます。 ぼくのかんがえたさいきょうのすきるまわし 開幕のスキル回し。 基本的にはどれぐらいプロックするのかと下記スキルをどれくらいリキャストごとに効率的に回せるのかが肝なのかと思います。 スタンダードステップ 30秒• テクニカルステップ 120秒• フラリッシュ 60秒• 攻めのタンゴ 120秒 しかしあれですね。 何度かIDとかには行っていますがDPSは慣れませんね… 踊り子用にホットバーの配置とか変えようかな~。 聞いた話だと… プロ踊り子の人は各ジョブごとのスキルフィーバータイムに合わして「クローズドポジション」を的確に付け替えているらしい。 本当かどうかはわからないけど、それってかなりの無理げーですよね。 おそらく零式とかでなおかつ固定とかにはなるとは思うけど私には無理だ… 木人討滅戦 試しに、木人討滅戦をやってみました。 ILは444です。 いちおうヒーラースタンスのチョコボを呼び出してクローズドポジションをつけてやっています。 へぼいのであまり参考にはならないかと思いますが… 極イノセンス級 15秒残し 極ティターニア級 19秒残し エデン:覚醒編級 9秒残し.

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

踊り子 ff14 スキル 回し

開幕スキル回し カッコ付きのアクションは、幻扇が付与された場合に実行、また扇の舞い【急】はProcしたら即実行し、直前のWSのGCD中にProcを使ってしまいます。 スタンダードステップ(11秒ほど待機)• スタンダードフィニッシュ• フラリッシュ• テクニカルステップ• テクニカルフィニッシュ• 攻めのタンゴ• ブラッドシャワー• 扇の舞い【急】• ライジングウィンドミル• ファウンテンフォール• リバースカスケード• スタンダードステップ• スタンダードフィニッシュ• 剣の舞 or カスケード• 剣の舞 or ファウンテン or リバースカスケード 最初のスタンダードステップを使った後、10秒ほど待機すると、上記スキル回しのファウンテンフォールを実行したあたりでリキャスト可能になります。 スタンダードステップの効果時間が4秒を切ったあたりでスタンダードフィニッシュを撃てれば、フラリッシュで付与したProcを全て使用したあたりでスタンダードステップがリキャスト可能になります。 それまでに戦闘が始まってしまった場合は、フラリッシュの前にカスケードなど通常のWSを挟みます。 剣の舞を撃てるかどうかは、エスプリの蓄積次第です。 剣の舞に必要なエスプリが溜まっていなければ、カスケードなど通常のWSで代替し、バフが残っている間に剣の舞を撃てるようになったら撃ちます。 ポイント フラリッシュで付与したProcの効果時間に注意 テクニカルステップの前にフラリッシュを使うので、テクニカルステップで踊っている間にProcの効果時間はどんどん減っていきます。 そのため、上記スキル回しのライジングウィンドミル〜ファウンテンフォールの間にスタンダードステップを挟むとProcの効果時間が切れてしまいます。 戦闘開始前の待機時間を十分に取れた場合、スタンダードステップは早い段階でリキャスト可能になりますが、フラリッシュで付与したProcを全て使うまでは、スタンダードステップを使わないよう注意です。 他のメンバーのバーストのタイミングと合わせる FF14はバフを重ねることでDPSが伸びるようになっているので、パーティメンバー全員に効果のあるテクニカルフィニッシュと攻めのタンゴは、他のメンバーが開幕にバーストするタイミングに合わせるのがベストです。 上記スキル回しでタイミングが合わなければ、フラリッシュの前にカスケードなど通常のWSを挟んで調整します。 参考動画.

次の