人との繋がりを大切にする 漢字。 感謝を伝える四字熟語一覧!家族や恩師、大切な人に贈る言葉

「繋がり」の類語まとめ!意味別の使い方も紹介!

人との繋がりを大切にする 漢字

名前は子供が一生使う大切なプレゼント 子供の名前は、両親が子供に贈る最初のプレゼントです。 子供が生まれたときの感動を表したり、将来大きくなったときのことを想像し「こんな人生を歩んでほしい」というような思いを込めたりして名前を付けるのも素敵ですね。 しかし、「名前」は子供が一生使う大切なもの。 簡単には決められませんよね。 どのような漢字を使うか、読み方はどうするかなど悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。 そこで、男の子に付ける漢字一文字の名前をご紹介します。 赤ちゃんの名前について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。 漢字一文字のかっこいい男の子の名前 男の子はシンプルな漢字一文字の名前が人気です。 人気の名前、男らしい名前、古風な名前、自然をイメージさせる雄大な名前をご紹介していきます。 男の子の名前を考えている方、これから考えようと思っている方は参考にしてみてくださいね。 男の子に人気の漢字一文字の名前 妊娠・出産・子育てアプリの「ママリ」に寄せられた男の子の名付けエピソードでは、漢字一文字の名前がたくさん挙がっていましたよ。 まずは、人気だった5つの名前をご紹介します。 よい仲間に恵まれる温かい人間に「湊 みなと 」 「湊」は最近人気がある男の子の名前です。 「多くのものが一ヶ所に集まる」「水が集まる場所」「船着き場」という意味があります。 水や船が集まるところから、活気のあふれる社交的な雰囲気・グローバルな雰囲気を連想することができます。 そこから「よい仲間や友達がたくさんできる、温かい人間になりますように」「人々の真ん中に立ち、世界で活躍するリーダーシップをとれるような人間になりますように」という願いを込めることができます。 素晴らしい出会いに恵まれるよう、思いをこめて「湊」という名前を贈ってみてはいかがでしょうか。 名前:湊(みなと) 破水したことで、痛みというよりは 水っぽいイメージがバッと浮かんできて、考えていた候補の中から決めました。 由来としては、湊は人が集まる場所、 社交的で魅力溢れる人に育って欲しいという願いを込めました。 湊という字は水をイメージしたという方が多いようです。 社交的で友達がたくさんできるようになどの願いが込められていますね。 苦しくても諦めない生命力のある子供に「蓮 れん 」 2000年以降大人気の「蓮」という名前。 一文字の名前を付けたいというときに候補に挙がることが多い漢字です。 「蓮」は本来「ハス」と読み、池・沼地で育つスイレン科の多年草です。 水の底に根を張り長い茎を伸ばし、水面に巨大な葉が広がり、夏の時期に白・ピンク・黄色などのカラフルな花が咲きます。 蓮の花言葉は「清らかな心」「神聖」です。 沼地で泥にまみれていても美しい花を咲かせる蓮の花から、「苦しくても諦めず、力強い生命力のある子になりますように」「清い心を持ちながらも、困難に打ち勝てる子供になるように」と願いを込めることができます。 さまざまな思いを込めて付けた名前を気に入ってくれると両親としてはうれしいでしょう。 たくましくまっすぐ育ちますように「陸 りく 」 男の子の名付けで人気度が高い「りく」という名前。 さまざまな漢字がありますが、「陸」という字をご紹介します。 陸は水面よりも高く続く「大地」や「大陸」を意味する漢字です。 「陸」という漢字には、力強くてたくましい雄大なイメージがあります。 「家族や友人を支えられる男の子に育ちますように」「地に足をつけ、たくましくまっすぐに育ちますように」という意味を込めることができます。 名前に「子供が人生を力強く生きていけるように」という願いを込めたい方は、「陸」という名を候補に入れてみてはいかがでしょうか? 自由にのびのびと生きていけますように「翔 しょう、かける 」 「空を高く飛ぶ」「あちこち飛び回る」という意味がある「翔」という漢字は、男の子の名付けで人気です。 漢字の意味から、「自由にのびのびと生きていけますように」「高い目標にチャレンジし、そのために努力できる人間に」という願いを込めることができます。 字も響きもかっこいい「翔」という名前は、男の子にぴったりです。 2人目 2018年11月生まれ男の子 『翔 しょう 』 お兄ちゃんと同じく、旦那さんは珍しい名前がいい!と言って色々考えてくれたのですが、私がいいと思うのがなく。 2人で話してお兄ちゃんと似た名前にしたいとなり「しょう」になりました!漢字は画数が良く、2文字の予定で役所に出しに行くと何とその漢字が人名には使えないと…😅 なので最終候補の1つ「翔」に決まりました! 2人とも意味よりも響きとイメージを優先してつけました😁 名付けは読んだときの響きのよさやイメージをポイントにしている方もいるようです。 同性の兄弟がいる場合は、関連性のある名前にするのもよいですね。 大きな樹のようにすくすくと成長してほしい「樹 いつき、たつき 」 男の子の名付けで人気がある「樹」という名前。 その字の通り「樹木」「木そのもの」の意味を表しています。 さらに、樹には植える、立てるという意味合いもあります。 そのような点から「大きな樹のようにすくすくと成長してほしい」「まっすぐ筋を通し、自分の目標を達成できるよう努力のできる人間に」といった願いを込めることができます。 古風な漢字一文字の名前 最近は、男の子に少し古風な名前を付ける方も増えています。 古臭さはない、男の子らしくて素敵な意味をもつ漢字一文字の名前をご紹介します。 人から護 まも られ、人を護 まも る存在に「護 まもる 」 「まもる」という名前をつけたいときには、「守」「衛」といった漢字もありますが、今回は「護」という名前をご紹介します。 「護」には、「まもる」「中のものが傷つかないよう外からとりまく」「かばう」「おまもりふだ」といった意味があります。 字の意味も分かりやすく読みやすい、シンプルで素敵な名前です。 「周囲の人から護られ、また大事な人を護ることのできる人間になりますように」という願いを込めることができます。 時代を問わず候補に挙がる男らしいイメージの名前です。 1つのことに真剣に打ち込むことのできる人間に「匠 たくみ 」 昔から人気の「たくみ」という名前は、「工」「巧」といった漢字もありますが、今回は「匠」をご紹介します。 「匠」には「職人」「先生」「制作」「考案・工夫する」、学問・芸術に優れている人という意味があります。 「個性的で創造的な人間になりますように」「努力を惜しまず一つのことに真剣に打ち込むことのできる人間に」という願いを込めることができますよ。 慈しみの気持ちを持てる人間に「仁 じん、ひとし 」 「仁」は男の子の名前に昔からよく使われます。 「仁義を通す」といった言葉や、皇族の悠仁親王を連想した方もいると思いますが、「仁」は「慈しむ」「思いやり」といった意味があります。 また儒教では、徳の高い人という意味合いもあります。 「慈しみの気持ちを持てる人間に」「人の心がわかる、内面から優しい人間に育ちますように」など、周りから愛し愛される子供になってほしいという願いを込めることができます。 創造力豊かな人間に「創 はじめ 」 「はじめ」という男の子の名前には「一」「元」「始」「肇」等の漢字がありますが、「創」という漢字はいかがでしょうか。 昔は「絆創膏 ばんそうこう 」の字から「傷」の意味があるとされていましたが、最近では「つくる」という意味で使われることもあり、「創意工夫」「創作」「創造」といったよい意味での熟語に使われています。 想像力・創造力豊か、そして独創的・個性的な様子が連想されます。 「創造力豊かな人間になれますように」「自分自身で未来を切り開くことができる子供に」といった願いを込めることができます。 また「はじめ」という読みの響きは、「物事のはじまり」という意味もあることから、子供の人生のスタートをお祝いする意味も込めて贈ることができる、素敵な名前です。 困っている人を助けられる人間に「佑 たすく、ゆう 」 「助ける」「神様からの助け」という意味を持つ「佑」という漢字。 「困っている人を助けてあげられる人間に育ってほしい」「神様にも愛されるような、愛のあふれる人間になってほしい」といった思いを込めることができます。 サッカー日本代表の本田圭佑選手や長友佑都選手の名前にも含まれる漢字。 この漢字を使った名前から、「世界で活躍できる人間になってほしい」という親の願いを込めることもできますね。 男らしいイメージをもつ漢字一文字の名前 生まれてくる子供が男の子だった場合、やはり自分の子には男らしく強く育ってほしい!と思う方もいるでしょう。 そのような方におすすめの、男らしい印象の漢字一文字の名前をご紹介します。 健康にすくすくと成長してほしい「健 たける、けん 」 「健」という漢字は「体が丈夫」「体が強い」という意味を持っていて、ポジティブで元気なイメージがあるため、男の子の名前によく使われることがあります。 「健」という名前は「健康な体ですくすくと成長してほしい」「病気知らずの人生を過ごしてほしい」といった思いをストレートに込めることができます。 「健」という名前で有名なのは、俳優の佐藤健さんやV6の三宅健さんですね。 読みは「たける」も「けん」も響きは男の子らしく、元気で健やかな男の子に育ってくれそうな印象です。 健やかな成長を祈って、ご自身の子供にこの名前を贈ってみてはいかがでしょうか。 周りを明るく照らすような人間に「昴 すばる 」 響きや字面が素敵で人気のある名前「昴」。 「昴」は星座のおうし座の中にある「プレアデス星団」という星の集合体のことを指します。 夜空に光り輝く星の様子や宇宙・無限のイメージから、「光り輝く人生を送ってほしい」「周りを明るく照らす希望のような子になってほしい」といった願いを込めることができます。 星の輝く夜に生まれた生まれた子供に願いをこめて、この名前を贈るのもいいですね。 強く勇ましい人間に「尊 たける 」 「尊」という字は「敬う」「重んじる」という意味があり、「尊重」「尊大」といった熟語にも使われています。 「尊」の字は神様の総称を意味することもあるため、上品で厳かな雰囲気のある漢字です。 「自分を尊重し、周りの方も尊重できる人間になりますように」や、「何事にも強く勇ましく立ち向かっていける人になりますように」と願いを込めることができます。 向上心を持ち、困難に打ち勝つ人間に「龍 りゅう 」 「龍」は空想上の動物「リュウ」を表した字です。 「龍」は旧字体で「竜」という字よりも先に作られた漢字です。 「龍」という字には「活発」「元気」「向上心がある」といったイメージがあり、「元気いっぱいな男の子になってほしい」「向上心を持ち、困難に打ち勝つことのできる人間になってほしい」と願いを込めることができます。 心も体も強い男の子に育ってくれそうな、男らしい名前です。 賢く生きていってほしい「理 おさむ 」 「理」は「おさめる」「整える」という意味があります。 「理解」「真理」「道理」などの熟語に使われる「理」には賢そうな印象と情に厚いという二つのイメージがあります。 「道理を重んじ、約束が守れる子になってほしい」「人の気持ちが理解できる人間になってほしい」という思いを込めることができます。 この名前で有名なのは俳優の向井理さん。 その名の通り、知的で男らしい印象がありますね。 クールさと熱さを併せ持つこの名前を候補に入れてみてくださいね。 自然をイメージさせる漢字一文字の名前 子供に自然に関連した名前をつけたいと思う方もいるでしょう。 大自然の雄大さをイメージさせるような漢字一文字の名前をご紹介します。 元気でたくましく何事にも立ち向かえる子に「隼 しゅん、じゅん、はやと 」 「隼」は「ハヤブサ」という鳥の名前です。 ハヤブサは鋭いくちばしと爪が特徴で、とても速く飛ぶことができます。 そのイメージから「運動が得意で、スポーツ競技で活躍できますように」「元気でたくましい、何事にも立ち向かえる子になりますように」といった願いを込められます。 勇猛果敢 ゆうもうかかん で雄大なイメージの「隼」という字には読み方がたくさんあります。 名字と合わせてしっくりくる読み方を選んでみてください。 心身共に大きな人間に成長しますように「岳 がく 」 「岳」は標高の高い山を意味します。 力強さを感じられるこの漢字は山好きの方であれば子供の名付けに、と考える一文字ではないでしょうか。 雄大なイメージから「将来スケールの大きな男性になれますように」「広い心や高い目標を持ち、夢を叶えることができますように」といった願いをこめてこの名を贈ることができます。 また岩壁の力強さからは「心身共に大きく成長しますように」という思いを込めるのもいいですね。 太陽のように明るく元気な子に「陽 あき、あきら、よう、はる 」 太陽やひなたという意味をもつ「陽」という字。 近年人気の漢字で、この漢字を使った名前は男の子にも女の子にも非常に人気です。 明るく優しいといったポジティブなイメージを持ち、物事への積極性や動的な面を表しています。 「太陽のように周囲を照らす、明るく元気な子になりますように」「実りある充実した人生を送ることができますように」といった願いをこめて、名前を付けることができます。 家族間でも呼びやすい、覚えやすい名前がよいですね。 自分の人生を自分らしく航海していけますように「航 わたる 」 「わたる」という名前には「渉」「渡」「亘」といった漢字を使うことができますが、今回は海をイメージする「航」という名前をご紹介します。 「航」の字には「船」、そして「船で水を渡る」という意味があります。 名前ランキングでは「航」の後に一文字を合わせた名前が人気でよく使用される漢字ですが、あえて「航」という漢字一文字で名付けることにより、よりストレートに思いを表すことができます。 「航海」「航空」「渡航」といった熟語から、海・空・太陽といった雄大な自然がイメージされます。 「大海原(人生)を自分らしく航海していけますように」「海や空のように、心がおおらかな人になりますように」といった願いを込めることができます。 癒やしを与え、包容力のある人間に「薫 かおる 」 「薫」は香草・ハーブを意味する漢字であり、「よいにおいがする」「感化する」「善に導く」といった意味も持つ漢字です。 よい雰囲気を醸し出す印象から、穏やかなイメージのある漢字です。 「薫」の漢字のイメージから「癒やしを与え、包容力のある人間になりますように」「周囲に影響を与えるような優しくもたくましい人間に」といった願いを込めることができます。 女の子の名前ではないのかと思われるかもしれませんが、男の子の名付けでも使用されている漢字ですよ。

次の

感謝を伝える四字熟語一覧!家族や恩師、大切な人に贈る言葉

人との繋がりを大切にする 漢字

こんにちは、米倉です。 今回のテーマは「心の繋がりを大切にする5つの意味とは。 」をテーマにお話ししていきたいと思います。 人間関係を大切にすることで本来の人間対人間の繋がりが良い関係である為に、どの様にして人との関わり合いを築き上げていくのか、その為には必ず心の繋がりが必要になります。 人は一人では生きて行く事は出来ないので、他人との心の繋がりを 自分から意識することで、今よりも更に生きていく価値が生まれてくるのです。 もし、心と人の繋がりを待たずに人生を生きて行く事が出来るのであれば、それは、あなたの周りに心を許せる人が無く、あなた自身が 人との関わり合いを拒絶している悲しい心の持ち主なのかもしれない。 人は生きていく心の中で、喜びもあれば悲しみもあり、喜怒哀楽を共有できる人間がいなければ、ただただ、悲しい心の生き方を選択してしまう可能性があるのです。 今回、お話しするポイント5つは人の繋がりという大切な意味を理解するためにも必要な価値に繋がりますので、ぜひ参考にしてください。 人との繋がりを大切にする意味とは。 どんなに人との心の繋がりを拒絶したとしても、人生を生きていく中では人との関わり合いを拒絶することは出来ないのです。 なぜならば、人は運命をめぐって人間の意志とは違い、目に見えない全てを導き始める摂理と自然の働きによって、生きて行く事と人との心の繋がりを求めながら生きて行く事が潜在的に意識化されているのです。 人間の脳には、目で見た物を好きか嫌いかを判断して心の感情から、あなたの行動を意識化させる働きがあるのです。 好きな相手にしても、嫌いな相手にしても、何かしらの行動を心が感情として表現しているのです。 それは、あなたがどんなに拒絶しようと脳と心が判断して、あなたの意識とは別に行なっているのです。 どうして、そのような行動を人間は行うのか不思議だと思いますが、人は人間的な行為と感性を揺るぎなく、ありのままを正しい道理や生き方の中で確立していくのです。 人との関わり合いを拒絶しない。 人が生きていく中で必ず逃げることができないのが、人との関わり合いです。 人との関わり合いは、自分にとっての成長にも繋がり、成長から生まれる心の強さにもなるのです。 人との関わり合いを拒絶することは、人間にとって生きていくための根本的な本能を消すことになるので、決して逃げてはいけません。 人との繋がりを大切にする意味でも、前向きに人と関わり合うことを意識するのです。 心の感情から行動を意識化させる。 人は心の感情をいかにコントロールするかで、生き方にも影響することをもっと意識しなければならないのです。 心の感情から行動を意識化させることによって、人との繋がりを大切にするための感情も生まれてくるからです。 心の感情をいかに行動へとつなげるかが、人生にとって大切な意味合いを持つのです 正しい道理を生き方の中で確立していく。 人との繋がりを保つ上で、自分にとって何が大切かを判断する生き方としては、正しい道理を生き方の中で確立していくことしか現状はありません。 もし、これをせずに生きることは、あなたにとっての迷いを生じるきっかけになるのです。 人との繋がりを大切にする中でも、正しい道理を見つけなければ正しい道理など確立することはできないのです。 心が繋がる事で何が変わるのか? 心が繋がる事で何が変わるのかは、人との繋がりの大切さの中で、真に迫った心の繋がりを大切に生きて他人を信じられる事が可能になるのです。 さらに、幸福感のある心の繋がりを大切にしたいと思う気持ちが人間として本来の価値に繋がり、価値を共感できることを思い出す事も出来るはずです。 そのためにも、あなた自身の心を今よりも素晴らしい心に進化させ人との心の繋がりを大切にしながら、生きて行く事が人生で幸せになる唯一の近道なのです。 更に、心の繋がりを大切にする事で何を大事にするかが見え、人との繋がりで築いた関係が正しい道理によって確立されていくのを実感する事でしょう。 心が繋がる事で人からも大切にされ、人との繋がりの関係から人を大切にすることで自分自身を大切にする気持ちが生まれるのです。 心の繋がりを大切に生きる事で他人を信じる。 人生で最も大切なことは、人と人の心の共感ではないでしょうか。 その共感こそが心のつながりに最も意味をもたらせてくれるのです。 心の繋がりを大切に生きることで、人と人の信頼も生まれるのです。 そのためにも、多くの出会いが必要になります。 出会いから生まれる人と人との共感こそが他人を信じる一歩になるはずです。 心の繋がりで価値を共感できることを思い出す。 人と人との繋がりの中で如何に幸せに生きていくか、と言う人間にとって最も大切な状況を作り出すのには、心の繋がりで価値を共感できる環境が最も必要なはずです。 そのためにも、あなたが今できることを考えなくてはなりません。 それには、人と人との価値を共感することを思い出すのです。 人は生まれた時から価値を共感することで今まで生きてきたのです。 人との繋がりで築いた関係が正しく確立されていく。 価値を共感していくことで、人との繋がりが生きていく意味にもなるのです。 人との繋がりで築いた関係が正しく確立されていけば、人間関係に対しても苦悩することが軽減できるはずです。 そのためにも正しい人間関係を築くことが最も大切な心が前になります。 心が繋がる意味を知ることで人からも大切にされるとは? 心が繋がる意味を知るとは人との関係がスムーズになっている状態で相手からもあなたを信用している状態になっているはずです。 おそらく、あなた自身が相手に何らかの気持ちを与えていることで相手の気持ちもあなたを受け入れているのではないでしょうか。 そんな関係は、あなた自身も相手を信用し大切に思っているはずで相手もあなたを大切に思い認め合うことができる関係なんです。 認め合うとは、お互いを理解し合うことで生まれる感情です。 お互いの存在を認めあい、存在しあうことで更に心と心の繋がりが高まり大切な繋がりを生むのです。 相手の気持ちも、あなたを受け入れていく。 相手の気持ちがどんなに複雑な状況にあったとしても、信頼している状態になっていれば何らかの心のつながりの中で受け入れてくれるはずです。 それには、あなた自身が相手に何らかの気持ちを許しているからではないでしょうか。 その気持ちが相手の気持ちの中に、あなたを受け入れていく環境を作り上げて信用している心の状態であるからなのです。 この信用している心の状態こそ、人と人との関わり合いを大切にしている心の繋がりになっているのです。 存在しあうことで更に心と心の繋がりが高まる。 人間は、お互いの存在を認めていなければ同じ空間にいることさえ苦痛に感じるものです。 存在し合うことで、お互いの存在価値を認め合い生きている現状を助けようと言う感情が生まれてくるのです。 その感情さえ気づいてしまえば、さらに心と心のつながりが高まりお互いの助け合いの心も生まれてくるのです。 お互いの存在こそが、生きていくための最も大切な手段であり、より良い人生の幸福につながる価値なのです。 人との繋がりから自分自身を大切にする意味とは? 存在し合える人との繋がりから、自分の存在も大切に思える感情が芽生えてくるのです。 他人よりも自分の存在を大切にするのが当然だと思っているかもしれませんが、あらゆる世間状況を見てみると自分の存在を大切にしない人の方が多いのではないでしょうか。 なぜならば、自分の生き方を止めてしまっている現状があるからです。 自分の生き方を止めてしまっているとは、心と心が繋がっていない人との関係では自分の気持ちを表現することが出来ず、相手の感情が中心となってしまう可能性があるのです。 相手の感情が中心とならないように、共感力で感情を受け入れ相手の立場や気持ちがうまく状態を作れれば心の繋がりに変わるのです。 人との繋がりを大切にすることで、自分自身の感情を認める結果に至る事が意識的に感じるはずです。 自分の存在も大切に思える感情が芽生える。 自分の存在自体が、大切に思える感情が人に対しても大切に思う心が生まれるのです。 人の繋がりを大切にすることで人生にとっても、自分の未来にとっても、必ず良い形で帰ってくるのです。 自分の存在を受け入れることで、受け入れようとする心構えも得ることができ、その大きな心の在り方から人に対しても大切に思える感情が芽生えるのです。 もし、人に対して良い感情を持つことができないと言う事は自分に対しても良い感情を持つことができないと言う事になります。 なので、自分の存在をを大切にすることが大切になるのです。 相手の感情が中心とならないようにする。 相手の感情に流されない生き方を選択しなくてはならない、相手の感情に流される生き方は自分にとっては必ず負担になります。 相手の感情をを受け入れようとすると、そこには自分の感情を殺さなければならない状況が生まれるのである。 もし、相手の感情を受け入れるのではなく、自分の感情の中から良い感情を選択し、相手の感情が中心とならないように生きていくことによって、相手を大切に思える感情が生まれてくるはずです。 人との繋がりが自分自身の感情を認める結果に至る。 人が生きていく上で最も大切なのは、自分自身の感情を認めることです。 自分の感情を認めることで、自分がどのように物事を選択して行かなければならないのかを見極める手段になるからです。 自分の感情を認めることができなければ、相手の感情を受け入れる事が困難になります。 もし、相手の感情だけを受け入れる努力したとしても、自分の感情を受け入れなければ自分自身の感情はマイナスに働くのです。 自分自身の感情を認めることで、人との繋がりもうまくいくのです 人との繋がりを大切にする理由が解れば良い結果が生まれる? 自分の感情も相手の感情も深く結びつくような共同体感覚に向けて拡大し自分のためではなく、他人のためにも人との繋がりを全うすれば、人との繋がりを大切にする理由を理解できるのです。 人との繋がりを大切にする理由を理解できると、必ず心の奥から物事がうまく行って安心する安堵感に包まれながら人との繋がりに感謝する事になるでしょう。 人との繋がりに感謝すると言う事は、礼節と言う礼儀に心を向ける余裕ができ、大抵の人との関わり合いから信頼感と言う心の繋がりが生まれて、あなたにとって良い結果の基礎がつくられる結果になるのです。 人生にとってどの様にして人生を楽しく生きて行けるのか、その為にも周りにいる人間関係と心の繋がりを上手築くかが大切なのです。 共同体感覚に向けて人の繋がりを拡大する。 人間は一人で生きているのではなく、人の繋がりによって生きているのです。 人との繋がりによって何を求めていくか、と言う根本的な欲求に対して自分と言う人間と他人という人間をいかに同じ目的意識を持って生きていくかと言う、共同体感覚が必要なのです。 そのためにも、他者に対して貢献する気持ちが大切なのです。 それが共同体感覚に向けて、人との繋がりを拡大する唯一の方法なのです。 人との繋がりに感謝し礼節に心を向ける。 人は常に感謝と言う気持ちを持つことで、人との繋がりを強く意識することができるのです。 意識する中で最も大切なものは、他人との関係を保つために必要とされる行動や考え方や思いやりなのです。 この意味を理解することによって、人との繋がりに感謝し礼節をもって、相手に対して心が伴った行動になるのです。 人生を楽しく生きるために心の繋がりを上手築く。 人間にとって何が大切かと言うと、人生を楽しく生きることではないでしょうか? 人生には苦難や苦しみがあり、その苦難や苦しみをチャンスに変える生き方ができれば、本来の生きる意味にも繋がるのです。 苦難や苦しみを乗り越えて行けば、必ず人生を楽しく生きることが出来るのです。 最も人間らしい生き方で、人生を楽しく生きるために人との心の繋がりを上手く築くことが最も大切なのです。 まとめ 人間関係を大切にすることで本来の人間対人間の繋がりが良い関係である為に、どの様にして人との関わり合いを築き上げていくのか、その為には必ず心の繋がりが必要になります。 自分の感情も相手の感情も深く結びつくような共同体感覚に向けて拡大し自分のためではなく、他人のためにも人との繋がりを全うすれば、人との繋がりを大切にする理由を理解できるのです。 幸福感のある心の繋がりを大切にしたいと思う気持ちが人間として本来の価値に繋がり、価値を共感できることを思い出す事も出来るはずです。 心が繋がる事で人からも大切にされ、人との繋がりの関係から自分自身を大切にする気持ちが生まれるのです。 人との繋がりを大切にする理由を理解できると、必ず心の奥から物事がうまく行って安心する安堵感に包まれながら人との繋がりに感謝する事になるでしょう。 是非、今回のお話の中から、人生にとってどの様にして人生を楽しく生きて行けるのか、その為にも周りにいる人を大切にすることと心の繋がりを上手築くかが大切なのです。 今回のテーマは「 心の繋がりを大切にする5つの意味とは。 」をお話ししました。

次の

漢字一文字で気持ちを贈る〜漢字に込めたあなたの思いとは…

人との繋がりを大切にする 漢字

親から子、子から孫へと大切な一冊を紡ぎ残すというお手伝いをしています。 近年そういったニーズは増しており多くの依頼を受けるようになっています。 この仕事に携わっていますと、人の「人生」とその方のことを語る時によく耳にする「漢字」の繋がりや関連の深さに感じ入ることがしばしばあります。 多くの場合、それぞれの方の言わば「生きざま」や「生活する上での信念・価値観」といったものが色濃く反映されているのが、「自分史・家族史」に頻出する「言葉」とくに「(表意文字としての)漢字」だからです。 では、以下にその一例をご紹介しましょう。 生きること -お父さんが残してくれたもの- 4万字 「一昨年に癌で亡くなった夫の生きざまを残す本を作りたい」という奥さまの依頼により先日完成した『生きること-お父さんが残してくれたもの-』という本があります。 150ページにわたり、4万字を超える文字で構成されていますが、そのなかには「お父さん」の生きざまが息づいていました。 昭和24年山形の貧しい家庭に生まれた「お父さん」。 5歳で養子に出され、養子に入った先の家の家業も破綻。 苦労して育つが、一念発起して写真を学ぶために上京。 のちに印刷会社に就職し、昭和50年以降の日本の出版印刷の発展を支えました。 亡くなってから出てきた衣装ボックスの資料やたくさんの知人・同僚からの取材によって、家族を愛し、仲間を大切にし、仕事にひたむきに取り組んだ「お父さん」の姿が浮かび上がってきたのでした。 「お父さん」を表す漢字 出来上がった本のなかで、頻出する漢字を数えてみますと、1位が「思」、2位は「言」、そして3位は「写真」でした。 人を思いやり、家族をはじめ、たくさんの人たちにやさしい思い出と言葉を残した「お父さん」、写真をこよなく愛した「お父さん」の生きざまがそのまま、「漢字」の露出量と一致していたわけです。 私達がある人を表現しようとする時、思い浮かぶ「漢字」はそれぞれとは思いますが、意外に傾向は一致してくるものです。 そういった時に様々な語彙や漢字をもとにちょっとしたニュアンスの違いも表現できると素敵ではないでしょうか。 職場や学校などでお世話になった方や友人を送りだすような時、「その人を表す漢字」を一人ひとりが贈る、というのも粋な送別の辞かもしれません。 5000枚の写真 余談ですが、「お父さん」が残した写真は5,000枚を超えていました。 そして、写真の整理を手伝ってくれた同窓で写真を学んだ方の言葉が、残された家族をとても勇気づけました。 「写真はその場にいないと撮れないものなんだ。 一枚一枚の写真は、彼がファインダー越しに覗いた風景をそのまま残したもの。 今、私たちは時を超えて、お父さんが見た風景を見ているんだよ。 」 「思」「言」「写真」を生きざまとした「お父さん」の親友ならではの言葉ではないでしょうか。

次の