すき家 吉野家 うなぎ。 【2017年】うなぎを食べ比べして吉野家、すき家、なか卯、うな富士で一番美味しいお店がわかった【土用の丑の日】

吉野家・すき家・松屋、今夏のオススメ6選!肉だく牛丼、うな牛、うまトマハンバーグ定食

すき家 吉野家 うなぎ

しかし、その業績はまちまちなようだ。 すき家を運営するゼンショーホールディングスの発表によれば、2018年度第3四半期(18年4~12月)決算は営業利益146億円と好調。 また、松屋を手がける松屋フーズホールディングスも、19年3月期第3四半期(18年4~12月)決算で、前年同期比マイナスではあるものの営業利益30億円を記録したという。 一方で、苦境が伝えられているのが吉野家を展開する吉野家ホールディングスだ。 公表された18年度第3四半期(18年3~11月)決算によれば、前期は25億円の黒字だった営業利益が5. 6億円の赤字に転じてしまったという。 各社、くっきりと明暗が分かれているようだが、共通しているところもある。 そこで今回は、味、量、価格といったさまざまな観点から、「この春、買ってはいけない3大牛丼チェーンの商品6選」をピックアップした(価格は税込み)。 吉野家/牛丼・超特盛/780円 1品目は、今年の3月に吉野家が満を持して投入した「牛丼・超特盛」。 牛丼としては28年ぶりの新サイズ登場となったこの商品は、「並盛」(380円)の2. 4倍もの牛肉がごはんの上にどっさりと盛られており、そのボリュームが大きな売りとなっている。 ただし、ネット上では「並盛を2杯(=760円)頼んだほうが、1杯で780円する超特盛よりもコストパフォーマンス的に優秀なのでは?」という議論を呼んでいるのも、また事実。 20円の差額で牛肉が2倍から2. 4倍に増えるのは確かにお得で、実際に注文した人からは「食べても食べても牛肉が減らない」といううれしい悲鳴が聞かれるほどなのだが、超特盛のごはんの量は並盛の1. 4倍とのこと。 そこは牛肉のように2倍にはなってくれず、並盛2杯のほうが超特盛1杯よりも多いのだ。 ひとりで牛肉をたらふく食べたいときは問題なくても、もし超特盛1杯をテイクアウトして2人でシェアしようと考えているなら、並盛2杯を1杯ずつ食べたほうが賢明かもしれない。 吉野家/鰻重・一枚盛/790円 すっかり定番商品となった感のある吉野家の「鰻重」。 徐々に暑くなってくる時期、精をつけるために鰻を食べたいという人も多いだろうが、こちらの鰻重は「食べてガッカリした」というクチコミが散見されてしまっている。 どうやら、ごはんの上に乗せられた鰻の食感について、「ボソボソしている」という指摘が目立つようだ。 また、「一枚盛」に加えて「二枚盛」(1190円)、「三枚盛」(1690円)とランクがあるうち、「一枚盛」は下のごはんがかなり顔を見せているので、鰻の大きさが少しさびしく感じられてしまうのも正直なところ。 価格のほうも、牛丼チェーンというファストフードにしては790円と高めなので、コスパ面からもすすめにくい商品だ。 すき家/まぐろたたき丼・並盛/580円.

次の

うな丼(お持ち帰り)

すき家 吉野家 うなぎ

しかし、その業績はまちまちなようだ。 すき家を運営するゼンショーホールディングスの発表によれば、2018年度第3四半期(18年4~12月)決算は営業利益146億円と好調。 また、松屋を手がける松屋フーズホールディングスも、19年3月期第3四半期(18年4~12月)決算で、前年同期比マイナスではあるものの営業利益30億円を記録したという。 一方で、苦境が伝えられているのが吉野家を展開する吉野家ホールディングスだ。 公表された18年度第3四半期(18年3~11月)決算によれば、前期は25億円の黒字だった営業利益が5. 6億円の赤字に転じてしまったという。 各社、くっきりと明暗が分かれているようだが、共通しているところもある。 そこで今回は、味、量、価格といったさまざまな観点から、「この春、買ってはいけない3大牛丼チェーンの商品6選」をピックアップした(価格は税込み)。 吉野家/牛丼・超特盛/780円 1品目は、今年の3月に吉野家が満を持して投入した「牛丼・超特盛」。 牛丼としては28年ぶりの新サイズ登場となったこの商品は、「並盛」(380円)の2. 4倍もの牛肉がごはんの上にどっさりと盛られており、そのボリュームが大きな売りとなっている。 ただし、ネット上では「並盛を2杯(=760円)頼んだほうが、1杯で780円する超特盛よりもコストパフォーマンス的に優秀なのでは?」という議論を呼んでいるのも、また事実。 20円の差額で牛肉が2倍から2. 4倍に増えるのは確かにお得で、実際に注文した人からは「食べても食べても牛肉が減らない」といううれしい悲鳴が聞かれるほどなのだが、超特盛のごはんの量は並盛の1. 4倍とのこと。 そこは牛肉のように2倍にはなってくれず、並盛2杯のほうが超特盛1杯よりも多いのだ。 ひとりで牛肉をたらふく食べたいときは問題なくても、もし超特盛1杯をテイクアウトして2人でシェアしようと考えているなら、並盛2杯を1杯ずつ食べたほうが賢明かもしれない。 吉野家/鰻重・一枚盛/790円 すっかり定番商品となった感のある吉野家の「鰻重」。 徐々に暑くなってくる時期、精をつけるために鰻を食べたいという人も多いだろうが、こちらの鰻重は「食べてガッカリした」というクチコミが散見されてしまっている。 どうやら、ごはんの上に乗せられた鰻の食感について、「ボソボソしている」という指摘が目立つようだ。 また、「一枚盛」に加えて「二枚盛」(1190円)、「三枚盛」(1690円)とランクがあるうち、「一枚盛」は下のごはんがかなり顔を見せているので、鰻の大きさが少しさびしく感じられてしまうのも正直なところ。 価格のほうも、牛丼チェーンというファストフードにしては790円と高めなので、コスパ面からもすすめにくい商品だ。 すき家/まぐろたたき丼・並盛/580円.

次の

うな丼、うな重2019の価格やおいしさうな丼、うな重2019の価格やおいしさ比較ランキング(吉野家、すき家、松屋、なか卯、くら寿司、ほっともっと)比較ランキング(吉野家、すき家、松屋、なか卯、くら寿司、ほっともっと)

すき家 吉野家 うなぎ

2018年は7月20日、8月1日と「土用の丑の日」が2回ある。 だが近年、日本は歴史的なウナギの不漁なのだという。 水産庁によると、今漁期(2017年11月〜2018年4月)のニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)の国内採捕量は、前年同期より約4割減の8. 9トンだ。 しかし街に出れば、1000円を切る格安ウナギがあふれている。 これはいったい、なぜなのか? 本誌は、大手チェーンで市販されているウナギ10品目を購入。 市販のウナギの蒲焼きをDNA検査し、結果を公表してきた北里大学の吉永龍起准教授(海洋生命科学)にDNA検査してもらった。 注目すべきは、「」「」で販売されていたのが「ヨーロッパウナギ」であることだ。 「ヨーロッパウナギが検出されたのは驚きでした。 2009年に、ワシントン条約で輸出規制が開始され、輸入するためには、輸出国の証明書が必要です。 自然保護団体のネガティブキャンペーンも増加し、2015年ごろから、日本ではあまり出回らなくなっていましたから」(吉永准教授) 日本も加盟する国際的な自然保護団体・国際自然保護連合の指定によると、ヨーロッパウナギは「絶滅危惧IA類」で、なんとトキより上位のカテゴリーに入る。 「2000年にかけてヨーロッパウナギの稚魚が中国に輸出され、日本に入るルートが確立されると、蒲焼きの価格が急落。 一気に庶民的な食べ物になったのです。 その結果、ヨーロッパウナギが激減。 日本人が食べ尽くしたともいえるのです」(同前) 「すき家」「なか卯」を展開する(株)ゼンショーホールディングスは、本誌にこう説明した。 「昨年はニホンウナギのみでしたが、今年はヨーロッパウナギも取り入れました。 ワシントン条約は、商業取引を禁止してはいないと認識しています。 仕入れ先は公表していませんが、中国政府が正式に輸入し、養殖、加工したものです」(広報室) 水産庁増殖推進部の担当者が言う。 「ニホンウナギが高騰したので、ヨーロッパウナギが入ってきているのでしょう。 ヨーロッパウナギは、EUは輸出を禁止していますが、モロッコ、チュニジアなどアフリカ諸国は、証明書つきで輸出を認めている。 違法というわけではありません」 サミットストアで本誌が買った蒲焼きはアメリカウナギだったが、サミット(株)は本誌の取材に「ほかにヨーロッパウナギも扱っており、採取地はモロッコ」(広報室マネージャー)と答えている。 絶滅危惧IA類の生物が食卓に並ぶのには、こんなからくりがあった。 (週刊FLASH 2018年8月14日号) 外部サイト.

次の