考察勢。 キャラ紹介/意識すべきステ/考察

キャラ紹介/意識すべきステ/考察

考察勢

途中にルーン公開などもっての外なんですが、キャラ考察したいので載せます ヴェラード:過去評価はダントツで高いキャラでしたが、免疫環境以降日の目を浴びることはありませんでした。 しかし、ヴェルデローレンに対してのメタ性能が高いことと、剥がしキャラの充実による免疫キャラの相対的な弱体化によって再評価されつつあります。 意識すべきステータスは防御力・速度・クリ率・クリダメ・的中。 仮想敵(ヴェルデローレン)は抵抗無振りが多いため、光姫・ハトホルリーダーの場合を想定して的中は40~50程度。 クリ率は65? を超えると苦手属性に対してのミス率が低下するため、ヴェラードに対してでてきたダイアナごと凍らせられます。 速度に関してははやすぎもせず、遅すぎもしない速度にすること。 速度環境のため、相手が1巡したあとに絶対零度を食らわせ、再度1巡したタイミングで冷気爆発を使うことで実質3ターンのロックになります。 防御比例キャラの全体攻撃の中では倍率がピカイチのため、ダメージソースになります。 イメージとしては『相手を止め続ける』ではなく『回復させずに押し切る』です。 トラクター:詰みキャラ(残った相手次第では相手の勝ち筋がなくなる)です。 主にヴェルデ・ダフニス・ヴァネッサーなどのみがのこりかつ、回復量>ダメージ量となったとき勝ち確です。 メタキャラとして優秀で、『ラオーク・ヴェルデパーティ』や『ガロ・ライカ』に対して強いです。 タウントのタイミングは難しく、ハイリスクハイリターンなスキルになるためそれしか勝ち筋がない場合またはスキル1が大して意味がない場合にのみ使います。 テトラ:リカ・ギアナ・ネフティスに対して有効なキャラで、作っておいたほうがいいキャラです。 セアラギアナに対してだした際にセアラをBANすることでギアナを完封することができます。 問題点は、ギアナピックに対して出した場合にこちらが火力不足になりがちです。 テトラスキル1は攻撃比例のため多少は攻撃に振っておくと最終盤で押し切れる対面が何百戦に1回はあります。 相手はテトラをはやく処理しようとしにくるため、抵抗は高めにしておくと的中甘えたセアラや盾割りキャラに強くでられます。 気を付ける点としては、ギアナが出てきたらすぐテトラピックはやめたほうがいいです。 理由としては最近は爆弾以外の物理で押し切るギアナ構成が増えてきているので置物になりがちです。 なのでギアナ以外にネフティスなどテトラが有効なキャラが2種見えたタイミングでのピックを推奨します。 ジョセフィーヌ:テトラはギアナに対して強いキャラですが、ジョセはギアナというよりハトホルに対して強いです。 耐久面ではシールドが発生するため防御を上げたいところですが、ジョセに殴り合いを仕掛けられるキャラはそう多くないのでセアラの爆弾を意識して体力を振っておくのが望ましいです。 回転率が高いために後半にかけての火力の上がり幅が魅力なのですが、スタートダッシュは遅いため攻撃・クリダメに極振りするよりはある程度振って残りは速度・的中に振ったほうがいいです。 役割がアタッカー、剥がし兼役割封じ、ギアナハトホルメタになるのでテトラと違いセカンドピックで出しやすいです。 バステト:速度コントロールパーツ1枠。 使用する用途によって暴走か迅速かにわかれます、どちらにおいても速度は最重要です。 迅速の場合は純速度パ構成です(速度リーダー+ゲージアッパー)、暴走の場合は派生速度パで2速の場合です。 早い話上とって高火力で押し切るか盾割り剣バフでチマチマやるかどうかです。 使用率は下がっているもののトップクラスのキャラだと思っていて、アルタに対して強くでられるサポーターは貴重です。 抵抗100も想定するため的中高めにするのと、コントロールに使用した場合だと最後のジュノとの殴り合いが多々あるため、クリダメにすることはダメージ量>回復量にするために必須です。 ベルヴェルク:なんとなく早い絶望ルーンがあったのでつけていますがあまり合っていないので変えるかもしれません。 ジュノと性質が似ていて特定の相手(ウアジェト・バステト・火アーク・雨師・アメリア・フラン)にだしたときは異様に強いです。 クリダメ型にすべき理由としては剣バフ盾割りでスキル1で落としきれる場面のときガルドルを温存できるからです。 ジュノ:ガニハトに対しての詰みキャラ。 ステータス確保できそうだったのが果報しかなかったため果報にしていますが、できればクリ型だと反撃にしたい。 耐久速度ジュノとアタッカージュノと二つの考え方があり、ジュノに対して盾割り決めて即落としにかかるタイプには耐久速度でジュノを残して最後処理しようとするタイプにはアタッカー型が有効です。 コントロールに対しては出す際は速度と率を重視して行動獲得数を増やすのが無難です、『ゲージを下げてもすぐターンが周ってくる(反撃・果報効果)』というのがシンプルに強いです。 お互いに回復なしになりがちなのでジュノは死なばもろとも何体道連れにできるかが重要です。 アタッカー型・耐久型のどちらでもクリティカルに関しては個人的に100推奨です。 ガニハトメタとして出す場合には大抵ジュノで狙う相手はガニハト以外の火仙人・オケアノス・ギアナなどのキャラで、このステでクリが出ない場合ダメージは600~800程度、クリが出た場合は1500~1700程度になります。 1ターンあたりのダメージ量(以下DPT)が1回クリがでないだけでも1000程度変わってくることと率によってターンの獲得数も変わってくるので、ここを甘えると1試合ダメージ量がかなり変わってきます。 相手を落とすまでに時間がかかればかかるほどジュノの体力も削れるので同じスキル1持ちのギアナに打ち負けないようにしたいところ。 ブルドーザー:ウアジェト・タラニスと合わせてピック用。 使うタイミングですが、フラン・ローレン・ヴェルデ・ヴァネに対してがほとんどになります。 ポイントは確率でスキル3を外してもリスクがないように組む必要があることです、合わせるキャラによってイメージが違います。 基本は『相手に大ダメージを与える』というよりかは『剥がして盾割りをいれる』こと自体に意味を持たせるほうがいいです。 ダフニス1体だけが早くても解除回復に挟まれてしまえば意味がないので、使用する他のキャラとの速度差をできるだけ縮めたりゲージアッパーを使う場合は割り込まれないことが大事になります。 ダメージ重視傾向の場合はフラントリアーナなどで守ったり・ローレンの後に動かすことで補助します。 1体落としの役割遂行型のため率・的中高めでとっています、たまにいる抵抗100で勝ちを落とすのは勿体ないからです。 オケアノス:速度コントロールパーツ1枠。 速度オケアノスか暴走オケアノスになりますが、どちらも免疫に対して無力です。 他のキャラで剥がして延長するなど相手の免疫役を封じる動きが色々できるなら暴走でよいと思います。 迅速型の場合は光姫系統のパーティーに対して強いです。 的中は44または85です。 速度オケアノスの場合は速度リーダーの場合が多いので6番的中を刺して85推奨。 ティアナなどの速度剥がしゲージ上昇キャラと合わせて使う場合は的中リーダーにする場面を多いためある程度甘えられます。 スタン判定に影響がでるためヴェラードと同じく率は65以上推奨です。 覚醒率であること含め、大抵の場合オケアノスはダメージソースとして使ったほうが間違くなく強い、というよりクリダメ型にできないのならばオケアノスよりセクメトのほうがいいです。 雨師や火アークなどと合わせる場合は攻撃型が使いやすいです。 それ以外で光姫ヴェルデ対策などに使う場合は耐久型のほうが使いやすいです。 またやはりヴァネッサーの盾割りが飛んできやすい位置なので抵抗にも振っておくと尚強いです。 絶望型と暴走型がありますが、ティアナを出された時にノーリスクでメタになる絶望型でいいと思います。 ヴァネッサー:以前までのヴァネッサーの理想形は全てのステータスが兼ね備わっているものでしたが、今は火力型もしくは超耐久型(抵抗100)も採用の余地があります。 他のキャラとの兼ね合いになりますが、上とって戦うか回復系で耐えていくかどうかになります。 ざっくりいうとヴァネッサから狙われるか狙われないかということです。 自分の場合はアタッカー型のヴァネッサーにして同時に盾割りキャラを2体ほど採用しています。 ローレンと組み合わせた場合はスキル2を打たなくても盾割りが先についていることがほとんどなので高単体火力スキルの炎の印を積極的に使ってダメージレースで有利になるようにしています。 ヴェラジュエル:速度はやければ早いほうがいいのはもちろんなのですが、最近ではダメージを出す事に重きを置くようにしました。 特にスキル1・スキル2ともに攻撃比例でもあり、元の攻撃のステータスも高いため1番ルーンで攻撃を補強しています。 率に関してはミホに対抗するために70近辺で抑えるようにしています。 役割がアタッカー・免疫・ゲージアッパーと多いのでセカンドで風3種(セアラハトホルガニ)に対して強いキャラです。 ベレヌス:タラニス・ラグドール・アルタ・ジャガーに対して強い、そこらへん並べてくる相手には1体で相手全員落とせる可能性があるキャラです。 挑発効果がミスでも発動するので水に対しても強いというのも魅力。 攻撃に関してはパッシブである程度補強できるのでこれで十分です。 それよりもアルタ等を想定するのであれば的中を意識することが必須。 デバフは各判定になるので盾割りがどれだけ決まるかのほうが大事です。 相手がセカンドまで免疫ピックしていないことが条件で、例えばヴァネッサタラニスなどの構成の場合は免疫薄くなりがちかつ火の通りが良くなるため良く出します。 ライカ:詰みキャラです。 ルーンは吸血果報と迷うところでしたが、少しでも反撃の可能性を高めるため反撃採用しています。 ドラゴンナイト・ダフニス・オーディン・風系に強くでることが出来ますが、水猿・風パン・フラン・ローレン・ジュノあたりが来た場合ライカ残し濃厚なので、ライカを守りに行く構成にシフトします。 基本的に免疫キャラと合わせて使うので抵抗には振ってません。 イリアナはシールド・免疫の相性もよくリモーションで盾割りを解除できるのでライカの相方にベストです。 火猿:素の速度が速いことを活かして速度に振るか、そのほかのステータスを充実させるかの2択になりますが、自分は後者にしています。 速度が速すぎるとターン獲得数も増えなりたたないこともあります。 最近はアルタ+ガニハトの組み合わせや火仙人・闇仙人入りのコントロールやサバナを交えたパーティも増えてきているために需要が高まっているような気がします。 的中をある程度振っておくことは大事で、特に想定する相手が抵抗リーダーだったり抵抗100前提のキャラも多いので最低30はあったのほうがいいですが、そもそも基礎ステータスが不足していると、動く前に落とされてしまうので重要なのは体力・防御の耐久部分です。 蚩尤:速度コントロールパーツ1枠。 純コントロール系パーティを使う場合は迅速蚩尤、それ以外のティアナバステト系の場合は中速蚩尤でバステトの後に動かす形で火力に振ったほうが強いです。 理由としてはティアナ蚩尤の並びになるとほぼ確実にティアナ蚩尤が残されるため火力不足に陥りがちだからです。 剣バフ有盾割り相手に15000程度のダメージ量がでるのでアタッカーとして強く、耐久型にしている理由はそれを見た相手が焦って蚩尤から落としに来るからです。 ティアナバステト蚩尤以外にはコントロール2種(ガニメデ・ベレヌス等)のピックです。 基本的に自分が蚩尤入り速度パーティを使うタイミングは速度コントロール後の連戦で上取りで対策を講じてきた相手に対して蚩尤を先出することで速度勝負の牽制に使うときに限られます。 コッパー:コッパー レオ:速度パに対して出します(ライカ・ラグと合わせてトリプルドラゲナイ)。 ちなみにこのレオは的中を甘えている部分があり、本来であればバステトに対抗するために25振っておくことが望ましいです。 光姫・ガロに対して強く出ることができますが、あまり能動的にピックはしていないです。 サバナなど速度系のアタッカーが流行りつつあるのでメタにありかなと思ってます。 ティアナ:速度コントロールパーツ1枠。 ティアナは火力型推奨。 それ以外の型を使うならトリトン・蚩尤で十分です。 速度勝負をするわけではなく、ラグアルタ系に対してだすため速度の厳選は抑えめで他のコントロールキャラより早く動かせればいいです。 ネフティス入りの速度コントロール系であれば対処も可能ですので速度振りする価値がありますが、筆者は完全にアルタラグギアナメタ以外で使わないので他に速度跳ねルーンを回しています。 速度コントロールを使う上で重要なことは短ターンキルなので理想は全員クリダメ型で押し切ります。 一番火力がでるティアナですがルーン難度がその分高めです。

次の

港青返蓉復工 有人轉型有人逆勢而上

考察勢

成都市人民政府港澳事務辦公室主任姜斌率隊考察調研川港青年創新創業社區。 受訪者供圖 【文匯網訊】 香港文匯網記者 向芸 端午節前夕,港青肖羲清在朋友圈更新了一條動態,記錄四川省政協常委、港澳台僑和外事委員會主任周敏謙,成都市人民政府港澳事務辦公室主任姜斌先後率隊前來考察調研的事。 「我匯報了川港青年創新創業社區的運營以及香港創業團隊的入駐情況,並希望在今年的『蓉漂港漂齊聚首 愛國愛港愛家鄉』主題活動中,得到省市的支持和幫助。 」肖羲清2011年參加香港高中生「同行萬里」內地交流團時到過成都,兩年後他選擇來到四川大學念行政管理專業,如今已是川港青年創新創業社區首席運營官。 「三七承諾」解決港青創業難題 據了解,川港青年創新創業社區成立於2017年11月,由四川之友協會 香港 、四川長江職業學院建立,包括1500平方米的共享辦公區「川港青年創新創業中心」、300平方米公寓式「港生驛站」,以及十個「川港合作實驗中心」「川港青年創業匯」等,旨在為香港青年在川生活、就業、創業提供一站式服務。 香港青年創業通常會遇到政策不熟、人脈缺乏等難題。 為了更好給香港青年提供幫助,川港青年創新創業社區制定了「三七承諾」。 如果香港青年遇到生活或創業方面問題,社區會在三個工作日內給出答覆;如果香港青年的問題在社區能力範圍內,社區會在七個工作日內助其解決。 「社區4月底開始復工,目前正式復工的有5家,部分香港創業者已經回到成都,正逐步開展相關創業項目或跟進創業項目進展。 」肖羲清告訴記者,川港青年創新創業社區累計引進了12個香港創業團隊,其中孵化退出了1家、倒閉 結業 有3家。 肖羲清坦言,從總體來看,因為在蓉的香港青年創業者以專業服務居多,受疫情影響,部分創業團隊無法及時回到成都,或是回到成都後無法展開相關業務,目前部分創業者正面臨由創業轉向就業的局面。 「當然也有逆勢而上的,社區也有一家文創團隊,5月底已經啟動了一個較大型文創項目的建設。 」 四川省政協常委、港澳台僑和外事委員會主任周敏謙率隊考察調研川港青年創新創業社區。 受訪者供圖 逆勢而上 港青創業團隊參與社區建設 肖羲清所說的這家「逆勢而上」的文創團隊,就是港青楊毅康所帶的團隊。 楊毅康是四川師範大學2015級數字媒體藝術專業的學生,剛到四川時,天府之國的人文氣息、成都人特有的生活文化都深深吸引着他。 大二時,楊毅康和自己的好朋友及同班同學一起開始創業,成立了一家文化傳媒公司。 「我是影視專業學生,既希望把專業知識轉化為實踐技能,更希望通過自己小小的努力,更好地推動川港文化交流。 「我們致力於推動社區整體發展,把文化通過建設及商業的模式融入社區街道,讓社區從『政府輸血』變為『自行造血』。 」楊毅康說,他們在運營過程中主要是以實體為基礎,然後融入音樂、藝術、文化等元素和多個地區的文化,實現社區自給自足、「讓社區管理社區」。 肖羲清在座談會上匯報了川港青年創新創業社區的運營以及香港創業團隊的入駐情況。 受訪者供圖 組織川港青年學生深度交流溝通 「前來考察調研的省市領導肯定了我們的工作和成績,希望我們再接再厲、迎難而上,共同為在蓉創業香港青年提供更優質的服務。 」肖羲清說,川港青年創新創業社區今年主要有兩個着力方向,一方面將加強與香港創業青年的創業孵化器、協會社團等的溝通與合作,「比如我們已與天府新區蓉港青年夢工場建立了合作關係,互相支持,優勢互補,共同努力做好在蓉香港青年創業工作」,另一方面將為在蓉的香港創業青年提供更多發展平台及更多資源。 肖羲清表示,川港青年創新創業社區今年計劃聯合香港四川同學會、四川高校香港學生聯合會,組織在川讀書、創業的港籍青年學生以及在港讀書的川籍青年學生,共同開展「蓉漂港漂齊聚首 愛國愛港愛家鄉」主題活動。 「活動將以一個在川讀書、創業的港籍青年與一個在港讀書的川籍青年學生組團的形式進行,希望通過這種形式推動『蓉漂』『港漂』進行較為深度的交流溝通。 」 責任編輯:之袁.

次の

【FGO】みんなが思うFGOガチ勢の基準を聞かせてくれ

考察勢

はじめに やあみんな。 僕はLore好きなサモナーだよ。 今回はリワークによって目新しくなったイレリの強さについて考察していくよ。 今回も彼女の強さについて、キャラとしての特徴、攻撃力 フィジカル 、魔力、弱み、実績の五観点から考察し、決定していこうと思うよ。 イレリア:飛刃の舞い手 キャラとしての特徴 ご存知の通りイレリアはアイオニア出身の人間だよ。 そのためこの欄では彼女が持つ特別な力やバックグラウンドについては語らないこととするよ。 攻撃力 フィジカル イレリアは非常にピチッとした服を着たケツのでかい、つまりセクシーな女性だよ。 彼女の体型はまさに彼女が長い間ダンスに費やして着た故の結果とも言えるね。 そのため彼女は鍛錬 舞い によって得た肉体を最大限に活用した戦闘スタイルが特徴だ。 我々がサモナーズリフトで見れるような敵へ敵へと優雅に流れるような戦い方が彼女の持ち味だ。 魔力 イレリアの舞いはただ舞踊としての用途以外に、アイオニアの魂とリンクすることができるよ。 イレリアはこれを利用することで元は自分の家の紋章であった飛刃をレーザーの様に早く、かつカミソリのような切れ味で動かすことができるんだ。 彼女の刃は鎧や骨すら切り裂くことができ、また自分を守る盾としての使い道もある。 しかもそれぞれの動作がとにかく速いというおまけ付きだ。 弱み 一方イレリアの刃は使い道がかなりある一方で、イレリア自身に特別な防衛手段がないことが彼女の致命的な弱点だ。 なぜなら彼女の肉体はあくまでただの人間であるからである。 非常に脆い。 例えば彼女の舞いより早く動くことができたり、舞いを行う前に攻撃するなどの不意打ちを行ったならば、彼女を倒すのは非常に容易であると言える。 実績 イレリアはブラシディウムの戦いでトップを務めたためか、ここ10年間のアイオニアを象徴するかの様な存在である。 彼女はこの戦いでノクサスのトップであるジェリコ・スウェインの腕を落とす他にも、数多くのノクサスの猛者たちを葬ることに成功している。 ちなみにこの時14才。 結論:肉体が脆い点があったとしてもチート級の能力のためAクラス リワーク前のイレリアはレンジが極端に短いという致命的な弱点があり、かつ飛刃という異名を持っているくせに剣が飛ばないという悲しみを背負っていたため、Bクラス止まりだったが、リワークによってスキルレンジが大幅に伸び、弱点らしい弱点が無くなったためAクラスに昇格。 まとめ ハイパー紛争地帯アイオニア.

次の