お手間をおかけして申し訳ありません。 お手間を取らせてしまいの意味は?敬語や英語・ビジネスメールの例文も

お手数をおかけ致しますがよろしくお願いしますって英語でなんて言うの?

お手間をおかけして申し訳ありません

ですが、「手間をおかけして…」という表現を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 「手間」に似た言葉として「手数」があります。 手数とは、ある仕事をするための労力そのもののことで、特にその作業が困難だった場合や、面倒であった場合に使用します。 手数は「とる」ではなく「かける」を用いて、「手数をかける」と表現します。 手数の場合は、自分が自分のために行った場合には使用せず、誰かのために作業する時に使用し、特に自分のために誰かが作業してくれた時に使うケースがほとんどです。 「手間をおかけして…」という表現は、「手間を取らせる」と「手数をかける」が混同してしまっている誤用です。 正しくは手間の場合は「お手間を取らせて申し訳ございません」、手数の場合は「手数をおかけして申し訳ございません」と表現します。 丁寧ですが少しくどい印象を与えます。 但し、ビジネスシーンでも口語の場合は使用されることがあります。 類似の表現 「お手間を取らせる」と似たような意味で、相手に迷惑をかけたり苦労をかけてしまった時に使える表現をチェックしてみましょう。 「手数をおかけして申し訳ございません」 前述した通り、困難な作業や面倒な作業を依頼した場合に、謝罪と感謝を伝えるために使います。 「お手を煩わせて申し訳ございません」「迷惑をお掛けして…」「面倒をお掛けして…」「骨を折らせて…」 「お手間」のように時間や労力といった具体性はなく、相手に依頼したことで、面倒をかけてしまった時に使う表現です。 特に「骨を折らせて」を使う場合は、その面倒や苦労の度合いが大きい場合に使用します。 「負担をお掛けして…」 同じように面倒や苦労を掛けた時に使い、ほかに金銭面での援助をお願いした際にも使用できます。 「ご足労をお掛けして…」 こちらも面倒や苦労を掛けた時に使いますが、中でもわざわざ来てもらった時に使う言葉です。 「お手間」と類語の例文集 具体的に「お手間」や類義語を用いたシーンを想定して、使い方をイメージしてみましょう。 少しの時間でも良いのでアポを取りたい時.

次の

「お手間を取らせてしまい」のビジネスでの使い方・目上の人への敬語

お手間をおかけして申し訳ありません

このライフレシピのもくじ 【】• 日本語の使い方は大人になればなるほど難しくて頭を悩ませてしまいますよね。 学生のときは許される言葉使いも社会人に近づくにつれて少しずつなおしていかなければなりません。 なかでも相手に対してお詫びを表す言葉は、使い方に気をつけないと笑われてしまうことになりそうです。 そしてお詫びするときに「ご迷惑をお掛けして…」「お手間を取らせてしまい…」などと同様によく使われるのが、「お手数をお掛けして申し訳ありません」という言葉です。 ここでは、その言葉の正しい使い方をご紹介します。 「手数」とは? 相手に何かお願いをして時間をとってその内容を行ってもらった場合によく使われる言葉が「お手数をおかけして申し訳ありません」です。 会話だけでなくメールや手紙にも使われていますね。 手数をお掛けする?掛けさせる? 「手数を掛ける」に似た言葉に「手間を掛ける」というものがあります。 この2つの語には次の違いがあります。 「手間を掛ける」…自分が労力や時間を費やすこと• 「手数を掛ける」…他人が自分のために労力や時間を費やしてくれること 「手間」は相手に掛けさせてしまうものですが、「手数」は掛ける・掛けてしまうものです。 つまり、• 「迷惑を掛けさせる」「苦労を掛けさせる」と言わないのと同じと覚えておくといいでしょう。 「お手数をお掛けして申し訳ありません」を使う場面とは? 相手に意図せず面倒をかけてしまったときに、お詫びするときに使います。 こちらの不手際により、お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。 また、何かを依頼したいときに、いわゆるクッション言葉として使用することもできます。 お手数をお掛けして申し訳ございませんが、こちらの書類に記入をお願いいたします。 また、似たような言葉に次のようなものがあります。 お手間を取らせてしまい申し訳ありません• ご迷惑をお掛けして申し訳ありません• ご面倒をお掛けして申し訳ありません 大体の使い分け方は、次のようになると覚えておくといいでしょう。 「手数」…実際に何か作業が発生する・したとき• 「手間」…「手数」にほぼ同じ• 「迷惑」…相手に何か不利益が生じたとき• 「面倒」…割と親しい相手に対して なお、「ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします」というような言い方はしません。 迷惑をかけるとわかっていてお願いするのは失礼に当たるからです。 疑問に思ったらすぐに調べよう! 何気なく使っている表現ですが、実は文法的に正しいのか間違っているのかよくわからないということもありますよね。 きちんと調べて、自信を持って使えるようになりましょう。 Twitterで紹介!.

次の

「お手数をおかけしますが」を徹底解説!類語もチェック

お手間をおかけして申し訳ありません

このライフレシピのもくじ 【】• 日本語の使い方は大人になればなるほど難しくて頭を悩ませてしまいますよね。 学生のときは許される言葉使いも社会人に近づくにつれて少しずつなおしていかなければなりません。 なかでも相手に対してお詫びを表す言葉は、使い方に気をつけないと笑われてしまうことになりそうです。 そしてお詫びするときに「ご迷惑をお掛けして…」「お手間を取らせてしまい…」などと同様によく使われるのが、「お手数をお掛けして申し訳ありません」という言葉です。 ここでは、その言葉の正しい使い方をご紹介します。 「手数」とは? 相手に何かお願いをして時間をとってその内容を行ってもらった場合によく使われる言葉が「お手数をおかけして申し訳ありません」です。 会話だけでなくメールや手紙にも使われていますね。 手数をお掛けする?掛けさせる? 「手数を掛ける」に似た言葉に「手間を掛ける」というものがあります。 この2つの語には次の違いがあります。 「手間を掛ける」…自分が労力や時間を費やすこと• 「手数を掛ける」…他人が自分のために労力や時間を費やしてくれること 「手間」は相手に掛けさせてしまうものですが、「手数」は掛ける・掛けてしまうものです。 つまり、• 「迷惑を掛けさせる」「苦労を掛けさせる」と言わないのと同じと覚えておくといいでしょう。 「お手数をお掛けして申し訳ありません」を使う場面とは? 相手に意図せず面倒をかけてしまったときに、お詫びするときに使います。 こちらの不手際により、お手数をお掛けして申し訳ありませんでした。 また、何かを依頼したいときに、いわゆるクッション言葉として使用することもできます。 お手数をお掛けして申し訳ございませんが、こちらの書類に記入をお願いいたします。 また、似たような言葉に次のようなものがあります。 お手間を取らせてしまい申し訳ありません• ご迷惑をお掛けして申し訳ありません• ご面倒をお掛けして申し訳ありません 大体の使い分け方は、次のようになると覚えておくといいでしょう。 「手数」…実際に何か作業が発生する・したとき• 「手間」…「手数」にほぼ同じ• 「迷惑」…相手に何か不利益が生じたとき• 「面倒」…割と親しい相手に対して なお、「ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします」というような言い方はしません。 迷惑をかけるとわかっていてお願いするのは失礼に当たるからです。 疑問に思ったらすぐに調べよう! 何気なく使っている表現ですが、実は文法的に正しいのか間違っているのかよくわからないということもありますよね。 きちんと調べて、自信を持って使えるようになりましょう。 Twitterで紹介!.

次の