悪役 令嬢 レベル 99 私 は 裏 ボス です が 魔王 では ありません。 悪役令嬢レベル99 その2 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~

【書籍化情報】「悪役令嬢レベル99」|七夕さとりの活動報告

悪役 令嬢 レベル 99 私 は 裏 ボス です が 魔王 では ありません

「とりあえず山と魔物を消し飛ばせば農地ができるよね」RPG系乙女ゲームに悪役ならぬ裏ボス令嬢として転生しながら、ひとまず無事魔王を倒し、学園を卒業した私、ユミエラ。 恋人同士になった(ような気もする)パトリックも領地についてきてくれるとのことなので、人生順風満帆だ。 だが、治めるべき領地は両親のせいで荒れ放題。 腐敗貴族達も第二王子を担ぎ上げて、何やら企み始めているらしい。 もっとみる 商品情報 新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

悪役令嬢レベル99 その2 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~(七夕さとり) : カドカワBOOKS

悪役 令嬢 レベル 99 私 は 裏 ボス です が 魔王 では ありません

小説家になろうで今まで応援してくださった皆様、誠にありがとうございます。 削除などはありません。 現在連載中の二章は変わらず続けます。 範囲は一章を最後まで(魔王を倒すまで) 書き下ろし部分が結構あります。 追加エピソード多数、別キャラ視点多数です。 巻末に書き下ろし……という感じではなく、全体的に色々と追加しました。 編集様の手も加わり、全体の完成度は間違いなく上がっています。 分量は1. 5倍以上になりました。 てなわけで、ドレスを着てダンスします。 お相手はもちろん……。 魔王のお墓を作るお話。 その他に、ユミエラがお姫様抱っこされたりもします(注、お姫様抱っこする、ではありません) あと書籍版では、WEB版で死んだ人が生きていたりもします。 3人くらい。 国の事情なんかも少しだけ。 学園の一般生徒から見たユミエラの様子。 不思議。 この子は二章でも色々と引っ掻き回しますのでよろしくお願いします。 国の裏事情とか、ユミエラの様子とか。 以上、追加イベント紹介でした! イラストもすごいです。 発売日が近づきましたらお見せできると思いますので、しばらくお待ちを。 (以下駄文) 元号、変わりましたね。 タピオカではなく令和とのことです。 「れいわ」と一発変換できない辺りが最新感があっていいですね。 6月に投稿を始めた小説が一年経たずに書籍化、書き始める前は予想していませんでした。 一章連載時、一話書いては投稿を約一ヶ月繰り返すことができたのは、応援してくださった皆様のおかげです。 色々と至らぬ点がありましたが、応援の感想などをいただけてとても嬉しかったです。 書籍化作業は大体が終わっています。 ここまで漕ぎ着けたのはなろうで応援してくださった皆様と、担当編集様のおかげです。 上記の追加エピソードを書くにあたり、編集さんには多くのアドバイスやご提案を頂けました。 一時期、何が面白いのか分からなくなったとき(スランプと言うのは烏滸がましいですね)も励ましてくださいました。 その他にも多くの方々の力をお借りして、一冊の本を作ることができました。 (注意、まだ本にはなってません。 書籍のあとがきは散々ふざけたのでここで真面目な事を言っておかねば、という強迫観念に襲われているだけです) 月が見えなくなるまで頑張ろうと思いますので、これから続く二章もよろしくお願いいたします。

次の

並行世界から世界を滅ぼした自分がやってくる?『悪役令嬢レベル99 その3』発売

悪役 令嬢 レベル 99 私 は 裏 ボス です が 魔王 では ありません

小説家になろうで今まで応援してくださった皆様、誠にありがとうございます。 削除などはありません。 現在連載中の二章は変わらず続けます。 範囲は一章を最後まで(魔王を倒すまで) 書き下ろし部分が結構あります。 追加エピソード多数、別キャラ視点多数です。 巻末に書き下ろし……という感じではなく、全体的に色々と追加しました。 編集様の手も加わり、全体の完成度は間違いなく上がっています。 分量は1. 5倍以上になりました。 てなわけで、ドレスを着てダンスします。 お相手はもちろん……。 魔王のお墓を作るお話。 その他に、ユミエラがお姫様抱っこされたりもします(注、お姫様抱っこする、ではありません) あと書籍版では、WEB版で死んだ人が生きていたりもします。 3人くらい。 国の事情なんかも少しだけ。 学園の一般生徒から見たユミエラの様子。 不思議。 この子は二章でも色々と引っ掻き回しますのでよろしくお願いします。 国の裏事情とか、ユミエラの様子とか。 以上、追加イベント紹介でした! イラストもすごいです。 発売日が近づきましたらお見せできると思いますので、しばらくお待ちを。 (以下駄文) 元号、変わりましたね。 タピオカではなく令和とのことです。 「れいわ」と一発変換できない辺りが最新感があっていいですね。 6月に投稿を始めた小説が一年経たずに書籍化、書き始める前は予想していませんでした。 一章連載時、一話書いては投稿を約一ヶ月繰り返すことができたのは、応援してくださった皆様のおかげです。 色々と至らぬ点がありましたが、応援の感想などをいただけてとても嬉しかったです。 書籍化作業は大体が終わっています。 ここまで漕ぎ着けたのはなろうで応援してくださった皆様と、担当編集様のおかげです。 上記の追加エピソードを書くにあたり、編集さんには多くのアドバイスやご提案を頂けました。 一時期、何が面白いのか分からなくなったとき(スランプと言うのは烏滸がましいですね)も励ましてくださいました。 その他にも多くの方々の力をお借りして、一冊の本を作ることができました。 (注意、まだ本にはなってません。 書籍のあとがきは散々ふざけたのでここで真面目な事を言っておかねば、という強迫観念に襲われているだけです) 月が見えなくなるまで頑張ろうと思いますので、これから続く二章もよろしくお願いいたします。

次の