ゼビアックス ニキビ。 ニキビに使える処方薬の塗り薬ゼビアックスが登場!新薬ゼビアックスローションの効能効果・副作用・特徴など解説

ニキビに使える処方薬の塗り薬ゼビアックスが登場!新薬ゼビアックスローションの効能効果・副作用・特徴など解説

ゼビアックス ニキビ

ゼビアックスローションとはどんな薬なのか ニキビの薬についてはテレビCMや雑誌などでも見かけるでしょうが、 ゼビアックスローションについては聞いたことがない方も多いのでは。 なぜならこれはドラッグストアや薬局で手に入る薬ではないからです。 ゼビアックスローションは 皮膚科で処方してもらうお薬なのです。 主成分はオゼノキサシン、キノロン系の外用抗菌剤です。 ニキビの原因は アクネ菌というのは今や常識でしょうが、そのアクネ菌を抗菌作用でやっつけてくれるのです。 ドラッグストアなどで手軽に手に入る市販のものも効果は十分にありますが、ゼビアックスローションだとアクネ菌にしっかり効くので更に 即効性が期待できます。 とにかく早くどうにかしたいというのであれば、 皮膚科に相談するのが一番なんです。 ちなみに、このゼビアックスローション、今病院に行って処方されるのは2016年1月にバージョンアップしたばかりの 最新版です。 もちろんもっと前からゼビアックスローション自体は販売されていたのですが、更に改良を加え使いやすくなったのです。 以前にも使ったことがあるという方も、もう一度挑戦してみてください。 その違いを実感してみましょう。 ゼビアックスローションは 透明のローションです。 こちらを1日1回、患部に塗るのです。 ただし、すでに黒ずみやデコボコになったニキビ跡に塗っても意味はありません。 ゼビアックスローションはアクネ菌の増殖を抑えることでニキビの炎症を抑えてくれる薬です。 もちろんずっと炎症を続けているということはなく放っておいてもいつかは治まるのですが、ゼビアックスローションを使うことでより 早く効率よく治すことができるのです。 ニキビ跡をどうにかしたいという場合には、ニキビ跡専用の商品を試す、もしくはクリニックや皮膚科を受診するようにしましょう。 レーザー治療などを行うクリニックにかかれば一瞬にして消すことだってできます。 病院で処方してもらう場合、ゼビアックスローションだけが渡されることはまずないはずです。 ゼビアックスローションだけでなく抗菌薬全般に言えることですが、長期間使用していると耐性菌が発生して効かなくなってしまうのです。 一緒に処方されることが多いのが ディフェリンゲルです。 こちらは主成分がアダパレンというゲル状の軟膏剤です。 角質の生成を抑制する作用を持っていて、使用していることで毛穴を詰まりにくくするのです。 ゼビアックスローションでアクネ菌をやっつけ、ディフェリンゲルで毛穴を詰まらせない、2つの働きを組み合わせることでニキビを改善するのです。 効果が高い薬だからとゼビアックスローションだけを使っていてもいつかは効かなくなります。 アクネ菌は正式名称をプロピオバクテリウム・アクネスという細菌で、顔ニキビの原因となるものです。 ちなみに身体にできるニキビの多くは マラセチア菌という細菌が原因となっています。 アクネ菌は常在菌であり、ニキビのまったくないきれいなお肌の方であっても常に持っているのです。 つまり通常であれば存在しても何の問題もないのです。 しかしお肌の状況によっては大量に増殖してしまいます。 そうなると大変です。 お肌に炎症を起こしてしまうのです。 アクネ菌は空気が入らず脂肪分が多いところを好む菌ですから、 食生活の悪化などで皮脂が溜まって角栓が塞がれた毛穴などにはどんどん増えていってしまうのです。 生活習慣の見直しや皮脂を取り除くための適切なケアが必要です。 とにかく皮脂を取りのぞけば良いというものでもありません。 どんどん取ろうと洗顔を繰り返していると今度は「皮脂が足りてないのだからどんどん増やさないと」と身体が頑張ってしまって逆効果になるので注意してください。 1日何回も洗顔をしているのに顔がテカテカだという方は一度洗顔そのものをストップしてみましょう。 ゼビアックスローションは抗菌薬ですが、アクネ菌をすべて退治してしまうわけではありません。 常在菌としてそこに存在している以上は何らかの役割を持っているのです。 すべて無くしてしまうとどんな影響が起こらないとも限りません。 そのため増えすぎている分を減らしてこれ以上悪さをしないようにしてくれるのです。 実際には菌がDNAを複製するのを阻害することで増殖を抑えるという仕組みになっています。 更にはディフェリンゲルが 毛穴の詰まりを防いでくれているのですから、アクネ菌が好む環境もなくなるのです。 ゼビアックスローションはアクアチム、ダラシンTの 2倍くらいのお値段がします。 そのためぱっと見は高く見えますが、結局は半分の使用量でよいため同じです。 ゼビアックスも 保険の適用があります。 3割負担で購入するのであれば1本10gが 約250円です。 市販の薬よりも早く確実に良くなり、このお値段というのは嬉しいかぎりでしょう。 いろいろな薬をとにかく片っ端から試してみるよりもさっさと病院に行った方がよいのはそういうことなのです。 もちろん、きちんと処方してもらったからには用法用量を守って正しく使うようにしましょう。 「こうすればもっと効果がアップするのでは」なんて自己判断で素人が違った使い方をしていたら、どんなに良い薬でもその本領は発揮できません。 危険性だってアップしてしまいます。 せっかくの薬でニキビが悪化することになったら大変です。 正しく使うのであれば、ゼビアックスローションは比較的 安全性の高い薬です。 むしろディフェリンゲルの方が危険なくらい。 とはいえ治すためにはこちらも併用した方がよいのですが、ディフェリンゲルの 10分の1程度の副作用が起こるだけなのです。 具体的には、 乾皮症と 刺激感が代表的な副作用です。 塗った後のお肌が乾燥してパリパリになったり、ヒリヒリとした刺激を感じるというものです。 かゆみを感じる方もいます。 そのどれもが1パーセント程度、 100人に1人という少ない確率で現われるのです。 これらはどれめお外用剤なら多かれ少なかれ見られるもの、それほど神経質になる必要はないでしょう。 人それぞれ体質は異なる以上、更に少ない割合で重篤な副作用に悩むという薬は多いですが、ゼビアックスローションの場合には今の時点でまだそういった例は報告していません。 とはいえ絶対に大丈夫とは言い切れないため、体調の変化など気にかけながら使用することをおすすめします。 もしもなにかあれば早めに医師に相談するようにしましょう。 副作用を少なくするには正しく使うことが大事です。 処方されたときにきちんと聞いておくと共に、もしも不安な点があれば確認しましょう。 使用するのは1日1回です。 2回も3回も使ってもいいことはありません。 ローションとはいえ垂れにくい形状になっているので塗りやすいはず、指先にとって患部に塗りましょう。 アクネ菌が増えすぎているのは患部だけでありそれ以外の部分には塗らないようにしましょう。 なぜなら周りの皮膚にはあくまで適量のアクネ菌がいるだけですから、そちらが減ってしまうと大変です。 ニキビ跡に塗ってもすでにアクネ菌はいなくなってしまっているので意味はありません。 薬は早期発見・早期治療がおすすめなのですが、ゼビアックスローションに関してはまだできはじめのニキビにも効果がないのです。 赤ニキビ・黄色ニキビと呼ばれる時期、アクネ菌が増えすぎて炎症を起こしている、そんなものにだけ塗ってください。 洗顔をして きれいになったお肌に使用してください。 順番としては、洗顔をして基礎化粧品をつけた後に、まずはディフェリンで毛穴の詰まりをケア、その後にゼビアックスローションという流れになります。 ただ、基礎化粧品とどちらを先に塗る方が有効なのかについては製薬メーカーの方にもデータはなく、実は明確な答えはありません。 詳しくはやはり 主治医に意見を求めたほうがよいでしょう。 大抵の方が洗顔は朝と夜、どちらもやっているでしょうが、そのどちらか一方で塗ります。 どちらがよいというデータもないため、やりやすいときに行いましょう。 塗り忘れを避けるためにも、朝なら朝に統一するようにしてください。

次の

過酸化ベンゾイルが保険適用に!新しいニキビ治療薬「ベピオゲル」の使い方・効果・副作用を詳しく解説

ゼビアックス ニキビ

パッケージがゼビアックスとよく似ています。 薬局やドラッグストアでは手に入れることができないので注意してください!必ず皮膚科を受診しなければいけません。 ゼビアックスの薬価は 1gあたり80.5円となっています。 ここではゼビアックスのニキビへの効果と副作用、塗り方についてお伝えします。 ゼビアックスのニキビへの効果について ゼビアックスがニキビに効果的とされるのは オゼノキサシンという殺菌剤が配合されており、これがニキビに効きます。 このオゼノキサシンは新成分なため他のニキビ薬には一切含まれていません。 ゼビアックスを塗ることによって、オゼノキサシンが浸透して内部の アクネ菌を殺菌します。 殺菌作用のある成分の中でも特に効き目が強く、市販で殺菌しきれないアクネ菌も殺菌することでニキビを治していきます。 またアクネ菌だけでなく、背中ニキビやおでこのぶつぶつを引き起こす マラセチア菌、ケロイド状のニキビ、化膿を伴うニキビの原因である 黄色ブドウ球菌も殺菌することができます。 そのためゼビアックスは様々なニキビの症状に対して効果があるといえます。 またアクネ菌を殺菌しきると ニキビ跡の炎症も鎮静させることができます。 ゼビアックスの臨床実験 ゼビアックスの有効成分であるオゼノキサシンのニキビに効果があるか臨床実験が行われました。 実験内容は赤ニキビを発症している患者さん200人にオゼノキサシンを使用し、1か月後にどれくらいの人が改善されたを見ます。 1か月後には 54.77%の方が赤ニキビに対して改善の効果がありました。 臨床実験によってゼビアックスはニキビに対して非常に高い効果があると証明されました。 ちなみに同実験を従来の殺菌剤を配合したニキビ薬である アクアチム軟膏で行われました。 ・白ニキビや黒ニキビであれば およそ1週間ほどで改善されていきます。 ・赤ニキビの場合には およそ2週間で効いていきます。 臨床実験でもほとんどの方が2週間で改善傾向があらわれました。 ・化膿を伴うニキビ、ケロイド状のニキビには 2~3週間ほどかかります。 ・おでこのぶつぶつや背中ニキビに対しては 2~3週間ほどで効いていきます。 以上のようにゼビアックスはニキビに効いていきます。 ただしニキビ跡を治すには肌のターンオーバーが欠かせないため、ゼビアックスだけで完治させるのは難しいです。 ゼビアックスの副作用について ゼビアックスの有効成分であるオゼノキサシンは強力な殺菌剤です。 そのため副作用が生じる場合があります。 特に起こりやすいのは 皮膚の発疹、発赤、刺激感、かゆみなどが生じる場合があります。 もし副作用が生じた場合には数日は様子を見るようにして、それでも副作用が起こる場合には使用を控えましょう。 ただしステロイドや抗生物質よりも安全性が高いとされるのでそこまで心配しないでください。 化粧水を使うのであれば、ゼビアックスの前に使いましょう。 目の周りに塗る際には目に入らないように注意してください。 以上のようにゼビアックスはニキビに対して使用していきます。 現在最も新しい薬なので、今までのニキビ薬が効かなかった方は試してみる価値はあるでしょう。 もしゼビアックスを試したい場合には皮膚科を受診してゼビアックスについて尋ねてみましょう。 ということでゼビアックスのニキビへの効果と副作用、使い方についてでした。

次の

ニキビ治療薬

ゼビアックス ニキビ

この記事でわかること• ゼビアックスローションとは 無色透明のローションタイプのニキビ治療薬です。 透明なのでお肌に塗っても目立ちにくいので使いやすいお薬です。 有効成分は「 オゼノキサシン」という抗生物質の成分です。 ゼビアックスローションの効果 有効成分であるオゼノキサシンは抗生物質です。 オゼノキサシンはニューキノロン系というカテゴリーに分類される成分です。 作用機序としては、ニキビの原因菌のDNAの合成を阻害することで抗菌効果を発揮します。 ニキビの原因菌であるアクネ菌に対して抗菌効果を示すことにより、 ニキビの炎症を抑える効果が期待できます。 ゼビアックスローションの使い方 1日1回洗顔後にニキビの上に塗ります。 朝と夜のどちらのタイミングでも大丈夫です。 他のお薬と併用する場合は医師の指示が出ていると思われますので、指示の通りに使用してください。 ゼビアックスローションは殺菌タイプのお薬であるため、 ニキビの上にピンポイントで塗るようにします。 顔全体に塗るお薬ではありません。 ゼビアックスを塗る前に、洗顔でお肌の汚れを優しく落とし、保湿します。 ニキビの治療では 保湿のケアがとても重要です。 保湿剤の効果的な使用方法はこちらの記事で解説しています。 合わせてご覧ください。 保湿剤は処方された保湿剤でも、市販の基礎化粧品や保湿剤で大丈夫です。 保湿によりゼビアックスの薬効成分がお肌に浸透しやすくなります。 ゼビアックスローションで注意するところ ゼビアックスローションの有効成分であるオゼノキサシンは抗生剤であるため、 耐性菌(オゼノキサシンが効かなくなった菌)ができてしまう可能性があります。 耐性菌ができてしまうことにより、他の薬剤への変更が必要になったり、治療が長引いてしまうリスクがあります。 そのため、 赤ニキビの上以外には塗らないようにします。 また、効果が出てくるまでに時間がかかりますので、 途中でやめずに継続して塗るようにしましょう。 (お薬を塗るのを途中でやめてしまうことも耐性菌をつくってしまうリスクになります) ニキビの炎症が治った場合はその時点でゼビアックスローションの使用をやめます。 また、1ヶ月程度1ヶ月程度使っても効果が見られない場合は耐性菌がてきている可能性も考えられます。 かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。 ゼビアックスローションの副作用• かゆみ• 刺激感• 赤くなる これらの症状が塗った部分に現れることがあります。 これらの副作用により、ゼビアックスローションの使用がしにくい場合はかかりつけの医師または薬剤師相談してください。 副作用を減らすポイント ゼビアックスローションの副作用の多くは 保湿のスキンケアによって減らすことができます。 皮膚科の治療では保湿が基本かつ 最も重要です。 保湿をすることで、皮膚のバリア能力や治癒力が高まります。 そのためゼビアックスローションの副作用を軽減できるだけではなく細菌の感染を防いだり、炎症を抑えることもできます。 保湿効果は洗顔後や入浴後が一番効果的です。 特に入浴後5分以内が一番効果的であると言われています。 しっかりと保湿することが健康な皮膚には最も大切と言えます。 保湿剤は薬局やドラッグストアでも購入できます 薬局などで買える保湿剤にHPクリームなどがあります。 HPクリームは有効成分としてヘパリン類似物質を含みます。 ヘパリン類似物質を0. 3%含むため、有効成分の濃度はヒルドイドと同じ量含まれています。 よって、HPクリームはヒルドイドやビーソフテンとして知られている医療用の保湿剤の一般用医薬品版という位置付けと言えます。 一般用医薬品は医師の処方箋が必要なく、保険も使用しないので、薬局やドラッグストアで必要な時に、必要な分だけ、自由な量を購入することができるのが特徴です。 特に病院から大量の保湿剤が処方されていることは近年問題視されており、今後処方が制限されたりする可能性も考えられます。 保湿剤がたくさん欲しい際は薬局やドラッグストアなどで購入されることをお勧めします。 ネット購入も可能 一般用医薬品であるため、楽天などのネット通販でも購入が可能であり、通常のドラッグストアで購入するよりもお得に購入できる場合があります。 保湿剤の処方のためにクリニックや薬局で長時間待つのは退屈だと思います。 ゼビアックスローションのメリット 1日1回塗るだけで赤ニキビに対してしっかりと効果を発揮します。 1日1回で良いことから、治療中の負担を軽減できます。 1日に2回塗ってもいいですか? ゼビアックスローションの効果は1日1回塗ることで十分に発揮されます。 2回以上塗ってもニキビへの効果には差がないことがわかっています。 それどころか、副作用のリスクが高くなります。 1日1回の用法は必ず守るようにしてください。 塗り忘れたときはどうしたらいいですか? 気が付いた時にできるだけ早く1回分を塗ってください。 ただし、1日1回の用法は守るようにしましょう。 他のお薬を塗るときはどういう順番で塗るといいですか? 保湿剤などが同時に処方される場合は、洗顔後にまず保湿剤から塗るようにします。 皮膚科の治療では保湿が基本になります。 保湿をすることで、皮膚のバリア能力や治癒力が高まります。 そのため細菌の感染を防いだり、炎症を抑えることができます。 保湿効果は洗顔後や入浴後が一番効果的です。 特に入浴後5分以内が一番効果的ですので、保湿を最優先で行います。 顔のニキビ以外のところに塗ってもいいですか? ゼビアックスローションは顔以外のニキビにも使用することができます。 (他のニキビ薬は顔にしか使用できないものが多いです)しかし、刺激感があることから傷や粘膜(目や口)には入ったりしないようにしましょう。 ただし、必ず医師の指示通りに使用し、自己判断で塗る範囲を広げたりしないようにします。 他の部位にも使用したい場合は、受診時にその旨を伝えて、医師に確認してもらいましょう。 まとめ.

次の