荒川 区 感染 者 数。 東京都内のコロナウイルス感染状況

患者数のホームページ公表について|足立区

荒川 区 感染 者 数

ページ番号1059352 更新日 令和2年3月31日 杉並区長 田中 良 都内の感染者数はここ数日、急激に増加しており、今や爆発的拡大(オーバーシュート)が発生するか否かの重要局面であるとの認識が専門家からも示されています。 これまで、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、さまざまな取り組みを懸命に行ってまいりましたが、感染者の爆発的拡大を回避するためには、区民の皆様自身が「自己防衛」を更に徹底していただく必要があると考え、このたび区内感染者数の公表に踏み切ることとしました。 公表にあたっては、個人のプライバシー等に最大限の配慮をしていかなければなりません。 そのため、年齢・性別や区内の発生エリアなどの情報は一律に公表することはいたしません。 どなたにとっても区内全域において、感染リスクがあるということを、胸に刻んでいただき、自己防衛に努めていただきますよう、心からお願い申し上げます。 感染者数は、区内発生情報のページでお知らせします。 感染予防のために以下の行動をお願いします 1.感染予防の基本をしっかり行ってください。 流水・石鹸による手洗い• 咳エチケット• 食事・睡眠等を十分に取るなどの体力維持 2.感染リスクが高まる3つの「密」を徹底的に避けてください。 換気の悪い「密閉空間」• 多数が集まる「密集場所」• 間近で会話や発声する「密接場所」• 3.感染リスクの高い場所は避けてください。 イベント会場、ライブハウス、カラオケ、バー、ナイトクラブ など (注)感染リスクの高い場所として、「夜の繁華街」との報道もあります。

次の

荒川区での新型コロナウイルス感染者の発生状況 荒川区

荒川 区 感染 者 数

患者数のホームページ公表について 4月1日から、区内の新型コロナウイルス感染症の患者さんに関する情報を、区のホームページで公表しています。 都からも自治体別の感染者数が発表されましたが、両者の数が異なっています。 原因は、都の情報よりも当区の情報の方が新しいため、都の数には既に当区でカウントしている患者さんなどが含まれていないためです。 また、他にも独自に公表している自治体もありますが、それぞれ公表基準は微妙に異なるようです。 当区で公表の対象としているのは、「区に住所を有するもの」ですが、区内に住所を有してはいても、主な居住地が区外(居住実態がない)の場合は対象に含めません。 一方、区外に住所を有していても、区内事業所等に勤務、または区内の保育・教育施設に通っているものは対象に含めます。 一日分をまとめて、翌日に公表の予定です。 公表は、区民の皆様に現状をご理解いただき、冷静な判断と適切な行動をとっていただくことが目的です。 都全体では感染ルート不明のケースが増えている状況ですが、足立区の場合、現時点の患者さんは、一部の方を除いて感染ルートが特定されている状況です。 デマや風評に踊らされることなく、「3密(密閉空間・密集する場所・密接した会話)」を避け、ご自身やご家族の健康管理をしっかりと行ってください。 一人ひとりの責任ある行動が、感染拡大防止につながります。

次の

東京都荒川区で新型コロナウイルス感染患者数が増えています

荒川 区 感染 者 数

ページ番号1059352 更新日 令和2年3月31日 杉並区長 田中 良 都内の感染者数はここ数日、急激に増加しており、今や爆発的拡大(オーバーシュート)が発生するか否かの重要局面であるとの認識が専門家からも示されています。 これまで、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、さまざまな取り組みを懸命に行ってまいりましたが、感染者の爆発的拡大を回避するためには、区民の皆様自身が「自己防衛」を更に徹底していただく必要があると考え、このたび区内感染者数の公表に踏み切ることとしました。 公表にあたっては、個人のプライバシー等に最大限の配慮をしていかなければなりません。 そのため、年齢・性別や区内の発生エリアなどの情報は一律に公表することはいたしません。 どなたにとっても区内全域において、感染リスクがあるということを、胸に刻んでいただき、自己防衛に努めていただきますよう、心からお願い申し上げます。 感染者数は、区内発生情報のページでお知らせします。 感染予防のために以下の行動をお願いします 1.感染予防の基本をしっかり行ってください。 流水・石鹸による手洗い• 咳エチケット• 食事・睡眠等を十分に取るなどの体力維持 2.感染リスクが高まる3つの「密」を徹底的に避けてください。 換気の悪い「密閉空間」• 多数が集まる「密集場所」• 間近で会話や発声する「密接場所」• 3.感染リスクの高い場所は避けてください。 イベント会場、ライブハウス、カラオケ、バー、ナイトクラブ など (注)感染リスクの高い場所として、「夜の繁華街」との報道もあります。

次の