蛍草 レビュー。 螢草のレビュー一覧

みんなのレビュー:螢草/葉室麟 (著)

蛍草 レビュー

菜々(清原果耶)は女中として風早家に奉公することになり、奥様の佐知(谷村美月)と主人の市之進(町田啓太)から温かく迎え入れられる。 菜々は武家の出身だったが、ある理由から秘密にしていた。 市之進は逼迫する藩政を立て直すべく、代替わりを機に改革を推し進めようとするが、奉行から「出る杭は打たれる」と釘を刺される。 風早家には市之進を慕う若侍たちが集まり、密談を交わしていた。 菜々は市之進の部屋から聞こえてきた「轟」という名に凍り付く。 母・五月(奥貫薫)が亡くなる前、亡き父・安坂長七郎(川口覚)は轟という男に陥れられたと語っていたからだ。 菜々が出自を隠しているのは、轟に命を狙われるかもしれないという懸念からだった。 赤村の庄屋を務めている叔父の秀平(阿南健治)を訪ねた帰り、菜々は道端で行き倒れていた浪人・壇浦五平衛(松尾諭)を助ける。 五兵衛は鏑木藩が剣術指南役を召抱えると聞いてはるばるやってきたのだった。 ある夜、風早家を轟平九郎(北村有起哉)が訪ねてくる。 轟は藩政を陰で動かす誰もが恐れる存在だった。 そしてこの男こそ菜々の父を無実の罪で切腹に追い込んだ仇だった。 登場人物はこちら 第1回の感想 なんとも清々しい時代劇でした。 切腹とか仇討ちとか設定は殺伐としてますが、菜々のキャラクターがとても爽やか。 なので暗い雰囲気はないですね。 軽くはないけど、見やすいです。 ストーリーも面白いです。 菜々の父親は何らかの陰謀に巻き込まれたと思われ、不慮の死を遂げました。 彼女は父を陥れた仇から身を守るため、出自を隠して女中として奉公しています。 この設定がなんとも……時代劇好きの心をくすぐるんですよね。 今後はシリアスな展開になると思われますが、菜々のまわりには彼女を助けてくれそうな人がたくさんいて、心強いです。 奉公先のご主人と奥様がこれまたいい人なのよ。 奥様の佐知を演じた谷村美月さん、いつのまにこんな落ち着いた女性になられたんでしょう。 どこから見ても武家の女性で、凜として奥ゆかしい佇まいが完璧でした。 ご主人・市之進を演じた町田啓太さんもまたすこぶるよいの。 市之進のまっすぐな誠実さ、生真面目さ、堅物さが表情と佇まいにあらわれていました。 なんですかね、キャスト陣のこのパーフェクトなフィット感は。 甚兵衛役の苅谷俊介さんも、だんご平衛もとい壇浦五平衛役の松尾諭さんも、菜々のお母さん役の奥貫薫さんもフィットしまくりでした。 仇敵・轟平九郎役の北村有起哉さんは絶対期待を裏切らないってわかりますしね。 予告見たら濱田マリさんとか宇梶剛士さんとか石橋蓮司さんとか、まだまだ面白そうな方がたくさん控えておりました。 いやもう楽しみしかないですわ。 全7回です。 最後までしっかり見届けますよ。

次の

楽天ブックス: 螢草

蛍草 レビュー

BS時代劇 螢草 ほたるぐさ 菜々の剣 奉公先の主人を陥れようとする敵は、父を死に追いやった男だった! 孤立無援の危機が迫る中、一風変わった仲間たちの助けを得て、 主家の主人とその子供たちを守る一途なヒロインの戦いが始まる。 16歳の菜々が奉公に上がった風早家には、優しい奥様の佐知と身分の分け隔てなく接してくれる主の市之進、そして二人の子供たちが居た。 菜々は実は武家の出。 藩内の不正を明らかにしようとした父が無実の罪で切腹に追い込まれた後、出自を隠し母方の実家に身を寄せていた。 やがて佐知は結核で亡くなり、藩内の不正を正そうとする市之進にも魔の手が迫る。 その中心人物・轟が他でもない父の仇と知った時、佐知に後を託されていた菜々は、市之進とその子供たちを守って戦うことを決意した。 市之進の仲間たちまでもが敵に篭絡される中、菜々の味方になったのは一筋縄でいかない連中ばかり。 菜々を演じるのは、ドラマ10『透明なゆりかご』でも大きな注目を集めた清原果耶。 新たな時代劇ヒロインの登場にご期待ください。 【音楽】 Evan Call 【出演】 清原果耶、町田啓太、谷村美月、北村有起哉 ほかの皆さん 【演出】 岡田健、黛りんたろう、鹿島悠 【制作統括】 陸田元一(NHKエンタープライズ)、土屋勝裕(NHK) 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

読書始めは葉室麟先生最新刊「蛍草」(双葉社): いっちすてき!乙にすてき!花のお江戸時代小説おぼえがき

蛍草 レビュー

連続ドラマレビューランキング 順 タイトル 総合評価 1 4. 70 2 4. 28 3 4. 17 4 4. 00 4 4. 00 6 3. 91 7 3. 85 8 3. 74 9 3. 66 10 3. 64 11 3. 63 12 3. 61 13 3. 56 14 3. 52 15 3. 45 15 3. 45 17 3. 35 18 3. 29 18 3. 29 20 3. 20 21 3. 18 22 3. 15 23 3. 14 24 2. 88 25 2. 77 26 2. 73 27 2. 70 27 2. 70 29 2. 59 30 2. 48 31 2. 42 32 2. 29 33 2. 22 34 2. 15 35 2. 00 35 2. 00 37 1.

次の