エアー ドロップ 受け取れ ない。 なぜ送れない?AirDropが使えない時の簡単な対処法|@DIME アットダイム

AirDrop(エアドロップ)でファイルを送れないときの注意点

エアー ドロップ 受け取れ ない

Bluetoothをオンにしているか確認する 画像引用元: AirDropは、 Bluetooth(ブルートゥース)を利用して機能します。 ですから、Bluetoothの設定をオンにしましょう。 そうすることで、近くのiOSデバイスを検出することができます。 基本的には、上記の「AirDropを有効にする」時点で自動的にオンに切り替わるはずですが、切り替わらなかった場合は手動で設定しなくてはいけません。 設定>Bluetoothより確認してください。 Wi-Fiがオンになっているか確認する Bluetoothの設定と同じく、AirDropを利用する際は、 Wi-Fiもオンにする必要があります。 勘違いしがちなポイントですが、AirDropはBluetooth(ブルートゥース)とWi-fiの設定が両方オンになっている環境でなければ利用できません。 Wi-Fiの設定も、AirDropが有効になった時点でオンに切り替わるようになっていますが、設定されていない場合は手動で行う必要があります。 インターネット共有がオフになっていることを確認する インターネット共有はオフにしておきましょう! 多くの方が間違えてしまう点なのですが、インターネット共有とはiPhoneの回線をパソコンやタブレットなど、別のデバイスと共有する機能のことを指します。 ですので、Wi-Fiを利用するAirDropでは、インターネット共有は オフでなくてはいけないのです。 機内モード・おやすみモードを解除する 機内モードやおやすみモードが設定されていると、AirDropを利用することができません。 機内モードを設定してしまうと、Wi-Fi設定もオフになってしまうので解除しておきましょう。 また、おやすみモードの場合はAirDropを利用することはできますが、アラート(エラー通知)を抑止してしまいます。 正しくAirDropを動作させるためにも、両設定を解除しておきましょう。 Bluetooth・Wi-Fiの利用可能範囲内、かつ自分と相手(端末)が近くにいること• 送信側・受信側共にBluetooth・Wi-Fiが有効、インターネット共有はオフにしていること 以上のことが完了していればAirDropの準備はOKです! 次に、送信する側の操作方法をご紹介します。 AirDropはiOSデバイスに元からインストールされている機能です。 そのため、AirDropというアプリを起動して操作するのではなく、送信したいデータを選択した状態で機能を呼び出す流れとなります。 今回は例として、私のiPhone XRを使って、写真アプリから共有する方法をご紹介します。 ファイルや写真、書類を選んで「共有」 写真アプリを起動し、共有したい写真を 長押ししてください。 このとき、左右にスワイプして複数の写真を選択することも可能です。 長押し後、 「共有」をタップ。 「共有」が出ない場合は、選択時のタップで写真がアップになっているだけかもしれません。 ひとつ前の選択画面に戻り、再度長押しをしてツールの選択肢が出ないか試してみてください。 AirDropに表示される相手(端末名)を選んで送信 次に、青い渦巻のような AirDropアイコンをタップします。 AirDropを始める前の下準備が完了していれば、共有相手(端末名)が表示されます。 あとは共有したい相手(端末名)を選択すれば、送信は完了です。 相手が受け入れると「送信済み」になる 2の時点で相手側にはデータを受け取るかどうかの選択肢が出ています。 相手が「受け入れる」を押してデータを取得すると、こちらは「送信済み」となり、やりとりは完了です。 慣れてくれば、 どの共有方法よりも簡単だと感じるはず! 送信相手(端末名)が表示されない場合は、相手側の設定もしくは下準備が行われていない可能性があります。 確認してみましょう。 AirDropの出し方はアプリケーションごとに異なる AirDropで共有できるものは多岐にわたります。 共有ボタン、もしくは送信ボタンから、AirDropの選択が出るアプリケーションなら共有が可能です。 写真、動画などのファイル• 連絡先• safariのリンク ただ、AirDropの出し方は一定ではありません。 iPhoneかiPadかで操作方法が変わりますし、アプリケーションによっても手順に差があります。 例えば今回は、iPhone XRで写真アプリから 写真の長押しをして送信する方法をご紹介しましたが、この手順は他のアプリでは通用しない可能性があるのです。 では、そのほかのアプリではどうやってAirDropを出現させるのでしょうか。 2つの例をご紹介します。 その他アイコン「・・・」をタップして出現させる 画像引用元: ファイルを長押ししても、タップしても、共有ボタンが見つからない…。 そんなときは 画面右上のその他アイコン「・・・」をタップして探してみましょう。 上の画像のiPadでは、その他アイコンの2番目に共有ボタンが出現しました。 連絡先の共有は「連絡先の送信」から 続いては連絡先の共有です。 連絡先は「共有」ボタンからではなく、 「連絡先を送信」をタップすることでAirDropの選択肢が出る仕組みになっています。 共有したい相手の連絡先をタップして、画面下部にある「連絡先を送信」をタップしましょう。 すると、AirDropアイコンが出現します。 後は通常通り、相手(端末名)を選択すれば送信できますよ。 AirDropを利用する方法【受信編】 次に、受信する側の操作方法について解説していきます。 受信する側の操作はよりシンプルです。 相手(送信側)が自分の端末(受信側)を送信先として選択した瞬間、下の写真のように表示されます。 画像引用元: 受信側がすべきことは「受け入れる」または「辞退」を選択して、受信するかどうかを決めるだけです。 受信する場合は「受け入れる」をタップしましょう。 相手が送信しているにもかかわらず何も表示されない場合は、BluetoothやWi-Fi、インターネット共有、受信設定を再確認してみてください。 受信する側の注意点 注意点として、「AirDropを有効にする」段階で「連絡先のみ」を選択していた場合、 メールアドレスまたは携帯電話番号の登録が必要になります。 もし相手にメールアドレスや携帯電話番号を知られたくない場合は、一時的に「すべての人」に設定し直しましょう。 これで受信することが可能となります。 受信し終わったら、設定を戻すのを忘れずに。 「すべての人」のままでは、見知らぬ人からの情報も受け入れてしまいます。 使用しないときは 「受信しない」「連絡先のみ」のどちらかを設定しておきましょう。 近頃は電車などで悪質な送信をする人がいると言われています。 被害を避けるためにも注意が必要ですね。 MacでAirDropを使う場合はどうする? 画像引用元: AirDropはiPhoneでよく使われているため、iPhoneのみの機能と思われがちです。 しかし実は、iPhoneはもちろんMac(パソコン)やiPad(タブレット)など、アップル製品の大体はAirDropに対応しています。 iPadやiPod touchといったタブレット端末でのAirDropの操作方法は、基本的にiPhoneと同じです。 ただ、Macに関しては、勝手がやや異なります。 MacでAirDropを利用する方法【送信編】 MacでAirDropを利用する方法を紹介します。 FinderからAirDropを選択する まずは、AirDropを選択します。 下記のどちらかの方法でAirDropを出現させましょう。 Finder のウインドウのサイドバーで「AirDrop」を選択する 2. 共有する相手(端末名)を選択して送信 相手側の準備が整っていれば、下の写真のように共有する相手(端末名)が表示されるので選択しましょう。 画像引用元: これでMacでの送信は完了です。 iPhone同様、簡単に共有することができますね。 MacでAirDropを利用する方法【受信編】 画像引用元: Macで受信をする場合も、iPhoneでの操作とあまり変わりはありません。 iPhoneと同じく、相手(端末)から送信されたものが ディスプレイの右端に表示されます。 受信する場合は、 「受け入れる」を選択しましょう。 AirDropが導入されていない旧製品もある 最後に、AirDropが導入されていない旧製品についてご紹介します。 AirDropは、iOS7以降のモデル(2012年発売のiPhone5以降)に導入された機能です。 そのため、iPhone4、iPhone4Sなどの古いiOSデバイスではAirDropを利用できません。 また、Macにおける対応モデルはMacBook Pro Late 2008 以降となっています。 AirDropを利用する際は、Bluetooth・Wi-Fiをオンにする• インターネット共有はオフにする• 機内モード・おやすみモードは解除する• 極力近いところで行う• 共有ボタンが見当たらない場合は、「その他」アイコンや「連絡先を送信」をタップして探す• AirDropに対応していない旧モデルもある AirDropを利用した共有方法は、今までにないほど簡単かつ便利なものです。 ですが、常時AirDropをオンにしておくと、不特定多数の人に検出され、 迷惑行為を受けるリスクもあるので注意しなくてはいけません。 これを機に、受信設定を見直した上で、AirDropを活用してみてはいかがでしょうか?.

次の

iPhoneのAirDrop(エアドロップ)がうまくできない時の設定方法

エアー ドロップ 受け取れ ない

iPhoneを使っていて、「写真を送りたい」「このホームページを見てもらいたい」「連絡先を共有したい」などと思ったことはないだろうか。 そんな時に活躍するのがAirDropだ。 AirDropは、ほとんど何も設定することなく、手軽にコンテンツを共有できるサービスだ。 【参考】 ところが、なんらかのトラブルが発生してAirDropが使えない状態になることがある。 こうなると簡単さゆえに、どう対処すればいいかわからなくなってしまう人も多いのではないだろうか。 今回はそんなときに役立つ対処法を紹介していこう。 AirDropに失敗するってどういう状態? 実際にAirDropに失敗した人ならわかるだろうが、これまでそういった状況になったことがない人は、よくわからないかもしれない。 そこでこの項目ではAirDropによくある失敗例を紹介しよう。 AirDropしたい相手が表示されないと失敗 AirDropでコンテンツを共有する場合、共有可能な相手が表示される。 AirDropしたい相手が近くにいて、iPhoneのロックが解除されているにも関わらず、表示されない場合は、失敗ということになる。 AirDropができないのはなぜなのだろうか? AirDropができない理由はいくつかある。 システムの不具合や設定の不備によるものなど様々だ。 AirDropに失敗するのは容量の問題? 容量が不足していても、AirDropしたい相手は送信先に表示される。 またAirDropは、送りたいコンテンツのファイルサイズに制限はないが、AirDropしたい相手のストレージ領域が不足していると、コンテンツは送れない。 AirDropができないのは設定に問題が場合も AirDropの設定項目はシンプルで、AirDropできる相手の設定だけだ。 選べるのは「すべての人」「連絡先のみ」「受信しない」の3つ。 「すべての人」となっていれば、AirDropできる相手が制限されないが、「受信しない」だと、誰ともAirDropできない。 「連絡先のみ」となっていて、AirDropしたい相手が「連絡先」アプリに登録されていないと、AirDropはできない。 AirDropができない場合の対処法【iPhone編】 大前提として、iPhoneのOSがiOS 7以降であることが必要だ。 さらに、Wi-FiとBluetoothがオンになっていて、近く(おおむね9メートル以内)にあることも条件になる。 そのうえで受信側のiPhoneで、AirDropできる相手が制限されていると、AirDropができない。 お互いのiPhoneが適切な設定になっているか確認しよう。 AirDropができない場合の対処法【iPhone X以降偏】 まずは、ホーム画面右上から下にスワイプ(画像左)。 コントロールパネルが表示されたら、画面左上の緑枠で囲まれた部分を強く押し込む(画像右)。 次に、左下の「AirDrop」が「すべての人」もしくは「連絡先」になっているか確認しよう(画像左)。 「受信しない」になっていると、AirDropができない。 また、「連絡先」になっている場合は、「連絡先」アプリに送信者が登録されていることも確認しよう。 ちなみに、「AirDrop」の項目をタップすると、設定を変更できる(画像右)。 覚えておくと、一時的に設定を変更する場合などで便利だ。 iPhone 8やiPhone 8 Plusの場合、画面下から上にスワイプすると、コントロールパネルを表示できる。 あとは、iPhone X以降と全く同じだ。 ただし、iPhone 6には3D Touchが搭載されていないので、「強く押し込む」ところを「長押し」しよう。 iPhoneでAirDropの設定ができない場合は? AirDropの設定を変更しようと思っても、変更できない場合がある。 ここで、「コンテンツとプライバシーの制限」がオンになっている場合は次の内容を確認しよう(画面左)。 「許可されたApp」をタップして、「AirDrop」がオンになっているかをチェック(画面右)。 オフになっていると、システムによってAirDropが強制的に使用できなくなってしまう。 送信側がMacでAirDropできない場合も受信側のiPhoneの設定方法は同じ AirDropは、相手がMacであっても受信することが可能だ。 この場合でも、受信側のiPhoneの設定方法は同じで、上で説明したとおりに確認しよう。 このとき、相手はOS X Yosemite以降を搭載した2012 年以降発売のMac(Mid 2012 のMac Proを除く)でなければならない。 この点もあわせて確認しよう。 【参考】 AirDropができない場合の対処法【Mac同士編】 Mac同士でも、もちろんAirDropはできる。 うまくいかない場合は、Macが以下の条件を満たしているか確認しよう。 ・Late 2008以降のMacBook Pro。 ただしMacBook Pro(17-inch, Late 2008)は除く。 ・Late 2010以降のMacBook Air ・Late 2008以降のMacBook。 ただしMacBookホワイト(Late 2008)は除く。 ・Early 2009以降のiMac ・Mac mini(2010年中期以降に発売されたモデル) ・Early 2009(AirMac Extremeカード付属モデル)およびMid 2010のMac Pro ・iMac Pro(全モデル) また、使っているMacが上の条件を満たしているなら、こちらの設定も確認してみよう。 システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」パネルで、「ファイアウォール」がオフになっているか確認。 オンの場合は「ファイアウォールオプション…」の「外部からの接続をすべてブロック」がオフになっていることをチェック。 AirDropしたい相手が表示されない場合は「このMacを検出可能な相手」を確認しよう MacでもiPhoneの場合と同様に、AirDrop相手の制限設定がある。 AirDropウインドウ下部の「このMacを検出可能な相手…」で受信する相手のレベルを確認しよう。 AirDropできない場合の対処法【iPad編】 同じiOSを採用するiPadは、iPhoneと同様の方法で対処できる。 まず、画面右上から下にフリックする(画像左)。 コントロールパネルが現れるので、緑枠で囲まれた部分を長押しする(画像右)。 AirDropのアイコンで、設定状態が確認できる(画像左)。 設定を変更する場合は、アイコンをタップしよう。 「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」から選択できる(画像右)。 AirDropができない場合の対処法【iPad Pro編】 iPad ProでAirDropできない場合の対処も同様に、iPad偏と同じ方法で確認しよう。 AirDropができない場合の対処法【iPad mini編】 操作感はiPadシリーズ共通なので、機種ごとの違いはない。 iPad miniもiPad偏と同様の方法で確認できる。 AirDropは、適切な設定になってさえいれば、簡単にコンテンツを共有できる。 設定項目もシンプルなので、確認も簡単だ。 システム条件も満たしているのにAirDropできないとなると、なんらかのトラブルが発生していることが考えられる。 OSが最新バージョンかどうか確認したり、デバイスを再起動したり、iCloudにサインインし直したりすると解消する場合もある。 今回紹介した方法を試してもAirDropができないのなら、サポートに問い合わせてみよう。

次の

AirDrop で、「待機中」の表示のまま、送信できない問題の原因と解決方法

エアー ドロップ 受け取れ ない

AirDropを使ったファイル交換を行うには、ファイルを送信する側、そして受け取る側どちらもAirDropがオンになっていければいけません。 iPhoneやiPadの場合、AirDropをオンにする方法がいくつかあります。 コントロールセンターからオンにする場合は、 コントロールセンターを表示させたのち、 Wi-Fiや 機内モードがある辺りを 長押し。 その後、左下にある AirDropを オン(青の状態)にします。 設定を開く• 一般をタップ• AirDropをタップ• このMacを検出可能な相手を 全員、もしくは 連絡先のみにします。 受け取る側のAirDropの設定を確認しよう AirDropは受け取りの設定を下記の3通りに設定することができます。 すべての人• 連絡先のみ• 受信しない ファイルを受け取る側の設定が「 受信しない」になっていると、送る側は相手をAirDrop上で見つけることができません。 また「 連絡先のみ」は、受け取る側の連絡先に送る側の連絡先が登録されている必要があります。 実はこの「連絡先のみ」で問題が起こりがちです。 というのも「連絡先」と一言でいっても、相手の携帯番号や職場のメールアドレスでは表示されず、相手のiCloudで使われているメールアドレスがアドレス帳に登録されている必要があります。 なのでもし相手がAirDropに表示されない場合は 一時的に すべての人に設定してみることをお勧めします。 すべての人に設定して、無事に相手が表示されれば問題解決。 表示されない場合は別に問題があるかもしれません。 AirDropの設定を変える方法 AirDropの設定を変えるには、設定から変える方法とコントロールセンターから変える方法がありますが、この記事では設定から変える方法を紹介します。 設定を開く• 一般をタップ• AirDropをタップ• すべての人、 連絡先のみ、 受信しないのいずれかを選ぶ• 受信側の画面は付いていますか? AirDropは受信側がiPhooneやiPadの場合、画面がオフになっていたり、ロック画面が表示されていると相手に表示されないことがあります。 ロック画面を解除してアイコンが並ぶホーム画面を表示させてみましょう。 Macの場合はスリープ状態や画面がロックされていると、送信側の端末に検出されないことがあります。 必ずスリープやロックを解除しましょう。 またMacの場合、ロックが解除されているときカーソルを動かしてあげると相手に表示されることがあります。 Wi-FiとBluetoothはオンですか? AirDropを使うにはWi-FiとBluetoothの両方がオンになっていなければなりません。 iPhoneやiPadの場合は、 コントロールセンターか 設定から。 Macの場合は画面上の メニューバーからWi-FiとBluetoothをオンにしましょう。 もちろん 機内モードが オンになってる場合は オフにしましょう。 iOS 11から機内モード時がオンになっていてもWi-FiやBluetoothを オンにできますが、念のため機内モードはオフに、そしてWi-FiとBluetoothもオンにしておきましょう。 インターネット共有はオフですか? iPhoneは インターネット共有(テザリング 」を行っていると、AirDropを使うことができません。 必 オフにしましょう。 インターネット共有をオフにするには以下のように操作します。 設定を開く• インターネット共有をタップ• インターネット共有を オフに 機能制限がかかっていないか確認 AirDropの使用を許可しないという設定になっていると、AirDropでファイルの送受信を行うことはできません。 iOS 12はスクリーンタイムという機能の一部、それ以前iOS 11のときは機能制限という機能でアプリの使用許可・使用制限を掛けることができます。 自分でかけた記憶はなくても、何かの弾みで「AirDropを使えない」設定にしていることがあるので確認しておきましょう。 iOS 12で確認する方法• 設定を開く• スクリーンタイムをタップ• コンテンツとプライバシーの制限をタップ• 許可されたAppをタップ• AirDropが オフになっていたら オンに iOS 11で確認する方法• 設定を開く• 一般をタップ• 機能制限をタップ• 機能制限用パスワードを入力• AirDropが オフになっていたら オンに iCloudにサインインをしてるか確認 AirDropを使うには送信側、そして受信側の両方がiCloudにサインインしている必要があります。 まずはiCloudに両方がサインインしているか確認しましょう。 もし両方がサインインされている場合は、いったんサインアウトして、再びサインインすると改善されることがあります。 iPhone・iPadでiCloudのサインイン・サインアウトする方法 まずはiCloudからサインアウトをする方法です。 設定を開く• 画面上のApple IDのプロフィールが書かれているエリアをタップ• 画面下にスクロールして サインアウトをタップ• Apple IDのパスワードを入力して、 オフにするをタップ• iPhone・iPadに残すデータを選ぶ• 画面右上の サインアウトをタップ• 本当によろしいですか?と出るので、 サインアウトをタップ サインアウト中はiCloudデータを削除中と表示され、しばらくするとサインアウトされます。 続いてiCloudにサインインするには• 設定を開く• 画面上部にある iPhoneにサインイン(または iPadにサインイン)をタップ• Apple IDを入力• 画面右上の 次へをタップ• Apple IDのパスワードを入力• 画面右上の 次へをタップ• Apple ID確認コードが同じApple IDを使っている端末に届くので入力• iPhone、またはiPadの パスコードを入力• このiPhoneのSafariデータをiCloudにアップロードして結合しますというメッセージが出るので、 結合または 結合しないをタップ このあと設定に2-3分かかりますが、サインインは完了します。 MacでiCloudのサインイン・サインアウトする方法 Macでサインアウトをするには• 画面左上の アップルマークをクリック• システム環境設定をクリック• iCloudをクリック• 画面左下の サインアウトをクリック• Mac上にコピーを残すデータを選ぶ• コピーを残す、または 続けるをクリック• Macに保存されたSafariパスワードとクレジットカード情報のコピーを残しますか?と聞かれるので、 Macから削除か、 このMacに残すのどちらかをクリック• Apple IDのパスワードを入力し、 続けるをクリック サインアウトは時間が少しかかるので気長に待ちます。 続いてiCloudにサインインする方法は以下の通りです。 画面左上の アップルマークをクリック• システム環境設定をクリック• iCloudをクリック• Apple IDを入力し、画面右下の 次へをクリック• Apple IDのパスワードを入力し、 次へをクリック• Macにログインするときのパスワードを入力• iCloudで書類とデータを使用と Macを探すを使用を使う場合は両方チェックし、 次へをクリック• Macを探すでこのMacの位置情報を使用することを許可しますか?と聞かれるので 許可をクリック サインアウト同様、設定に少し時間がかかりますので別のことをして待ちましょう。 Macのみ。 「外部からの接続をすべてブロック」を確認 もしMacが受け取り側の場合、 外部からの接続をすべてブロックがオン(チェックが入っている状態)の場合、AirDropでファイルを受信することができません。 つまり送信側に表示されません。 外部からの接続をすべてブロックは初期設定ではオフ(チェックが入っていない状態)となっていますが、意図せずチェックが付いていることもあるので確認しておきましょう。 外部からの接続をすべてブロックがオンになっていないか確認するには• 画面左上の アップルマークをクリック• システム環境設定をクリック• 一番上の段にある セキュリティとプライバシーをクリック• 画面左下の鍵がロックされている場合はクリックし、 ロックを解除• メニューから ファイアウォールをクリック• ファイアウォールオプションをクリック• 外部からの接続をすべてブロックにチェックが付いていたら、チェックを外す• OKをクリック 以上です。 それでも駄目なら再起動をかけてみましょう 上記の項目を確かめた上で、それでもAirDropがうまくできないときは、iPhoneやiPad、Macを再起動してみましょう。

次の