地 縛 少年 花子 くん 寧々 寿命。 【地縛少年花子くん:49話】最新話のネタバレ|寧々たちは世界から抜け出せるのか!?|漫画サイコー!

漫画 自縛少年花子君

地 縛 少年 花子 くん 寧々 寿命

地縛少年花子くんは[月刊Gファンタジー]で連載されている漫画で、ストーリーが短編で進んでいくので、新しく登場する人物やお化けを覚えやすく、次の話では前回戦ったお化けが味方になったり、また敵として登場するのでキャラクターへの愛着も湧き、読み進めやすいです。 時々出て来る、 花子くんと同じ見た目の男の子が何者なのか、 花子くんの過去が読んでいくうちにわかることも読みたい気持ちを誘います。 さっそく【地縛少年花子くん】結末ネタバレを紹介していきたいと思います。 驚いたことに花子さんは、昔の学生服を来た少年で、 適当な恋愛グッズを進めてくるのでした。 呆れていた寧々ですが、その中に縁を結ぶ「人魚の鱗」を見つけ飲み込むと、水に濡れると魚になってしまう体になってしまいます。 人魚が家来として迎えに来たことに怯えていると、花子がもう一枚の鱗を飲んで、 寧々と花子に縁が結ばれました。 人魚は退散し、ほっとした寧々ですが、花子から学校の他のお化けの暴走を止める手伝いや、トイレ掃除を命じられるのでした。 最初は、花子を倒そうとした陰陽師家系の源コウも、紆余曲折ありながらも仲間になり、学校の怪談のお化けと戦ったりと、交流していくストーリーです。 一番最初に読んだ時の印象は、昔からよくあるお化けに、片思いを成就させてほしいと願い事をしようとする女の子が呼び出した、学校に伝わる「トイレの花子さん」が、 まさかの男の子で、 女子トイレの地縛霊として登場するのに笑ってしまいました。 ヒロインの女の子は 大根足を気にする、パワフルな女の子という組み合わせも良いと思いました。 「地縛少年花子くん」を知ったのは、先に友人が読んでいて、面白いということで単行本を貸してくれたことがきっかけです。 その後、自分でも単行本を買いました。 昔からある 学校の怪談やお化け、妖怪が好きな方におすすめです。 トイレの花子さんが男の子で登場するのには驚きましたが、絵が可愛らしいながらもホラーとしてゾッとする怖い描写もあり、見応えのある面白い作品です。 【地縛少年花子くん】最終回の結末ネタバレは? 地縛少年花子くんは現在も[月刊Gファンタジー]で連載中で、2019年9月現在11巻まで発売されています。 ですので、結末がどうなるのか誰にも分かりません!! 現在のストーリーは、花子くんがクラスメートで、前に亡くなったコウの友人が生きている世界に入り込んでいます。 花子くんは偽りであっても、皆が楽しく生きている世界で良いといいますが、本心がわからず、不気味で悲しみを感じるキャラクターになっています。 いったい寧々とコウがどうするのか気になるところです。 印象に残っているシーンは、もっけという小さないたずらをするお化けが、新しい噂によって誘拐をするようになったストーリーです。 花子くんからの罰と寧々が、ポジティブな噂に変えて流布したことで、 邪気が消え、 危険のない元のいたずらお化けにもどるところが好きです。 好きな登場人物は、 源コウくんです。 まだまだ陰陽師として未熟で勝手な行動をしがちですが、友達思いの暑い少年で好感が持てて共感しやすいからです。 さらに! 時間をかけてもいいから漫画をたくさん読みたい人には、「」がおすすめ! 無料入会で100ポイント+8,18,28日に各400ポイントずつ=900ポイント 一番多くポイントがもらえる電子書籍サービスなんです。

次の

『地縛少年 花子くん』人気キャラクター投票:ユニテン

地 縛 少年 花子 くん 寧々 寿命

虚構推理に比べるとストーリー性に欠ける気がする。 知りたい!!ってこっちが答えちゃいそうですよねw しかもその後の花子くんと寧々ちゃんの指切りが最高です! 急にヤシロに会いたくなっちゃって 寧々ちゃんが授業を受けているときに不意に現れた花子くんが言ったセリフです。 唐突な花寧々の供給がきて心臓がどくどくしちゃいますよねw 花子くんって急に寧々ちゃんにデレますよね…最高です…! ヤシロが急に鏡に吸い込まれちゃって俺だって寂しかったのになーヤシロは寂しくなかったの?シンパイもしてたのに これも教室で寧々ちゃんに言ったセリフです。 花子くんのこういうところが最高ですよね! 嫉妬したりデレたり本当に心臓に悪いです…。 おれだったらもっとずーっとヤサシクするけどなー(幼少期あまね) 寧々ちゃんが境界でトラブルにあって過去にたどり着きます。 その時に出会った幼少期のあまねくんが言ったセリフですね。 ヤサシクするってこの時から言っていたみたいですが、誰かからの教えなのでしょうか? おねーさんちょっとだけおれのタイプかも(幼少期あまね) 幼少期のあまねくんが寧々ちゃんに言ったセリフです。 寧々ちゃんに「タイプ」って言っているということは花子くんにとって寧々ちゃんは好みの女性ということですよね! 最高…ww 幼少期からこの調子では成長したらあんな感じになるわけです。 じゃあねヤシロは俺が連れて行く エソラゴトの空間で寧々ちゃんを生かしておくために言ったセリフです。 花子くんの闇が見えるシーンはあまりありませんよね。 花子くんは少し前から覚悟していたとは思いますが、ここで初めて寧々の今後についてどうにかしたいと口にしましたね。 …もうそろそろ動けないんじゃない?少年四番の力を借りてもその程度…そんなんでヤシロをどうやって助けてあげるって? 甘いんだよ 闇を見せた花子くんに光が楯突いた時のセリフです。 確かに光くんと花子くんでは力にかなり大きな差がありますよね。 花子くんがこんな風に光にはっきりいうとは思っていなかったので少しびっくりしました。 誰も彼も救いたい諦めないってそういうトコ俺はスキだけどサー…結局いつもなんとかしてるのって俺だよねちょっと黙っててくれる? 先ほどのセリフに引き続き言ったセリフです。 怒っている花子くんも新鮮でかっこいいですよねw 寧々ちゃんにこんなに真剣になれるっているのがよく伝わりますね。 どうして…どうして俺はこんなことするんだろうね大丈夫俺がヤシロを助けてあげる 花子くんが闇を見せた後に寧々ちゃんと会って言ったセリフですね。 助けてあげるって一言でこんなにキュンとするとは… これも私の好きな名言の一つです。 どこにも行かないでほしいなんて思ってるわけないだろ…そんなの俺と同じだ未来なんてない罪を償うためだけに存在してる俺と エソラゴトの空間で生かしておきたいと花子くんが思っていることに対して、問いただした寧々ちゃんに言ったセリフです。 この言葉を聞くと今後2人が一緒に居られる未来がないのかなと感じてしまいますね。 2人の未来はどうなっていくのでしょうか? ヤシロは夢見がちで騙されやすくてメチャクチャで足首も太くて…寿命のことなんて最初からわかってた俺は死者だし今更誰が死のうとどうだってよかったどうだって…よかったはずだったのに 先ほどのセリフに引き続き寧々ちゃんに言った言葉です。 花子くんが寧々ちゃんのことをどう思っているかについて真剣に話すのは初めてではないでしょうか? 寧々ちゃん愛されてるなぁと感じますね。 俺はヤシロに生きていて欲しい そして先ほどまでのセリフの一番最後に言ったセリフです。 これも名言ですよね! 生きていてほしいってもう幽霊になってしまっている花子くんにとってはかなり大きな言葉だと思います。 それをしっかり言えるって強いですね。 ヤシロのお願いには俺弱いんだよね… 90年後まで生きていたいと言った寧々ちゃんへの花子くんのセリフです。 このセリフを改めてみると、初めての寧々ちゃんのお願いの時からそうだったのかなとか考えてしまいますよねw 寧々は幼少期の花子くんに赤い短冊が欲しいとお願いしていますが、その時からの記憶があったりするのでしょうか? ごめんねヤシロ俺は月へは行けないいきていた頃に叶えられなかった願いが死んだ後に叶うことはないんだ 寧々をエソラゴトの空間から出すために送った後にいったセリフです。 このセリフって切ないですよね。 花子くんの生きていた頃の願いって本当に月に行くことだけだったのでしょうか? 勘ぐってしまいますw でも90年後まで生きていたいだっけ?随分ワガママだけど…いいよ叶えてあげる 先ほどのセリフの後にいった言葉ですね。 寧々ちゃんだからこそ花子くんも生きていてほしいと思うんだろうなと実感します。 今後まだまだ名言が増えていきそうですよね! ちょっと学園に怪異が蔓延るくらいカミサマだって許してくれるさ 盂蘭盆に近づいてきた頃の七不思議の会議での花子くんのセリフです。 議題としては花子くんが七不思議の依代を壊して回っているために学園に怪異が蔓延ることでした。 それに対しての花子くんの回答です。 こういう少しダークな瞬間もたまりませんw どうする一番俺にお願いする? 6番に連れ去られた葵を追う茜くんと寧々がエレベータに乗ります。 そこで寧々ちゃんたちを助けるために花子くんが無線で連絡してきました。 その時のセリフです。 ここ個人的に最高でした!!w 寧々ちゃんが人質に囚われて必死に打開しようとしているところがもう最高…w 【地縛少年花子くん】花子くんの名言やセリフで胸キュンが止まらない!:まとめ いかがでしたでしょうか? やはり威力がすごいですね… こんなの目の前で言われてる寧々ちゃんの心臓どうなってるのって思いますが… 新刊が出次第随時更新していきます! それでは最後までご覧頂きありがとうございました! ・.

次の

【あらすじ】『地縛少年花子くん』40話(8巻)【感想】

地 縛 少年 花子 くん 寧々 寿命

風邪と告白 普• 夏休みが始まって3日目。 司が風邪を引いた。 だから今日は俺が全力で看病する。 顔を赤くして苦しそうに呼吸をしている様子は、可哀想だけど、色っぽいなぁ、なんて思ってしまったり。 「司、何か欲しいものある?」 「…んん…水飲みたい…」 「わかった。 持ってくるね」 司の風邪が治るまで俺は司のために全力で看病する事にした。 でないと司の可愛い笑顔が見れないんだもん。 俺はコップ1杯の水を持って司の所へ行った。 「司〜水持って来たよ〜」 「ありがと…後で飲めそうになったら飲む…」 「今飲まなくていいの?」 「飲みたいけど…今、だるくて…体起こせないし…って、え、なんで普が飲んでんの……っんぅっ」 今飲みたいけど、って言ってたから体支えてあげて口移しで飲ませた。 色っぽい司に欲情して我慢できなかったとかじゃないから!! 決して違うから!!!!!! 「…普…」 ヤバい… 怒ってる?引いてる?嫌われてる? 「風邪うつっちゃうよ…?」 「…つ、司の風邪だったらうつっても良い…」 ネ申 か よ 司…やっぱり好き…天使…はぁ… なんて思っていて、ふと下を見下ろしたら、司が俺の腰に腕を回して、太腿に頭をのせていた。 相変わらず顔は真っ赤でエr…辛そう。 「…司?」 「うつってもいーんでしょぉ…?」 「え」 「普大好き…」 「うん、俺も大好きだよ〜」 「そうじゃなくてぇ…本気なの……」 「ゑ」 ゑ!? まさか司の口からそれが聞けるなんて夢にも見な…いや、夢では何度もあったな… だけどホラ、今司熱あるから頭おかしくなってるんだ。 「早く熱下がると良いネ」 「熱下がっても俺は普の事大好き」 「……俺も大好きだよ…司…」 俺の口からも滑り落ちるようにその言葉が出てしまった。 本当は伝えちゃ駄目なのに。 俺は精一杯司を愛するから、許して、神様。

次の