シャロー スイング。 シャローイングで飛んで曲がらないドライバーショットを習得!|ゴルフサプリ

シャローとスティープ

シャロー スイング

私もクラブが鋭角に降りてきているんだ。 (現在進行形) 私の場合は上体を起こして帳尻合わせをしていることが動画を撮ることにより分かりました! 帳尻合わせのために、手元を浮かせたり、上体を起こしたりしてしまうのは意識しても直すのは難しいらしい。 脳がボールを打つ瞬間にこれでは打てない。 と判断して、反射的に体を動かしているとの事。 熱いもに触ったとき、びっくりして手を放しますが、これをやめろと言っているようなもの。 シャローイングをするとクラブが正しいスイングプレーンに乗り、体を回せば勝手にボールに当たるようになる。 体への負担が少ない 方向性のところでも書きましたが、クラブが鋭角(スティープ)に降りてきている人は、上体を起こす等の帳尻合わせを行っています。 この動作が腰に負担を掛けることになり、腰痛発症の原因になってしまいます。 シャローイングをすると、帳尻合わせをしなくて良いので、体への負担は少なくなります。 シャローイングをすると良い事だらけ!! これはやるしかないっしょ!! シャローイング練習中… という事で、日々シャローイングの練習に取り組んでおります。 先生は「 ゴルフスイング物理学の小澤先生」 シャローにするためのいろんなドリルがあるので、実践中~. 難しすぎるよ!!! 動画を撮りながら練習したりするけど、素振りの時はすごく綺麗にシャローになってる(自画自賛)けど実際に玉を打つときは全くシャローにならない。。。 同じように降ってるつもりなのに。。 これが脳の反射というやつですか!? 今までスティープに振り続けたツケが来てるよ。 もっと早く知りたかった… ゴルフ始めたばかりの方は、すぐにシャローイングを取り入れることをおすすめ致します!後から後悔しますよ!! 変な癖がつく前に正しいスイングを体に覚えさせましょう~! 私はシャローイングを習得するまでに時間がかかりそうです。 コツコツ練習頑張ります! できるようになったら動画とかUPしたいな~ 練習でめばるなりのシャローイングをする上で一番大事なことが分かりました! 記事はこちら 最後まで読んで下さってありがとうございました!.

次の

アプローチ|クラブはシャローに振れ

シャロー スイング

飛距離を伸ばすには ヘッドスピードを上げる必要があるが、クラブヘッドの芯でボールを打てたか、そして、どんなアタックアングルとスピンロフトでボールを打つことができたかなども重要なファクターになる。 アタック アングル については "何それ" と思った人も居るだろうが、要するに ボールに対してどんな軌道 垂直方向の角度 でクラブがコンタクトしているかを示す指標である。 ボールを遠くに飛ばしたい時に ダウンブローにクラブを振り過ぎれば 擦る様な打ち方になるから 力の伝達効率は悪くなるだけでなく バックスピン量も多くなり過ぎるので そうならないような アタック アングルで ボールを打つ必要がある。 ドライバーのショットでは そのアタック アングルを少しアッパーブローにすることで飛距離が MAX になることが確認されており、その観点からもシャローアウトのテクニックを学ぶ価値は大きい。 シャローネス では シャローにクラブヘッドを落とすには 何をどうしたら良いのだろう。 よりフラットなスイングプレーンで球を打ちたいのだから腕を横に振るべきだと考える人もいるだろうが、そうではない。 むしろ、腕を縦に振って 適度なシャローネスを確保するのが正しいやり方である。 それには 体の回転と腕の振り方を工夫する必要がある。 まず第一に ダウンスイングで 手が右太腿の前に落ちた時に 右肩がクラブをインサイドからアウトに出せる位置になければできないことである。 図の Z1 - Z2 - Z3 での右肩の位置と動きを確認して欲しい。 右肩が右足の真上くらいにあるのが望ましいが それよりも前には絶対に行かないようにすること。 第二に 手が右太腿の前に落ちた時に クラブヘッドも インサイドからアウトに出せる位置になければならず、そのためには 左手首が外側に折れて 所謂 bowed wrist の形でタメが作れていなければならない。 ここから Z1 - Z2 - Z3 で 手は ターゲットの方にほぼ水平に動くが その間に手首がアンコックして クラブはリリースされ下に落ちる。 そのメカニズムによって可能になるクラブのリリースのパターンがシャローアウトなのである。 体の回転軸に対する右肩の位置、手の位置、手首の形、クラブフェースの向きなどをよく確認して欲しい。 ここからクラブが正しいタイミングでリリースされれば どんな軌道でインパクトゾーンにクラブが入って行くのか想像できるだろう。 ダウンスイングで 腕を縦に振っても 手が右太腿の前に来た時に 右のような形ができれば 手をインサイドアウトに動かさなくとも クラブヘッドは インサイドからシャローにインパクトゾーンに入って行く。 この形を作ることを容易にするためには トップで 左手の甲が内側に折れない形を作ってから 下半身が ダウンスイングをリードするように 腕を真下に落として行くべきである。 そうすれば この形ができ フォワードスイングでは シャローなアタックアングルでフェースローテーション ミニマムのアンコック 即ち クラブのリリースが可能になる。 フォワードスイングで 手が水平に動くステージで 回転軸を 水平に 同じ方向に 動かさないようにして stay behind になるように クラブをシャローに スクウェアにリリースすれば 理想のアタックアングルでボールを打つことができるだろう。

次の

シャローなスイングはこう振る!チェックポイントまとめ!

シャロー スイング

どうしたら真っ直ぐ遠くに飛ばせるんだろう…。 そう思ったことはありませんか。 いくら思い切り振ってもなかなか思うようには飛んでくれない。 力を入れて振るとかえって大きく右に曲がってスライスしたり、ドライバーでもダフったり、してしまいます。 飛距離を伸ばすコツはヘッドの入射角度を緩くする「シャロー」にあります。 腕ではなくボディターンをうまく使うことでクラブの加速、インパクトの圧が力強くなり今日イチの距離が生まれます。 そして身体の回転させ続けることでアームローテーションを抑えられるので方向性もよくなります。 ぜひチェックしてみてください。 シャローとは? 最近、シャローという言葉をよく耳にすると思います。 英語で「浅い」という意味があります。 浅いというのはクラブのインパクト時のボールにヒットする時の入射角が鈍角または緩やかになる…またはダウンスイングの軌道を寝かせる動きによって、ボールに対しての入射角を低いところから当てていく意味になります。 実は、シャローという言葉は、ゴルフ用語としてアメリカでは昔からよく使われています。 ただ、ここ最近、「トラックマン」や「フライトスコープ」といった超高性能の弾道計測器の出現によってゴルフがより科学的に理論的に分析され、こういう風に振った方が、飛距離も伸びるし、方向性もよくなるよという理論が確立してきています。 なぜ、プロたちはシャロースイングを取り入れているのか? 出典: シャロースイングにする理由は4つあります。 1つ目は、クラブが身体の後ろを通り、入射角が低いところから安定して鈍角に入ってきますので、最新の低重心ドライバーやアイアンに合ったスイングができます。 2つ目は ヘッドが加速します。 シャローというのは、トップの位置から直線的に降りるのではなくて、後ろ回しになって降りてきますから加速してくる距離が作れるので、ヘッドスピードが必然的に上がってきます。 3つ目は、ボディターンで身体の回転が先行した状態でハンドファースト気味に入ってきますので、ボールに対してインパクトの圧縮の度合いが強くなり、風にも負けない強い球が出るようになります。 4つ目は、身体の回転がリードしている状態で打つので、フェースローテーションの動きが少なくなり方向性が圧倒的によくなります。 欧米のPGAツアーやヨーロピアンツアーの選手たちは、みんなシャロースイングを取り入れて活躍しています。 なぜ、鋭角に降ろすのはダメなのか!? シャフトを立てて降ろしてくると右肩が突っ込み、軌道が鋭角になってしまうので、サイドスピンやバックスピン量が増えてしまい、スライスや吹き上がりなど方向性が不安定になってしまいます。 また、トップの位置から直線的に鋭角で降りてくると加速距離が短いので、シャローと違って加速する時間が無くなり飛距離を伸ばすことができません。 シャロースイングのやり方 シャローにすることはゴルファーに大きなメリットをもたらします。 ヘッドを加速させやすく、シャフトのパッシブトルク(自然にフェースが返る動き)が働き、倒れていたクラブを起き上がらせて正しいプレーンに乗るので、つかまった飛距離の出るボールを打つことができます。 しかし、トップでは簡単には寝てはくれません。 「倒そう」と思っていても、シャフトが立ってしまっていないでしょうか。 そうならないためにシャローの方法をご紹介します。 ゴルフのグリップは基本中の基本です!握り方が間違っているとシャローで打てたとしてもインパクトが緩んでしまい威力を発揮することができません。 参考にどうぞ! トップで止めて垂直に降ろす トップポジションを作ります。 そのときシャフトをクロスするのではなく、レイドオフ(ヘッドの位置が後頭部側)の状態にしてシャフトを倒します。 倒すとき、右手の平が空を向くようにすると感覚がつかみやすいでしょう。 シャローのインパクトをするときの注意点として、ただクラブを倒して打つのではなく、しっかりと左足に体重移動をしながら回転(ボディターン)させていきましょう。 そうすることによって、手元が身体に巻つくように引きつけられて、パワーを最大限にして厚いインパクトを迎えることができます。 シャローで活躍しているプロは? シャロースイングの代表的な選手は、2017年のマスターズ覇者のセルヒオ・ガルシア、PGA2勝のジョン・ラームなどがあげられます。 ダウンスイング始動の瞬間、切り返しで後方に倒れているのがわかると思います。 セルヒオ・ガルシア.

次の