ネイティブ キャンプ 教材。 ネイティブキャンプのおすすめ教材。実際に使ってみて良かったものを中心に紹介します。

ネイティブキャンプのおすすめ教材。実際に使ってみて良かったものを中心に紹介します。

ネイティブ キャンプ 教材

トピックトークはどんな教材? 概要 トピックトークは、 ある一つのトピックについて、自分の意思を伝える・会話文を即興で作るなど、語彙力・会話伝達力を磨くためのトレーニング教材です。 どんなトピックがある? 全部で30トピックあります。 基本は1トピックを1レッスン25分間でやり終える感じですね。 馴染みがあるトピックでいえば「Travel(旅行)」「Sports(スポーツ)」「Having Pets(ペットを飼う)」あたりでしょうか? だいたい英会話レッスン受けたら話題になるトピックですよね。 逆にぼくにとって馴染みがないトピックもたくさんありました。 例えば「Social Media Addiction(ソーシャルメディア中毒)」「Ideal Boss(理想の上司)」「Lies(嘘)」あたりです。 トピックが変わると、話すために必要な単語・表現がまったく変わってくるため、いろいろなシチュエーションでの会話力を伸ばすのにとてもいいですね! 全トピックを確認したい場合は公式ページを御覧ください。 トピックトークはどのレベルの人におすすめ? 実際に受けてみたぼくの個人的な感覚では、「TOEIC600点以上」、中級者以上の人が受けるべきだと思います。 レッスンでは新しい単語や表現を学んで、自分で例文を作ったり、ストーリーを作ったりします。 正直、TOEIC600点レベルの単語・文法の知識がないと、あまり自分で文を作れないでしょう。 フリートークだと表現に縛りがないから話せても、表現に縛りができると急に難しくなるので、やはり基礎力が必要です。 ちなみに、「トピックトーク」はネイティブキャンプが定めているレベルでいうと、「Level 4以上」です。 Level 4とは「海外旅行で簡単な英語が使えます。 」というレベル感。 TOEICでいえば、225点〜355点。 いやーこのレベルでトピックトーク受けたら何も喋れず終わると思います。 ネイティブキャンプのレベル表はあまり信用しない方がよいでしょう笑 トピックトークはどの分野の英語力が伸びる? 実際に受けてみて、伸ばせる英語力を整理してみました。 伸ばせる英語力 ・ディスカッション能力 ・様々なシーンに対応したスピーキング力 このあとの体験談を読めばわかりますが、ロールプレイやディスカッションがメインになるので、一番身に付くのがディスカッション能力です。 それに加えて、30ものトピックに関連する表現を学んで練習もできるので、 日頃使わないシーンの言葉を身に付けることもできるでしょう。 【体験談】実際にトピックトークを10回受けてみた 先月からネイティブキャンプをはじめて、トピックトークについては10回ほど受けてみました。 体験談として、最近受けて楽しかった「Social Media Addiction(ソーシャルメディア中毒)」のトピックを例に説明しますね。 絵から思いつく単語を言うだけ。 この絵で言うと、InternetとかGroup chatとかそういった単語を言うだけです。 これが意外と曲者で、日本語でも例文が思いつかないことがあります笑 例えば、「(投稿)に共感する」を使って例文を…って言われたらサッと出てきますか? ぼくは少し考えてしまいます。 例えば、「ぼくは仲のよい友人の投稿には共感するが、直接知らない人の投稿には共感できない」などでしょうか。 なかなかパッとは出てこないですよね。 少なくとも、「日本語でどんなことを話すか」程度は事前に予習しておいた方がよいでしょう。 これは予習せずにその場で講師が喋ったことに反応するようなやり方でよいと思いますが、最低限の準備はしておきましょう。 例えば、この例で言えば、ソーシャルメディアとは何かを日本語でもよいのでどう説明するか考えておいた方が、レッスンで考えて余計な時間を使わずに済みます。 Yes or Noで答えて、その後必ずbecauseで理由付けを説明するようにしましょう。 英語はまず結論を伝えて、その後理由を説明するのが一般的な話し方です。 ビジネスにも役に立つと思いますので、ここは気合を入れてやるべきですね。 ただ、例によって「日本語でもなんて答えるか迷う」という感じでした笑 この図の質問に対してはぼくの場合は事前に言うことをある程度考えていましたね。 質問:あなたは、メールやソーシャルメディアのメッセージの返事をすぐに返しますか?それはなぜですか? 回答:「時と場合による。 仕事の場合はすぐに返す。 友達からで緊急性が低い場合は後で時間があるときに返す」 みたいなことを答えました。 いやーパッとは出てこない笑 まとめ:トピックトークは中級者以上でディスカッション能力を伸ばしたい人におすすめの教材! ただフリートークをするよりも、自分が使わない表現を強制的に使ってディスカッションをするので非常によい練習になります。 何よりいろんなテーマで英会話ができて楽しい! ディスカッション能力を身に付けたい方は是非受けてみるのをおすすめですよ。 もしネイティブキャンプの受講を検討して迷っている方がいたら、まずは無料トライアルを受講してみてください。 ぼくが無料トライアルを受けた体験談の記事も参考にしてみてくださいね。

次の

【ネイティブキャンプ】トピックトークはどんな人におすすめの教材?【体験談】

ネイティブ キャンプ 教材

Contents• ネイティブキャンプの全教材テキスト・コース ネイティブキャンプ引用 まずはたくさんあるネイティブキャンプの 教材から自分にあたものを選ぶために 「教材コース」と 「教材の種類」から 選べるのですがそれぞれどんな内容なのか まとめてみます。 まずは教材コースからです。 レベルは全7レベルあり、1から7へと レベルが高くなっていきます。 また教材のコースでなく種類からもどんな 教材があるのか選べます。 かなりの量があるので選ぶのに迷いますよね~ 教材について詳しくはネイティブキャンプで 確認してみてください。 そのほか 、日本人カウンセラーもいるので どの教材が自分に合っているのか相談して 決めるのもおすすめです。 私は、はじめに無料体験でレベルチェックをして その後、日本人カウンセラーとの相談で自分に 合う教材を決めました。 初心者向け:ネイティブキャンプのおすすめ教材 たくさん教材があるネイティブキャンプですが 初心者におすすめなものはどんなのがいいのか まとめていきます。 初心者に大事なのは正しい文法の知識です。 文法の初級・中級レベルやサイドバイサイドなどで 基礎を学習するのがおすすめです。 またスピーキングと発音についても 初心者のレベルの時にしっかり基礎を学習 しておくと発音な度見につきやすいと思います。 カランメソッドも初めは簡単な文章から 学ぶのでおすすめです。 カランメソッドの初回レッスンの感想を まとめた記事があるので参考にしてみてください。 初心者におすすめな5分間ディスカッション教材 英会話をするならフリートークなどしてみたい と思いますが初心者のうちはおすすめしません。 またビジネス英語とカランメソッドに加え ビジネスカランメソッドも上級者におすすめです。 フリートークは文法力がしっかりついている 上級者に良い教材です。 まずは無料体験でレベルチェックを受けてみる! たくさんあるネイティブキャンプの教材を 見てきましたが、初心者の方が初めに レベルチェックを受けるというのも今後の 自分の学習法を決めるのにおすすめです。 ネイティブキャンプでは レッスン回数無制限で1週間無料体験できるので 無料体験中にレベルチェックをしたりカウンセラーに 学習相談をしたりするのもいいですね。

次の

ネイティブキャンプのおすすめの教材をレベル別にまとめてみました!

ネイティブ キャンプ 教材

600点対策コース 800点対策コース Part1対策 1レッスン3問ずつ 13レッスン 6レッスン Part2対策 1レッスン5問ずつ 23レッスン 12レッスン Part3対策 1レッスン6問ずつ 30レッスン 10レッスン Part4対策 1レッスン6問ずつ 22レッスン 10レッスン Part7対策 1レッスン1問ずつ 40レッスン 30レッスン 合計 128レッスン 68レッスン いずれのコースも、リスニングを中心に対策をすることができます。 リーディングパートについては、残念ながらPart7対策のみとなっています。 まあ、オンライン英会話でリーディング対策をするのはあまり現実的ではないですからね… 僕が実際にTOEIC教材でレッスンを受けてみたところ、 1回のレッスンで教材1レッスン分のペースで進めるのが現実的です。 やはりTOEICで600点付近のスコアも目標にしている方が多いためか、600点対策コースは800点対策の2倍近い量のレッスンが用意されています。 ネイティブキャンプでTOEIC対策をしてみた感想 僕が「800点対策コース」を使って14回のレッスンを受けた感想を良い点と悪い点に分けてご紹介します。 悪い点 まず、悪い点は以下の3点です。 Part5、Part6の対策ができない• 語彙力アップが期待できない• スピーキングに気を取られる それぞれ詳しく解説していきます。 Part5、Part6の対策ができない ネイティブキャンプのTOEIC用教材には、Part5、Part6のレッスンは収録されていません。 Part7については「600点対策コース」と「800点対策コース」のいずれのコースにも収録されています。 リーディングパートであるPart5、Part6の対策を行うのには、オンライン英会話はあまり適していないからかもしれません。 そのため、 Part5、Part6については別の教材を併用する形で対策する必要がありそうです。 語彙力アップが期待できない TOEIC教材内に 単語が学べるコンテンツがないので、語彙力のアップはあまり期待できないと思います。 単語に関しても、リーディングと同じように、他の教材を併用する形で学習するのが良さそうです。 「リーディングも単語も、総合的に勉強できる教材がいい」という方には、 「スタディサプリENGISH TOEIC対策コース」をオススメします。 以下の記事でスタディサプリを使用したレビューを紹介しているので、気になる方は参考にしてください。 スピーキングに気を取られる 正直にお伝えすると、「英語のスピーキングがあまり得意ではない」「講師が何を言っているのかさっぱりわからない」という方には、オンライン英会話で英語を話しながらTOEIC対策をするのは難しすぎると感じると思います。 思ったことがスムーズに伝えられず、スピーキングに時間がかかってしまうと、TOEIC対策をする時間が少なくなってしまいます。 そのため、簡単な英語でのコミュニケーションがすでに取れる必要があるでしょう。 良い点 次に、良い点は以下の3点です。 英語を話しながらTOEIC対策ができる• TOEIC対策教材が無料で使える• 「今すぐレッスン」で集中的にレッスンが受けられる それぞれ詳しく解説していきます。 英語を話しながらTOEIC対策ができる TOEIC対策をしながらスピーキング練習もできるのが一番のメリットです。 転職や就職でTOEIC受験が必要という方を除くと、多くの方は英会話を身に付けることが一番の目標かと思います。 そうした方にとっては、 英語でコミュニケーションを取りながらTOEIC対策をするのは一石二鳥です。 スピーキングを優先したい方はネイティブキャンプのTOEIC教材で十分でしょう。 TOEIC教材が無料で使える どちらのTOEIC教材も無料で使うことができます。 ネイティブキャンプの月額料金以外の費用は一切請求されないので安心して使ってください。 「今すぐレッスン」で集中的にレッスンが受けられる 「今すぐレッスン」を使うことで、 TOEIC対策レッスンを回数無制限で好きなだけ受けられることも魅力的です。 TOEIC本番前にはレッスンの回数を増やし、集中的にTOEIC対策を行うとより高い効果が期待できます。 「今すぐレッスン」について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。 ネイティブキャンプのTOEIC教材の効果 リーディングの効果は期待できない ネイティブキャンプのTOEIC教材は、リーディングの効果はあまり期待できません 他のネイティブキャンプの教材を併用すれば可能かもしれません。 オンライン英会話はリーディングを鍛えるのにはあまり適していないため、TOEIC対策アプリや参考書など他のリーディング教材を使う必要がありそうです。 リスニングの効果はかなり期待できる 一方、オンライン英会話では講師と英語でコミニケーションをとりながらレッスンを受けることになります。 講師の英語を集中して聞き取る必要があるため、アプリや教材でリスニング対策をするよりも高い効果が期待できます。 また、スピーキングの練習をすることで、リスニングの伸び悩みを打破できるかもしれません。 英語学習者の間では、 「自分で話せない事は聞き取ることもできない」という言葉をよく耳にします。 自分の意思を英語で表現出来るようになると、リスニングも楽に感じられるはずです。 こんな人にオススメ ネイティブキャンプのTOEIC教材は次のような方に特にオススメです。 普段からオンライン英会話を使ってある程度英会話に慣れている方• TOEIC対策をしながら英会話の練習もしたい方• 「TOEICはあくまで力試し」というスタンスの方 ネイティブキャンプでTOEIC対策をする場合、講師と英語でコミニケーションをとることが必要不可欠です。 全くの初心者の場合、講師とのコミュニケーションに気が取られすぎてTOEIC対策に充てる時間が少なくなることが考えられます。 英会話に自信がない方は、TOEIC対策専用のアプリや教材を使って勉強することをお勧めします。 TOEIC対策で人気が高い、「スタディサプリENGISH TOEIC対策コース」については以下の記事で紹介しているので、こちらもどうぞ。 また、 「TOEICはあくまで力試し」という方にとっては、英会話の練習しながらTOEIC対策もできるので、ネイティブキャンプは一石二鳥だと思います。 この記事のまとめ この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

次の