シグナル100 ネタバレ。 映画『シグナル100』公式サイト

漫画「シグナル100」完全ネタバレ解説!最終回の結末に鳥肌!

シグナル100 ネタバレ

シグナル100• 原案:宮月 新• 作画:近藤 しぐれ• 出版社:白泉社• 掲載誌:ヤングアニマル• 巻数:4巻まで• ジャンル:学園サイコホラー 宮月さんは他にも『 不能犯』なども手がけています。 シグナル100は巻数も4巻までなので、一気に最後まで読み切れてスッキリできそうですね。 com ここから原作・シグナル100の内容についてご紹介していこうと思います。 ネタバレも含みますので、不快な方はご注意ください! シグナル100は 主人公・樫村怜奈のクラスメートが、日常の行動100パターンによって自殺してしまう後催眠をかけられてしまうお話です。 後催眠をかけてきたのは、担任・ 下部先生。 下部先生はクラスメートにいじめられ、さらに校長先生からはクビを匂わせられていました。 精神的に限界にきた下部先生はクラスメート全員に後催眠術をかけ、自ら窓から飛び降りてしまいます・・・。 後催眠を解く方法は『 最後の1人になるか』『 ある行動』をするかの2つのみ。 衝撃的なラストとは・・・?原作・シグナル100の見どころポイントについて詳しくご紹介します! 初めてのボーナスタイム 下部先生は『 ボーナスタイム』と称して、クラスメートたちにあるミッションを残していました。 この ミッションをクリアすることにより、後催眠が解かれると説明されます。 最初のボーナスタイムは『 4人の死の瞬間を見ること』です。 制限時間は30分なので、クラスメートたちにも余裕がありませんでした。 そんな中、禁止行動を少しだけ知っている 不良・和田 盗撮カメラによって033までの禁止行動を独占している がクラスメートたちを支配します。 犠牲にする生徒を選抜し、禁止行動『 25人以上に指をさされる』を行おうとします。 しかし、それは失敗に終わってしまい結局ボーナスタイムは終わってしまいました・・・。 クラスメートの中に裏切り者!? 下部先生はクラスメートたちに恨みをもって死んでしまいましたが、実は クラスメートの中に密かに自分の仲間を仕込んでいました。 ある生徒の盗撮カメラにより、裏切り者の存在が発覚しクラスは混乱してしまいます。 実は裏切り者はイケてる女子グループからいじめを受けていた・ 朝比奈という女子でした。 朝比奈は自分をいじめていた生徒に復讐を決意していましたが、正体がばれ拘束されてしまいます。 樫村により解放された朝比奈は心を改めますが、後に 樫村たちを守り死んでしまうのです。 朝比奈が裏切り者と分かったクラスメートたちでしたが、実は本当の裏切り者はもう1人いました。 それはイケてる女子グループの1人・ 小宮山です。 小宮山はいじめをする際に自分の小指を骨折してしまい、夢を絶たれてしまいます。 クラスメートたちに嫌気がさし下部先生に手を貸していたのでした。 原作の結末からラストを大予想! 最終的に生き残ったのは、 樫村・和田・榊・羽柴という4人だけです。 生き残るためには 最後の1人になるしかありません。 樫村に好意を持っていた榊は、樫村を守るために和田と羽柴を殺そうとします。 和田と羽柴を襲う榊は、和田に傷を負わすことができますが羽柴により殺され、羽柴も死んでしまいます。 かすかに息のある和田にとどめをさす樫村ですが・・・じつは樫村は 後催眠術が既に解けていました。 後催眠術を解くもう一つの方法『 下部先生に謝罪をする』という行動を樫村はすでにとっていたのです。 自分の行った行動、今までのクラスメートたちの惨劇を防げたかもしれない絶望・・・いろいろな気持ちが樫村を襲ったのでした。 原作のラストはこんな感じでしたが、映画の結末はどうなるのでしょうか? 原作通りのラストになるのか、オリジナリティが加わるのか。

次の

『シグナル100』あらすじ・キャスト・感想【ネタバレ】・動画配信サイト紹介

シグナル100 ネタバレ

あらすじ 生き残るのは、誰だ? 担任教師「下部」によって、36人の生徒たちはある特定の行動をとると自ら命を絶ってしまう自殺催眠をかけられ、デスゲームに参加させられてしまった。 催眠は「スマホを使う」、「泣く」、「あくびをする」など何気ない日常の行動に潜んでおり、生徒たちは次々に自ら命を絶っていく。 催眠を解く方法は、クラスメイトの死のみ__ 『シグナル100』結末(ラスト)はどうなったのか 映画『シグナル100』では、36名の生徒は決まった日常行動をとると自殺してしまう催眠がかけられています。 生き残るのはたった一人、クラスメイト全員の死を引き換えにしなければならないというとんでもないデスゲームを実行へ移したのはクラスの担任教師「下部」。 下部によってシグナル100を催眠としてかけられてしまった生徒たちは、次々に自殺。 中盤からはシグナルをどう発動させるか、自分の以外のクラスメイトを自殺させるためにクラスメイトの樹里や和田が画策して生徒を葬っていきます。 最終的にラストまで生き残ったのは樫村怜奈(橋本環奈)、榊蒼汰(小関裕太)、和田隼(瀬戸利樹)の3人。 榊は和田から樫村を守るために和田にとびかかったことでシグナル1「他人に暴力を振るう」が発動、シグナルが発動しながらも榊が和田に体当たりしてくるのに対し、和田は思わず拳を振り上げてしまったことから和田もシグナル1が発動して二人とも自殺。 残ったのは主人公の「樫村」という結末を迎えました。 生き残ったのは誰か 生き残ったのは橋本環奈さん演じる「樫村怜奈」。 次々に大事な友人が死んでいく中、涙を流すというシグナルを発動させないために芯を強く持ち、榊に守られつつも最後まで生き残ることに成功しました。 主人公が生き残る予想のつく展開だったためひねりがないように感じますが、映画の流れとして彼女が生き残るのは一番自然だったのではないかと思います! 他35名のクラスメイトはこぞって自殺したので、はれて樫村は催眠を解くことに成功しています。 関連記事 キャストは誰? 配役についてまとめ 『スポンサーリンク』 以下、主要キャストについて記載します! 樫本怜奈:橋本環奈 榊蒼汰:小関裕太 和田隼:瀬戸利樹 西園寺聖也:甲斐翔真 藤春昴:中尾暢樹 桐野玄:福山翔大 羽柴健太:中田圭祐 園田樹里:山田愛奈 小泉はるか:若月美実 関克美:前原滉 山本英司:栗原類 箕輪紀子:恒松祐里 野島芽衣子:工藤綾乃 久保田純哉:中島健 吉川絵美:三上紗弥 君津早苗:鈴木つく詩 井沢学:白石拳大 小宮山澪織:北村優衣 堂上真一郎:市川理矩 児玉力:小出水賢一郎 朝比奈優子:さいとうなり 荻野里未:宮下一紗 森聡志:安田啓人 加藤涼:神田稔 藤田陽太郎:東啓介 米村麗華:真崎かれん 佐々木萌香:駒形咲希 日野匠:宗綱弟 小山内夏生:戸苅ニコル沙羅 江崎大和:吉田仁人 水谷雫:山本彩加 津島愛:大森つばさ 安西桃子:河井つくし 渡辺望:中島来星 坂本紀人:黒澤胤也 鈴木みのり:宮本夏花 下部:中村獅童 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! 原作について 今回実写映画化された『シグナル100』は、宮月新原作、近藤しぐれ作画によるヤングアニマルコミックス(白泉社)連載の 漫画が原作です。 2015年から2016年まで連載された漫画で、『シグナル100』自体は全29話、4巻で完結しています。 現在は『シグナル100』のスピンオフとして宮月原作、Ryuki作画による『シグナル100零』が漫画アプリ「漫画Park」で配信中。 数ページ試し読みもできるので気になる方はぜひチェックしてみてくださいませ。 まとめ 以上が『シグナル100』の結末や生き残った生徒など、まるっとネタバレありでまとめでした。 人気コミックスを豪華キャストを迎えての実写映画化ともありかなり注目度が高い作品なので、ぜひ気になる方はみてみてくださいね! ではでは、映画を観るよー!という方も、やっぱりやめようかなぁという方も、良い映画ライフをお過ごしくださいませ。

次の

「シグナル100」4巻最終回・結末のネタバレと無料試し読み紹介

シグナル100 ネタバレ

そこで兄の恋人・峯岸ゆゆと再会することで、春哉の人生は一変し・・・? パニックデスゲーム「シグナル100」へと続く衝撃の前日譚!! 今回は白泉社・ヤングアニマルより 『シグナル100零』という漫画を紹介します! 原作は本編『シグナル100』と同じく宮月新さん、作画はRyukiさんです! 本作は 『シグナル100』に続く前日譚を描いたスピンオフ作品となっています。 その動画を見ただけで暗示を掛けられてしまい、禁止行動をしてしまうと自殺してしまいます。 例えば、催眠中に「チャイムを聴いたら自殺する」という暗示を掛けておけば、催眠から目覚めた後でもチャイムを聴いてしまうと自殺してしまいます。 しかも催眠術を受けた本人は何がキッカケで自殺してしまうか分かりません。 普段当たり前に行っている行動がトリガーになっている可能性があるので、迂闊に動くことが出来ません。 例を挙げると 「ペットボトルから水を飲む」「利き手で他人を触る」「右足から歩き出す」など。 何をするにしても自殺の恐怖に怯えなければならない状況に精神が崩壊していきます。 それがシグナル100と呼ばれる催眠です。 主人公の 春哉は突如行方不明になってしまった兄を捜し出す為に、兄と同じ大学に入学し、兄の恋人・ 峯岸ゆゆが寮母を務める寮へ入ります。 寮母は峯岸ゆゆという美しい女性で、寮生たちからも好かれていました。 新たに入寮した春哉を明るく迎えてくれた寮生たち。 しかし、夕食の時間になると春哉は寮生たちの行動に違和感を感じ始めます。 「コップを床に落とすなと言われているから重ねて持つな!」と怒鳴ったり、食事の際出されたビールを飲むことに躊躇したりと明らかに様子がおかしい寮生たち。 ゆゆはそんな彼らに対し、「大丈夫よ。 明らかにゆゆを怖がっている寮生たちを不審に思う春哉。 その時、一人の寮生が震えながら春哉に助けを求めます。 「僕たちはみんな・・・」 しかし、何か言いかけた瞬間、手に持っていたナイフで自分の首を刺し自殺してしまいます。 状況が理解できない春哉にゆゆは「今夜はホテルに泊まりなさい」と言います。 突然の出来事で状況を飲み込めない春哉。 しばらくしてみんなが部屋に戻った後、春哉が先程寮生が死んだ食堂を覗くと、警察が来たわけでもないのに死体がありませんでした。 床に落ちた血痕を辿っていくと、ある部屋に辿り着きます。 恐る恐る部屋のドアを開けると、その中にはさっきの死体がありました。 そして、その奥には行方不明の兄の死体が・・・! その場に固まる春哉の背後にはゆゆがいました。 ゆゆは春哉を部屋に閉じ込めて、ある映像を流します。 そうです。 この寮の学生たちは皆ゆゆに催眠動画を見せられていたのです。 シグナル10の呪縛から逃れるために、同じ屋根の下に暮らす人間同士が争います。 また、そんな絶望的な状況にも関わらず、寮生たちはゆゆに好意を抱いており、ゆゆを巡る争いも繰り広げられます。 自分たちを貶めた人間を好きになって取り合うなんて理解しがたいですね。 笑 もちろん欲と欲のぶつかり合いなので、デスゲームで定番である仲間の裏切りなども含まれています。 単純にエログロ描写が見たいだけなら、問題はないのでしょうが、ストーリーや設定云々は正直なかなかキツイものがあります!笑 まあこれが何巻もあるなら買うのにためらいますが、本作は1巻で完結するので、『シグナル100』が好きな人は読むべき作品だと思います。 気になった方は是非読んでみてください!.

次の