給与明細電子化 デメリット。 請求書の電子化 メリット・デメリット

[68]給料・賞与明細電子化のメリット・デメリット

給与明細電子化 デメリット

給与明細が必要な理由とは? 給与明細は、 企業が従業員に発行する、労働日数や基本給、税金についての内訳が記載された書面です。 企業に雇用されて働いた経験がある人ならば、一度は手にしたことがあるでしょう。 厳密にいうと労働基準法の範囲では、企業が給与明細を発行する義務はありません。 「賃金台帳を整備する義務」については明記されていますが、給与明細に関する記述は存在しないのです。 ですが実際のところ、ほとんどの企業が給与明細を発行しています。 その理由は、健康保険法や所得税法などの法律にあります。 健康保険法では「税金や保険料控除を行なった際、その計算の内訳を社員に通知すること」が義務付けられています。 それぞれの控除額 天引きされた金額 は、必ずすべての社員が把握できるようにしなければなりません。 また所得税法では、「給与等の金額その他必要な事項を記載した支払明細書を、その支払いを受ける者に交付しなければならない」という旨の記述があります。 つまり労働基準法上の義務はないとしても、保険料や税金についての発行・通知は各法律で定められているため、 企業は給与明細書を必ず交付しなければならないと考えるべきなのです。 給与明細の電子化とは?種類や普及率を解説! 給与明細の電子化とは、紙で発行している給与明細を電子ファイルに置き換えることです。 業務効率化やコストカットにつながる改善策として、近年注目を集めています。 給与明細の電子化は一般的に、人事労務ソフトを用いて行われます。 給与明細を電子化する方法は、主に3つに分類されます。 まずは 給与明細をPDFファイルなどで作成し、メールで配信する方法です。 紙に印刷し郵送するよりも、時間の短縮や紛失のリスクを減らすといったメリットがあります。 給与計算システムと連携し、決まったタイミングで自動配信する仕組みを整えれば、給与計算に関するさまざまな作業は大幅に削減します。 次に 従業員がシステムにアクセスし、Web上で給与明細を確認する方法です。 給与明細の電子化は、労務管理システムで行われることがほとんどです。 従業員はシステム上の自身のページにアクセスし、給与明細を確認します。 最後に CD-ROMなどの外部記憶装置に記録し、配布する方法です。 ただしこれは余計なコストがかかるため、一般的なやり方ではありません。 給与明細の電子化は、 今後さらに普及率が上昇していくと考えられます。 SmartHRが行なった調査では、人事労務ソフトの存在を認知している労務担当者のうち、およそ61. 今はまだ導入が進んでいない企業でも、労務手続きの自動化・効率化に積極的な姿勢を示していることが分かるでしょう。 給与明細の電子化は違法ではないの?同意しない社員への対処・強制は可能か法律を解説! 給与明細の電子化は法的にまったく問題ありません。 また保険料控除の計算を通知する義務についても、紙でなければならないという記載はされていません。 ただし一点、所得税法で定められた条件については注意が必要です。 所得税法第231条第2項では、「従業員からの同意が得られない限りは、書面で交付しなければならない」と義務付けられています。 つまり給与明細の電子化は「従業員が電子化に同意していること」が必須条件となるのです。 電子交付について具体的な方法やファイルの形式を示し、従業員に納得してもらう必要があります。 この条件を満たせない場合は、紙での交付を行わなければなりません。 この場合、労務担当者は書面と電子ファイルの両方で交付することになり、余計な手間がかかってしまう恐れもあります。 同意を得られない従業員に対して、 電子ファイルでの受け取りを強制することはできません。 もし拒否された場合は、その理由について詳しく話し合ってみることをおすすめします。 従業員の中には、電子ファイルでの交付のメリットや意図を正確に理解していない方もいるかもしれません。 また個人情報が関わる内容なので、セキュリティ面での不安を抱えている方もいるでしょう。 説明の機会を設けることで納得してもらえることもあります。 誠意を持って相手の考えを理解し、双方にメリットがある旨を正しく伝えるのがポイントです。 給与明細が電子化された場合、確定申告はどうする? 電子化された給与明細をプリントアウトしたものは、確定申告の書類として認められません。 確定申告の際の提出書類は、支払者から書面で交付された書類のみ認められるという決まりになっているからです。 これにはデータの改ざんを防ぐ目的があるようです。 そのため従業員が自身で確定申告を行う場合、企業に書面での交付を申請する必要があります。 企業はこの申請を拒否できません。 ただし 電子交付された源泉徴収票を用いて、e-Taxで確定申告を行うことは可能です。 e-Taxとはインターネットを通して税申告を行うシステムです。 所定のデータ形式であり、かつ電子署名が付与された源泉徴収票があれば、確定申告の添付書類として認められます。 給与明細の電子化のメリット、デメリットをまとめました! 給与明細の電子化のメリット、デメリットを、企業・従業員それぞれの視点から解説します。 企業のメリット まずは企業側のメリットについて解説します。 コストカット 書面で給与明細を発行すると、印刷代や郵送代などさまざまな費用が発生します。 一人あたりにかかる金額は少ないかもしれませんが、従業員の数が多くなるにつれて看過できないものとなるでしょう。 一方、給与明細を電子化すれば、 システム利用料以外の費用はかからなくなります。 給与明細書の発行費用は毎月の固定費です。 経費削減を望む企業にとっては、一度見直す価値があるでしょう。 セキュリティの向上 給与明細書は重要な個人情報であるため、厳重に管理しなければなりません。 書類を発行して郵送するプロセスには、紛失のリスクが潜んでいます。 従業員が給与明細を受け取れないという事態も考えられます。 その際書面での交付だと、そもそもプリントアウトできていないのか、郵送時に紛失してしまったのかを判断することは難しくなります。 一方、電子交付の場合、紛失や情報漏えいのリスクは最小限に抑えられます。 もしメールの送信先を誤ってしまった場合でも、パスワードがなければアクセスできないので、 トラブルにつながりにくいのです。 ただし、情報漏えいの可能性がゼロになるわけではありません。 社内のセキュリティ体制が万全であることが前提となります。 すべての従業員にリスクを認識してもらい、セキュリティ意識の向上に努めましょう。 データ管理が楽になる さまざまな手続きの場面で、労務担当者が従業員のデータを参照する機会は多くあります。 社会保険や年末調整手続きはもちろん、確定申告を行う従業員からの情報開示の問い合わせなどです。 これらの際も、情報とデータとして保存しておけば、即座に検索して必要な情報にアクセスできるでしょう。 業務効率の観点でみると、かかる手間や時間は紙の場合と比べ物になりません。 給与明細の電子化には、 労務担当者の負担を減らせるメリットもあるのです。 ヒューマンエラーを防ぐ 給与明細の電子化は、労務管理システムを用いて行います。 労務管理システムは 法改正などに素早く対応してくれるものも多く、給与計算や書類作成が自動で可能になるため、ヒューマンエラーの防止につながります。 業務をスピーディかつ正確に実施できるようになるでしょう。 従業員のメリット 次に従業員のメリットを解説します。 自分で管理する必要がなくなる 明細書を電子化すれば、 従業員が自ら保管しておく必要がなくなります。 システムで必要な時にアクセスすれば良いのです。 PDFデータをパソコンにダウンロードしておくこともできます。 うっかり紛失してしまう心配もありません。 時間や場所を問わず給与明細を確認できる 電子化した給与明細書は、パソコンやスマートフォンから閲覧できます。 多くのシステムはスマートフォンやタブレットに対応しているので、外出先からのアクセスも簡単です。 突然数ヶ月分の給与や社会保険の情報が必要になった際も、すぐに確認できるでしょう。 企業のデメリット 給与明細の電子化には、デメリットも存在します。 まずは企業側のデメリットを解説します。 従業員にしっかりと理解してもらわなければならない 法律に基づき、給与明細の電子化には 従業員の同意が必須となります。 一人ひとりに具体的な通知方法などを正確に理解し、同意をもらわなければなりません。 企業の都合を一方的に押し付けるだけでは、従業員からの不信感につながるでしょう。 PCの操作に慣れていない人にとって、電子ファイルの扱いは不便だと感じるかもしれません。 その場合は書面で発行しなければならず、工数や手間が余計にかかることも考えられます。 システムの導入が本当に自社にとってプラスになるのかを、事前にじっくりと検討する必要があります。 導入コストがかかる 給与明細電子化のためのシステムは、 初期費用とランニングコストがかかります。 一般的に、企業の規模や利用機能に応じて、料金は変動します。 システムによって料金は異なるので、費用対効果があるのかどうかは事前に検討しておきましょう。 従業員のデメリット 従業員にとってのデメリットを解説します。 プリントアウトが面倒 電子化により厳重に管理されているとはいえ、書面で保管しておきたいと考える従業員もいるでしょう。 自ら印刷したり、企業にその都度申請を行うのは、従業員にとっても余計な手間です。 自宅にプリンターがない人にとっては不便を感じるでしょう。 ITツールを所有していない スマートフォンやPCなどインターネットに接続される端末を持っていない人もいます。 また電子化された書類の閲覧方法が分からない人もいるでしょう。 ITツールを所有していない、あるいは操作に慣れていない世代の従業員には、結果的に不便を強いることになりかねません。 給与明細の電子化で企業が行うべき対応とは? 給与明細の電子化を行う際、企業は以下の対応を取らなければなりません。 従業員からの同意を得る 雇用契約を結ぶ際に、 給与明細の電子化について理解してもらうことは欠かせません。 新たに給与明細の電子化を行う際には、すでに働いている従業員と話し合う機会を設ける必要もあるでしょう。 閲覧方法の説明 具体的にどのような手順で給与明細を通知するのかを、従業員に説明します。 ITツールに不慣れな人が多い環境であれば、 マニュアルを整備しておくのも重要です。 セキュリティ意識の向上 電子化において細心の注意を払うべきなのがセキュリティです。 第三者が給与明細書を閲覧したり、書き換えたりする事態は絶対に避けなければなりません。 システムの導入前には、 ウイルス対策やデータのバックアップなどのセキュリティ環境を整備しておく必要があります。 給与明細電子化サービスの選び方を解説! 給与明細電子化サービスは以下の基準で選びましょう。 閲覧方式 電子化した給与明細は、 システムから従業員がログインし、Web上で閲覧する方式のものが多いです。 誰でも簡単に操作できるよう、シンプルな管理画面のシステムを選ぶと良いでしょう。 パソコンやスマートフォンからでも閲覧可能かどうかも重要です。 設定したタイミングで、従業員のメールアドレスにファイルを配信する形式のシステムを利用するのであれば、すべての社員のメールアドレスを厳重に管理しなくてはなりません。 従業員の年齢層やITリテラシーなどを考慮して選ぶことが大切です。 サポート体制 給与明細の通知を完全に電子化すると、万が一システムに不具合が発生した場合、業務に混乱をきたす可能性もあります。 メールや電話ですぐに対応してもらえるかどうか、サポートの有無も確認しておきましょう。 またシステムに慣れていない従業員から、「ログインできない」などの問い合わせが発生する事態も想定されます。 規模の大きな企業の場合、個別に対応するのはかなりの労力がかかるでしょう。 サポート窓口が用意されているシステムであれば安心です。 給与明細電子化サービスのおすすめ5選! 給与明細を電子化できるおすすめのサービスを紹介します。 人気急上昇、SmartHR SmartHRは、 近年急速に導入企業が拡大しているクラウド人事労務システムです。 入社手続きから年末調整まで、社内のあらゆる労務手続きをシンプルに実現します。 給与明細書はWeb上で発行でき、従業員が自分のページにログインすると閲覧可能です。 SmartHRは、柔軟な仕様が魅力です。 雇用形態によって支払い項目が異なるなどのイレギュラーな条件でも問題ありません。 年末調整は従業員がアンケートに答える形式で情報を入力すると、スピーディに手続きが完了します。 入社手続きも自動で書類を作成できます。 全社員の基本情報から過去の給与データまで、一台でまとめられるシステムと言えるでしょう。 全国で20,000社以上の導入実績があり、現在でも毎月1,000社のペースで導入されています。 シンプルなデザインが魅力、人事労務freee 人事労務freeeは、 日々の給与計算から労務管理までをトータルで行う労務管理システムです。 勤怠データを元に給与や税金をリアルタイムで計算すると共に、年末調整や保険、税金の手続きを簡略化します。 直感的でスタイリッシュなデザインが特徴的です。 支給額や控除額が、非常に見やすくまとめられます。 給与明細はWeb上で閲覧可能です。 ITツールに慣れていない従業員でも容易に操作できるでしょう。 格安でペーパーレスを実現、e-navi給与明細WEB e-navi給与明細WEBは、 低コストで給与明細の電子化を実現できるシステムです。 閲覧はWebとメール配信に対応しています。 Web版は、従業員一人あたり月額30円と格安で利用可能です。 賞与明細や源泉徴収票はオプションとして一人あたり10円で発行できます。 外部の給与計算システムなどを使って算出した給与データも、CSVファイル形式で取り込むだけで、給与明細として表示できます。 管理者側の操作も非常にシンプルに設計されています。 従業員はPC、スマートフォン、フィーチャーフォンから給与明細の閲覧が可能です。 コンサルティング企業が開発、Web給与明細システム Web給与明細システムは、 コンサルティング会社アクティブアンドカンパニーが提供する給与明細システムです。 適切でないデータの自動検知機能などが搭載されており、誤操作のリスクを最小限に抑えられます。 CSVファイルであればどんな給与計算システムからでもデータの取り込みが可能です。 給与計算から通知までの業務をシンプルに行えます。 自社に合わせてカスタマイズできる、給与奉行10 勘定奉行のOBC 給与奉行10は、 給与計算にまつわるさまざまな業務を細部まで徹底サポートしてくれる給与計算システムです。 給与明細はWeb・メールでの確認が可能で、メール配信の場合は支給日に自動配信できます。 データはMicrosoftのクラウドシステムAzure上に管理されており、堅牢なセキュリティも魅力的です。 また明細の項目は標準で40項目ありますが、最大60項目まで拡張することもできます。 自社の独自の手当に合わせて柔軟な対応が可能です。

次の

給与明細電子化・電子給与明細導入のメリット

給与明細電子化 デメリット

給与明細電子化は違法ではないの? 給与明細電子化とは、従業員への給与明細をWebやメール、PDFなどで電子化して公布することです。 電子的に給与明細を交付することは、平成18年度税制改正において認められ、平成19年1月1日から可能となりました。 法律で認められているのですから違法ではありません。 ただ所得税法では、電子化する場合従業員の「同意」があることを義務づけています。 電子交付する書類の名称、公布の具体的な方法(メールやWebなど)、ファイル記録方法(XML形式、PDF形式など)、交付予定日などを示して、1人ひとりから同意をもらいます。 もし、同意を拒否された場合は紙で交付しなければなりません。 参考: 給与明細の交付が義務ではない労働基準法 労働基準法では、給与明細の公布さえ義務づけていませんので、抵触することはありません。 賃金台帳を整備しておくだけでよいとされているので、給与明細は電子化やペーパーレス化しても何ら問題はありません。 管理部門のハードルとなる際の3つの問題点 現実では給与明細を電子化したいけど、実現できていない企業もあります。 給与明細の交付者である管理部門が給与明細電子化システムの導入にあたって考えておくべき事はなんでしょうか。 1.電子化しても紙明細を発行しなければならない可能性 給与明細電子化は企業のペーパーレス化を促進し、業務を効率化しますし、煩雑な作業をなくしコスト削減にもなります。 しかし、従業員が電子化に同意しない場合や、電子化したデータを受け取れない環境にある場合は、企業は、その人のためだけに書面で給与明細を渡す必要があります。 これでは書面と電子情報が混在してしまいかえって面倒になるでしょう。 2.情報漏えいの危険性 2つ目の問題点が、給与明細データの情報漏えいの危険性です。 これも多くの企業が危惧していることです。 インターネット上に給与明細という機密情報が残り、場合によってはその内容が盗み見られる可能性があります 給与明細データには 住所、名前、明細データはもちろん、扶養家族の情報や病休、育休の情報、勤続年数など入っています。 これらの個人情報が流出しないよう、万全なセキュリティ体制が必要です。 従業員に対しても、パスワードをわかりにくいものにしたり、頻繁に変更することを呼びかける必要があります。 しかし、紙で発行した給与明細を従業員が紛失した際にも、同様に個人情報の流出となってしまうので、一概に給与明細電子化システムの問題点とは言い難いでしょう。 3.社員の同意を得ること 3つ目の問題点が、給与明細の電子化の同意を得る手間があることと、同意しない社員がいる場合はその対応を行うことです。 従業員からの同意を得る手順は以下のようになります。 給与明細発行のルールを一元化できるよう、従業員全員から同意を得て、同意書を結ぶ手立てを考えましょう。 システムの内容、発行方法などを明記した同意書を用意• 従業員(被雇用者)にシステムや制度の説明をする• 従業員(被雇用者)に意思確認を行い同意書を得る 給与明細電子化システムを活用する場合には、明細発行画面の初回のログイン時に承諾書を表示し、「同意する」との意思確認ができる機能もあります。 従業員のハードルとなる2つの問題点 管理側が導入を決めても、従業員が給与明細電子化システムの導入に同意しないことがあります。 その理由と解決策を紹介していきます。 1.PC、携帯、スマホを持っていない PCや携帯、スマホを持っていないと、給与明細が電子化された場合見ることができません。 特に業務でPCを使わない企業の場合は、利用端末に関する従業員への調査を行う必要があるでしょう。 携帯電話やスマホを「みんな持っているだろう」と決めつけないことが大切です。 もし、いずれも持っていない社員がいる場合には、管理者が印刷して手渡しできる機能がある給与明細電子化システムを選べば、問題は解決します。 2.家族への給与共有が面倒になる 給与明細は、受け取る当事者だけでなく、その家族も関係します。 給与明細を受け取ったら家族に渡すことを習慣としている方の場合、給与明細が電子化するとプリントアウトして渡す必要があるので面倒に感じ同意しない可能性があります。 IDとパスワードを家族で共有できる給与明細電子化システムを選べば、Web上で閲覧も可能です。 丁寧に説明するとよいでしょう。 給与明細電子化に同意しない従業員との向き合い方 以下の方法を参考に従業員からの給与明細電子化の同意を得て、システムを導入してみましょう。 従業員が給与明細電子化のメリットを理解するように努める 給与明細電子化のメリットを従業員も理解できるように、以下のようなポイントを伝えるとよいでしょう。 シュレッダーをかけて処分するのも手間になります。 しかし、電子化することで過去のデータも含めていつでも閲覧できます。 また、データ化されるため保管のための物理的なスペースも必要ありません。 データの管理が非常に簡単・スマートになるのです。 給与明細の紛失は場合によっては個人情報の流出にもなりかねないため、扱いには注意が必要です。 しかし、電子化された場合、データ化されているので物理的な紛失を防げるだけでなく、誤配布により同僚に明細を見られてしまうリスクもなくなります。 また、実際に導入を検討しているシステムがある場合は、そのデモ画面や、導入事例を共有して具体的なイメージを持ってもらうことも有効です。 同意しない理由を掘り下げてみる コミュニケーションを蜜にとり、なぜ同意しないのかの理由と向き合ってみましょう。 もしかしたら、解決できる手段があるかもしれませんし、向き合ってくれたことから誠意を感じ、同意してくれるかもしれません。 「同意しない」問題を解決し給与明細電子化をスムーズに行おう 給与明細電子化を実現するためには、従業員の同意が必要です。 交付者である会社と受給者である従業員の双方が、給与明細電子化について理解を深めてから導入をおすすめします。 製品の理解を深める為にまず初めに製品の資料を見たり、提供会社の事例を確認してみるとよいでしょう。 新着記事• 給与明細を電子化し、Webで閲覧できるようにするこ... 毎月の給与明細を、PDF、メール、Webサイト上など... 給与明細電子化とは、従業員への給与明細をWebやPD... 通常はただの明細書としての役割に過ぎない給与明... 紙による給与明細の発行・配付は企業にとって業務... 発行・配送・管理に多大なコストがかかる給与明細... 給与明細電子化にはさまざまなメリットがあります... 給与明細は専用のソフトがなくても作成できます。... 発行済みの給与明細を「再発行して欲しい」と言わ... 給与明細電子化システムは、会社・従業員の双方に...

次の

給与明細が電子化してる方どれだけいますか?メリットはありましたか...

給与明細電子化 デメリット

給与明細電子化は法的にどうなの? 結論からいうと法的にはOKです。 以下に給与明細に関わる法律をまとめました。 (給与明細交付の記載なし)• (「紙」の記載なし)• つまり、従業員が電子化に同意していることが前提になります。 電子化に移行したとしても過半数の従業員が紙の給与明細を望めば、必ず紙で交付しなければならないので意味がありません。 紙から電子化へ移行する際は事前に多くの従業員が納得しており、給与明細を印刷できる環境が必須であるといえます。 従業員の同意(希望)がなければ電子化の恩恵を受けることができないのです。 そこで、トラブルを未然に防ぐために同意書を取得する必要があるといえます。 同意書だけでなく、従業員にペーパーレスのメリットを周知することや電子化について会社内で話し合うことも必要ではないでしょうか。 現在、スマートフォンやパソコンを利用していないという人は少数派ですが、会社としてはネット環境のない従業員へ個別対応を考えなければなりません。 ネット環境があったとしても、Web上の操作が不慣れな従業員や紙の給与明細が良いという従業員も存在しうえます。 Web給与明細のマニュアルや社内対応。 そして、紙での交付を希望する従業員のために、印刷できる環境を整えておく必要があるでしょう。 近年、急速なIT社会への変化と伴い、情報漏えいやデータの改ざんのニュースを多く耳にするようになりました。 給与明細も大切な個人情報です。 第三者へ給与の情報が漏れたり、金額を意図的に改ざんされたりすることは決してあってはなりません。 ウイルス対策、不正侵入の対策、社内での管理ルール、バックアップ等々さまざまなセキュリティ対策が必要になります。 従業員が社外でも自由に閲覧できる場合は、ひとりひとりのセキュリティ意識や注意事項の呼びかけも要するでしょう。 ほとんどの会社の場合、他社開発のWeb給与明細システムを導入(購入)することになります。 現在の給与計算に対応しているか、運用中の会計システムとの互換性はあるかなどの問題があります。 つまり、自社にあったWeb給与明細システムを選定しなければなりません。 どのシステムが適切であるかは会社によって変わるので一概にはいえませんが、給与明細を印刷できること、従業員が使いやすい・見やすいこと、システム導入によってコストが下がることは必須条件といえます。 毎月送られてくるたびに郵便物の中から探したり、明細書を整理したりする必要もありません。 また、家に届いた封筒を他人に勝手に見られることもなく、個人のIDとパスワードを入力してログインをするので、プライバシー保護の向上にもつながるでしょう。 さらに、電子データならば過去の明細を確認することも容易いですし、スマートフォンひとつあれば、いついかなる場所でも好きな時間に見ることができます。 紙媒体ならば明細をなくしてしまったり、配達ミスで届かなかったりする場合があります。 また、届け先によって明細が到着する日程も変動してしまいます。 従業員からの再発行の要望や正しい宛先に送付されたかの確認を受けなくてもよくなります。 紙媒体なら起こりうえた「再発行のリスク(コスト)」を心配しなくてもよいのです。 また、紙媒体を管理するためには電子データよりも人の手を要します。 実体がある分、管理・作業スペースも要しますし、人件費が浮くと同時にヒューマンエラーの低減にもつながるでしょう。 人件費削減の項目でも話しましたが、印刷から投函までの作業はカットされ、給与明細計算から従業員に交付されるまでの時間が大幅に短縮されます。 給与明細の確認作業・廃棄作業もデータ化すれば紙よりも作業時間は短くなるでしょう。 また、給与明細にとどまらず、人事データや給与計算、源泉徴収票等も電子化し、同様のシステムで管理できるようにすれば、給与業務全体の一元化が望めます。 さらに、ネットバンキングを利用すれば振込業務まで行うことができ、飛躍的に業務効率が向上すると考えられます。 つまり、従業員個人の考えに依存してしまうのです。 「従業員ひとりひとりが給与明細の電子化のメリットを理解すること」、「従業員全体が使いやすい・見やすいWeb給与明細システムを導入すること」などが重要となってくるでしょう。 Web給与明細システムを導入するには、まず会計システムの導入も考えなければなりません。 給与業務の一連を電子化することで、業務の効率の向上を望めますが、どの書類を電子化し、どの書類を紙媒体で扱うのかを、細かく取り決めなければなりません。 年々電磁的記録の要件は緩くなっていますが、電子保存が認められない書類や保存の仕方などを今一度確認しなければならないでしょう。 紙媒体のときも誰かが持ち出したり、送付・配達ミスが生じたりした場合、情報漏えいの危険性がありました。 しかし、電子化しWebに公開するとなると、被害の規模は格段に広がるといえます。 一度、不特定多数がアクセスできるネット上に、データを漏えいしてしまったら永久に消えることはないのです。 また、データの改ざんも懸念しなければなりません。 電子データの改ざんは紙よりも容易といえます。 担当者が入力業務時に改ざんしたり、第三者が不正アクセスをして改ざんしたりなど人物や手法もさまざまです。 これらのリスクを低減するため、大切なファイルにはパスワードや電子署名を付すことが有効だと考えられます。 電子化に同意したくない従業員はどうすれば良いの? 所得税法により紙で交付してほしい場合は、会社へ請求することができます。 Web請求明細を導入したとしても、自分で印刷する方法もあります。 しかし、ペーパーレス化の動きをみせている社会では、今後もあらゆるものが電子化になると予想されます。 業務の一元化を目指すためにも電子化への理解は大切だといえるでしょう。 nta. htm)としています。 交付者(会社側)から交付を受けた書面でなければなりません。 ネット上では、提出できる・できないの双方の情報が流れていますが、法律上は認められません。 憶測ですが提出できたという情報は嘘ではなく、会社が交付した紙か自分で印刷した紙かの判断がつかなかったのだと予想されます。 e-tax. nta. e-Taxで確定申告を行う場合においては、電子交付された源泉徴収票を資料として提出できるということになります。

次の