さいたま市 宿。 さいたま市のホテル

さいたま市のホテル

さいたま市 宿

地理 [ ] さいたま市桜区北西のに位置し、の堤外付近は境界が入り組んでいる。 地区の東側をや、南側をや、西側を、北側をと接する。 荒川河川敷周辺の塚本付近に 由来のが一か所ある。 全域がである。 西部は主にとなっており、東部の沿いでは宅地化が進む。 地区の中央部や鴨川周辺はである。 地内の荒川堤防ではさいたま築堤事業によって、堤防のかさ上げ工事が実施されている。 荒川河川敷内はおよび農地である。 宿宮前遺跡があり 、古くから古瓦が出土することで有名だったが、(58年)と(3年)の発掘調査で、後期からの住居跡が発掘された。 また、大久保浄水場が建設されたあたりには大久保条里遺跡などの遺跡があり、建設前に大規模な調査が行われた。 小字 [ ]• 宮前 、深町、久保堀、神子田、四十堀、土堀 歴史 [ ] もとはより存在した植田谷領に属する宿村であった。 村高は「田園簿」では276石余、「元禄郷帳」では302石余、「」では318石余。 は中山道大宮宿に出役していた。 の世帯数は32軒で、村の規模は東西22、南北4町余であった。 観音寺には(2年)8石の()がされていた。 地名は町のように軒を連ねていて賑わっていた事が由来と云われている。 発足当初は、年間(1645年〜1648年)頃よりは浅岡氏となるが、後に幕府領に戻る。 なお、は年間(1624年〜1645年)に実施。 (12年)より旗本小笠原氏および幕府領、(享保16年)より知行は旗本小笠原・伊奈氏による相給、および幕府領。 なお、持添新田は幕府領である。 (4年) - により埼玉県の管轄となる。 (明治6年) - 観音寺の境内を仮用して宿村学校(現、)が開設される。 (明治12年) - により成立したに属す。 郡役所は浦和宿に設置。 (明治22年) - 施行に伴い、宿村は北足立郡上大久保・下大久保村・五関村・植田谷領領家村・植田谷領在家村・塚本村・白鍬村・神田村・植田谷本村新田の一部と合併 し、になり大久保村の大字 宿となる。 (30年) - 大久保村がとともにへ編入され 、浦和市の大字となる。 (昭和43年)4月 - 地内にが建設され、供用を開始する。 (昭和44年)• 3月 - 地内に「おおとり幼稚園」が開園する。 - 大字在家、宿、五関の各一部と大宮市島根の一部から浦和市昭和が成立。 浦和市在家・宿・五関の各一部が大宮市へ編入される。 (昭和45年) — 大字島根の一部、前年編入された浦和市大字在家、宿、五関の各一部から大宮市大字が成立。 (元年)4月 - 浦和市・与野市荒川総合運動公園(現、)が開園する。 (平成13年) - 浦和市、大宮市、が合併しとなり、さいたま市の大字となる。 (平成15年) - さいたま市がに移行し、さいたま市の大字となる。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 宿 284世帯 607人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 番地 小学校 中学校 全域 交通 [ ] 地内に鉄道は敷設されていない。 方面へのバス路線があり、宿バス停がある。 道路 [ ]• 地域 [ ] 寺社・史跡 [ ]• 大久保神社• 浄土宗観音寺• 阿弥陀堂 施設 [ ]• 特養ホーム彩歳苑• 介護老人保健施設ファインハイム• おおとり幼稚園• 宿自治会センター• 脚注 [ ] []• さいたま市 2017年9月5日. 2017年9月20日閲覧。 2017年9月29日閲覧。 総務省. 2017年5月29日閲覧。 外部リンク節の『さいたま市地図情報』を参照。 荒川上流河川事務所. 2019年9月26日閲覧。 1388頁。 1420頁。 - 認定こども園おおとり幼稚園ホームページ. 2019年12月13日閲覧。 918頁。 958頁。 - さいたま市. 2019年9月16日閲覧。 さいたま市 2017年8月23日. 2017年9月20日閲覧。 参考文献 [ ]• 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。 : 、。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - さいたま市• - さいたま市.

次の

大宮・浦和・川口・上尾のホテル・旅館 宿泊予約 【楽天トラベル】

さいたま市 宿

地理 [ ] さいたま市桜区北西のに位置し、の堤外付近は境界が入り組んでいる。 地区の東側をや、南側をや、西側を、北側をと接する。 荒川河川敷周辺の塚本付近に 由来のが一か所ある。 全域がである。 西部は主にとなっており、東部の沿いでは宅地化が進む。 地区の中央部や鴨川周辺はである。 地内の荒川堤防ではさいたま築堤事業によって、堤防のかさ上げ工事が実施されている。 荒川河川敷内はおよび農地である。 宿宮前遺跡があり 、古くから古瓦が出土することで有名だったが、(58年)と(3年)の発掘調査で、後期からの住居跡が発掘された。 また、大久保浄水場が建設されたあたりには大久保条里遺跡などの遺跡があり、建設前に大規模な調査が行われた。 小字 [ ]• 宮前 、深町、久保堀、神子田、四十堀、土堀 歴史 [ ] もとはより存在した植田谷領に属する宿村であった。 村高は「田園簿」では276石余、「元禄郷帳」では302石余、「」では318石余。 は中山道大宮宿に出役していた。 の世帯数は32軒で、村の規模は東西22、南北4町余であった。 観音寺には(2年)8石の()がされていた。 地名は町のように軒を連ねていて賑わっていた事が由来と云われている。 発足当初は、年間(1645年〜1648年)頃よりは浅岡氏となるが、後に幕府領に戻る。 なお、は年間(1624年〜1645年)に実施。 (12年)より旗本小笠原氏および幕府領、(享保16年)より知行は旗本小笠原・伊奈氏による相給、および幕府領。 なお、持添新田は幕府領である。 (4年) - により埼玉県の管轄となる。 (明治6年) - 観音寺の境内を仮用して宿村学校(現、)が開設される。 (明治12年) - により成立したに属す。 郡役所は浦和宿に設置。 (明治22年) - 施行に伴い、宿村は北足立郡上大久保・下大久保村・五関村・植田谷領領家村・植田谷領在家村・塚本村・白鍬村・神田村・植田谷本村新田の一部と合併 し、になり大久保村の大字 宿となる。 (30年) - 大久保村がとともにへ編入され 、浦和市の大字となる。 (昭和43年)4月 - 地内にが建設され、供用を開始する。 (昭和44年)• 3月 - 地内に「おおとり幼稚園」が開園する。 - 大字在家、宿、五関の各一部と大宮市島根の一部から浦和市昭和が成立。 浦和市在家・宿・五関の各一部が大宮市へ編入される。 (昭和45年) — 大字島根の一部、前年編入された浦和市大字在家、宿、五関の各一部から大宮市大字が成立。 (元年)4月 - 浦和市・与野市荒川総合運動公園(現、)が開園する。 (平成13年) - 浦和市、大宮市、が合併しとなり、さいたま市の大字となる。 (平成15年) - さいたま市がに移行し、さいたま市の大字となる。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 宿 284世帯 607人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 番地 小学校 中学校 全域 交通 [ ] 地内に鉄道は敷設されていない。 方面へのバス路線があり、宿バス停がある。 道路 [ ]• 地域 [ ] 寺社・史跡 [ ]• 大久保神社• 浄土宗観音寺• 阿弥陀堂 施設 [ ]• 特養ホーム彩歳苑• 介護老人保健施設ファインハイム• おおとり幼稚園• 宿自治会センター• 脚注 [ ] []• さいたま市 2017年9月5日. 2017年9月20日閲覧。 2017年9月29日閲覧。 総務省. 2017年5月29日閲覧。 外部リンク節の『さいたま市地図情報』を参照。 荒川上流河川事務所. 2019年9月26日閲覧。 1388頁。 1420頁。 - 認定こども園おおとり幼稚園ホームページ. 2019年12月13日閲覧。 918頁。 958頁。 - さいたま市. 2019年9月16日閲覧。 さいたま市 2017年8月23日. 2017年9月20日閲覧。 参考文献 [ ]• 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。 : 、。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - さいたま市• - さいたま市.

次の

さいたま市/緑区三室南宿地区の町名地番変更について

さいたま市 宿

平成25年9月21日より、緑区三室南宿地区において、町字界及び地番が変更されることとなりました。 これにより、住所等がどのように変わるのか、また、どのような手続きが必要になるのか等について、ご案内します。 これまでの経過 平成18年12月5日より施行されている「さいたま市三室南宿土地区画整理事業」が完了することとなりましたが、事業完了後も従前の町字界を残したままにしておきますと、土地の維持管理に支障をきたしてしまいます。 そこで、区画整理の完了に合わせ、整備された道路境界により町字界を変更するとともに、一部地区については大字三室から松木一丁目へ編入することといたしました。 なお、新しい町字界につきましては、区画整理施行者(組合)と協議のうえ、平成24年6月市議会での審議を経て決定しております。 新しい住所等の表示 1.住所 大字三室• 実施前 336-0911• 実施後 (変更なし) 松木一丁目(下図斜線部)• 実施前 336-0911• 実施後 336-0918 (補足)変更後の住所が大字三室の方につきましては、地番(番地)のみ変更となります。 (補足)皆様の住所等がどちらに該当するかにつきましては、 お手元の「住所変更通知」をご参照ください。 住所変更等の手続きについて 住民票などは市が職権にて書き換えいたしますが、自動車運転免許証など、皆様自身で住所変更等の手続きを行っていただくものもあります。 また、不動産登記につきましては、表題部(町字名・地番)は法務局が職権にて書き換えいたしますが、権利部(甲区・乙区)に記載されている住所につきましては、権利者自身で住所変更の手続きを行っていただくこととなります。 (補足)保留地の取得にかかる所有権保存登記につきましては、区画整理施行者(組合)にお問い合わせください。 手続き及び連絡先等を一覧にまとめた 「住所変更実施の手引き」を作成し、お住まいの方へ配布いたしましたので、手続きの際にご活用ください。 (下記のリンクからダウンロードいただくことも可能です。 ) なお、 各種手続きに必要な「住所変更証明書」は、各区役所区民課、支所及び市民の窓口にて、無料で発行いたします。 (補足)詳しくは、緑区の各担当課・取扱機関へお問い合わせください。 (補足)これら以外の健康保険証、許認可証、預金通帳、クレジットカード等をお持ちの場合は、それぞれの機関等にお問い合わせください。 また、勤務先等への連絡もお願いします。 その他• 町内会・自治会の区域について 町内会・自治会は、その地域の皆様が自主的に組織、運営しているものです。 今回の住所変更に直接関係するものではありませんので、今までどおりの運営で差し支えありません。 通学区域について 今回の住所変更によって、通学区域が変わることはありません。 関連情報• police. pref. saitama. html• mlit. html• keikenkyo. html• moj. html 関連ダウンロードファイル.

次の