メガルカリオ カイリュー。 アニポケ新無印・ついにコルニが再登場しました!

ポケットモンスター サン&ムーンで『ルカリオ』が話題に!【アニポケ】

メガルカリオ カイリュー

クリスマス頃から使い始め、大晦日に2100チャレを2回するも失敗。 その後はマンダ入りの構築がジワジワと数を増やしてきて解散となった。 最終日までこの並びで戦っていたが、が絶望的に厳しく勝ちきれなかったために解散。 でももも十分に強かったし、また別の構築で使ってみたい。 パーティー紹介 H215 252 A133 4 B187 252 D92 S67 性格:腕白 ・HBぶっぱ 余りA ・物理受け。 砂とゴツメで物理アタッカーを削り、 やの射程圏内に入れるのが役割。 ・選出誘導性能も高く、相手の初手は高確率でに強いから出してくるので、相手の選出を推測しやすくなる点もGOOD! ・ の相手をするときはとセットで選出するのがオススメ。 最悪が怯んでもゴツメスリップを2,3回稼げればで殴って倒せるのでリスクを減らせる。 こうした少しの工夫での選手率を高められるので積極的に狙っていきたい。 性格:陽気 H146 4 A197 252 B108 S180 252 ASぶっぱ余りH ・相棒で構築のエース。 主に崩しと終盤のフィニッシャーを担当。 耐久は低めでも有利対面を作れたときの爆発力はかなり高いので、味方でサイクルを回して の行動回数を増やしてあげることが何より大切。 ・ サイクルを回す前提なので、積み技よりは技範囲を優先してフルアタ。 冷凍Pと神速があることで役割範囲が広がって選出率が上がって良かったと思う。 ・新規習得のコメットパンチは 安易な後出しゲンガーを許さない点、特防を下げない点が強いと感じた。 ただし、ラスターカノンだと止めにくる物理受けを突破できるようになるため一長一短。 ・は耐久が高くないため雑に扱うと弱いですが、丁寧に扱うことを心掛ければ心強い味方だと思います。 性格:意地っぱり H191 196 A204 252 B115 D120 S108 60 H 16n-1 A ぶっぱ S 4振り抜き ・いつもの鉢巻き。 このパーティーの崩し担当。 神速でやを無理矢理処理する役割も担っている。 昔のみたいで爽快。 ・最後の技に炎Pが入っているが、ここの枠はフェアリーに通る や、構築単位で呼びやすいレヒレに刺さる 雷P、相手に面白い立ち回りができるようになる 馬鹿力でもよかったかもしれない。 ・このパーティーはサイクルは回すが受けサイクルではないため、 受けきれないと判断したらの2体で神速連打して強引に潰すのも有効。 攻撃は最大の防御。 が誘うに強いことが多いので、初手に出してそれらを向かい打つ。 ・ボルチェンからやを展開して攻める動きが理想的で強かった。 こういう耐久に厚いは エースと組ませるのがオススメ。 ・草結びは地面タイプを分からせることができ、 次からボルチェンの1貫を作って有利にサイクルを回せるのが便利だった。 ・の流行でが少なく、そもそもオボン持ちも少ないので調整は変えてもよかったかもしれない。 性格:臆病 H147 A103 B88 4 C155 252 D91 S191 252 CSぶっぱ余りB ・ 最近では珍しいラム持ち。 構築の穴を埋めながらを誤魔化せるを探して辿り着いた。 構築全体で不足気味のスピードを補い、カスタマイズ性能も高いため第2のエースとしても活躍してくれた。 ・技構成は、 コンセプト上のを空かせる影打ち、マンダやを倒せる冷凍ビームは確定。 残りは の天敵に撃てる悪の波動、 を神速圏内に入れながらにも刺さる草結び。 影打ちは上手く使えば膝を空かすことができて、まさにって感じだった。 ・ラムを持つことでに起点作りをさせなかったり、不慮の事故にも対応できるのが良い点だったと思う。 火力は足りないと感じる時もあるが、 先制技や砂・ゴツメのスリップダメージ、あくまで裏の圏内に押し込めばOKという意識からほとんど気にならなかった。 ・シーズン中盤以降上位レートで数を増やしていたマンダ軸に強く出られる点、の役割対象であるポリ2を誘う点は評価ポイント。 もっと速く使ってればなぁ… 後悔 性格:穏やか H204 252 A108 B123 C127 D168 252 S82 4 HDぶっぱ残りS ・D方面に厚い。 テテフに対して安定させたかったのでHDぶっぱ。 構築の補完としてとセットで投入。 他の鋼枠と比べて 不毛な択が発生しなかったり、4倍弱点がなく不意に役割破壊されづらく非常に使いやすかった。 ・技構成はヘビボンと鋼への打点になり不足している炎打点を補う火炎放射。 リザを後出しされるのがウザすぎたためにそれを咎める岩雪崩。 雪崩があるおかげでリザ入りの構築にも選出を渋らなくて良くなるのは高評価。 というかリザとテテフが共存してる構築が多すぎて雪崩がないと選出できなかった。 毒はを選出できない場合のポリ2崩しの手段。 宿り木を採用していないが、抜ける技がないし、 技範囲を広げて毒の通る相手を増やした方が強いと思うので不便はなかった。 ・安定してを受け止めてくれ、の誤魔化しまでできて頼れる存在だった。 ・最終日に急遽構築に入ってきたので仕方ないですが、穏やかにしたせいで雪崩でリザを確1にできないガバカバっぷり。 まずはS7お疲れ様でした!結果はこんな感じでした。 今期は割と早い段階から調子が良く、最高レート更新を狙っていました。 が、年明けあたりから環境の変化に置いていかれ、思うようにいかない苦しい時期が長いシーズンでした。

次の

アニポケ25話「命爆発バトルフェス!VSメガルカリオ!!」感想、カイリューとルカリオの熱いバトルに惚れ惚れ(*´ω`*)

メガルカリオ カイリュー

と同じモーションを取りながらワザの指示を出す彼女の癖もそのままで感激でした! ジム戦のときに使っていたがに進化していたところにコルニの成長を感じました。 サトシのリオルとも絡んでくれて嬉しかったです。 コルニがちゃっかりリオルに自分の応援頼んでたのには笑いました。 同じくちゃっかりバトルに参加しようとしてたとリオルのコンビにもまた笑わせてもらいましたww リオルが進化するのかどうかはわからないけど、もし進化した暁にはまたコルニと会って欲しいです。 贅沢を言うならばゴウとの絡みも見てみたかったかな~という気もします。 ジト目コルニちゃん可愛い。 コルニクラスでも1001位なのか…。 ワールドチャンピオンシップスの上位は本当に四天王チャンピオンレベルじゃないと入れないとか厳しすぎるっしょ! ダンデ・キバナ・ワタル以外のマスターズ8が誰なのか…ものすごく気になります。 肝心のバトルの内容はというと、まずサトシのゲンガーがほぼ何もできずにやられてしまったのが残念でした。 クチバジム戦 代理リーダーだったけど で活躍した反動なのか…? の「ボーンラッシュ」を受けたときは「特性が浮遊のままだったなら…」とつい思ってしまいました。 まあ今回はを目立たせる試合だったのでしょうね。 いつかまたゲンガーの活躍が見られることに期待です。 のバトルシーンは戦以来?公式戦は初めてだったかと。 積み技である「」を利用して相手の攻撃を受け流すのはサトシらしい戦法だと思いました。 補助技を補助技だけで終わらせないトンデモさ…嫌いじゃないです。 ASを2段階上昇させたでコルニのもも撃破しちゃうとは流石600族。 勝利したあと、サトシをハグした勢いあまって押し倒しちゃってるが可愛かったな。 ・ドラゴンクロー・ぼうふう・との技すべて判明しましたね。 「」は某ドラゴン使いリスペクトかな? コルニのほうも「とんぼがえり」を使用するといったジム戦ではできない戦法を披露してくれて良かったです。 する際の「命爆発!」シーンは迫力満点、まさに圧巻でした。 そしての強さも相変わらず。 の「ボーンラッシュ」好きだわ…武器がパッと生成されるのが最高にクールだと思う。 「」で「ぼうふう」を吹き飛ばしたのにはビックリしました。 あれ観客も1人吹っ飛んでたよね…。 地味にコルニのおじいちゃんも再登場してて驚き。 中の人が変わってるのは…致し方ないですね。 あとキャストクレジットが「オヤジ」だったのには超ツッコミたくなりました。 ちゃんと「コンコンブル」という名前がついてるのに…。 しかしてっきり再登場するのはコルニだけかと思ってました。 この調子で他の過去キャラも安売りしない程度に再登場していってくれればいいなと思います。 最後に新無印のコルニちゃんの画像をまとめてみました。 スポーティ美少女コルニの可愛さは不変! whiteheki.

次の

ルカリオ/対戦

メガルカリオ カイリュー

メガシンカしたことにより体は一回り大きくなり たかさ1. 3m、おもさ54. 5kg 、外から流入したメガシンカエネルギーと体内のパワーが混じり合った影響で、ルカリオ時にもあった金属質の黒い部分が流れる模様となって身体の随所を走るようになった。 特に力の集中する、長くなった頭部の黒い帯状の器官や、トゲが追加された両手両足の先端はより強固となって赤く変色。 胴体部分の黄色い体毛も増量された逆立つものとなり、尻尾も腰回りの毛に覆われて見えなくなっている(中にメガシンカ前と同じ尻尾が埋もれているだけで尻尾から毛が生えている訳ではない)。 冷静沈着なメガシンカ前から一転、爆発的に高まった闘争本能によって体中の全神経が外敵への戦いにのみ向かうようになり、その衝動を制御出来ない未熟者は非情な戦いをする狂暴な存在へと変わるという。 ストーリーの流れの関係上、XYでは主人公が最初に戦わせる事となるメガシンカポケモンでもある。 この件に関しては使い手のジムリーダー『』を参照。 これによりメガシンカ前と違い物理寄りの能力に変化したものの、メガシンカ前同様微々たる差である為引き続き物理・特殊・両刀どの型でも十分戦える。 超激戦区である素早さ90族から素でを抜ける112族になったのも大きい。 6世代ではメガシンカ前の素早さが初手に適応されるため対策として登用してもそのまま返り討ちと言う状況も珍しくなかったが、7世代では仕様変更の恩恵を大きく受け初手から112で動く事が出来るようになった。 防御もある程度上昇しているが、 特防に関してはそのままなのが気がかりなところ。 攻撃の数値は他のメガシンカ格闘勢と比べると控えめだが、代わりに特性が「」に変化する。 物理技は 「」・「」・「」・「」、特殊技は 「」・「」・「」と高威力技が揃っているのも大きい。 先制技だけでも 「」・「」が対象になるので物理と特殊のどちらでも先制技にも困らない。 メガシンカ直後の素早さ補助にも役に立つ。 また、 「」・「」のおかげでさらに火力を跳ね上げられる。 要するに 受けに回ると非常に厄介な火力を備えているのである。 よく組まれるポケモンとしては、、、、、など 特に前者2体を組み合わせた通称「 カバルカイリュー」と呼ばれる並びが主に6世代で名を轟かせた。 攻撃範囲、耐性面で相性が良い事から裏選出用としてがXY問わず控えている事も多い。 欠点はメガシンカポケモンにしては低めの耐久、特にやはりメガシンカ前と全く変わらない特殊耐久。 弱点の特殊攻撃を受けるとコロッと落ちてしまう為、この点は用心したいところ。 物理耐久は前述通り上がるので不一致弱点位なら耐えたりする場面もあるが クラスの火力だと等倍すてみタックルで一撃で倒されるので過信は出来ない。 また素早さにもやや難がある。 メガルカリオの112という数値は確かに高いのだが上には更に上が多く存在し、前述したメガボーマンダもそうだが、 、、、といずれも強豪が揃ってしまってるのが難点。 勿論メガルカリオの耐久では等倍、及び弱点技は受けきれずそのまま上から撃墜と言う事も決して珍しくない。 ルカリオ自身素早さ関連で汎用性を損なわないような有用な積み技を習得しないのも痛い。 こだわりスカーフやかそく等の要素による奇襲にも弱く、特に、を無効化するスカーフ持ちにはほぼ手も足も出ない。 と言ったように、控えめな耐久からなる脆さによる運用の難しさがメガルカリオを扱う上での大きな課題となるだろう。 幸い火力面においては 積めば半減だろうが後出しから出てくるポケモンを返り討ちに出来る程の火力を持ち合わせるため上手く立ち回り、状況を噛み合わせる事がとにかく大事。 でのメガルカリオ 最新作に登場。 ルカリオがを取得し、を発動させるとこの姿になる。 発動時に「 波導最大!! 」ということからもわかるように、この状態では 蓄積ダメージに関わらず波導の影響が常に最大になる。 ただし、 状態となるだけで無敵にはならないので注意。 では前々作における切りふだである「はどうのあらし」が復活したことに伴い、お役御免になった……かに思われたが、なんと メガルカリオの姿になってこの技を放つという演出により無事続投。 しかも、 波導補正が最大になるという点もそのまま受け継いでいるため、以前よりもフィニッシュを決めやすくなっている。 関連イラスト.

次の