肋骨 ひび 全治。 肋骨のひびは放置するしかない?病院へ行かなくても自然治癒するもの?

肋骨のひび・骨折について

肋骨 ひび 全治

肋骨(ろっこつ)について 肋骨(ろっこつ)は別名で「あばらぼね」「あばら」などとも呼ばれていますよね。 肋骨(ろっこつ)とは胸郭を構成する骨のことをいいます。 肋骨という名前は、骨質からなる肋硬骨と軟骨質からなる肋軟骨の総称なのだそうです。 人間の肋骨は全部で24本あります。 左右両側に12本づつあり、うち上部7対(第一肋骨〜第七肋骨)は脊柱からからだの両側に湾曲して胸骨に付着し(完全に胸部を覆っている)、下部の5対(第八肋骨〜第十二肋骨)は短くて胸骨と接しておらず、前端は遊離しています。 では肋骨の働きは何なのでしょうか?肋骨は胸部の器官を保護する役割や呼吸運動を調整するなどの役割があります。 ほとんどの脊椎動物(せきついどうぶつ)には肋骨があります。 肋骨はとてもひびの入りやすい折れやすい骨 肋骨はちょっとしたことでもひび(ヒビ)や骨折のしやすい骨だといわれています。 転倒したりすることになどにより胸部を打撲または強く圧迫したときなどに肋骨が骨折したりひび(ヒビ)が入りやすかったりするのですが、咳(せき)をしすぎたり、ゴルフのスイングをしすぎたときなどにも起こることがあります。 それは弱い力が繰り返し同じ部位に加わることにより、骨にひびが入ってくることがあるのです。 よくスポーツ選手などが疲労骨折したなどというニュースを聞いたりしないでしょうか?肋骨の同じ部位にストレスを加え続けることにより、疲労性骨折をおこします。 胸部を強打などをして外から強い圧力がかかって肋骨が折れてしまった場合は肺が損傷しちることがあり、気胸 ききょう という肺の外に空気がもれる状態になったり、血胸 けっきょう という胸のなかに血液がたまる状態になったりすることがあるので気をつけましょう。 肋骨のひびや骨折の症状と治療 症状は胸の痛みが続くなどです(神経痛や筋肉痛などの表在性の痛みの可能性もあります・また女性では妊娠お後期あたりになると肋骨痛がおこることもあります。 )深呼吸や咳で痛みが強くなったり、骨折した場所を押しても痛みが強くなったりします。 検査は胸部と肋骨のX線検査を行います。 通常の骨折がはっきりとわかるのですが、ひびの場合はX線写真にはっきり写らない場合があり、その場合別の日にまたX線を撮影してみるとわかることがあります。 肋骨の骨折やひびなどの治療は骨折のずれの程度にあまり関係なく、胸部をばんそうこうやバンドで2〜3週ほど幅広く固定する、塗り薬・湿布、痛み止めなどを飲むなどです。 肋骨が完治(全治)するのはだいたい4〜6週間ほどということです。 ただし、気胸や血胸を合併している場合は、そちらの治療が重要です。 肋骨痛などがあり心配な場合、一度病院で検査されてみてもいいかもしれませんね。

次の

肋骨疲労骨折の症状【完治までの治療期間】

肋骨 ひび 全治

SPONSORED LINK 肋骨は骨折しやすい骨として知られていますよね。 転んで胸を売ったときや、 咳をした時などにもひびがはいったりする事もあります。 そんな肋骨のひびですが、放置するという噂の通り、 完治するためのお薬や治療法がありません。 安静が第一。 動かないことが一番なんです。 人間の肋骨は全部で24本あり、 一本一本が細く衝撃に対して弱いので、 ちょっとした衝撃でひびが入ったり折れたりするだけではなく、 咳やくしゃみなどによる 疲労骨折と呼ばれる骨折もあったりします。 一方で肋骨は、折れやすくはあるのですが、 ひびが入ったりしても ダメージは大きくない部分だとも言われています。 ですが、自己判断で放置していると 悪化してしまうこともあるんです。 なので「痛いな、ひびか?若しくは骨折かも?」という時には 早めに病院に行って診断してもらってください。 肋骨骨折の症状は主にこんな感じです。 肋骨そのものが痛い。 ぶつけた所を圧迫すると痛い。 身体をひねると胸が痛い。 呼吸がしにくい、呼吸をする時に変な感じがする。 ぶつけた所が腫れていたり、内出血している。 くしゃみや咳で胸が痛い。 こんな症状を感じたら、 肋骨にひびがはいっているかもしれませんので すぐに病院にいきましょう。 症状にあった痛み止めももらえますので、 できるだけ安静にして静かにひびが治るのを待つようにしましょう! [adsense] ひびを放置して悪化したケースってあるの? 肋骨のひびの回復は比較的早いのですが、 場合によっては 危険を伴う場合もあります。 肋骨の損傷にともなって発症する可能性をもつ 合併症があるんです。 肋骨は胸部内臓を守っている骨ですので、 内臓器官への合併症が発症してしまう危険性があります。 主な 合併症の種類としては次のものが挙げられます。 肺の損傷• 胸壁血管の損傷• 肋間動静脈の損傷 これらは、 強い呼吸困難がでますのでかなり危険です。 痛いといっても肋骨のひびっぽいからといって放置せず、 病院で診断してもらいましょう。 ただし、肋骨のひびはレントゲンにうつりませんので 医師の診察所見が重要になります。 自分のどこがどう痛いかをキチンと医師に説明してくださいね。 肋骨のひびに対する最大限のケアとは? Original update by : 先にも述べたように、 肋骨のひびを治すのは動かないで安静にしていることが一番です。 ですが、生活するにあたってそうはいきませんよね。 動くたびに痛みがありますので、 病院で痛み止めと湿布を処方してもらいましょう。 骨のひびは、亀裂部分が大きくなるほど痛くなります。 それに肋骨はギブスで固定できないので どうしようもないんですよね(><) そこで必要なのが 体を固定するサポーターです。 整形外科などに行くと バストバンド (胸部固定サポーター)などの固定具を装着してもらえます。 女性がつけるコルセットのように胴の部分を、 肋骨をささえるように保護するものです。 それで身体を圧迫し、肋骨の動きを制限し 位置を固定してあげると楽になります。 ですが、楽になったからといって、 無理をして動きすぎないように注意し、 重いものなども持たないようにしましょう。 しばらくは家族や同僚に 手伝ってもらうようにするのがいいと思います(^^) こうしてやっと完治した肋骨ですが、 完治したからといっても油断は禁物です。 完治直後の生活や行動にも注意が必要ですよ! 肋骨のひびが治った直後の注意点とは? 肋骨のひびが完治するまでには約2ヶ月かかります。 運動を控えないといけないのは約2~4週間と言われていますが、 ここは症状のレベルによって違いますので注意してくださいね。 治ったからといってすぐに強い運動はせず、 リハビリという気持ちでゆっくり運動してください。 あまり運動をしないでコルセットに頼っているのも 腰を弱くしてしまうことがありますので、 適度な運動は大切ですよ。 サプリメントが市販されていますので簡単に摂取できます。 骨にはタンパク質も必要です。 食事にも気を付けて骨にいいものを摂りいれるようにしましょう。 骨を強くするものには、 カルシウムの他にもいろいろあります。 タンパク質・・・お米・肉類・魚貝類・大豆・乳製品など• リン・・・・・・主に魚類・牛乳・大豆・肉類• ビタミンD・・・卵・きくらげ・しいたけなど• ビタミンC・・・アセロラ・レモンなど サプリメントもいろいろ出ていますが、 人間の体は一気に栄養を摂ることはできません。 毎日の生活でバランスの良い食事をこころがけて 骨を強くしていきましょうね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 肋骨が痛いな、ひびかな?と思ったら 迷わずに病院に行って診断してもらいましょう。 放置するしか治療法はありませんが、 痛み止めと湿布を処方してもらえますし バンドテープも装着してもらえます。 また、合併症を引きおこす心配もしなくてすみます。

次の

肋骨のひびを早く治す方法

肋骨 ひび 全治

肋骨にひびが入ったときの治療法は? 肋骨にさまざまな理由でひびが入ってしまうと、体を動かしたり、咳やくしゃみをするだけでも苦痛を味わいます。 その苦痛を取り除くためには治療することが必要です。 では、肋骨にひびが入るとどのような治療を行うのでしょうか?その治療方法を見ていきましょう。 肋骨にひびが入ったときの一番の治療法は「安静にする」ことです。 肋骨にひびや骨折がある場合、特に手術をする必要はなく安静にすることで、骨が元の状態に戻るのを待ちます。 また、足など骨折するとギプスをして治療を行いますが、肋骨は肺があるためギプスをすることで呼吸がしにくくなるためギプスをすることが出来ません。 では、安静にすること以外に治療する方法はないのでしょうか? 治療法というほどでもありませんが、治癒をサポートするための施術として以下の方法があります。 痛みがひどい場合は、病院で痛み止めの薬をもらい痛みがひどいあいだ痛み止めを飲むこと• 体を少し動かすだけで痛い場合は、胸部固定サポーターをまいて動かないようにすること 胸部固定サポーターとは伸縮性のあり厚みのある柔らかい素材で出来ており、マジックテープで取り外し可能です。 柔らかい素材で出来ているので、ギプスのように固めることがないため呼吸がしやすいようになっています。 このように、肋骨にひびが入ってもこれといった治療法はありません。 自然に骨がくっつくのを待つ間、痛みを和らげる施策をするだけです。 そして痛みが出ない程度に動くのは良いですが、重いものを持ったり力を入れたりすると、治療に時間がかかってしまうので注意が必要です。 また、ひびではあまりありませんが、筋肉や肺に合併症を起こすことがあります。 息苦しさや、違和感などを感じた場合病院に行って診てもらうようにしましょう。 治療期間はどのくらい? 肋骨にひびが入ったときは、安静にして自然に骨が元の状態に戻るのを待つのですが、どれくらいの期間かかるのでしょうか? また、痛みは完治までの間、ずっと続くものなのでしょうか? ここでは、肋骨にひびが入ったときの治療期間について見ていきましょう。 肋骨にひびが入ると痛みが出ますが、きちんと安静にしていれば痛みは大体1週間で引いていきます。 しかし、痛みがひいたからと言って治っているわけではありません。 痛みが引いた後でも、安静にすることが大切です。 では、完治するにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか? それは、ひびの大きさなどや安静具合などにより個人差がありますが、だいたい3週間くらいで完治します。 肋骨は回復が早い部分ですので、足などより早く完治する傾向にあります。 ですので、合併症などを引き起こしていなければ、思ったよりも治療する期間が短く通常の生活に戻れそうですね。 これには注意!肋骨を痛めやすい要因は? これまでは、肋骨にひびが入ったときの治療法や治療期間などについてお話ししてきました。 では、どのようなことで肋骨を痛めやすく、そして注意が必要なことは何でしょう。 ここでは、どんなことが原因で肋骨を痛めやすいのか見ていきましょう。 肋骨にひびが入るのは、転んだりすることで外側から強い力が加わるとなりやすいです。 ですが、特に外的な衝撃を加えていなくても、ひびが入ってしまっていたということがあります。 これを「肋骨疲労骨折」といいます。 例えば、風邪をひいたときに咳がひどく止まらない時、くしゃみが止まらない時など、肋骨に痛みを感じたら肋骨疲労骨折になっていたなんてことがあります。 特に高齢者の方は骨が弱ってきているので、肋骨疲労骨折になりやすいですので注意が必要です。 まとめ 肋骨は咳やくしゃみなどによって、簡単にひびが入りやすい場所でもあります。 治療方法も安静にすること以外ありません。 ですので肋骨にひびが入るのは、いつでも誰でもなる可能性があることを覚えておきましょう。 ただし、呼吸器系の異常などが起こった場合、ひび以外にもなにか原因があるかもしれません。 この場合は、早めに病院に行ってお医者さんに診てもらうようにしましょう。

次の