アマゾンプライム ファミリー。 アマゾンプライムが子育て中にめっちゃ使える11コの理由

【AmazonプライムとNetflix】ファミリー向け多数のおすすめ映画記事まとめ

アマゾンプライム ファミリー

Amazonプライムの会費は「年会費4,900円」「月額500円」の2種類 Amazonプライムの会費は基本的に「年会費4,900円」か「月額500円」のみです。 これらは税込み料金です。 Amazonプライムの会費• 「年間プラン」か「月間プラン」は自分で選べます。 文字通り、年間プランは毎年一回の支払いで4,900円、月間プランは毎月一回の支払いで500円です。 年会費4,900円を12カ月で割ると408円になるので、年間プランの方が毎月約100円程度安いということになります。 逆に、月間プランで12カ月支払うと年間6,000円となり、年間プランより毎年1,100円高くなります。 年額 月額 年間プラン 4,900円 408円 月間プラン 6,000円 500円 Amazonプライムの年会費はこれだけです。 シンプルですね。 学生向けの「Prime Student」の会費は一般会員の半額 Amazon Primeには、学生向けのコース「Prime Student」というのがあり、年会費は2,450円、月会費は250円です。 一般会員の半額ですね。 学生向け「Amazon Prime Student」の会費• Prime Studentの対象学生は以下の通りで、高校生は加入できません。 日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学籍番号または学生用Eメールアドレスが必要となります。 一般会員は30日間、学生会員 Prime Student は6か月間です。 Amazonプライム会員の無料体験期間• 一般会員:30日間• もし気に入らなくても無料期間中に解約すれば一切料金は発生しません。 無料期間終了後は、登録時に選んだコースに自動的に加入されます。 会費が半額・無料体験期間が6倍と、Amazonは学生に優しいですね。 なんとなくアメリカの文化を感じます。 ちなみに無料体験中でも変更できます。 解約金は無料。 年間プランは解約で返金あり プライム会員の解約はマイページから簡単にできます。 解約金は一切かかりません。 アマゾンプライム会員の解約方法や注意点はこちらをご覧下さい。 「家族プラン」は無いが「家族会員」はある ここまで読んで、「学生会員があるなら家族会員はないの?」と疑問の方もいると思います。 結論から言うと、Amazonプライムに「家族プラン」はありません。 しかし、Amazonプライム会員になると「同居の家族2人まで」を「家族会員」として登録することができます。 ただ、家族会員はプライム会員の特典を全て利用できる訳ではありません。 家族会員が利用できる特典は以下のみです。 お急ぎ便が無料• お届け日時指定便が無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料• プライム会員限定先行タイムセール• Prime Now• Amazonパントリー• Amazonフレッシュ 家族会員はAmazonの「通販関連の特典」のみを使えるということです。 プライム会員のメインディッシュとも言える動画配信サービス「プライムビデオ」は家族会員は使えません。 ただ、同居の家族であれば、主プライム会員と一緒にテレビで映画等を楽しむのは問題ないでしょう。 ちなみに「」というのがありますが、これもプライム会員の家族プランではありません。 紛らわしいですが、「Amazonファミリー」は子育てしている方向けのコースです。 プライム会員だと、おむつやミルク等の子育て向け商品が割引されます。 月額料金等は特にかかりません。 Amazonプライム会員費の支払い方法は? Amazonプライムの会費の支払い方法は以下4通りです。 Amazonプライム会費の支払い方法• クレジットカード• 携帯決済• Amazonギフト券• JCBのOki Dokiポイント Amazonプライムの支払い方法の詳細や、支払いの変更方法等の詳細はこちらの記事をご覧ください。 Amazonプライム会員の特典一覧 Amazonプライム会員になると以下の特典が受けられます。 Amazonプライム会員の特典一覧• 【通販】「2,000円以下の注文」「お急ぎ便」「日時指定」の配送料が無料• 【動画】「プライム・ビデオ」豊富な映画・ドラマ・アニメが見放題• 【音楽】「Prime Music」200万曲以上の音楽が聴き放題• 【電子書籍】「Prime Reading」1,100冊以上のkindle本が読み放題• 【通販】「タイムセール」プライム会員は30分早く参加• 【通販】「プライムデー」会員限定の年1度のお祭りセール• 【通販】「特別取扱商品」取扱手数料が無料• 【通販】「バーチャルダッシュ」1クリックで注文• 【通販】「Amazonファミリー」ベビー用品が割引• 【通販】「プライムペット」ペット用品が割引• 【通販】「Amazonフレッシュ」生鮮食品から日用品まで配送• 【通販】「Prime Now」2時間以内に生鮮食品が届く• 【通販】「プライム・ワードローブ」衣服類を試着してから購入• 【電子書籍】「Kindleオーナーライブラリー」毎月1冊無料• 【写真】「Amazon Photos」写真をオンラインストレージに容量無制限で保存• 【ゲーム】「Twitch Prime」Twitchで多数の特典• 【クレカ】「Amazon Mastercard」ポイント還元増 特典はたくさんありますが、中でも会員特典の目玉は「送料無料」と「プライムビデオ」でしょう。 アマゾンプライム=プライムビデオと思っている方も多いくらいです。 Amazonプライム会員になると、通常500円以上かかる「2,000円以下の注文」「お急ぎ便」「日時指定」の送料が無料になります。 また、Amazonの動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」では、映画やドラマ等の大量の動画を無料で楽しめます。 その他のAmazonプライム会員特典の詳細はこちらをご覧ください。 プライム会員でも別料金を支払う必要がある3サービスの料金 Amazonのプライム会員でも、Amazonの全てのサービスを無料で使えるわけではありません。 以下の3サービスはプライム会員でも別料金を払う必要があります。 プライム会員でも別料金を支払う必要があるサービス• Amazon Prime Video チャンネル:動画サービス• Amazon Music Unlimited:音楽サービス• Amazon Kindle Unlimited:電子書籍サービス 以下、各サービスの概要と料金を解説します。 Amazon Prime Video チャンネル 先ほどの特典一覧でも説明した通り、Amazonのプライム会員になれば、動画配信サービス「プライムビデオ」は無料で使えます。 Amazon Prime Videoの詳細はこちらをご覧ください。 Music Unlimitedも、プライム会員だからといって無料で利用できる訳ではありません。 Music Unlimitedはプライム会員でなくても利用できるオープンなサービスです。 Amazon Music Unlimitedの値段は以下の通りです。 個別プラン ファミリープラン 学生プラン Echoプラン 料金 月額980円 月額1,480円 月額480円 月額380円 月額料金 プライム会員 月額780円 月額1,480円 年間料金 プライム会員 年間7,800円 年間14,800円 — — プライム会員でも料金を追加で払わないとMusic Unlimitedは使えませんが、プライム会員じゃない場合よりも割安であることが分かります。 Amazon Music Unlimitedの詳細はこちらをご覧ください。 また、Amazonには「Amazon Kindle Unlimited」という別の電子書籍サービスもあります。 Kindle Unlimitedは洋書・和書で計200万冊以上の電子書籍が読み放題になるサービスです。 Kindle Unlimitedはプライム会員でも無料で利用できる訳ではありません。 Kindle Unlimitedはプライム会員でなくても利用できるオープンなサービスで、料金は月額980円です。 Kindle Unlimitedに年間プランはありません。 Kindle Unlimitedはプライム会員でも割引は無く、月額料金は980円で変わりません。 Amazon Kindle Unlimitedの詳細はこちらをご覧ください。 法人向け「Businessプライム」の概要と年会費 Amazonには「ビジネスアカウント」というものもあり、ビジネスアカウントだと支払いを毎月の請求書払いにすることが可能になります。 ビジネスアカウントは株式会社などの法人はもちろん、個人事業主でも加入できます。 そしてビジネスアカウントのプライム会員「Businessプライム」というのもあります。 Businessプライム会員になると以下の特典が使えます。 Businessプライム会員の特典• 「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」 の送料 が無料• 「お届け日時指定便」が無料• 累積購入割引:よく購入する商品を割引 Businessプライム会員のプランは4つあり、年会費やプランの違いは以下の通りです。 無料体験期間もありません。 私は会社でもAmazonを利用し購入する機会がかなり多いので、実はBusinessプライム会員にも入っています。 一番の目的は「お急ぎ便」ですね。 Amazonプライムの年会費は値上げした 実は、Amazonプライムの年会費は過去に値上げされています。 2019年4月12日に、年会費を3,900円から4,900円に1,000円値上げ、月会費を400円から500円に100円値上げしています。 同様に学生向けの「Prime Student」の年会費も1,900円から2,450円に550円値上げ、月額料金は200円から250円に50円値上げしています。 もしかしたら今後も値上げの可能性はあるかもしれませんね。 まとめ:Amazonプライムには入るべき? 以上、Amazonプライムの年会費や月額費用などの料金体系を全て解説しました。 Amazonプライムは年会費4,900円の割に特典がとても充実しています。 Amazon通販でよく買い物をする人にとっては「お急ぎ便無料」だけでも価値がありますが、動画・音楽・電子書籍等のエンタメサービスも無料で使えます。 Amazonアカウントはあるけど、プライム会員をまだ試していない方は是非一度試してみて下さい。 Amazonをこれから利用する人もプライム会員を試せば、その便利さ・お得さからきっと抜けられなくなるでしょう。 30日間無料体験できるので、気軽に試してみて下さい。

次の

【もう済んだ?】Amazonプライム家族会員の登録方法(プライムデーにも参加可能)

アマゾンプライム ファミリー

家族でも利用可能な方法 家族会員のアカウントではNGですが、家族の方が一緒にプライムビデオを楽しむ方法が無いわけではありません。 プライム会員本人のアカウントを共有する、ということでも良ければ、複数の端末からプライム特典を利用することは可能。 これは規約違反でもなんでもありません。 プライム会員のプライムビデオ再生には以下のような制限があります。 【プライムビデオの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• 同じ動画のストリーミング再生は2台まで• 異なる動画のストリーミング再生は3台まで• ひとつの作品の同時ダウンロードは2台まで• ダウンロード再生は複数同時再生可能• すべての端末にダウンロードできる作品数は基本25本まで。 この制限内であれば、複数の端末での再生が可能なんです。 以下、それぞれの詳細をご紹介します。 プライム会員になると、そのアカウントに10台まで端末を登録することができます。 ただ、同時に全ての端末で動画を視聴できるわけではありません。 Amazon公式サイトのプライムビデオの使用規約より一部抜粋しましたので見てみましょう。 Prime Videoのストリーミング再生で「お客様は、同じタイトルを一度に2台を超える端末でストリーミング再生することはできません。 」 ダウンロードについては、 お客様は、ダウンロード可能なタイトルを、同時に2台の端末に限りダウンロードできます。 お客様がすでに2台の端末にタイトルをダウンロードしている場合、いずれか一方の端末から削除しない限り、そのタイトルを別の端末にダウンロードすることはできません。 地域により異なりますが、お客様のAmazonアカウントに関連するすべての端末に一度にダウンロードできるAmazonおよび第三者のビデオ・サブスクリプションのタイトルの合計数は15本または25本までとします。 実際にPC、スマホ、タブレット、TVなど、複数端末でストリーミング再生してみると、同じ番組は2台まで視聴できて、3台目になるとエラーで再生はできませんでした。 異なる番組を再生する場合なら、3台まで観ることができましたが、4台目はエラーとなりました。 さらにダウンロードしていた作品はこれらの再生数とは関係なく視聴することができました。 このように、ひとつのアカウントでの利用になりますが、一度に複数の同時視聴も可能なので、家族会員かどうかということは関係なく、アカウントが共有できる関係であれば、視聴も可能ということになります。 ただし、どんな動画を見ようと、プライバシーは筒抜け状態となりますし、もし家族が課金の必要な動画を視聴してしまえば、請求されるのはアカウントを持っているご本人です。 念のため。 Amazonのプライムビデオは、ダウンロードも可能なんです。 これはありがたいサービス。 Wi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば、オフラインの状態でも好きな時に好きな場所で視聴できますから便利です。 私は新幹線での長距離移動の時にダウンロードした映画を観たりします。 オフラインなので、画像が乱れることもなく、快適に視聴できます。 ただし、このダウンロードしたビデオについては、以下のような縛りがあります。 端末の登録・削除 端末をわざわざ登録する必要はありません。 端末でウェブまたはアプリを使ってアカウントにログイン、制限台数内であれば自動で登録されます。 端末の削除などの場合は、プライム会員のアカウントでAmazonにログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Prime Videoの設定」で行います。 ここから、「アカウントと設定」画面が表示されますので、「デバイス」という文字の部分をクリックします。 すると、現在利用している端末が登録されています。 このキャプチャでは出ていませんが、それぞれの端末の右端に「登録の解除」というボタンが表示されていますので、使っていない端末などを解除します。 一旦解除しても、台数制限内であれば再度の登録が可能(またログインすればOK)です。 プライムミュージック 家族で利用可能となる方法 Primeミュージックも家族会員アカウントでは利用できませんが、これもやはりプライム本会員のアカウントを共有すれば利用可能です。 プライムミュージックの再生での制限は以下の通りです。 【プライムミュージックの再生可能台数】• 端末の登録は10台まで(10台の同時再生は不可)• ストリーミング再生は1台のみ• ダウンロードは最大4台まで• 1台のストリーミング再生と最大4台までのダウンロード再生は同時再生可能 それでは、以下その内容を見ていきましょう。 プライムミュージックでは、同時に複数の端末でストリーミング再生をすることができません。 ストリーミング再生は1台まで。 また、プライムミュージックにもダウンロード機能があって、このダウンロード再生であれば、ストリーミング再生には影響しません。 プライムビデオと同じですね。 1台はストリーミング再生、他の端末ではダウンロード再生とすれば、複数の端末で同時利用が可能です。 ただし、ダウンロード可能なのは、最大4台まで。 デバイスの登録としてはプライムビデオと同じで、1アカウントに10台まで端末を登録できます。 ストリーミング再生とダウンロード再生をうまく利用することで、最大5台の端末で同時に楽しむことができるということですね。 もし最大の端末登録数10台を超えてしまったら、不要な端末を削除しないと新たな端末を登録できません。 ダウンロード可能な台数制限内でも、ひとつ削除すれば、ひとつ新たな端末にダウンロードできるようになります。 プライムミュージック 端末の登録と削除 端末を登録するときは自動。 手持ちの対応端末に「プライムビデオ」や「Amazonミュージック」のアプリをダウンロード、アプリにAmazonのアカウントでログインすることで、自動的に認証済みの端末として登録されます。 この内容はアカウントサービス上で確認できます。 端末の削除方法としては、Prime会員のアカウントでログイン、アカウントサービス画面の「デジタルコンテンツとデバイス」の「Amazon musicの設定」から。 画面を下にスクロールすると「端末を管理」と登録済の端末が以下のように表示されます。 端末名の左に四角いアイコンがあるので、そこをクリックすると、端末の詳細情報(シリアルナンバーなど)を確認できて、端末の削除もできます。 通常であれば、端末からAmazonにログインすれば、自動的に登録されるため、この画面を表示して操作することはありませんが、確認や削除をしたいときはこちらで操作します。 アカウント共有で気になるプライバシー問題 Primeの家族会員アカウントではプライムビデオなどの特典が利用できませんが、Prime会員のアカウントを共有できれば、複数の端末を登録できるので、家族で活用することも可能です。 動画配信サービスとしては、かなりお値段も安くて、このように自由度も高いAmazonプライムビデオ。 コスパ的にも最高ですよね。 ただし、プライバシーの面でいうと、問題がないわけではないですよね。 例えば、へそくりでこっそり買った高級品とか、家族に言えない動画を見たとか。 なにしろ、同じアカウントでログインしているので、ここがなかなかの問題だったりもします。 ログイン情報も共有するとなると、もちろんすべての情報を見ることができます。

次の

Amazonプライムの家族会員なら8つの特典を無料で使える裏ワザ

アマゾンプライム ファミリー

Amazon Music Unlimitedとは とは、6,500万曲以上が聴き放題になるサービスです。 Prime Musicが200万曲なので 32. 5倍ですね。 私が感じる Amazon Music Unlimitedの魅力は、単純に曲数が増えるというより、聴きたい曲が聴き放題でたくさん聴けるということです。 Prime Musicだと、「聴きたい曲がない!」なんてこともしばしばあり、物足りなさを感じてしまいます。 また、Amazon Music には ラジオというサービスがあります。 ラジオにはジャンル毎に分けられたたくさんのラジオステーションが用意されており、選んだラジオステーションの楽曲を延々と自動選曲して再生してくれます。 さらに、 独自のサービスとして、アーティストが自信の音楽について語りながら楽曲を紹介してくれるプレイリスト「Side by Side」があります。 Amazon Music Unlimited は Prime Music と比べると、ラジオや Side by Side など、 家族も楽しめる機能が充実しています。 しかし、Amazon Music Unlimited のファミリープラン以外のプランには、Prime Music と同じく次の制約があります。 登録可能アカウント数は1つである。 同時再生可能なデバイスは1つである。 のたくさんの機能を 家族で楽しむなら同時再生可能なデバイスが多いファミリープラン(最大6台)が絶対におすすめです。 ここでの説明は、スマホのアプリから設定する手順になります。 事前にファミリープランに入っていることを前提としています。 1 スマホのAmazon Musicアプリで設定画面を表示する スマホのAmazon musicアプリを立ち上げます。 左上の歯車マークをタップします。 [Amazon Music Unlimited]の項目の[ミュージック設定]をタップします。 [Amazon Music Unlimited]画面の[家族を管理する]をタップします。 2 家族を招待する 下の画面が表示されたら、必要な情報を入力して下さい。 招待する人の、 Amazonに登録しているメールアドレスを入力します。 1のメールアドレスを再度入力します。 [同意して、家族を招待する]をタップします。 3 招待済み確認 招待すると、下の画面の黄色枠の部分に招待された人のメールアドレスが表示されます。 家族の登録画面では、登録済みの家族の名前が表示されます。 メールでも、家族登録完了の連絡が届きます。 以上が、ファミリープランで家族を招待し、登録する手順になります。 ファミリープランに登録できる家族に条件はありますか? ファミリープランに登録できる家族は13歳以上です。 家族それぞれにアカウントを作成する必要がありますか? いいえ。 1つのアカウントを家族で共用できます。 (最大6台の端末で同時再生可能) ただし、マイミュージックやプレイリストも共用となります。 自分だけのマイミュージックやプレイリストを楽しみたいなら家族それぞれのアカウントを登録する必要があります。 料金の支払いは誰が行うのですか? ファミリープランに会員登録した会員が支払います。 デジタルミュージックを購入した場合、登録した家族も聴くことができますか? いいえ。 デジタルミュージックを購入したアカウントのみ再生して聴くことができます。 まとめ この記事では、ファミリープランに家族を招待し、登録する手順をご説明しました。 一つのアカウントを家族で使うこともできますが、家族のアカウントを登録することをおすすめします。 理由は、家族それぞれが自分だけのマイミュージックやプレイリストを楽しむことができるからです。 ファミリープランなら、最大6人の家族が Amazon Music Unlimited のすべての特典を利用することができます。 なお、登録した家族の数に関係なく、最大6台の端末で楽曲を同時再生することができます。 また、Amazon Echo で Amazon Music を利用するのであれば、アレクサキャストを使うと便利です。 家族にもアレクサキャストの使い方を教えてあげましょう。 カラオケ好きな家族なら、歌詞表示の方法を教えてあげると喜ぶかもしれませんね。 ファミリープランを利用して、家族みんなで音楽を思い切り楽しみましょう!.

次の