マスク ない。 マスク生活、そろそろしんどくないですか?人々の正直な声

職場でマスクをしない人がいます。このコロナで敏感な時期に、...

マスク ない

菅義偉官房長官は2カ月前の会見で「来週以降、毎週1億枚以上、供給できる見通し」(2月12日)とコメント。 「3月は月6億枚超が確保される」(3月17日)と続け、同27日には4月の見通しとして、さらに1億枚以上を上積みできるとの認識を示した。 多少、生産・供給体制を増強したとしても到底賄いきれないほどの強烈な需要がしばらく続く見込みだからだ。 詳しく解説しよう。 下図は、卸売業者の協力を得て作ったマスク流通の概念図だ。 「製造」「卸在庫」「需要」「店頭在庫」「販売数」「家庭内在庫」などの流通量を縦軸で、時間経過を横軸で示した。 (外部配信先では図表やグラフを全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください) 家庭内在庫:家庭内在庫が満たされる「L」以降に、店頭在庫は上昇する 今、まさに店頭で見られる風景は時間軸のEに当たる。 製造・供給が需要に追いついていないため、マスクが不足している状態だ。 ちなみに、その少し前にはマスク販売が急激に伸びたが、その後、在庫がなくなったために販売数が急減していることも示している。 ここでマスクがどんどん増産・供給されれば、今の店頭風景は変わるのか。 問題はそんなに単純ではない。 この図では、増産・供給すれどもすれども店頭在庫が高まるにはかなりの時間がかかることを示している。 なぜなら、一般的な需要に、不安感からくる買いだめ需要が長い期間にわたって上乗せされると考えられるからだ。 「家庭内在庫」である。

次の

「マスクどこに行ってもない…絶望的」各地で悲鳴…新型コロナウイルスでマスク不足が深刻化

マスク ない

追記だよ。 そこまで読んでなかったね(苦笑)。 で、「どうして何が起こるか分からなかったのでしょか?」。 愚問だと思うよ。 3.11東日本大震災だって同じことなんだがね。 ちなみに、明日何が起きるかあんたにわかるのかな?。 先のことなど誰にもわからないんだよ。 で、私もマスクはたくさんあるよ。 花粉症だが、普段はまったく使わない。 買える機会は何度もあったが、買う気にもならなかったので。 それと、トイレットペーパーもティッシュも1年分以上買い置きがあるよ。 水も食料も1か月分くらいはあるが。 他にも常に買い置きがあるので、なにも困らないから。 最低でも1か月は籠城できるよ。 お前さんにできるかな?。 正直、お前さんの話は「自慢話」でしかないんだよ。 >そこまで読んでなかったね(苦笑)。 読んでから回答すべきだったね(失笑)。 >明日何が起きるかあんたにわかるのかな? 天気予報で明日は大雨だと言ってるのに 傘を持って出ない人かな? >先のことなど誰にもわからないんだよ。 先のことが分からないから備えをするのですよ。 諺にもあるでしょう。 備えあれば何とやら。 でも、今回の感染症の流入は、政府も財界もマスコミも一般国民もみんな予め分かっていた。 分かっていたにもかかわらず入国制限を遅らせた。 「賓客」の来日と春節の甘い汁が忘れられなかった。 そして結果そのどちらも失ったのだ。 >最低でも1か月は籠城できるよ。 武漢に外出禁止令が出て間もなく2ヶ月だよ。 もちろん寄付も考えたが、コロナの終息が見通せない今は丁重にお断りしたい。 僕の使用済みマスクで差し支えなければ考えなくもない。 時ここに至っては使い捨てのマスクを洗って干して使い回すというツワモノもいるらしいので。 この場合、感謝はいりません。 寄付といえば日本のいくつかの自治体は、緊急用に備蓄してあったマスクを中国に寄付してしまったそうだ。 中国政府から褒められて喜ぶ姿は無邪気としか言いようがない。 この時日本人は、すぐに自分たちこそがマスクに飢える立場になるとは微塵も考えなかったのだろう。 余談だが、逆に中国で製造された日本企業のマスクは、現在、中国側に差し押さえられているらしい。 日本人の見ている月と中国人の見ている月は、多少違っていたようだ。

次の

マスク不足 なぜ解消しない? |サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB

マスク ない

直接話をするときは着用するが 社内でマスクを着けない理由として「蒸し暑いししゃべりにくい」、「電話対応の時マスクが邪魔だから」とツイートしている人たちがいる。 他にはどんな事情があるか。 J-CASTトレンド記者の同僚にも、マスクを着けずに仕事をしているのが数人。 その一人、30代男性に直撃した。 理由は「長時間着用していると若干息苦しさを感じるのと、耳が痛くなるから」。 四六時中着けたままでいるのは不快だという。 しかし、編集長に相談する時や会議の場など、面と向かって人と話すことで感染リスクが高まる場面では、飛沫を飛ばしてはいけないので着用している。 男性によると、世の中がマスクをしているかどうか神経をとがらせていた4月上旬~5月上旬はずっと着けていた。 そのうち在宅勤務が普及し、出社率が通常の2割程度で室内の人数が少なくなったため、現在社内では外している。 特に指摘を受けたことはなく、肩身の狭い思いはしていないが「マスク警察(編注:マスク非着用者を非難する人)がいたらどうしたものかという点で、周囲からの視線は気になる」。 感覚過敏で「しないというより、できない」 もう一人、30代男性に取材した。 「他者との間隔が十分」と判断した場合はマスクを着けないと話す。 「オフィスの広さにゆとりがあり、机も大きいのでしていません。 通勤電車では着けています。 他者との距離が職場より近く、うっかりせき込むとかかってしまうからです」 なお、電車に空席が多かった4月中旬~5月中旬は、通勤時もマスクをしていなかったと明かした。 外を歩く時もマスクはしていない。 ただ緊急事態宣言以降、「計4回、外を歩行中に見知らぬ人から『マスクしろ!』と怒鳴られた」という。 できるだけマスクを着けないのには、もう一つ理由があった。 「いわゆる『感覚過敏』で、口元から首にかけて何かが触れていると不快感が生じます。 マスクをしないというより、できないのです」 社内でマスク着用者・非着用者が共に気持ちよく過ごせるよう、グッズを使って「着用できない理由」を可視化するのも手だ。 例えばJ-CASTトレンドが6月1日に紹介したなどがある。

次の