エボラ ブル アジア 株価。 エアトリ【6191】株の基本情報|株探(かぶたん)

エアトリ、DeNAトラベル「格安買収」の真意

エボラ ブル アジア 株価

規制緩和により国内の格安航空会社(LCC)が12年に運航を開始。 吉村社長はLCC各社が提供するサービスが向上したことで、ビジネスでのLCC利用も可能との認識が高まったと指摘する。 日本航空やANAなど国内線航空会社14社すべてと直接契約している唯一のオンライン旅行会社というのが同社の強みだとし、今後は「外資系LCCなどとも直接契約を行いたい」と話した。 同社は2月末に15の銀行と総額30億5000万円のコミットメントライン契約を締結。 現在、自己資金と併せて約55億5000万円を投資に回すことが可能だという。 吉村氏は、同社の事業と相乗効果を生みやすい旅行会社やシステム会社などの買収・合併(M&A)を複数検討していることを明らかにした。 このほか、一部を広告宣伝費やシステム投資にも充てる考えだ。 Source: Evolable Asia Corp. エボラブルアジアは07年5月に設立。 アプリやウェブサイトを通じた国内航空券の手配が可能な「AirTrip(エアトリップ)」の運営などを手掛けている。 主力で売上高の約8割を占めるのがオンライン旅行事業。 このほか、ベトナムでのソフトウエアを開発するオフショアIT事業も手がけている。 吉村社長は、訪日旅行客に向けた国内旅行販売や民泊の仲介、両替事業などを進め、第3の柱となる事業を早急に確立させたいと述べた。 バリューサーチ投資顧問の松野実社長は「ゼロから会社を立ち上げて投資家の期待に応えながらこれまで株価を伴って成長させてきたことは評価できる」と話す。 その上で「航空券販売からソフト開発、民泊、両替など多岐にわたる事業展開は今の企業規模でみるとやや総花的」と指摘。 資金力のある大企業なら容易に類似のアプリを開発することが可能な時代であるため、「より明確な他社とのサービスの差別化に取り組んで投資家を納得させる必要がある」とコメントした。

次の

エアトリ (6191) : 株価チャート [Airtrip]

エボラ ブル アジア 株価

エボラブルアジア 6191 に新規で打診投資 エボラブルアジア 6191 の基本情報 取引日 2018年10月12日 銘柄 エボラブルアジア 銘柄コード 6191 投資戦略 中長期投資 エボラブルアジアは上場して約2年半経ちますので、知っている人も多いかと思いますが、主に以下の事業を行っています。 ITオフシェア事業• オンライン旅行事業• 訪日旅行事業• 投資事業 ITオフシェア事業 ベトナムに現地法人子会社「EVOLABLE ASIA」を設立して、ラボ型開発を中心に多様な開発・BPOソリューションの提供を行っています。 オンライン旅行事業 オンラインに特化した旅行に関する事業を展開しており、国内航空券を取り扱うエアトリなどのBtoCサービスやOEMでの提供を行っています。 訪日旅行事業 訪日外国人向けサービス及び民泊運営企業向けサービスを展開しています。 具体的には民泊サイトの運営、旅行パッケージの販売 OEM含む 、キャンピングカーのレンタル、外貨両替のサービスを行っています。 投資事業 成長企業への投資を通じて投資先企業との協業であったり、ベンチャーキャピタルの事業を行っています。 実績としては、投資先の和心が上場しました。 エボラブルアジア 6191 への投資理由 エボラブルアジアは、実は数年前にIPOで当選した縁の深い会社です。 当時はある程度の利益で売却しましたが、その後の成長をたまにチェックしていて、いつかまた投資したいと思っていました。 今回、エボラブルアジアに打診投資した理由は以下の通りです。 株価が買いたい水準になった• 成長性を期待できる• IR活動が活発である 株価が買いたい水準になった 成長性などを考慮すると、2,500円以下で投資したいと考えていました。 10月11日の急落で株価は2,500円を大幅に下回りました。 さすがに10月11日は様子見しましたが、市場の落ち着きを確認し投資することにしました。 ただし、今後の更なる下落の可能性も考慮した上で打診買いという形にしておきました。 上場時の成長可能性の資料で、上場時 2016年 に取扱高200億円だったオンライン旅行事業に関して、2020年頃に取扱高1000億円を目指し、2030年ごろには取扱高2兆円を目指すと書いてありました。 2018年現在で、Denaトラベルの買収により来期の取扱高は1400億円に超える見込みまできていて、上記の2020年で1000億円も前倒しでクリアしており、2030年の2兆円も夢ではない気がします。 そんなエボラブルアジアですが、現時点でも時価総額は500億円を下回っており、まだまだ成長余地は大きいと思います。 IR活動が活発である これまでのエボラブルアジアのIR活動を見ると、この会社は株価を上げようとしていることが伝わってきます。 プレスリリースをした案件の進捗状況を発表する会社はなかなかありません。 その他のIRニュースの数でも相当な数になります。 上場市場もマザーズから東証1部へ変更しており、配当や優待を出すなどの株主還元も行っています。 このようなIR活動が活発な会社は、投資家から一定の人気があるため出来高が安定しており、株価の上昇も期待できます。 ちなみに四半期決算の報告しかしないような会社は、いくら配当や業績が良くても株価が冴えないことが多く私は投資対象としては魅力を感じません。 しばらくチェックしていた銘柄のため、状況が変わらない限りしばらく保有したいと思っています。

次の

エボラブル:20年に取扱高1000億円、アプリ強化やCMで成長加速

エボラ ブル アジア 株価

アップデートレポート |• フルレポート |• 基本情報 特色 ベトナムでのITオフショア開発も手掛ける国内航空券のオンライン販売最大手 市場名 東証一部 事業内容(レポートより抜粋) エボラブルアジア(以下、同社)は、オンライン旅行事業を中核事業としている。 現会長と現社長がそれぞれ、国内航空券をオンラインで販売する企業を創業して経営していたが、規模の拡大を目指して合流し、同社が設立された。 国内の全航空会社との代理店契約を持つ仕入力、複数の販路による販売力、サイト構築やシステム連携を行う自社保有のIT開発力という3つの競争力の源泉を活かして取扱高を増やし、国内航空券のオンライン販売の最大手となった。 オンライン旅行事業の競争力の源泉のひとつであるIT開発力は、ベトナムの子会社がベースとなっている。 この開発体制をもとに、ITオフショア開発事業を展開している。 日系のクライアントの要望に基づいて人員を雇用し、専属チームを組成してクライアントの指揮下で開発を行う方式(ラボ型開発)に特化している。 一般の受託開発に比べて、赤字になるリスクは低く、第二の収益の柱となっている。 国内航空券の販売、ベトナムでのITオフショア開発に続き、外国人の訪日旅行に関する需要に対応する事業の開拓に注力し始めている。 海外向けの国内航空券の販売のほか、民泊プラットフォームの構築やキャンピングカーレンタル等に着手した。 注力中の訪日旅行事業はオンライン旅行事業に含まれる。 (2018年4月27日時点) 沿革(レポートより抜粋) 取締役会長の大石祟徳氏は、大学在学中の95年に、大学生の団体旅行の手配業務を行う株式会社アイ・ブイ・ティを創業した。 また、代表取締役社長の吉村英毅氏は、大学在学中の03年に株式会社Valcomを創業し、オンライン旅行事業を開始した。 当時、国内航空券のオンライン旅行業ではガリバーと言える企業はなく、格安航空券のウェブ販売を行う会社が100社近く存在していた時期もあったようである。 なお、Valcomでは05年頃から旅行コンテンツの他社へのOEM供給を開始しており、後の成長の礎を築いた。 両社とも単独で取扱高は10億円程度まで成長したが、競合するよりは一緒になって拡大することを志向し、07年に吉村氏と大石氏が共同で、旅キャピタル(同社)を設立した。 航空券の仕入は大石氏が、販売は吉村氏が主に担当し、お互いの強みを活かした役割分担で事業拡大を進めていった。 旅キャピタル設立後、アイ・ブイ・ティが運営していた「e航空券. com」を事業取得するとともに、Valcomを子会社化して、Valcomが運営していた「エアーズゲート」のサービスを承継した。 なお、アイ・ブイ・ティは09年に同社に吸収されている。 その後、同社は国内航空券の取扱高を増やすべく、販路の拡大を続けていった。 09年には、パラダイムシフト(東京都中央区)より「CAS Tour」の事業を取得した。 11年にはワンストップで複数の商材を提供できる統一ブランドの「TRIP STAR」のサービスを開始するとともに、同年、法人向け出張サービスを開始した。 14年には株式会社空旅. comから「空旅. com」の営業権を譲り受け、サービスラインナップに加えた。 オンライン旅行事業の競争力を支えるのはシステム開発力である。 同社では、11年に東京での自社開発からベトナムでの開発に体制を移していった。 その翌12年、ベトナムの開発チームの活用を志向し、ソルテックグループとの合弁により、EVOLABLE ASIA Co. , LTD. をベトナムに設立し、ITオフショア開発事業を立ち上げた。 事業がオンライン旅行事業とITオフショア開発事業の二本柱となったことに伴い、13年に、旅キャピタルから、エボラブルアジアに社名を変更した。 また、訪日旅行事業、民泊事業、シェアリングエコノミービジネスの展開を強化している。 同社は17年3月31日に東証一部に市場変更した。 (2018年4月27日時点).

次の