ブルドックボス。 浦和スプリントオープン2020予想┃浦和1400mならブルドックボスの相手探しの一戦

さきたま杯 2020年5月27日(凄絶!逆神予想!!)

ブルドックボス

2007年フジノウェーブ以来2頭目となる地方所属馬によるJBCスプリント制覇を果たした。 タイムは1分24秒9(重)。 女性騎手初の快挙を狙った藤田菜七子騎手騎乗で注目を集めたコパノキッキング(2番人気、JRA所属)は、勝負どころの3、4コーナーで先頭に並びかけて後続を突き放したものの、ゴール寸前で捕まりクビ差の2着、さらに3馬身差の3着には後方から追い込んだ伏兵のトロヴァオ(11番人気、大井所属)が入線。 1番人気のミスターメロディ(JRA所属)は好位から伸び切れず6着に敗れ、3連単149万馬券という波乱の決着となった。 JBCスプリントを勝ったブルドッグボスは、父ダイワメジャー、母リファールカンヌ、母の父デインヒルという血統。 北海道浦河町・鮫川啓一氏の生産馬で、馬主はHimRockRacing。 通算成績は36戦11勝(うち地方10戦3勝)。 重賞は17年クラスターC(交流GIII)に次いで2勝目。 騎乗した御神本訓史騎手は07年フジノウェーブに次いでJBCスプリント2勝目、管理する小久保智調教師は初制覇。 僕が乗せてもらった3走の中では一番素軽い動きをしていたので、これならやれると思っていました。 1コーナーの入りまでハイラップだったので、もしかしたら…(前が止まるのでは?)と思っていましたが、4コーナーで反応が良く、これなら勝てるな、と。 今日は、本当にたくさんのご来場ありがとうございます。 菜七子ちゃんのGI制覇はいずれ見れると思いますので、今日はブルドッグボスを称えてあげてください」.

次の

浦和JBCの出走馬主席にブルドックボスの生産者さんがいて…感動のエンディング!

ブルドックボス

今回は さきたま杯2020の競馬予想(レース展望と印・買い目 )を中心とした記事になります。 ゆうです。 5月27日(水)は浦和競馬場で交流重賞のさきたま杯が開催されます。 JRAからはジャスティン、ノボバカラ、ゴールドクイーン、ブルベアイリーデが出走します。 交流重賞=JRA勢が有力なのは確かですが、今回は地方からもいい馬が出走する。 展開は予想しやすそうですし、勝って今週末のダービーの資金を増したいところです。 では本題に入っていきましょう。 自分を追い込んで配信しますので半端な予想は配信しません。 サラリーマンに10万円は痛いよ~!!(笑) PR:関係者を含めた富裕層と同じ馬券で勝負! 業界最高峰の精度、的中率、高配当を両立することをお約束します。 高配当XXXの情報があれば毎週のように数百万円を稼ぐのも夢ではない。 情報源は 【馬主】を頂点とした 厩舎や騎手といったパワーバランス見抜き本音を引き出す。 さきたま杯2020の最終予想 レース展望 浦和競馬場はコース形態的に前に行ける馬がかなり有利です。 しかし今回は先行争いがかなり激化しそう。 特にノブワイルドは左海騎手が何が何でもハナを取りくる。 これに巻き込まれるのがジャスティンとゴールドクイーンのJRA勢。 どちらも揉まれ弱い2頭です。 となれば2019年のJBCのように差しが決まっても不思議ではない。 このメンバー構成で、前がかなり早くなる可能性が高いなら差しに張りたい。 ジャスティン、ゴールドクイーン、ノブワイルドは勝ち切れないとみて馬券を組む。 後はブルベアイリーデは消します。 この馬は小回り向いてません。 ゴールドカップとJBCスプリントではノボバカラのおかげで勝てたと言っても過言ではない。 今回は斤量58キロを背負うが、展開に恵まれる可能性が高いため差し切っても不思議ではない。 斤量で嫌われてオッズが上がるなら美味しいかと。 〇: 前走は約1年振りの復帰戦だったが、3着に好走。 長期休み明けからあれだけの走りができるなら叩き2走目の今回は前走以上のパフォーマンスに期待したい。 前が早くなる展開はこの馬の脚を生かせるのでブルドックボスよりも前につけることができれば逆転まであり得るかと。 小回りの舞台は合っており、先行好位を取って逃げ馬をみる競馬ができればチャンスはある。 森騎手が騎乗するのもプラス要素。 もし前に行った3頭の中で粘れるならハイペース逃げを得意とするこの馬かと。 それでも2. 3着が限界だと思うが…。

次の

【JBCスプリント】ブルドッグボスが地元浦和で快挙V!御神本は12年ぶり2度目のJBCスプリント制覇― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

ブルドックボス

17日、都内のホテルで「NARグランプリ2019」の表彰式が行われた。 を受賞したの小久保調教師とが喜びの声を語った。 それぞれ感想をお聞かせください。 「 小久保師 本当に光栄ですし、嬉しいです。 調整にあたって苦労は? 「 小久保師 信じるしかなかったですね、ボスを。 戻って来た時の状態は? 「レースは観ていて、だいぶ本来のボスに戻ってきたのかなというのが見受けられました。 今後に向けての期待のほどは? 「 小久保師 8歳と高齢ですが、JBC連覇を目標にしっかりと仕上げていきたいなと思います。 1年休んだ分があるので、まだまだやってくれると思います。 御神本騎手 今年も最大目標はJBC。 得意の大井コースで連覇を目指すことになりますが、何よりボスが無事に走ってくれることを願っています」.

次の