アジング シンカー。 DAIWA : 月下美人 TGアジングシンカー

個人的にブレイク中のスプリットショット。

アジング シンカー

沖のボトム攻略はスプリットが有利 より素早くボトムに仕掛けを届けることができるので、「沖のボトム付近にしかアジがいない」というコンディションではスプリットショットリグが最強の選択肢なのです。 潮の流れが強いとき スプリットショットリグは潮の流れが強い時に使うのも有効です。 潮通しが良い釣り場でガンガンに流れが効いている場合、ジグ単を投入しても激流過ぎて一向に沈まないことも多くなります。 軽い仕掛けは激流の前では無力… スプリットショットリグを使えば、ジグ単がひたすら流されてしまうような激流でも、狙ったレンジに仕掛けを届けることが可能です。 激流下では、たとえ遠投をしなくても良い場面であっても、ジグ単にこだわらずに重量のあるリグを使った方が得策ですよ。 風が強いとき スプリットショットリグは強風時に使うのも有効です。 軽量リグのラインは風にあおられやすい リグが極めて軽いジグ単は沈む力が弱いので、なかなかラインが海中に入っていきません。 強風時に使うとラインが風に大きくあおられて、リグの操作性が失われてしまいます。 スプリットショットリグでシンカーを追加すれば、強風時でもそれほどラインがあおられません。 仕掛けが素早く沈むと同時にラインも海中に入っていきますので、リグの操作がしやすくなります。 ちなみにアジングの強風対策については、以下の記事で詳しく解説しています! スプリットショットリグに向かないコンディション 逆にスプリットショットリグを使うべきでないタイミングは次の2つです。 表層~中層をスローに攻めたいとき• アジの活性が低いとき どちらもスプリットショットリグの「重さ」「沈下スピード」が仇となってしまいます。 表層〜中層をスローに攻めたいとき 前述した通り、スプリットショットリグは他のリグと比較して圧倒的にフォールスピードが速いです。 スプリットは沈むの早すぎ… 海に投入するとすぐにガツガツ沈んでいきますので、表層や中層のアジにゆっくりワームを見せるのは難しいです。 遠投したうえで、表層~中層をスローに攻めたい場面ではSキャリーやMキャロ、フロートリグといったシンカーに浮力がある遠投リグを使った方が良いでしょう。 アジの活性が低いとき また、アジの活性が低い時もスプリットショットリグでの釣りが厳しくなります。 低活性時のアジは、「来るもの拒まず、去る者追わず」状態。 目の前を素早く通り過ぎるエサを追いかけるほどの元気はないけど、目の前に現れて停滞するエサなら食べようかなといった感じなのです。 なかなか口を使わない状況下では、アジがいるエリアにより長くワームをステイさせなければなりません。 フォールスピードの速いスプリットショットリグでは、海中にワームを漂わせるような釣り方は難しく、食いがシブい状況下への対応は困難。 軽量ジグ単や他の遠投リグの出番となります。 スプリットショットリグでの基本的なアジング釣法 スプリットショットリグでアジングをするときは、フォールスピードが速いこと、ジグヘッドよりも先にシンカーが沈むことを想定しなければなりません。 良い感じに使いこなすためのコツをご紹介しますね。 スプリットショットリグの場合はボトム狙いがメインになりますので、まずはカウントを取りながら着底させるのがおすすめです。 最初に着底までのカウントを取っておけば、ボトムで釣れないときに少しずつカウントを短くしていくことで効率よく探ることができます。 アクション スプリットショットリグで使うアクションは、ただ巻きとリフト&フォールの2種類がメインとなります。 ただ巻きはジグ単と一緒で、一定のスピードで巻いてくるだけです。 変化を付けたいときは、一定の感覚で巻くのを止めてフォールを挟んでいくのも良いでしょう。 アクションは大きめに リフト&フォールについても、何度がロッドを「ちょんちょん」とシャクって、ラインのテンションを張ってフォールさせながらアタリを待つという流れはジグ単の時の同じです。 ただ、スプリットショットリグの場合はスプリットシンカーを動かす形となり、先端のジグヘッドにアクションが伝わりづらくなります。 ジグ単の時よりは気持ち大きめにアクションを入れるようにするのがおすすめです。 アワセ スプリットショットリグではシンカーが固定されているぶん、手元に伝わるアタリの感度は鈍くなってしまいます。 とは言ってもやるべきことは通常と変わらず、「コツッ」といった違和感を感じたら軽くロッドを立てあげましょう。 しっかりとアワセを入れてあげることで、フッキングに持ち込める確率も高くなります。 また、強風や激流といった厳しいコンディションでも真価を発揮します。

次の

アジングはスプリットショットリグが釣れる!アクションと作り方!

アジング シンカー

沖のボトム攻略はスプリットが有利 より素早くボトムに仕掛けを届けることができるので、「沖のボトム付近にしかアジがいない」というコンディションではスプリットショットリグが最強の選択肢なのです。 潮の流れが強いとき スプリットショットリグは潮の流れが強い時に使うのも有効です。 潮通しが良い釣り場でガンガンに流れが効いている場合、ジグ単を投入しても激流過ぎて一向に沈まないことも多くなります。 軽い仕掛けは激流の前では無力… スプリットショットリグを使えば、ジグ単がひたすら流されてしまうような激流でも、狙ったレンジに仕掛けを届けることが可能です。 激流下では、たとえ遠投をしなくても良い場面であっても、ジグ単にこだわらずに重量のあるリグを使った方が得策ですよ。 風が強いとき スプリットショットリグは強風時に使うのも有効です。 軽量リグのラインは風にあおられやすい リグが極めて軽いジグ単は沈む力が弱いので、なかなかラインが海中に入っていきません。 強風時に使うとラインが風に大きくあおられて、リグの操作性が失われてしまいます。 スプリットショットリグでシンカーを追加すれば、強風時でもそれほどラインがあおられません。 仕掛けが素早く沈むと同時にラインも海中に入っていきますので、リグの操作がしやすくなります。 ちなみにアジングの強風対策については、以下の記事で詳しく解説しています! スプリットショットリグに向かないコンディション 逆にスプリットショットリグを使うべきでないタイミングは次の2つです。 表層~中層をスローに攻めたいとき• アジの活性が低いとき どちらもスプリットショットリグの「重さ」「沈下スピード」が仇となってしまいます。 表層〜中層をスローに攻めたいとき 前述した通り、スプリットショットリグは他のリグと比較して圧倒的にフォールスピードが速いです。 スプリットは沈むの早すぎ… 海に投入するとすぐにガツガツ沈んでいきますので、表層や中層のアジにゆっくりワームを見せるのは難しいです。 遠投したうえで、表層~中層をスローに攻めたい場面ではSキャリーやMキャロ、フロートリグといったシンカーに浮力がある遠投リグを使った方が良いでしょう。 アジの活性が低いとき また、アジの活性が低い時もスプリットショットリグでの釣りが厳しくなります。 低活性時のアジは、「来るもの拒まず、去る者追わず」状態。 目の前を素早く通り過ぎるエサを追いかけるほどの元気はないけど、目の前に現れて停滞するエサなら食べようかなといった感じなのです。 なかなか口を使わない状況下では、アジがいるエリアにより長くワームをステイさせなければなりません。 フォールスピードの速いスプリットショットリグでは、海中にワームを漂わせるような釣り方は難しく、食いがシブい状況下への対応は困難。 軽量ジグ単や他の遠投リグの出番となります。 スプリットショットリグでの基本的なアジング釣法 スプリットショットリグでアジングをするときは、フォールスピードが速いこと、ジグヘッドよりも先にシンカーが沈むことを想定しなければなりません。 良い感じに使いこなすためのコツをご紹介しますね。 スプリットショットリグの場合はボトム狙いがメインになりますので、まずはカウントを取りながら着底させるのがおすすめです。 最初に着底までのカウントを取っておけば、ボトムで釣れないときに少しずつカウントを短くしていくことで効率よく探ることができます。 アクション スプリットショットリグで使うアクションは、ただ巻きとリフト&フォールの2種類がメインとなります。 ただ巻きはジグ単と一緒で、一定のスピードで巻いてくるだけです。 変化を付けたいときは、一定の感覚で巻くのを止めてフォールを挟んでいくのも良いでしょう。 アクションは大きめに リフト&フォールについても、何度がロッドを「ちょんちょん」とシャクって、ラインのテンションを張ってフォールさせながらアタリを待つという流れはジグ単の時の同じです。 ただ、スプリットショットリグの場合はスプリットシンカーを動かす形となり、先端のジグヘッドにアクションが伝わりづらくなります。 ジグ単の時よりは気持ち大きめにアクションを入れるようにするのがおすすめです。 アワセ スプリットショットリグではシンカーが固定されているぶん、手元に伝わるアタリの感度は鈍くなってしまいます。 とは言ってもやるべきことは通常と変わらず、「コツッ」といった違和感を感じたら軽くロッドを立てあげましょう。 しっかりとアワセを入れてあげることで、フッキングに持ち込める確率も高くなります。 また、強風や激流といった厳しいコンディションでも真価を発揮します。

次の

アジングの遠投リグ「スプリットショットリグ」の使い方・釣り方

アジング シンカー

調べれば調べるほどアジ釣り向きのラインです。 糸に結びこぶを作ってぴっと引っ張るといとも簡単にプツンといきます。 はさみで切るのも苦労するような糸が結びこぶ作ると殆どひっぱってもいないのにぶつんですよ、、、 結束強度が極端に低いのでありますよ。 コーティングしているそうなんですが表面は滑らなくて少しざらついた感じです、ノンコートの安物PEラインって感じですな。 5グラムのジグヘッドを゙投げて、PEラインなら糸はすんなりとは入っていきませんよ。 それが此の糸はス~ット水中に、、、 テンションを掛けるとラインは真っ直ぐに張ってジグヘッドと一直線に成ります。 最近は比重が1. 41ってのはポリエステルと一緒。 (ポリアリレートってのはポリエステルの一種だそうですから、、、) 此の比重は風に強いようなんだな~ 少し風がある状態で実際に投げましたけどPEとは明らかに違うの。 糸フケが圧倒的に少ない。 組み糸が故にモノフォラメントよりは幾分か風にはらみますけどPEみたいには風に流されません。 7kgですが使用後の実測で約1. 2kg、 リーダーの結束強度は約800g。 と言う結果に成りました。 暫くは此のラインで頑張ってみますわ。

次の