インスタ 投稿 仕方。 パソコン(PC)からインスタグラムに投稿やDM(ダイレクトメッセージ)を送る簡単な方法

インスタで他人の投稿をリポスト・シェアする方法を徹底解説

インスタ 投稿 仕方

ストーリー(正しくはストーリーズ)って何? ストーリーズとは、24時間で消える投稿です。 通常の投稿と違って、 一回の投稿で複数の写真と動画をアップロードすることができます。 ストーリーズでは、写真や動画にフィルターをかけることも可能です。 また、文字や絵文字などを入れたり、メンション「 」を入れて一緒に写っている人を含めることも可能です。 さらに2択の質問なども作ることが可能です。 24時間で消える投稿だからと言ってストーリーズを見た人が画面キャプチャで保存したり、ストーリーズを保存できるツールなどを利用すると投稿が残ってしまうこともあるので「親しい友人のみ」が閲覧するストーリーズでも投稿内容には十分注意しましょう。 スマホに保存されている画像を読み込めます。 10枚まで選択できます。 写真を撮る場合は《タップ》。 動画を撮る場合は《長押しを続ける間》撮れます。 スライドさせることでストーリーズの投稿種類を選べます。 画像もしくは動画を選択し、撮影が完了した後は《保存》という文言が記載されているボタンを押すとデバイス内に保存させられ、 続いてストーリーズというボタンを押すと投稿が完了します。 シンプルな手順で撮影と投稿が完了させられるストーリーズには様々な撮影モードが用意されており「タイプ」というモードを使用すると色鮮やかな背景に対し複数のフォントの文字を入力する事が可能になります。 画像の上に重ねて入力させられるだけではなく、画像を用意せずに文字のみで構成しストーリーズを投稿する事もできます。

次の

インスタグラムにPC(パソコン)から投稿する方法【Windows/Mac】

インスタ 投稿 仕方

複数枚投稿することで得られるメリット 冒頭でも紹介しましたが、複数枚の写真を1つにまとめて投稿することにより、相手にメッセージを伝えやすくなります。 投稿した写真を見るには、左右にスワイプするとページがめくられますので、パラパラ漫画として画像を見ることが可能です。 例えば、スマートフォンの開封儀式なども1コマ1コマ写真を撮って一気に投稿することも可能ですし、料理の写真も材料から出来上がった姿まで1回の投稿で表現できるようになります。 ただし、 複数投稿できると言いましたが、現在は最大10枚までの制限がかかっているようです。 ですのでメッセージは10枚の写真の中で表現しなければならないのでその点だけ注意しましょう。 インスタに複数の写真を投稿する方法 実際にインスタグラムに複数の写真を1つにまとめて投稿してみます。 まずはインスタグラムアプリを開いて、画面下にある「 +」のアイコンをタップしてください。 すると、画面右端に「 複数を選択」という表示されます。 もし、この表示が出ていないとしたら考えられる理由は2つあります。 インスタグラムをアップデートしていない• トップ画面でインスタグラムの新機能チュートリアルを見ていない 特に多いのが後者のチュートリアルを見ていないパターンです。 チュートリアルを見ていないと表示されないことが有るので、必ず見るようにしてください。 チュートリアルとは、インスタグラム公式のアカウントアイコンで「 New!」となっている箇所です。 表示されたら、複数の写真を選択してみましょう。 選択が終わったら「 次へ」を押して投稿する写真にエフェクトをかけます。 一気に全部の写真に対してエフェクトをかけることが可能ですので非常に楽に感じました。 また、上部の画像を左右にスライドさせて個別にエフェクトをかけることも可能です。 個別にかけるには、一度対象の画像をタップしてから行わないといけません。 あとは通常通りタグやキャプションを付けて投稿するだけで完了です。 実際にタイムライン上ではこんな感じで左右にスワイプすることが可能になっています。 ちなみにタイムラインに表示されるトップ画像は長押しをすることで順番を入れ替えたり、削除したりすることが可能です。 インスタグラムの付属アプリLayoutを使わなくても複数枚の投稿が可能なので、今後はコチラの機能を使った方が良いと思います。 複数の写真をサイズ変更する方法 インスタグラムに写真や動画をまとめてアップロードする際に気をつけてほしいのが、サイズが統一されていないと思いがけない所で写真が途切れてしまうことです。 通常はスクエア型にクロップされてしまうインスタグラムですが、アップデートにより縦長/横長の画像も投稿できるようになりました。 写真や動画を1枚選択した状態で画面左にあるリサイズアイコンをタップすると、その画像に合わせて縦長または横長にリサイズされます。 インスタグラム内での写真サイズ変更はこの方法しかありません。 もしもっと細かい調整をしたい場合は、外部アプリの「InstaSize」や「正方形さん」といったアプリを使うと良いでしょう。 インスタグラムの複数写真投稿ができない原因 今回ご紹介した複数写真投稿ができない場合、次のような原因が考えられます。 【1】インスタのバージョンが古い 複数写真の投稿機能はインスタのバージョンが12. 0以上でないと利用することができません。 App StoreもしくはPlayストアにてインスタをアップデートしてください。 もし今後最新のインスタグラムを利用したい場合は、アプリが自動アップデートされるように設定して上げましょう。 【2】ログアウトまたは再インストール バージョンアップしたにも関わらずマルチ機能が使えない場合は、一度アカウントからログアウトしてアプリを再起動してみましょう。 ログアウトする際はパスワードやIDの控えを忘れないように。 もしそれでもマルチ機能が使えない場合は、アプリを再インストールすることをおすすめします。 【3】端末の再起動 困ったときは端末の再起動を試みましょう。 特にiPhone等のiOSデバイスに関しては再起動をすることで利用できたりするケースもあるので試してみる価値は十分にあります。

次の

Instagram(インスタ)ストーリーの初めての投稿方法(上げ方)

インスタ 投稿 仕方

インスタのコメントの仕方や返信方法 アプリ編 解説に使用している画像はiPhone版インスタグラムですが、Android版からコメントを投稿する手順も同じです。 フィードや検索でコメントしたい写真や動画を見つけたら、左下の吹き出しマークをタップしてください。 そうするとコメントが入力できるようになるので、入力後「投稿する」をタップでコメントを送ることができます。 コメントの入力画面には常時七種類の絵文字が表示されているので、こちらも活用してみてください。 キーボード入力から、その他の絵文字や顔文字も使用可能です。 コメントを投稿する際の注意点としては、 インスタのコメントは投稿した後に編集できないので、何度か見直しをしてから投稿するようにしましょう。 関連記事 自分が投稿した写真や動画にコメントが届いた場合は「返信する」をタップすると、そのコメントに対して直接返信できます。 尚、コメントの返信はハートマークのアクティビティからも行えます。 PC編 PC版インスタグラムをご利用の場合は、コメントしたい投稿の下側に「コメントを追加」という箇所があるので、そちらにコメントを入力して「投稿する」をクリックしてください。 貰ったコメントに対して返信したい場合は、吹き出しマークからコメント一覧を開いて「返信」をクリックすると、相手のユーザーネームが自動的に差し込まれて返信できます。 その他のコメント機能の使い方 ここからはコメント投稿以外の基本的な使い方をご紹介いたします。 コメントを削除したい場合 コメントの入力途中で投稿してしまった、間違って別のユーザーにコメントを送ってしまったなどの理由でコメントを削除したい場合はこちらの記事を参照ください。 関連記事 コメントする際のマナーや注意点 相手の個人情報は控える リアルで親しい相手の投稿にコメントする際に気を付けたいのが、相手の個人情報に繋がる内容をうっかりコメントしてしまうことです。 相手が非公開アカウントでフォロワーが身内だけならよいのですが、インスタだけで繋がっているフォロワーがいる可能性もありますし、公開アカウントの場合はどこの誰に見られているのか分かりません。 学校名や自宅周辺のスポット、本名などはうかつに書き込まないようにしましょう。 コメントが付いた際にプッシュ通知が届く設定になっていると、相手の睡眠を妨げる恐れがあるからです。 誘導コメントはしない 自分の投稿を見てほしい、自社の商品やサービスの認知度を高めたいなどの理由で手当り次第に誘導コメントしている方がいるのですが、印象を悪くしてしまうだけなので、おすすめできません。 特にURL付きの誘導コメントは通報されると高確率でアカウント停止されるので、くれぐれも注意しましょう。 コメント返しやいいね返しは必須!? こちらは自分がコメントを貰った時のマナーについてです。 1回の投稿でコメントが数十件以上寄せられる場合は大変だと思うのですが、そうでない場合はコメント返しや貰ったコメントにいいねを付けるとフォロワーから好印象です。 とはいえ、インスタ内でコメント返しやいいね返しが当然の文化になっているわけではないので、息苦しくならない程度に取り入れてみてください。 まとめ インスタのコメント機能に関する解説は以上です。 他のユーザーに見られると好ましくない話題や親しくなって個別でやり取りできる関係性になったらも活用してみてください。

次の