くもん 算数 教材。 公文の算数のB教材の進みが遅いです・・。

公文は何歳から?どれか1教科を選ぶなら国語の理由!

くもん 算数 教材

公文教室とくもん市販ドリルの違いは? 我が家の子供たちが公文の教室に通い始めて3年が経過しようとしています。 最近改めて算数のプリントを見ていて、 「これ、家庭でくもん市販ドリル学習ではカバーしきれないかも…」 と感じたことがあるので、今日はそのお話をさせていただきますね。 ちなみに我が家は、息子が国語と英語を、娘が国語を学んでいます。 また夫がくもんOBということもあり、基本的にはくもんの良い面はどんどん吸収したいと思っています。 公文の教室と自宅でのくもんの市販ドリルとを比べた場合、一番の違いはなんだかわかりますか? その違いは、なんと言っても 「演習量」です。 教室によって方針は様々かと思いますが、子どもたちがお世話になっている先生は、基礎が体に染み込むまでみっちり、何度でも何度でも繰り返しさせるので、教材の終わりが見えてきたにもかかわらず、序盤まで揺り戻されることもしばしばです。 親としては、苦手克服のためには必要なことなのだから仕方がないですし、しっかり見ていてくださってる感があるので安心できる部分もありますが、当の本人は同じ事の繰り返しが楽しめる……という感じではありませんでした。 ただ、この辺はお子さんによって反応はまちまちでしょう。 徹底反復が基本の公文式の学習法は、やはり向き・不向きがあるのは事実です。 自宅学習組にうれしい、4つのメリット 一方の自宅でのくもん市販ドリル学習にもメリットはたくさんあります。 時間の都合がつけやすい• 送迎が不要• 低価格• スモールステップで無理がない• 教室のプリント学習と同様の演習量を確保したいと考えた場合、1冊終えたから次に進むでいいのでしょうか? 答えはノーです。 この手の計算ドリルを1冊終えただけでは教室と同程度の演習量をまかなうことはできません。 教室の環境に近づけるのであれば、 先取り用と復習用の2冊を同時にこなすぐらいの気合いは必要なのが現実です。 さらにそれらを 2、3巡させて一定時間内に全問正解できるぐらいまで仕上げる。 ここまでやって初めて次の教材へ進めることができます。 公文式の教室では、常にタイム計測をしながら学習します。 これが公文式教室のやり方です。 では、改めて公文教室に通っている生徒と同様の市販ドリルの使い方をまとめます。 1つのドリルをなんども使うのがポイントです! いかがでしたか? そこまで徹底的にやるの? と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか? ただし、ここまで徹底的にやるからこそ、勉強の基礎体力がつくのも事実です。 今回ご紹介した内容は、あくまで、自宅のくもんドリルを教室と同じ雰囲気で進めたいという方向けではありますし、そこまでしなくても大丈夫なお子さんの場合は、どんどん先へ進めていけばOKです。 また、マスター1095題のように、穴埋め式の問題はくもん式にはないタイプなので、 くもんの弱点を補うという意味ではもってこいの教材だと思いました。

次の

現在小学校3年生、年長から続けた、公文(くもん)の成果と娘が学んだこと。

くもん 算数 教材

こんにちわ!総監督です! 長男が小学1年生の6月からくもんを習い始め、約2年半が経過した小学3年生の2月現在の状況をお伝えしたいと思います。 くもんに関する様々な評判もあると思いますので、我が家の例も一つの参考としていただければと思います。 長男は小学1年生の6月に、算数・英語の2教科から習い始め、学校の勉強との両立にも慣れてきたということで、2年生にあがるタイミングで国語も追加で習い始めました。 3年生2月現在でのくもんでの各教科の学習期間は 国語・・・1年10ヶ月 算数・・・2年8ヶ月 英語・・・2年8ヶ月 ということになります。 毎日の学習していたプリントの枚数は 国語・・・10枚 算数・・・10枚 英語・・・5枚 で一日合計25枚です。 くもんは自分が学習するプリントの枚数を指定して学習量を調整することができます。 風邪などの体調不良時や兄弟の行事(運動会etc)につき合わせてしまった時などを除けば、ほぼコンスタントに上記の勉強をこなしていたと思います。 学年相当でいうと 国語・・・中学1年生程度 算数・・・中学2年生程度 英語・・・中学2年生程度 です。 現在長男は小学3年生なので、4〜5学年先の勉強をしているということになります。 でも、私が言うのもなんですが、うちの子でもできるので、これくらいなら誰だってできると思います。 急に5学年先を勉強するわけではなく、自分の学年よりも下の学年の単元から一つずつ進めていくので、謙遜でもなんでもなく、本当に誰でもできるようになります。 ただ、子どものやる気や素質よりも、親の覚悟が必要になってくるかもしれません。 やはり、学校の宿題に加えて、毎日25枚のくもん教材をこなすというのは決して少ない量ではなく、特に他の習い事がある日や、週末の用事などで子どもたちを長時間一緒に連れまわしてしまった時などは、夜ごはんを食べ終わってからも宿題に取り掛かったりしています。 親としては少し気の毒になり、「もう今日はそれくらいにしたら?」と声をかけるのですが、毎日25枚やるというのが習慣になってくるとどうしても終わらせないと気が済まなくなってくるようで、「友達に追い抜かれてしまう」「友達に離されてしまう」と負けず嫌いの性格も手伝って、夜遅い時間まで宿題をしていることもしばしば。 そもそも中学受験を考えているご家庭や高校受験を控えているご家庭からすると、先の学年の内容まで今から勉強する意味があるのか?そんなことより受験範囲内の勉強に集中した方がいいのではないのか?という疑問もあると思いますが、私は絶対にやる意味はあると思ってます。 私自身、地元では進学校といわれる高校に進学しましたが、高校に入ってから学習についていけずに、おちぶれる学生をみていると、たとえ受験範囲外であっても、自分の学年を超えて勉強することは決して無駄なことではないと思ってます。 私自身の経験としても、先の勉強をすることで、今の勉強が楽に感じますし、先の勉強を理解することで、今の勉強の理解が深まるんですね。 当然、高校に進学した際にも、同じクラスの他の学生は初めて習う分野でも自分はもうすでに習っているため、高校入学直後、大学受験のスタートラインにたつわけですが、その時点ですでにアドバンテージがあるということです。 中学受験、高校受験も大切かもしれませんが、最終目標はやっぱり大学受験ですからね。 そこに照準を合わせるのであれば、やはり少しでも年齢が低いうちに先の学習を取り組んでいくというのは十分意味があるのではないかと思います。 少なくとも私はそうでした。 自分が小学生だった頃を思い返しても、クラスの中で計算が早い子は「そろばん」を習っている子か「くもん」を習っている子のどちらかだった記憶があります。 国語が得意な子に対して「あいつはくもんで国語を習っているからな」なんて話題になった記憶は一切ありません。 しかし、最近私が感じることは、くもんは「国語」こそが一番特色ある教科なのではないかということです。 くもんを習っていると毎月、教室から保護者あてにお手紙(お知らせ)が配布されるのですが、そこには「算数はいつからでも取り返せる(極論、後回しでいい)。 でも国語は全ての教科の基礎になるものだから国語が一番重要だ」というようなことがよく書かれています。 また、子どもたちの国語のプリントでも、長文を「要約する問題」や「違う表現に言い換えて記述する」問題がよく出てきます。 様々な文章で何度も何度も読解力を養うトレーニングをするのです。 これを小学校低学年から毎日繰り返していくわけですから、中学生や高校生になった際には相当な力が蓄えられているのでないかと思います。 私自身も受験時代に身をもって体感しましたが、国語、数学、英語の主要3教科は受験前の1年間で劇的に成績を上げることは極めて難しいです。 さらに、この3教科で受験勉強の7~8割の時間を費やしてしまうため、受験前にこの3教科を自分の得意科目にしておくことが第一志望への近道ということになるのです。

次の

くもん(公文式)の進度状況(2020年3月末時点)

くもん 算数 教材

わが家は夏休みに帰省するため、しばらく公文の教室通いはお休みします。 お休みといっても、日々コツコツこなす積み重ねが大事なくもんですから、学習にお休みはありません。 プリントは帰省先でも毎日やることになります。 今回は宿題プリントを8日分もらって帰ってきました。 3年生の長男は、ただいま E教材。 いわゆる「分数祭り」、あるいは「分数地獄」と言われる教材を味わっているところです。 しかし、いつものようにプリントを片付けていると。 あららら。 しれっと F教材が混ざってます!!! F教材! 3Aからスタートして丸3年。 ここまできたかと、ちょっと感動してしまいましたよ。 F1〜40までは、Eの復習になるようです。 長男にとってはすでにやり方は分かっている問題ばかり。 初めてのF教材と言ってもあっさり終わらせるのでしょう。 Fだからとむやみに感動しているのは、親だけかな。 ちなみにF80ぐらいまではまだまだ「分数祭り」が継続するようです。 しかし、これでもかと分数をやることで、公文っ子たちは通分や約分の数字が自動的にパッとひらめくようになるのだとか。 3年生の年度末までにF教材が終わっていれば「 3学年先学習」が認定されます。 公文式は先取りを推奨していて、この「3学年先」というのはそのひとつの大きな節目。 認定されるとトロフィーが授与されることでおなじみです。 もっとも今の長男にとっては「トロフィー?なにソレ美味しいの?」くらいの感覚でしょうね。 なにせ受賞したり合格したりという経験が全くないので。 実際にもらうと励みになりそうなので、なんとかそこまでやる気を保っていてくれたらいいなぁと思ってます。 suna622.

次の