お 酒 を 飲む と 体 が 痛い。 左の背中が痛いって?その鈍痛はアルコールが原因ですよ

お酒を飲むと体がだるくなったり痛くなる原因はアルコール分解能力が関係していた

お 酒 を 飲む と 体 が 痛い

手や足などに筋肉痛が起きる• 何となく全身がだるくなる• 身体に思うように力が入らない このようにお酒を飲んだ後に筋繊維が破壊されることで起きる症状のことを、医学的には 「アルコール筋症(アルコール性ミオパチー)」と呼びます。 お酒を飲んだ後の筋肉痛にはしっかりと病名がついているんですね。 アルコール筋症がひどくなると、筋肉の麻痺や痙攣につながることもあります…。 なぜお酒を飲むと筋肉が痛くなるのか? ではなぜアルコール筋症は起きるのでしょうか?まずはお酒を飲んだ後に筋肉が痛くなる原因をしっかりと理解しておきましょう。 お酒を飲んだ後に筋肉が痛くなる最大の原因は、アルコールの分解過程で ビタミンB群不足になることです。 これだけでは何だかわからないですから、もうちょっと解説していきます。 ご存知の通り、わたしたちの身体でアルコールを分解しているのは肝臓です。 ただ わたしたちの肝臓がアルコールを分解するときには、たくさんのビタミンB群を消費します(もちろん、他の栄養素も消費します)。 そのため、お酒を飲みすぎてしまうと、一時的にビタミンB群不足に陥ってしまうことがあります。 そして、特にスポーツなどの運動をしてなくても、わたしたちの身体は筋肉を使っています。 たとえば、居酒屋で座っているときでも姿勢を保つために筋肉を使っています。 つまり、何もしていないつもりでもちょっとずつ筋肉は壊されているので、常にちょっとずつ新しい筋肉を作らなければいけません。 しかし、実はわたしたちの身体が筋肉をつくるときにも、たくさんのビタミンB群を必要とします。 そのため、 お酒を飲みすぎることでビタミンB群不足になっていると、新しい筋肉をつくることができず、筋肉の破壊と再生のバランスが崩れてしまいます(破壊>再生)。 結果的にお酒を飲んだ後に筋肉が痛くなってしまうのです…。 アルコールを肝臓で分解する能力は個人差があります。 おそらくお酒に弱い人は、アルコールを分解するためによりたくさんのビタミンB群が必要になるするのではないでしょうか? 日本人の約半分以上は体質的にアルコールを分解するのが苦手ですから、お酒を飲みすぎるとアルコール筋症を引き起こしやすいのかもしれません。 スポンサーリンク お酒を飲むと筋肉が痛くなるときの5つの対処法とは? 対処法1.適度な飲酒を心がける たくさんのお酒を飲むとアルコール分解のためによりたくさんのビタミンB群が必要になりますから、まずはそもそもお酒を飲みすぎないようにすることが大切です。 前述の通り、アルコールを肝臓で分解する能力は個人差があります。 どのくらいまで自分がお酒を飲めるのかをしっかり把握しておきましょう。 対処法2.お酒と一緒に何かおつまみを食べる お酒を飲んだ後に筋肉が痛くなる最大の原因は、アルコールの分解過程でビタミンB群不足になることでした。 基本的にお酒にはビタミンB群は含まれていませんから、お酒と一緒に食べるおつまみでビタミンB群を摂取することを考えましょう。 ビタミンB群が豊富に含まれる食品には、大豆製品・乳製品・豚肉・魚介類などがあります。 一般的なお酒のおつまみとしては、枝豆・冷奴・チーズ・豚串・イカ焼きなどが考えられるでしょう。 ぜひお酒だけを飲むのではなくて、一緒に何かおつまみも食べるようにしたいところです。 対処法3.たっぷりと水分を摂取する たっぷりと水分を補給することでアルコールの分解がスムーズに進むので、アルコール筋症の予防・解消に効果があります。 ただアルコールには利尿作用があるため、お酒は水分補給に含めません。 むしろお酒だけを飲み続けていると、体内の水分はどんどん奪われてしまいます。 お酒を飲んだ後は意識的にたくさんの水分を摂取するようにしましょう。 特にビタミンB群などの栄養素も同時に摂取できるスポーツドリンクはおすすめです。 また、できればお酒を飲んでいるときから、チェイサーとしてミネラルウォーターやウーロン茶などを飲むとよいです。 対処法4.グレープフルーツジュースを飲む グレープフルーツにはビタミンB群が豊富に含まれています。 また、グレープフルーツの主成分であるフルクトース(果糖)は、アルコールの分解を助ける作用を持っています。 ただわざわざグレープフルーツを食べるのは大変ですから、お酒を飲んだ後に100%グレープフルーツジュースを飲むのがおすすめです。 最近ではコンビニなどでも手に入ります。 対処法5.ヘパリーゼなどを飲む お酒の飲んだ後に筋肉が痛くならないようにするには、市販のアルコール分解促進ドリンクを飲むのもよい方法です。 あらかじめ飲んでおくのでもよいですし、飲み会後に飲んでもよいでしょう。 アルコールの分解がスムーズに進めば、当然お酒を飲んだ後の筋肉痛も起きなくなります。 市販のアルコール分解促進ドリンクはいくつか種類がありますが、ゼリア新薬の 「ヘパリーゼ」がおすすめです。 第三種医薬品に指定されているため、ドラッグストアなどの薬局でしか購入できませんが、その分だけ効果も期待できるでしょう。 最後に.

次の

【酒と健康】適量のアルコールは体に良いって本当?

お 酒 を 飲む と 体 が 痛い

アルコールが合わない体質の場合 お酒に強い人、弱い人、全く受け付けない人など、体質は様々です。 アルコールが合わない体質の方にとって、お酒の場は苦痛でしかありません。 アルコールは毒素ですので、体内に入ると早く体外に排出しようとします。 手っ取り早い方法は血管を拡張して血流を早くしてしまうという方法です。 血管が拡張すると皮膚は赤くなります。 頭の血管が拡張した場合は神経を刺激して頭痛が生じるというわけです。 アルコールが体に合っていない人というのはこの作用を非常に早く行うわけです。 ビール1杯で体が真っ赤になる・頭痛がするという方は、アルコールが合わない体質と言えるでしょう。 この作用は体質によるものですので自分の意志でどうにもなりません。 できればアルコールを体内に入れずに過ごせたらよいのですが、そうもいかない場合もありますよね。 頭痛が起きた場合は少しでも早くアルコールを体外に排出できるよう、水を飲んだり、トイレにいくなど、体に協力してあげましょう。 痛みに対する対策としては、 コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインが血管収縮に有効です。 また、痛い部分を冷やすと拡張した血管が収縮するため、痛みが和らぎます。 お酒の飲みすぎ・二日酔いによる頭痛の治し方 お酒を飲みすぎてしまったり、二日酔いになってしまったときに起こる頭痛の原因や治し方について紹介していきます。 血管拡張をおさえる 大量のお酒を飲んだ場合も血管が拡張しますので、頭の神経を刺激して頭痛が生じる場合があります。 ズキンズキンと脈打つような頭痛の場合は血管拡張が原因です。 コーヒーや緑茶を飲んだり、痛い部分を冷やすなどの方法を試してみてください。 脱水症状を解消する お酒を飲むと何度もトイレに行きたくなりますよね。 水分をどんどん出してまたアルコールを追加で摂取するという繰り返しになります。 こうなるとアルコールが分解されずに水分だけが排出されていきます。 こうして 脱水症状になってしまうのです。 脱水症状になると脳の周りにある髄液も少なくなります。 髄液は脳とその周囲の神経の間の緩衝材の役割がありますが、髄液が少なくなることでその役割が果たされず、神経に刺激を与えてしまいます。 これが頭痛・吐き気・だるさという症状として現れます。 頭を動かさずじっとしていると痛みがなく、起き上がった時に痛みが生じる場合は脱水症状の可能性が高いです。 一刻も早く水分補給をしましょう。 できれば塩分と水分を含んでいる経口補水液のようなものが良いでしょう。 酔ってそのまま眠ってしまうと、寝ている間に脱水症状を起こして目覚めた時にひどい頭痛や吐き気を生じます。 飲酒後は、寝る前に必ず水分補給をするようにしましょう。 このアセトアルデヒドは有害な成分で、血中にたまると頭痛や吐き気という症状を引き起こします。 アセトアルデヒドが分解されなければ、頭痛や吐き気はおさまりません。 アセトアルデヒドの分解を促進させる工夫が必要になります。 アセトアルデヒドの分解を促進させる栄養素は グルタミン・タウリン・オルニチン・セサミンなどがあります。 二日酔いに効く栄養ドリンクなどに入っている成分として聞いたことがありますよね。 こういった成分が入った栄養ドリンクを飲むのも1つの方法です。 食品として摂取するのであれば、しじみ・はまぐり・あさり・タコ・イカ・ごま・ナッツなどに多く含まれています。 予防としてこれらをおつまみとして食べるのも有効です。 その他の飲酒による頭痛の対処法 お酒を飲んで頭痛が生じる理由は1つではありません。 少し意識した飲み方をすると後の頭痛に悩まされることが少なくなるかもしれません。 脱水を防止するため飲酒中も水を飲むと良いでしょう。 またアルコールの吸収を遅くする食品として ナッツやレーズンバターなどが有効です。 吸収してしまったアルコールの代謝を促進するには ゴマやかぼちゃの種・玄米などが有効ですのでおつまみなどで摂取できたら良いですね。 さらに肝機能を強化する食べ物としては ブロコッリーなどのアブラナ科の野菜が有効です。 また、アルコールの分解には糖分を必要とします。 水分補給をする際には糖分の入ったスポーツ飲料がオススメです。 二日酔いに効くツボを押してみるのも1つの方法です。 百会(ひゃくえ)というツボは、頭頂部の左右の耳を結んだ線の真ん中に位置します。 親指でゆっくり揉むようにおすと頭痛を和らげてくれます。 風池(ふうち)というツボは後頭部の髪の生え際の耳の後ろの骨の内側に位置します。 親指で強めに押すと効果があります。 試してみて下さい。 まとめ お酒を飲んだ時の頭痛の原因は1つではないことがわかりましたね。 お酒を飲むといつも頭痛が起きるという方は、飲む時の食事などにも注意すると予防になります。 頭痛が起きてしまった場合は、その頭痛の特徴によって対策が異なります。 頭痛を解消するには、頭を冷やす・水分補給をする・アルコールの分解を促進する成分を摂取する・ツボを押すなどの方法があります。 頭痛の原因が何かを考えてみて、自分に合った頭痛対策をしてみて下さい。 毒素の強いアルコールですが、上手に付き合って楽しくストレス解消につなげましょう。

次の

酒を飲むと筋肉が痛い!アルコール筋症をすぐ治す方法!

お 酒 を 飲む と 体 が 痛い

ページの目次• 酒を飲むと体が痛いと感じるのは? お酒は百薬の長といいますが、実際にはマイナスの効用もたくさんあります。 気持ちよくなる、楽しくなる、気が大きくなるのと引き換えに、人は体で色々と代償を払っています。 人によっては、吐き気を覚えたり、実際に吐いてしまったり、めまいや頭痛、だるさ、そして二日酔い、そして、今回の記事のテーマである「体の痛み」など中々高い代償です。 さて人は酒を飲むのにこのような代償を払わなくてはいけないのでしょうか? というのも酒は、そのまま体に吸収するには毒性が強いので肝臓が頑張って無害な成分へと分解します。 その分解には色々と必要な成分があります。 例えばミネラル、ビタミン、亜鉛などです。 実際はもっとたくさんありますが、多種多様な成分を使って頑張って体に優しい物質へと変更しようとしています。 しかし、肝臓がいくら頑張ろうと持って生まれた才能があるのです。 つまりアルコールを分解する酵素のあるなしが酒の強い弱いを決定します。 つまり、努力が実を結ばない唯一の分野がこの酒に対する耐性です。 耐性が弱い人ほど、少し飲んだだけで高い代償を払わなくてはいけないのです。 酒を飲む体が痛いと感じる「急性アルコール筋症」とは? お酒を体に優しい成分にするために、肝臓は必死で働きます。 その際に、利用する成分がミネラルやビタミンですが、ビタミンは体内でも人気者の成分ですから、あちこちで必要とされます。 しかし、肝臓が強引にビタミンを攫って行ってしまうので、悲鳴を上げるのは筋肉です。 なぜなら筋肉もとてもビタミンを必要とする部位だからです。 つまりお酒を飲めば飲むほど、筋肉に必要なビタミンが肝臓に奪われていき、その悲鳴が痛みとなって現れるのです。 筋肉痛によく似た痛みなので、「あれ、昨日酒飲みすぎて、なんかやっちゃったかな?」と考える人がいるかもしれませんが、それは違います。 筋肉からのSOSです。 ビタミンが奪われた筋肉といのは破壊が進んでいきます。 つまり、お酒を飲むと体が痛いと感じる人は、飲めば飲むほど筋肉が破壊され、どんどん体内の筋肉が減っているという事です。 男性で特に体を鍛えている人は注意してください。 せっかく付けた筋肉がお酒を飲む度に減っていってしまいます。 酒を飲んで体が痛いという状態を回避するには? まず一番はお酒の量を控えることです。 特に吐くまで行くと、かなりビタミンを失ってしまいます。 だから、自分の適量を覚えて、常に適量の範囲内でお酒を楽しむことです。 そうは言っても、適量が判っていれば、こんな失敗はしないよ!という人には、失われた成分を補給する事が大切です。 つまりお酒を飲むことで肝臓が奪っているビタミンやミネラルなどの色んな成分を補給してあげるのです。 お酒を飲む時は、チェイサーは必須。 どんな種類のお酒でも、必ずお水を飲みましょう。 またスポーツドリンクなどもいいそうです。 スポーツドリンクってお酒と一緒に飲むと、お酒が吸収されやすくなるので、危険と言われていた時期がありますが、これも都市伝説の類らしいです。 失われた水分が補給されやすいので、効率がよさそうです。 そして失われたビタミンですが、サプリで補給が一番早い方法です。 またハーブの「ローズヒップ」はビタミンの爆弾と言われているぐらいビタミンが豊富なので、お酒を飲んだ夜に飲むのがオススメです。 「急性アルコール筋症」から「慢性アルコール筋症」 よく「休肝日を作りなさい」と言われます。 お酒が好きな人には辛い提案です。 それはそうです。 人間だって365日ずっと働かさられたら、きっと体か心がどちらか壊れますよね。 人間の体だってそうです。 「急性アルコール筋症」というのは、その名前の通り一時的なものです。 お酒を飲んで体が痛くなり、筋肉が破壊されたとしても、いきなり筋肉が減る事はありません。 しかし長期間の飲酒が、徐々に細胞を成長させるホルモンを妨げ続ければ、やがて筋肉が作られる以上に減少していき、筋肉が減っていきます。 なら、アルコールの量を控えればいいかというとそうでもないのです。 たとえ少量でも、毎日肝臓を働かせれば、やはりその負担は相当なものになります。 つまりは毎日飲むという習慣がよくないそうです。 そのため、まずは休肝日を作るようにしましょう。 週に1日でも休めばずいぶんと肝臓も元気になるそうです。 人間よりも働き者ですね。 ブラック企業にならないように肝臓もお休みをあげましょう。 酒を飲んで体が痛いのは、体のSOS お酒が強いかどうかというのは、その人がアルコール分解酵素を生れつき持っているかどうかによります。 これは遺伝で決まっており、お酒をいくら飲んでもその強さは変わりません。 ちなみに日本ではこのアルコール分解酵素を持っている人は、世界の中でも格段に少なく、多くの場合は、少し持っているか、全然持っていないかです。 全然持っていない人は一口飲んだだけでも、頭痛やめまいを覚えます。 つまり、前述した通り、お酒の飲んで体が痛いのは、筋肉が破壊されているから。 つまり体のSOSです。 でもお酒が強いのと、お酒が好きなのは別の問題。 たとえ分解酵素が少なくてもお酒を飲むのが大好きな人はたくさんいます。 でも飲む度に痛みに耐えなくてはいけないのは、辛いですね。 飲み方によっては、体の痛みを抑える事が出来ます。 まずは、必ず失われる成分を補給しましょう。 ミネラルとビタミンは必須です。 お酒だけでなく、途中にお水は飲むようにしましょう。 お酒とお水は1対1が理想です。 また飲んだ後には、スポーツドリンクや、ローズヒップなどを飲むのがオススメです。 また、「急性アルコール筋症」から「慢性アルコール筋症」にならないように、週に1日は休肝日を設けましょう。

次の