水 回り コーティング 剤。 水回りのコーティングって自分でできるの?自分でやってみる方法・プロに依頼する方法を解説!

プロが教える車の雨染み,コーティングの水垢の対処法

水 回り コーティング 剤

このページの目次 CLOSE• 家庭用のコーティング剤の成分と車用品の違い が、 スプレータイプ(効果は1ヶ月程度)とガラスコーティング(効果は3年程度)があります。 スプレータイプでは「」などがありますが、成分は「荷電化処理水、 変性シリコーン、フッ素樹脂、可溶化剤」となっています。 コーティング成分はシリコンやフッ素樹脂となります。 ガラスコーティングで有名なのは「」です。 成分は「 シリコンフッ素複合系樹脂」が主成分となっています。 では、車のコーティング剤はどうでしょうか。 Amazonで人気のコーティング剤を複数調べましたが、実は 全成分が公開されているコーティング剤が見つかりませんでした。 メーカーのHPにもコーティング剤の成分が記載されていないものもあります。 表記としては 「ガラスコーティング」や「シリコーン」「撥水ポリマー」などとなっています。 似たようなもので ワックスがありますが、こちらも全成分が分かるものはほとんどありませんが、 は全成分が明記されており、「塗装成分」と「ワックス、シリコーンオイル、樹脂、超微粒子パウダー、石油系溶剤」となっています。 また、ガラスコーティングで有名な は「フッ素系撥水剤・酸・イソプロピルアルコール」となっています。 車のコーティング剤をシンクや風呂場に使えるか 以上のように、 車のコーティング剤では成分が分からないものや、成分がそもそも家庭用でないものがほとんどです。 ですから、 車用品を家庭用に使うのは「危険」と言わざるを得ないでしょう。 例えば、シンクに車用のコーティング剤を使った場合、跳ね上がったり、飛び跳ねたり、剥がれたコーティング剤が食器や食材について、 口に含んでしまう可能性がゼロではありません。 また、風呂場でも 成分が溶け出す可能性があるのは言うまでもありません。 ガラコあたりは風呂場の鏡に使えそう、ということで使った人の口コミもありますが、 「鱗・水垢」が張り付いてしまって取れなくなってしまった、という失敗談がありました。 唯一使えそうな水回りが「トイレ」ですが、「酸」や「微粒子パウダー」が含まれていますから、 変色の可能性がゼロとは言えません。 おすすめできないのです。 家庭用コーティング剤は意外と安い 「車用のコーティング剤やワックスが残ってもったいないから家でも使おう」という場合、前述のように「失敗」する可能性が非常に高いです。 家庭用のコーティング剤でも、スプレータイプの「」あたりは800円弱で家中使えますから、車用で残ったコーティング剤を使うよりは、思い切って「弾き」あたりを購入した方が安心して使えると思います。

次の

車コーティング剤のおすすめ最強ランキング!輝きを長く保つならこれだ!

水 回り コーティング 剤

今まで使ってきた『ガラス系コーティング剤』も好きで結構使ってたんですが、もう戻れない気がします・・笑 とにかく簡単に施工できて、ボディーもツヤが増して、滑水性も抜群です!! あと、 コーティングの頻度がかなり減りましたね〜。 中身はこんな感じ!• 脱脂用シャンプー(1回分)• と感じます。 僕は自分でマイクロファイバークロスを常備してますので、全然良かったんですが、何も準備してない人はクロスが1枚不足する事になりますからね。 でも、実際に乾拭きすると言っても、 拭きスジもほとんど残らなかったので、濡れクロスだけで拭き上げていく感じでもいけそうな気はしました! このシールは検品?用の封印シールでしょうか・・ 気になったので、ソッコー剥がしました。 笑 容器の裏面には注意書きとか成分とか書いてあります。 何か見たことない成分とか書いてありますね〜。 これがコーティングの定着を良くする秘密の成分なんでしょうか!! かわいい容器には、コーティング前に使う『 脱脂シャンプー』が入ってます。 水滴拭き上げ• スプレーして拭き上げ この3ステップで完成です。 正直結構キレイな方だと思ってます。 笑 ただ、 ドアノブの下には水垢が目立ちますね〜。 水をかけながらスポンジで洗ったらすぐに落ちました! ただ、水を弾いてるので以前のコーティング剤が残ってるのがわかります。 これをリセットするため、脱脂シャンプーで洗いましょう! 脱脂シャンプーは希釈タイプ スポンジに直接かけて洗う市販のシャンプーもありますよね? そんな事したら即なくなるのでNGです! これは 水で薄めて使うタイプなので、バケツを用意する必要があります。 僕は愛用の『 8リットルのバケツ』を準備しました! 「 水と洗剤の比率は??」 「 濃ゆけりゃ濃ゆいだけ良いんじゃね〜?」 と思い、脱脂シャンプーに対して、 4リットルくらいの水を入れました。 何も考えずに使うとすぐ無くなりそうなので、節約しながら洗わないといけませんね・・・ あとから考えると、 6〜8リットル入れても全然問題なかった感じがします! 『何リットルの水で希釈するのか?』書いてあれば、より親切ですね〜。 泡立ちは少なめ、水切れ良し! 洗車の基本で、上から下に向けて優しく洗います。 シャンプーは濃ゆめに作ったんですが、思いのほか 泡は少ない感じでしたね。 優しく節約しながら、洗っていきます。 笑 今回は屋根付き車庫での施工ですが、シャンプー液が乾いたら厄介です! 1パネルごとシャンプーで洗ったら、水で流していきます。 あと、 ボディーだけでなくガラス面もシャンプー洗いする事をおすすめしますよ。 シャンプーが余ったらホイールも洗う 節約してたおかげか、結構シャンプーが余りました。 笑 せっかくなので、ホイールも洗おう! タイヤやホイールには鉄粉や油分が付着しやすいので、ついでにキレイにしちゃいます! もちろん ホイールにも施工可能ですからね〜。 水が弾かなくなったらOK! 車全体を洗ったら、再度シャンプー液を完全に落とすため水をかけます。 水弾きがなくなったのがわかりますか? こんな感じになれば、脱脂シャンプーの効果はあった!という事になりますね。 フロントガラスも水の膜が張ってますよ。 天井(ルーフ)も濡れてないように見えて、 全面べったり水浸しです! 結構強力な脱脂シャンプーでしたね。 そんなゴシゴシ洗ったつもりはありませんが、しっかりと以前のコーティングが落ちてます。 まぁスプレー式の簡易コーティング剤だからでしょうけどね〜。 笑 水滴の拭き上げはしっかりと 洗車後はしっかりと水滴が残らないように拭き上げましょう! 施工中にドアノブやミラーから水が垂れてきたら、ムラになるかもしれませんからね〜。 ドアの枠周りも水滴を拭き上げ〜 グリルやナンバープレート周辺も忘れずに水分を拭いて下さい! 実際この水滴が垂れてこなくなるまで拭き上げるのが一番時間かかった気がします・・・笑 ボディー全体をある程度拭いたら、ホイールの水分も拭き上げます。 こうしてる間に、残った水が垂れてくるので〜。 僕は洗車の水拭き取りで使った、自前のマイクロファイバーにスプレーして施工しようと思います。 もう一枚は乾いたものですね! 使い古しのマイクロファイバーは乾いた状態だと、固くなってる場合があるので注意して下さい。 無理にレバーを引くと壊れてしまいます! このようにレバーを90度回しロックを解除します。 だってすぐに乾きますもん。 笑 なのでホントになじませる気持ちくらいで優しく拭き上げればOKですよ。 ドアやボンネット、トランク部分などはパネル1枚やる感じです! 施工後のボディーは? 施工中は写真に撮っても全然わからないレベルなので、いきなり施工後になります。 笑 不思議とツヤが増したような感じがしますね〜。 もともとこの車が納車される時に、全面磨いてくれたみたいで、正直あまり違いはわかりません・・・ 触った感じは スベスベしてます。 説明書には以下のように書いてありました。 『 施工直後は滑水性が弱い場合があります。 これは 余剰成分が多い為ですので、 徐々に滑水性が増していきます。 お時間のある方は 施工後余剰成分を洗い流していただければ、すぐに滑水効果をお楽しみいただけます』 余剰成分で滑水性が落ちるんですね〜。 しかも直後に洗い流して良いのはすごいですよね!定着が早いって事でしょうか。 スプレー内の残りはこんな感じ。 ヴェルファイアのような大型車でこれだけという事は、普通の乗用車5台分くらいは施工出来る事になります。 笑 というわけで、 翌日(約24時間経過後)に水をかけて滑水性を確認してみる事に。 すごい滑水性に驚きました! ホントに水が滑り落ちる感じですねー。 市販品のガラス系コーティング剤の2倍くらいの値段するので、購入にためらうかもしれませんね・・ ただ、実際に使ってみた感想は、 コチラの方が何倍もコストパフォーマンスが良いと思いますよ。

次の

ステンレスシンクを撥水コーティング!キッチンをいつもピカピカに!

水 回り コーティング 剤

撥水?親水?滑水?疎水?一体どんな意味なのか 親水性とは 親水性(しんすいせい)とは、水に融解しやすい、 水に混ざりやすい性質のことをいいます。 ただし、車のコーティング剤における親水性は 水滴を作らない、弾かないという意味で使われています。 水がボディになじんで、流れていくような特性を持ったコーティングです。 撥水性とは 撥水性(はっすいせい)とは、水との親和性が低い 水に混ざりにくい性質のことで、親水性とは真逆の性質です。 車のコーティング剤としての撥水性は 水を弾きコロコロと転がるように落ちていくコーティングですね。 カーコーティングでは、水滴の接触角度が90度以上のものを 撥水 120度以上は 強撥水、150度以上を 超撥水と呼びます。 疎水性とは 疎水性(そすいせい)は、撥水性と同じ意味です。 しかし、コーティング剤における疎水性は 水滴の接触角度が 60度くらいのもののことを指し 撥水のように水滴がコロコロ落ちることはなく 平たい水の塊のまま流れ落ちていくコーティングです。 滑水性とは 滑水性(かっすいせい)は、実は明確に定義されていない言葉で カーコーティング業界で使われ始めた言葉です。 主に使われているケースを見てみると 撥水性と親水性の長所を兼ね備えた性質のことを言うみたいです。 撥水性の、コロコロとした水滴にして弾く性質と 親水性の、水が流れるように落ちていく性質の 2つを兼ね備えたのが滑水性のようです。 撥水性、親水性と比べても 最も水捌けがいい最上級のコーティング剤に 滑水性という言葉が使われているようですね。 撥水・親水・滑水のメリット&デメリット では、それぞれの性質のメリットとデメリットに加えて おすすめポイントについても書いていきます。 それぞれ長所があるので 自分のカーライフに合わせて選んでくださいね! 親水性のメリット&デメリット ・メリット 水が水滴にならずに流れ落ちていくので ウォータースポット(シミ跡のようなもの)が出来にくい。 ボディに水が馴染みやすいため、水がまとまって汚れと一緒に落ちていき 日常的なお手入れがしやすいという魅力があります。 ・デメリット いくら汚れと一緒にまとまって落ちていくとは言え 少しずつ汚れが残っていって、徐々に水を弾く性質に変わっていってしまいます。 親水性コーティングだからと、お手入れをサボり続けてしまうと 汚れによるシミやイオンデポジットができる可能性があります。 撥水性(疎水性)のメリット&デメリット ・メリット 撥水性のメリットとして、一番嬉しいのは 水を弾いてコロコロと転がっていく様が、見ていて気持ちがいいということでしょうか・・・。 雨の日にドライブしているときのコロコロと流れていく水を見ていると撥水コーティングでよかったと思うことでしょう。 またコーティング剤の性質上、撥水性のコーティングは ボディの光沢感が最もツヤがあって、綺麗に見えます。 ・デメリット 水を弾く性質のため、雨が水滴となってボディの上に残ってしまいます。 ただ、もちろんですが、過信は禁物です。 滑水性のメリット&デメリット 先程も書いたとおり、滑水性という性質は明確な定義が無いので 唯一、滑水性ガラスコーティング剤を販売している様の商品の特徴を参考に書いていきます。 ・メリット 水弾きが良く、さらに水の流れが良いため まるで水が生きているかのようにコロコロと転がり落ちていきます。 ただ弾くだけでは撥水性と同じくイオンデポジットが発生してしまいますが 水が滑り落ちるような親水性の性質も兼ねているようなので ボディに水が残りにくく、イオンデポジットが発生しにくい特徴があります。 しかし、業者さんにコーティングしてもらうよりも ピカピカレインの滑水性コーティング剤の方が安いので それもデメリットとして挙げるには微妙なところですね。 まとめ 撥水、親水、滑水の特性の違いについて、知りたいことはわかりましたでしょうか? 文面だけで特徴を見ても分かりづらいと思うので 実際に、それぞれのコーティング剤を試してみているところです。 全て試し終えたら記事にする予定なので少々お待ちください。 もちろんですが、それぞれ長所がありますので 使用環境、保管環境によって自分に合うコーティング剤があります。 是非自分の愛車にぴったりのコーティング剤を見つけてくださいね! 最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました.

次の