玉ねぎ 炊き込み ご飯。 <えっ?玉ねぎで炊き込みご飯?>玉ねぎの王様「札幌黄(さっぽろき)」って?

新玉ねぎの炊き込みご飯【No.52】noboikuクッキング│エンジョイ!シニア夫婦のハッピーライフ

玉ねぎ 炊き込み ご飯

ねぎご飯の具材の準備 ねぎは薬味ねぎや九条ねぎなどの細めのものではなく、ずっしりと太い長ねぎ(白ねぎ)を準備します。 根元を切り落として 1〜1. 5㎝幅に切り、 入れるタイミングが違うので、白い部分と青い部分に分けておきます。 煮干のだしがらはごはんと一緒に炊き込むので、頭とわた、中骨を取り除いておきます。 また、ご飯を炊く前に、米は研いで浸水させておきます。 浸水させることで、米に火が通りやすくなり、ふっくら美味しい炊き込みご飯になります!• 炊飯器の性能やコースなどによって変わってくるので、間違いなくふっくら炊けるよう、このレシピでは事前に浸水する工程をとっています。 ねぎご飯のだし汁、調味料の合わせ方 米が浸水できたら、炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。 そこに醤油、みりんを先に加え、それから煮干しだしを2合の目盛を優先に注ぎ入れます。 さっと全体を混ぜ合わせて、炊く準備の完了です。 さっと全体を混ぜ合わせます。

次の

新玉ねぎの炊き込みご飯【No.52】noboikuクッキング│エンジョイ!シニア夫婦のハッピーライフ

玉ねぎ 炊き込み ご飯

【材料】4人分• 米 洗米済み :2合• 豚こま切れ肉:150g• 細葱 刻み :適量• 生姜:30g A• 酒:大匙1• 味りん:大匙1• 醤油:大匙2• 和風顆粒だし:小匙1• 水:適量 【作り方】• 豚肉は細かく切り、玉ねぎは薄切りに、生姜はすりおろしておきます。 ボウルに豚肉・酒・生姜を入れてよく揉み込みます。 炊飯器の内釜に、米・A・水を2合の目盛りまで加えて混ぜます。 玉ねぎと豚肉を加えて、豚肉は全面に広げて通常炊飯します。 炊き上がったら全体を混ぜ、細葱を加えて混ぜたら完成です。 【材料】• 米:2合• 新玉ねぎ:1個 250g• ベーコン:20g• マッシュルーム:4個• 水:2合目盛りの少し下まで• 黒こしょう:適量• バター:適量• パセリ:適量 A• コンソメ:小匙2• 酒:大匙1• 醤油:大匙1• オリーブオイル:小匙2• 黒こしょう:ひとつまみ 【作り方】• 米は洗って30分ほど水につけて、ザルに上げておきます。 ベーコンは3mm幅の細切りにします。 水を張ったボウルに新玉ねぎを入れて皮を剥きます。 玉ねぎの上下部分を切り取り、上部に1cmほど十字の切れ込みを入れます。 マッシュルームの石づきを手でポキッと折り、スライスします。 炊飯器にお米・水・玉ねぎ・ベーコン・マッシュルームを入れてます。 さらにコンソメなどの調味料Aを加えて、全体を混ぜたら普通炊きで炊飯します。 炊き上がったら、玉ねぎをしゃもじで崩しながら全体を混ぜ合わせて完成です。 【材料】2人分• 米:1合• ウインナー:3本• コーン 缶詰 :大匙4~5• カレールウ:1片• バター:10g• 固形コンソメ:1個• 卵:適量• サラダ油:適量• パセリ:少々• ブラックペッパー:少々 【作り方】• 玉ねぎ・カレールウはそれぞれみじん切りにします。 ウインナーは小口切りに、パセリはみじん切りにします。 米を研いで、炊飯器の内釜に1合分の水を入れます。 玉ねぎ・カレールウ・ウインナー・コーン・バター・固形コンソメを入れます。 軽く混ぜたら、30分浸水して通常通り炊飯します。 炊飯している間に目玉焼きを焼きます。 カレーの炊き込みご飯の上に目玉焼きをのせます。 お好みでパセリ・ブラックペッパーをちらして完成です。 【材料】4人分• 米:2合• 水:2合の目盛まで• 牛薄切り肉:200g A• 酒:大匙1• 醤油:大匙2• ごま油:小匙2• 砂糖:大匙1• コチュジャン:大匙1• にんにくすりおろし:1片 【作り方】• 米は洗って30分ほど水につけ、ザルに上げておきます。 人参は5mm幅の細切り、玉ねぎは5mm幅の薄切り、ニラは4cm幅にカットします。 ボウルにAの調味料を混ぜ合わせます。 2に牛薄切り肉を加えてよく揉み込み、10分漬けます。 炊飯器に米を入れて漬けダレごと3を加えます。 人参・玉ねぎ・ニラ、・豆もやしをのせて、目盛りまで水を注ぎます。 そのまま普通炊きで炊飯します。 炊き上がったら、底からしっかり混ぜて完成です.

次の

【みんなが作ってる】 玉ねぎ 炊き込みごはんのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

玉ねぎ 炊き込み ご飯

新玉ねぎがおいしい季節。 簡単でオモシロおいしいレシピを発見したのでメモです。 お米と一緒に生の新玉ねぎをそのままお釜にドーン!と入れて焚き付けるとてもワイルドな料理。 でも、お味は優しくて好きです。 お米を洗い、釜に入れる。 ちりめんじゃこを茶色に色づくくらいまでフライパンで乾煎り。 1の米の真ん中に、皮をむき上下を落とした新玉ねぎを置く。 (ちょっと埋めるような感じで) 4. 玉ねぎを入れた状態で、水を釜の3合の目盛りまで入れ、酒・醤油・塩・ちりめんじゃこを投入。 白米コースで普通に焚き付ければOK。 焚けたらしゃもじで新玉ねぎを十字に切り目を入れてごはんと混ぜ合わせる。 玉ねぎは柔らかくなっているので、かたまりがあればしゃもじで切りながら混ぜます。 お椀に盛り、もみのり(韓国のりでもいいかも)・しろごまなどお好みで加えて完成! 新玉ねぎにゆっくりと熱が加わって甘味が引き出されるので「玉ねぎ甘い~!」となります。 香ばしいちりめんのダシがきいた優しいお味なので、和のおかずなんかと相性がよさそう。 ごま油やもみのりを混ぜ込んでおにぎりにしても良いですよ! ちなみにこのレシピは平野レミさんを師匠(儀母)に持つ、食育インストラクターの和田明日香さんがテレビで紹介していたもの。 紹介されたレシピは2合分で、我が家で以前やった時は炊き上がりがこんな感じ。 2合では足りなかったので、3合分で調整しました!.

次の