モーツァルト ピアノ 楽譜。 モーツァルト / Mozart, Wolfgang Amadeus

モーツァルトのピアノソナタを難易度順に紹介&演奏のおすすめ曲

モーツァルト ピアノ 楽譜

ハイドンと共に古典派としてのスタイルを確立した人物。 ザルツブルグの宮廷のバイオリン奏者の子として生まれる。 彼はすでに3歳の時に、姉(ナンネル)のクラビアを聞いて3度の和音を弾き当てることができたというほどの「神童」だった。 5歳の時からはクラビアの即興演奏を始め、この時代の演奏は父(ヨハン・ゲオルグ・レオポルド・モーツァルト)によって として残されている。 「神童」という評判は、父や姉らと共に行なったヨーロッパ各地の王族・貴族たちの演奏会でさらに高まることになる。 1762年は、ミュンヘンでバイエルン選帝侯の宮廷で演奏会。 続いてウィーンへ赴き、女王マリア・テレージアに招かれて宮廷で演奏会を。 共に大評判を取った。 その後、一家は、フランクフルト、パリ、ロンドンと旅を続け、どこへ行っても絶賛されることになった。 14歳の時(1770年)、イタリアで行なった演奏会では、時のローマ法王から「黄金拍車の騎士」という名誉勲章をもらうまでになる。 同じ年、ローマ・システィネ教会の秘曲中の秘曲と言われた「ミゼレーレ」を、一度聞いただけで、楽譜に移し替えてしまったという逸話は有名である。 長い旅行からザルツブルグに帰ったモーツァルトは、宮廷のオルガニストとして一度は落ちつくが、音楽に理解を示さないコロレード司祭と折り合わず、ハイドンと知り合ったウィーンや、パリなどで就職活動を進めたが思うにまかせなかった。 結局、司祭との関係は決裂し解雇処分となる。 1781年、ウィーンに住むことを決める。 このウィーン時代(彼の人生の後半)に、3大オペラ 「魔笛」が生まれ、「ハフナー交響曲」ほかピアノ協奏曲、セレナード、弦楽4重奏曲など彼の代表作の多くが作られている。 30代となったモーツァルトは、作家としてもピアニスト/オルガニストとしても、当時のヨーロッパ音楽において頂点に達した人物となった。 しかし反面、経済状態も、小さい頃から病弱だったその体も、急激に思しくなくなっていく。 借金の申し入れの手紙が増えていったのも1788年(32歳)からだった。 1791年9月、「魔笛」が大好評のうちに初演を終える。 同年11月、モーツァルトは病の床に就く。 同年12月5日、帰らぬ人に。 35年という、短い人生だった。

次の

【無料楽譜】モーツァルト「きらきら星変奏曲」

モーツァルト ピアノ 楽譜

 ピアノソナタ第11番 イ長調 は、が作曲したである。 第3楽章が有名な「」であるため、「 トルコ行進曲付き」と呼ばれることが多い。 またこの楽章だけが単独で演奏される機会も良くある。 このピアノソナタが、いつごろ、またどこで作曲されたのかは判明していない。 現在最も有力な説は、頃あるいはで作曲されたとするものである。 一方で頃で作曲されたとする説もある。 この曲の最も著しい特徴として、一般の4楽章構成による(急-緩-舞-急)の最初の楽章に相当する楽章を欠いている(緩-舞-急しかない)ことが挙げられる。 このことによって、一般に古典派ソナタの第1楽章におくべきとされるによる楽章が欠如してしまっている。 ソナタ形式による楽章を含まない「ソナタ」は、もはや古典派ソナタの定義からはずれているが、この「ピアノソナタ」において、表面的な形式を超越した次元で、「ソナタ」を作ることに成功している。 なお、時代が下るにつれて、ソナタ形式の欠如は珍しいことではなくなっていく。

次の

「モーツァルト」の楽譜一覧

モーツァルト ピアノ 楽譜

ハ長調KV330 有名 ト長調KV283 ハ長調KV545 超有名「初心者のための小さなソナタ」といわれます。 ヘ長調KV332、少し有名 2楽章が弾きやすい。 ト長調KV283 ハ長調KV309、 ヘ長調KV280、 ハ長調KV279、 イ長調KV331 超有名 トルコ行進曲つき 変ホ長調KV282、 変ロ長調KV570、 イ短調KV310 有名 数少ない短調 変ロ長調KV281、 ニ長調KV311 変ロ長調KV333 少し有名 ニ長調KV576 少し有名 ニ長調KV284、 ヘ長調KV533 ハ短調KV457 少し有名 (KVはケッヘルと読みます。 モーツァルトの曲にだけついています。 ケッヘルさんがモーツァルトの曲を研究したことでついたそうです。 ) 特に番号がややこしい、第何番って、本や、サイトによって違うんです。 有名な曲でも15番とか16番とかがどっちがどっち?って感じなので、 番号を載せるのやめます。 ケッヘル番号を見てください。 聴いていても気持ちが良い曲や、軽やかに弾むような曲が多いですね。 よくいわれるのは、 モーツァルトの曲は簡単だけど難しいということ。 簡単なのに難しいってどういうこと? 特にプロに近い方が言われています。 ・最初の1音から最後まで緊張の連続 ・やればやるほど深みにハマる ・ピアノでは音の粒を揃わせる ・ペダルや音量でごまかしがきかない なども難しい点だという意見があります。 そして、同じフレーズが2回、3回と出てくるたびに、どう演奏すればいいかを悩むなど… シンプルなだけに制限された難しさがあるということです。 ま、難しく考えないで楽しく練習したいですね。 モーツァルト自身もそう考えるんじゃないかな? 明るくて、冗談好きで、いつまでも子どもの心を失わない。 そんな彼の曲ですから、素直に音を楽しみましょう。 テンポが速すぎる曲もある 「初心者のための小さなソナタ」KV545ハ長調第1楽章はかわいらしいメロディーですが、 楽譜通りに弾くのはテンポが速く、大変です。 少しずつテンポアップできるように練習しましょう。 最終章の方が弾きやすいという意見もあります。 どの曲もですが、指番号通りにしたほうが、きれいに弾けます。 音符の粒を揃えるためにもまずは譜読みの段階から気をつけましょう。 譜読みが簡単な曲でも丁寧に確認しながら練習してください。 難易度が変化する曲もある 有名な トルコ行進曲つきKV331イ長調。 第1楽章はやさしいメロディーを6つの変奏曲になっていく曲で、 6段階に難易度が変わります。 メロディーの変化や、イメージの変化も楽しめ、いつの間にかレベルアップできる!?かもしれません。 トルコ行進曲だけを弾く機会が多いと思います。 そのように有名な部分だけ練習するのも全然ありだと思います。 お手本となる動画も見られると思います。 楽譜も探しやすいし、 有名な曲から練習してもいいと思います。 1番から順に ハ長調、ヘ長調、変ロ長調、変ホ長調、ト長調、ニ長調 …となります 気に入った調があれば、同じ調の曲を練習してみるのもいいかもしれません。 弾きやすいと感じる曲が自分に合う曲ともいわれます。 最初のフレーズを弾いてみてピーンときたら練習してみるのはいかがでしょう。 個人的感想 モーツァルトの曲って、なんとなく目標にする曲は少ない気がします。 この曲を弾くために何をどう練習して…どこまでできれば…って ある程度(ソナチネとか)は必要だと思いますが、そんな準備練習的な曲もないような… 私は、どっちかというと なんとなく選んで弾いてみたら楽しくなってくる…みたいな感じ… 私がプロに近くはないということもあって全然気軽すぎるのかもしれませんが… 私的には短調のKV310が好きですね。 最初の音にピーンと来ちゃいました。 そのまま、3楽章まで練習した記憶があります。 他の曲でも最初に魅力を感じた曲は弾けるようになると気持ちがよかったです。 どれも弾けたら気持ちいいのかもしれませんが、 気持ちがよくなるまで練習できたらうれしいですね。 どんな曲も第1印象とか、どこかに魅力があるとか…そんなことで練習する曲を決める私には大事なことですが… 世間の評判とか、学校の課題とか、勧められたからとか…自分の意志と違うと楽しさを見つけるのが難しい時もありますね。 モーツァルトは難しいから弾くのをやめよう、なんて思わずにどんどん弾いて、 弾ける楽しみ、喜びを味わいましょう。 有名な曲から練習してもいいと思います。 曲ごとではなく好きな楽章から練習してもいいと思います。 楽譜も見つけやすく、動画などでも見る機会が多いほうが練習しやすくオススメです。 モーツァルトのピアノソナタは シンプルで譜読みが比較的簡単で、 他の作曲家のピアノソナタに比べると 難易度は低い方です。 が、プロに近い方たちは世界で一番難しいとまで言われます。 楽譜通りに弾くことや、ごまかしがきかないことなど、 難しくとらえるとモーツァルトほど気が抜けない曲はないのかもしれません。 まずは楽しく気軽に選曲して、自分にあった曲を自分らしく演奏したいですね。

次の