キン肉マン 314 話感想。 待ちに待ったキン肉マン314話の感想

キン肉マン第314話感想 祝!連載再開!ザ・マンの一言がオメガの呪縛からアリステラを解き放つ!!

キン肉マン 314 話感想

の巻 @前話までのあらすじ ジャスティスマンに導かれ、ザ・マンの御前にたどりついたキン肉マンたち。 自らを律して牢に捕らわれた姿をさらすことで、ゴールドマンとの約束でもあった、新時代の超人たちに未来を託す意志を示したザ・マン。 太古の昔より激しい論争を繰り返していた。 超人達を粛清したカピラリア光線にて、ザ・マンとオリジン達以外は死に絶えた… が、そこから超人達が発展していく。 ここ、ここよ。 他の超人達がなぜ生き残っていて、オメガの民のように発展を遂げていったのかがまだ謎なのだが。 そこは超人の神達はスルーなのか?? ただ、それでもオメガの民の祖先は独自に急速に成長を遂げ、ザ・マンの想像を超える程だった。 頭を悩ますザ・マンだが同時に喜ばしいとも感じたとのこと。 超人の進化の可能性を信じていたザ・マンにとってはかなり期待していたのか。 この成長を許さない他の超人の神達を制して、ザ・マン達が粛清の先陣に立ち、粛清と称しオメガの宗家のみは別の星へ逃したのだった。 自分の判断により何億年単位に渡りオメガの民の苦難を与え続けたことを詫びるザ・マン。 様々な思いや歴史、背景を超えて、この詫びの一言にて、彼の慈悲の神たる所以がわかるというもの。 前シリーズまではおそらくこの一言は出てこなかったはずなので、ゴールドマンとキン肉マンのお陰です。 ザ・マンの一言により、アリステラの目より涙が溢れる。 何億年単位の怨念を全て当主だからと背負い仲間達も踏み台にして打倒を誓った男からの詫びの一言は、彼をその怨念の呪縛から解き放つ言葉だったのでしょう。 少し心が救われていたのならいいですが… ブロッケンが重要なツッコミを入れる。 カピラリア光線をまた濫用するのではないかと。 だが、ザ・マンはそれにも事前に手を打っていた。 カピラリア光線を照射できる装置を108の欠片にして、108人の神々に分断したという。 もちろんザ・マンも所持している。 ん?ジグソーパズルなのか? 大魔王サタンの狙いはこの欠片だった。 サタンも調和の神にそそのかされた存在だった。 って、そんな小物扱いなのかー それらの危機を独自に切り抜ける様を見届けたかったザ・マン。 ま、まじか! それはそうなんだけどさぁ… まあでも、前シリーズでシルバーマンが言ったように 「完璧超人始祖達がいなくてはダメですか?」 というのをザ・マンも実践しているということか。 次なる相手は「神々」ということになるか 壮大なストーリーになってきました。 徐々に聖闘士星矢のようになってきたような。 ただ、オメガの民の真相がわかり、アリステラとザ・マンの間にわだかまりが解けたことが何よりでした。 すれ違いがそのまま永年続くととんでもない確執や怨念に繋がるということをまざまざと見せられている前回と今回のシリーズ。 結局、原因はザ・マンってことになるのか。 それら複雑に絡み合った感情を一つ一つ解きほぐしてきたのがキン肉マンということになりますね。 うーん、偉大なり。 さあ、調和の神を最大の敵と認識した超人達を待ち受ける運命やいかに。 次週の更新を座して待ちましょう!.

次の

【コミック】感想:WEBコミック「キン肉マン」第315話「ソルジャーの決意表明!!の巻」(2020年7月6日(月)更新)

キン肉マン 314 話感想

前シリーズの『完璧超人始祖編』でも語られていたように、ちょうどそんな折りに地上の超人達は荒れに荒れて醜い争いを続けていた時代でした。 そのことを見かねた天界の神達は、ザ・マンが選んだ10人の弟子達以外の超人達を宇宙の彼方から照射する カピラリア七光線で絶滅させようとしました。 その時に『許されざる世界樹 (アンフォーギブン・ユグドラシル)』の元で生き残った数少ない超人達が、その後正義超人や悪魔超人へと発展していったことは前シリーズでも語られていたとおりです。 ザ・マンは、自身が神の座を降りて一超人として弟子達を管理して完璧なる者へと育て上げることを条件に、超人という種を活かす道を選びます。 喜ばしい!? なぜだ? 驚くアリステラにザ・マンが答えます。 どんな形であれ、オメガの先祖のやったことはザ・マンの想像を超えたものでした。 超人という種の可能性を信じていたザ・マンにとって、そのことが嬉しくないわけがなかったのでした。 しかしその他の天界の神々は、そのことを許しませんでした。 そこでザ・マンは、完璧超人始祖達10人の弟子を引き連れてオメガの先祖を粛清する素振りをするしかありませんでした。 その際にわざとオメガの宗家の連中だけでも安全地帯に逃がしてやるように芝居を打ったのでした。 その後、オメガの先祖達は宇宙の彼方のオメガ星に辿り着いたのでした。 アリステラとパイレートマンは驚きます! オメガの祖先は、ザ・マンに滅ぼされるどころか、逆に生かされていたのでした! しかしザ・マンがこの時に選んだ判断によって、結果的にはオメガの民達を苦しめることになってしまったことを悔いているようでした。 カピラリアを照射できる装置を神の数の108の欠片に分断し、各々の神がその欠片を手にするということです。 再照射には全ての神の同意が必要になります。 そういうとザ・マンは自身の持つカピラリアの欠片 (ピース)をレコードプレイヤーから取り出します。 ジグソーパズルのような形をしたその欠片は肌を刺すような鋭い輝きを放っています。 どうやら今回の件でサタンが自ら動いたのも、ザ・マンの持つカピラリアの欠片を盗み出そうとしたからではないか?とザ・マンは考えます。 の巻』でした。 コロナ禍で一時休載が続いていたキン肉マンでしたが、ついに2ヵ月ぶりに最新話が更新されました。 本来なら5月18日(月)に更新される予定だったのが1ヵ月以上伸びて、6月29日(月)の皮肉にも『肉の日』の再スタートとなりました。 しかし喜ばしいことに、次の第315話も来週の7月6日(月)に引き続き更新される予定です。 実はこのブログも約2ヵ月ぶりの更新となりました。 僕自身は緊急事態宣言が発令されても、職業柄むしろWEBの必要性がより一層増したため忙しい日々を過ごしていたからです。 個人的には暇してるよりもマシなので、不謹慎ながらも……不幸中の幸いとでも言いたくなるような気分でした。 ブログを更新する余裕がないほどに忙しくしていたからです。 ちょうど落ち着いてきた頃にキン肉マンの連載も再開したといったところです。 今後も以前のように更新を続けていければ……と思っております。 さて、今週はついにザ・マンが真相を語り、アリステラが自身の間違いに気づかされた回でしたね。 物語的にも前シリーズの『完璧超人始祖編』も絡めて上手くまとまっていたな~といったところです。 ザ・マンが謝罪した次のページ、今回僕がiPadで絵を描いたシーンを含む全4コマの1ページは、アリステラのたった一言の台詞ながらもこの漫画史上屈指の名シーンだったと感じます。 何気なくもアリステラを後ろから支えようとするパイレートマンもいい味を出しています。 ソルジャーとの闘いの終盤もそうでしたが、アリステラはよく泣きますね。 『王位争奪編』で初めてオメガマンが登場した時は、感情を一切廃した冷酷な超人のように思えたのですが、その兄のアリステラはとても人間らしい感情を見せるキャラクターですね。 僕はそんなアリステラが嫌いじゃないです。 どこまでも完璧に感情を排していた前シリーズのネメシスとは違って、今シリーズのアリステラは感情の起伏が激しいように思えます。 このままキン肉マン達と共に頑張って欲しいところですが……なんとなくこのまま無事には終わらないような気がしなくもないです……。 それを言うならザ・マンもなんとなくやばい気がしてきましたね……。 これはあのカピラリアの欠片が奪われるフラグでしょう! その際にザ・マンが倒されるような気がします。 しかしどんどん敵の規模が巨大になっていきますね。 ついには天界の神たちとの闘いにも発展していきそうな雰囲気です。 そんな中にあって、どう考えてもミート君を省くこの場にいる戦闘超人達の中で一番実力の低いであろうブロッケンJr. が、ザ・マンに思いっきりタメ口で突っかかっていくあたりがらしくっていい味出しています。 しかも「超人絶滅光線」って。 (笑) 一時的に人間に戻っていたとはいえ、過去作でカピラリア光線を浴びて生き延びたブロッケンなのに名称を覚えていないって……。 (笑) 今回は説明回でしたが、邪悪の神々やサタンが動いた理由が説明されていたのも良かった点でした。 退場して更に追い打ちで小者化していくサタン様が愛おしいです。 (笑) ぜひ再登場してゲギョゲギョ笑ってもらいたいところです。 それでは、ぜひまたこのブログを読みに来てくださいゲギョ。

次の

【コミック】感想:WEBコミック「キン肉マン」第315話「ソルジャーの決意表明!!の巻」(2020年7月6日(月)更新)

キン肉マン 314 話感想

キン肉マン【第313話】のネタバレ 前回のあらすじ… ジャスティスマンに従い、ザ・マンの下へと進んで行くキン肉マン達。 そして、奥の超人閻魔の間に到着します。 そこに牢屋の中に入っているザ・マンが姿を現すのでした… ザ・マンの歓迎… ザ・マンと対面したキン肉マン達。 ザ・マンは、牢屋の中でモーツァルトの音楽を聴いて楽しんでいました。 ザ・マンは、自分がかつて神だった時、音楽やレコードプレーヤーは存在しなかった。 人類が自分達の想像を超えるものを作り出していった事は、大したものだとザ・マンは満足そうに褒めていました。 自分の守りたかったものは、実り豊かな未来だと言うザ・マン。 ザ・マンは立ち上がり、キン肉マン達を歓迎すると告げるのでした… ザ・マン、キン肉マンに礼を言う… ジャスティスマンは、ザ・マンが牢に入っているのは似合うと言います。 ザ・マンは、これはゴールドマンとの約束だと言います。 ゴールドマンに負け、自分は超人墓場を出ない。 自分の強い意志を示す為に入っているのだと言うザ・マン。 ザ・マンは、ゴールドマンやジャスティスマン達の様な素晴らしい良い弟子を持った。 それを気づかせてくれたのは、ゴールドマン。 そしてシルバーマンの子孫であるキン肉マンのおかげだと言います。 ザ・マンに自分の事を言われ緊張するキン肉マン。 ザ・マンは、そんなキン肉マンに向かってありがとうと礼を言うのでした… ザ・マンが語る真相… ザ・マンは、椅子に座り話します。 全ての真相を語ると… ザ・マンは、アリステラを呼びます。 オメガの民の事を教えるザ・マン。 オメガの民は、古代に栄え地球の大部分を支配した。 しかし、マグネットパワーの存在に手を出そうとし、この世で最初の神を目指した。 が、それは許されない思想で止められたと教えます。 更にそれは自分よりも上の大きな存在がそれを許さなかったと天を指さすザ・マン。 その存在は、天界の神と言います。 驚くキン肉マン達。 ザ・マンも元は神でしたが、神を止め天界を降りて超人となりました。 その原因は、天界の2つの考えが原因だったと教えるザ・マン。 その考えは、超人を生かすか殺すかの二択。 その発言に衝撃を受けるキン肉マン達でした… ザ・マン、調和の神の存在を教える… ブロッケンJrは、ザ・マンに質問します。 自分達が信ずる神の中には、超人を殺したい奴がいるのかと聞きます。 その通りというザ・マン。 思想の違いで天界内の勢力は二分化した。 生かす方の勢力を纏めていたのは、慈悲の神と呼ばれていた自分。 そして、もう一方は超人を殺す勢力。 それは、ザ・マンにも匹敵する神。 調和の神であるとキン肉マン達に明かします。 更なる衝撃を受け、言葉を失うキン肉マン達でした… 「キン肉マン」の漫画をすぐに無料で読む方法 以上、キン肉マン【第313話】のネタバレをご紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。 U-NEXTを使えば31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるので「キン肉マン」が無料で読めますよ。 最新話は無料で読むことはできませんが、最新刊や単行本、他漫画は無料でよむことはできますのでおすすめです。 キン肉マンの最新巻を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 ゴールドマンに負け約束通りに、超人墓場から出ないと言う強い意志を感じられました。 ゴールドマンとシルバーマンの末裔のキン肉マンのお陰で目覚めた。 キン肉マンに礼を言うザ・マンが紳士だと思いましたよ。 ザ・マンは、天界の神達の2つの考え方が騒動となった。 超人を殺すか、生かすかだったと教えるザ・マン。 自分は、生かす方の勢力だったが、殺す勢力は、調和の神が担当していたと教えます。 衝撃を受けるキン肉マン達。 事態は深刻そうですね。 これを解決する為にキン肉マン達がどう行動していくのか見物ですね! 次の話が速く読みたいですね! 次回のキン肉マン【第314話】掲載の週刊プレイボーイ更新日は5月18日になります! まとめ 以上、キン肉マン【第313話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の