暗殺 教室 渚 カエ。 本気の本気(渚カエ)

暗殺教室の茅野カエデの伏線まとめ!気になるセリフ・発言を紹介 | シネマノート

暗殺 教室 渚 カエ

渚カエですが、一応ネタバレ……なような? アニメ・コミックス派の人は読まないでねん。 姉妹そろって好きになった人 「殺し屋」 笑えない。 まったくもって笑えないわ。 だって報われないもの。 私が普通に喋るとホッとした顔をする。 その顔にまた胸がキュッと締め付けられる。 「茅野」 女の子みたいな、でもちゃんと男の子の声で私を呼ぶ。 『茅野カエデ』 演技だったのになぁ。 すっかり私の名前になっちゃったよ。 子役には恋愛の演技は必要ない。 でも、子役にも憧れのお兄さんはいたりして ヒロインの恋路を邪魔したりして (邪魔がかえって恋のキューピッドになったりするんだけど) 仄かな初恋を匂わせたりもしたりして それが純粋であればある程 清純であればある程、視聴者は喜ぶんだ。 ー 「殺し屋」を好きになるのは…… ー 放課後、日直だった渚と私は 社会の資料を片付けに準備室にいた。 「ね、渚。 この資料はここで良かったかな」 「うん。 大丈夫だと思うよ」 二人揃ってチビだから、 大きな資料を抱えて歩いていると イケメグが助けてくれたりする。 でも今日は二人きり。 二人きりだって意識すると 胸の音が聞こえそうで 息すら出来なくなっちゃう。 ふと、渚が身じろいだ。 「あかり」 本当の名を呼ばれ ビクッと肩が震えて本を取り落としてしまう。 恐る恐る振り返ると渚は天井を見上げてた。 「明かりが一カ所切れてるね」 確かに一本の蛍光灯がチカチカと点滅してる。 「あ、あは……本当、切れかかってるね」 なんて紛らわしい。 自分の名前を恨む。 「一本だけ切れてると気になるね」 「ああ、うん、そうね」 曖昧に返事をしたけれど、渚はじっと天井を見つめたまま。 「渚、どうしたの?」 渚は、うーんと顎に手を置いて悩んでる。 「光が点滅すると影も動くし標的にしにくくなるね」 「え?」 「でも目の錯覚を使って罠を組んだら、成功率が上がるかな」 私はバレないようにこっそりと溜息をついた。 勉強熱心だなぁ。 頭の中、いっつも90%くらい暗殺のことになってるんだろうな。 何を見ても、何を聞いても 渚の脳は全てを暗殺に結びつける。 ちょっと前までの私もそうだった。 感情を殺して99%くらいまで暗殺のことで自分を染め上げようとしてた。 じっと殺せんせーを見て 弱点になりそうなものを見つけて 殺せんせーの弱点を見つけてくれそうな渚に近付いた。 殺せんせーは言ってた。 「『殺せば人は死ぬ』それだけが真実だった」って。 だから「死神」は誰よりも強かったんだ。 じゃあ、渚はどうしてそんなに強いの? 渚にとっての真実ってなぁに? 私は蛍光灯を目に呟いた。 「ね、渚。 あかりって漢字が二つあるの、知ってる?」 「え?」 「『明るい』のあかり。 『灯す』のあかり」 「あ、うん」 「じゃあ、漢字の使い分けはわかる?」 「『明るい』のあかりは太陽とか月とか大きな光源で、『灯す』のあかりはロウソクとか街灯とか人工的な光源……かな?」 戸惑った顔ながら、真面目に答えてくれる渚。 私は頷くと髪をほどいて歩き出した。 「さて、私の名前のあかりはどっちの漢字でしょう?」 明るい色の髪が風に乗る。 その自分を渚が見ているのを感じる。 ね、渚。 好きだよ。 私を見て 優しい顔で笑って 私を捕えて 離さないで 人格ごと すべて支配して。 「あかりはね、暗闇が好きなの」 渚は多分、目をパチパチさせてる。 私が何を言い出すのかと思ってるんだ。 「だって、暗闇はあかりをより綺麗に見せてくれるでしょ」 振り返る。 長い髪が肩からすべり落ちる。 同級生の演技にほんの少しだけ毒を入れて 私は渚の前に立つ。 にこっと笑って私は手を差し出した。 「ほら。 渚、行こ?」 自然に握り返される手。 友達? ううん。 友達じゃないよ。 そういう風に握る。 でも、きっと端から見たら 私が渚を引っ張っていってるだけに見えるんだ。 その時、 渚の空いた方の手が私の髪を軽く引っ張った。 「多分、灯すの『あかり』だと思う」 それが問いへの答えだと気付くのは少ししてから。 「圧倒的な光じゃなくて、優しい光だから」 渚が私を見てる。 「ふぅん」 私は首を傾げた。 人の手によって灯されたあかりだと 渚はそう言うんだ。 私は軽く口の端を上げて それから、その口を尖らせる。 「ブー、残念でした」 上目遣いで睨む。 「え?」 「私の『あかり』はひらがなだよ。 漢字じゃないもん」 「えー?」 渚の目が点になってる。 ね、渚。 いつか名前を呼んで。 今はもう誰も呼んでくれない 私の本当の名前。 ー 終 ー ひとこと いや、渚カエが好きなんですよ。 ただそれだけ。 今、カエデっちの方がすっかり恋愛モードですが 是非、渚くんにもドキドキしていただきたい。 そして、またカエデっちにも 華やかに活躍(暗殺)してもらいたい。 それだけです。

次の

#暗殺教室 #渚カエ 結婚式の時間

暗殺 教室 渚 カエ

渚と付き合い始めて4年、同棲して2年。 一度もなんていうかその、 Hなコト?をしてないとこの前の中学の時の女子だけ集めた同窓会で きづいた。 あの奥田ちゃんとカルマくんでもしてるっていうのに。 「し、しししし、、、しよっ?」 私は最大限の声を絞り出し、言った。 「茅野?どうしたの?するって、なにをするの?」 渚の鈍感…。。 「こういうのは女の子から言わないもん」 「ごめん、茅野、僕本当にわからないよ、どうしたの?」 「だ…っだから、そのなんていうんだろう、あわわ、やだ…(泣 も、もう!渚の鈍感もう知らない!!」 「え!?茅野!?」 私は家を飛び出した。 夜中だから外は暗くて。 ひとり泣いてた。 しばらくすると、汗をかいて慌てている渚の姿が目に入った。 やっぱりしたいよ…。 「か、やの?僕が悪かったよ、家に戻ろう?」 「違う、渚は悪くないもん」 「じゃあどうして泣いてるの?」 「渚が…」 「うん」 「えっちしてくれないから」 私は思い切って、蚊の鳴くような声で言った。 もう後には引けない。 渚に嫌われたらどうしよう… 顔を上げると、渚がビックリした顔で私を見ていた。 「茅野が、可愛いから、愛してるから、大事にしたいんだよ。 茅野小さいから壊れちゃいそうで、怖くて…」 「渚になら壊されてもいいもん」 「茅野、自分の言ってることわかってる?僕男だよ?」 「わかってるよ」 「頼むから、煽らないで」 「えっちしようよ、渚…」 「とりあえず、家に戻ろう?ここじゃ寒いでしょ?茅野風邪ひいちゃうよ」 「うん」 家に帰り、部屋に戻った途端、私は渚にハッキリと言った。 「渚はしたくないの?やっぱり胸ないからしてくれないの…?」 「茅野がいいならするよ。 」 「ほんと…?」 「うん、どうする?」 「…する」 「お風呂入ってからでいい?僕汗だらけで 笑 」 「やだ、今して?」 「分かったよ」 渚はそういうと、私に軽くキスをした。 「っ…な、ぎしゃ」 徐々に舌を絡め合う濃厚なキスに変わっていった 「茅野、かわいい」 「っん…もっとさわってぇ…」 渚の手は私の胸をゆっくりと揉みほぐしていく。 「ひゃっ、っぁ、なぎ、さっ」 それを続けられ、私は我慢できずついに絶頂まで行ってしまった。 「あああぁああっ!!」 あそこが熱い。 おもらししたみたいに下着が濡れている…。 こんなの、渚に気づかれたら、恥ずかしすぎて死んじゃうよ。 「茅野、もうイッちゃったの?」 「ち、ちが…」 「嘘、ここびちょびちょなの知ってるよ」 私のあそこを下着越しに触ってくる。 「や、やだ、渚のぇっち…!」 「うん、僕はえっちだよ?」 かあっと赤くなる顔を見ながら、触られる。 もちろん下着越しに。 「じらさないで、はやく…」 「はやく?」 「ちょくせつ、触ってっ…!」 「もちろん、またイかないようにね」 そういって、私のあそこを直接触ってくれた。 「き、もちいぃよぉお、なぎさぁ…!」 「もっと奥行くよ?」 「らめ、イッちゃう、らめええ」 私は恥ずかしくて、顔を隠した。 「茅野、顔隠さないで」 「やだっ」 「もう、そんなんじゃセックスできないよ?」 「渚のえっちえっちえっち!!」 「茅野も、ね」 ぐいっ 「ひゃあああああぁぁ…!!!」 指が私の中に入ってきてるのが分かった。 「ひゃっああああぁぁっっぁあ!!!!!!」 「あれ、またイッちゃったの?茅野はえっちだなぁ」 「なぎしゃが、いれちゃうから…」 「かわいい、どこまで入れれるかやってみよっか」 ゆっくりゆっくり、渚の指が私の中に飲み込まれてゆく。 「うぇえん、も、やらよぉ」 私は泣いた。 「どうしたの?やめる?」 「指はやら、渚がほしいの」 「いいよ、もう、僕も限界だしね」 渚は自分のアレをズボンから出し、すぐに私のあそこに近づけた。 「い、痛いのかなぁ…」 私が不安そうに言う。 「大丈夫、優しくするよ、茅野壊れちゃったら困るからね」 お互いの大事なところにキスをするように、少しだけ触れた。 「渚、おっきくなってるよ?そんなに大きいと入んないよ…」 「入るから大丈夫。 力抜いてね。 」 「ひゃ、あつぃ…」 「よいしょっと」 自分のあそこが広がっていき、さっきよりも更に大きくなった 渚自身を私が飲み込む。 「全部はいっ…た?」 「まだだよ」 「あっああああぁぁ…」 「うん、全部入ったよ」 「渚、愛してる、だいすき」 「僕もだよ、カエデ」 渚に下の名前で呼ばれたのはプロポーズ以来だ。 プロポーズのときも嬉しかったけど、渚と繋がっている今のほうが嬉しい。 「うぇえ、もう、抜いてっ…」 「なんで?」 「だって、こんな、こんな恥ずかしかったら、私死んじゃう」 「たしかに、そうだね、抜こっか」 「ひゃああ…」 じゃああー 「カエデ、少し動いただけなのにイッちゃったの?」 「だって…も、もう、はやく抜いてっ」 「うん」 全部抜いたころには、3~4回イッちゃったから、私はぐったりだった。 「渚、きもちよかった」 私が言うと、渚は優しく私を抱きしめて、 「明日籍いれよっか」 渚。 大好きだよ。

次の

#渚カエ #茅野カエデ 【R18】唇の誘惑【渚カエ】

暗殺 教室 渚 カエ

渚カエです。 一応ネタバレ……かな。 149話の後ってことで。 アニメ・コミックス派の人は読まないでねん。 ー 本気の本気 ー 「あーあ、ボロボロだね」 腰を下ろす渚の側に近付く。 渚は私の声に顔を上げた。 「茅野」 私の名を呼んで、それから口の端を上げる。 「勝ったよ」 私は頷いて渚の横に腰を下ろす。 綺麗な顔が土と血で汚れてる。 殴られた頬が赤く腫れてる。 正面からの力勝負では、渚がカルマ君に勝てるわけなかった。 どんなに鍛えても、渚はやっぱりクラスで一番小さな男の子なんだ。 なのに二人は共に皆に認められる形で、彼ら自身がこだわる形で、完全なる勝利を目指した。 男の子だなぁと思う。 女の子には出来ない。 あんな勝負はしない。 「私、本気を出し切れないまま終わっちゃったよ」 グルグルと私を取り巻く自己嫌悪。 負けたのは当たり前だとわかった。 『今度は皆で一緒に本気だよ』って言われて嬉しかった。 それでも力を出し切れなかった苦みはやっぱり残る。 笑って言ったのか悔しそうに言ったのか、自分でもわからない。 でも渚は私の顔を見て、天使のように笑った。 「茅野はこれからだよ」 軽やかに言ってくれちゃうその顔。 ずるいなぁ、と私はあちらを向く。 渚なんてけっして強くなかったのに。 自分ばっかり活躍しちゃってずるい。 完全なる八つ当たり。 そんな私の気配を察したのか、渚は少し困ったような声で話し始めた。 「茅野はさ、これまでずっと本気だったと思うよ。 触手を隠して、痛みに耐えて、ずっと笑顔でいたんだもの。 本気じゃないときっと耐えられなかったと思うんだ」 喋る渚を、ちらと盗み見る。 渚は私を見てなかった。 真っすぐ前を見てる。 きっと過去の私を見てるんだ。 それがいきなりくるりと向きを変えた。 今の私を見る。 不意を突かれて私の心臓が跳ね上がった。 「でもさ、ずっと本気だと、本気の本気が出せないのかも」 「え、本気の本気?」 聞き返す私に渚は「うん」と頷いた。 「勝負の前って一回息を整えるんだ。 大きく吐いて一回呼吸を止める」 そう言って、スーって息を吐く。 「息を吐いた瞬間って緊張が解けてリラックスするじゃない?」 私は頷く。 それは撮影の本番前、カメラが回るその瞬間と同じ。 「だから、次の本気に全部の力を入れられる」 そう言って、渚は綺麗な瞳をキラリと猫みたいに光らせた。 その猫の目が楽しそうに私を見る。 「茅野の本気の本気は、きっとこれから出せるよ」 慰めてくれてるのかな。 ううん、きっと渚は本気なんだ。 本気の本気を出そうって、そう言ってくれてる。 私が微笑んで頷こうとした時、渚は続けてポロッと余計なことを言った。 「大丈夫だよ。 茅野はたまに気を抜くようになったもの」 ……ん? 「時々ボーッとしてるの、前の茅野と違うよね。 多分、雪村あかりの顔なんだろうなって思う瞬間があるから」 無邪気な笑顔を向ける渚の襟元を、私は思わず掴み上げていた。 「やだ! 私、ボーッとしてた?! 本当に? いつ?」 「え?」 渚が面食らった顔で私を眺め下ろす。 掴んでいた渚の襟元から手を放すと、私は悲壮な気分で頭を横に振った。 私ったらマヌケ面でもしてたんだろうか。 不覚だわ。 演技者としてあるまじきこと。 女優はただ息をしているだけでもそこに何らかの空気感を発生させなきゃいけないのに、事もあろうに『ボーッとしてた』だなんて。 私の様子に、渚は慌てて手を横に振った。 「い、いや、ボーッとしてるって、そう悪い意味じゃなくて……」 「だって、ボーッとしてるって言ったじゃない!」 「それは言ったけど……」 困った渚は言葉を言い替えようとして、更にどつぼにはまった。 「あ、隙があるって言うか……」 「隙!」 私は絶望的な声を上げた。 言うに事欠いて女優に「隙」だなんて。 『ボーッとしてる』なら、まだ思いにふけってるって言い方に変えられなくもない。 でも『隙がある』は女優として終わってる。 その時、膝を抱えた私たちの前に、ニョキッと明るい色の頭が現れた。 「へぇ、隙ねぇ。 王子さま、今日は随分攻めてるじゃん」 中村さんがスマホを片手に、ニマニマと頬を緩ませていた。 「中村さん?」 「あの夜、まるで隙のなかった茅野っちにさ、無理矢理割り込んでディープキスした渚君だもーん。 隙だらけの茅野っちには何でもし放題じゃないのさ」 そう言って、中村さんはスマホをチッチッと動かす。 「そ、そんな意味じゃないよ」 渚は真っ赤になって手を振ると、慌ててカルマ君たちの方に逃げて行った。 何だろう? 私の方向からは見えなかったけど、スマホの画面に何か見えたのかな? 腕を組んで、フンと鼻を鳴らす中村さん。 私は彼女を仰ぎ見ると、少しだけ引き攣ってるであろう笑顔で答えた。 「そうよ。 私たち友達だもん。 そんな深い意味ないよ」 私は渚のことが好きだけど。 ただ友達役をやってるだけだけど。 中村さんは私を見下ろすと、手を腰に当てて首を傾げた。 「あら、隙を見せるのは悪いことじゃないでしょ」 それからニィと大きな笑みを形づくる。 「ただし、隙を見せる相手はちゃんと選ばないとね」 「隙を見せると言われても……」 自分は隙を見せているつもりなどなかったのに。 しゅん、と落ち込む。 自分の正体を明かしたことで、無意識に油断してしまっているんだろうか。 なら気を付けないと。 その時、中村さんが眉を僅かにあげて「あはん」と笑った。 それからおもむろに私の首に腕を巻きつけると、ぎゅうと私を抱き締める。 「確かに、隙だらけの生の茅野っちって可愛いかも〜」 突然の展開に私は慌てる。 「え、隙だらけ?」 その時、フラッシュの点滅があって、パシャとシャッター音が聞こえた。 「生の茅野っちか。 その言い方、エロくてなかなかいいな」 岡島君だった。 中村さんが鼻の頭に皺を寄せる。 「フン、来たわね、変態終末期。 茅野っちが女優だってわかったら転んだってわけ?」 「いや、悪いが俺は幼児系の趣味はない。 だが茅野、落ち込まなくていい。 前にも言った通り、そういう需要もある所にはあるから」 「落ち込みません」 答えて溜息をつく。 でも本当はちょっぴり落ち込んでた。 貧乳はどこまでいっても貧乳なんだ。 これから先、女優としてやっていくには、やっぱり女としての魅力が必要になる。 勿論、貧乳でも魅力的な女優さんはたくさんいる。 でも、そういうオーラを一体どうやって出せばいいのか。 そのオーラが出せない限り、私はいつまでも子役から抜け出せない。 悩む私の上で、中村さんと岡島君の会話は続いている。 「茅野っていつも笑顔で当たりがいい割に、どこか人と距離を詰めることを避けてたもんな」 「そう、それこそ渚以外にはね」 「渚ってそういう所鈍感だしな」 「それ、あんたには言われたくないと思うけどね」 渚は向こうの方でたくさんのクラスメートに囲まれていた。 照れくさそうだけど満面の笑み。 やり切った充実感に溢れてる顔。 「本気の本気か……」 呟いた瞬間、渚がこちらを振り返って目と目がバチッと合った。 渚はニコッと笑うと、何事もなかったかのようにまた男の子達と話し始めた。 その横顔に私はまた男の子を感じてしまって困る。 一つ大きく息を吐く。 それから、そこで私は息を止めた。 次は、本気の本気。 バン! ピストルを構えて撃つ真似をする私の前にスマホの画面がスルスルと下ろされる。 「これ、欲しい? メールしよっか?」 そこにはキスする二人の写メ。 私の悲鳴が辺りにこだました。 ー 終 ー ひとこと 中村さんとカルマ君の写メはどんなだったのか。 そしてその後どう活用されるのか。 そんなんばっか考えてますわ。 渚カエ、一気に増えましたなぁ。 嬉しいことですよ。 うんうん。

次の