語尾 知らんけど。 語尾の「だけど」って超日本語っぽいんだけど。

「知らんけど」徹底解説!関西人の必殺技

語尾 知らんけど

知らんけどの汎用性が高すぎる 知らんけどって、 芸人さんがちょっと政治とか経済とか文化について語る時とか語尾についているイメージです笑 大葉せんせいが使用例考えてみました! 「僕は、ゆとり教育について反対なんですよ、だってゆとり教育をして学生の学力落ちたでしょ。 知らんけど。 」 「世の中、金じゃないと思うんですよね、 ビルゲイツの奥さんだって、ビルゲイツをお金で選んだ訳じゃないでしょ!知らんけど!」 いや〜汎用性高過ぎる!笑 汎用性高いとは思ったけど、ここまでとは これもっといけるんじゃ… 「カニカマって、カニでしょ。 知らんけど。 」 「パンケーキって、ローカロリーでしょ。 知らんけど。 」 …うん いける!いける! なんでもいけるよコレ コレで、「知らんけど」って語尾につけると 何言っても大丈夫理論は立証されましたね! でも、知らなんけどって言われると、ちょっとムカつく いやでもね、リアルんの普段生活で、よく使う奴がいると凄いムカつくんですよ笑 僕と友達で、僕の彼女のプレゼントを選んでるシーンです。 僕:このパジャマどう思う? 友:いや!絶対喜ぶでしょ!スヌーピーの柄、可愛いし!知らんけど! おおおおい!おいおい!おおおおい! おいっ友よ!我が友よっ! 俺は感想を率直に言ってくれれば良かったんだよ!なんだよ語尾の「知らんけど」は 台無しだよ!買う気なくなっちゃいますよ! って事がありました。 やっぱり、「知らんけど」って語尾につけると、 その前までに言った発言に責任を持ちませんよって事になるんだよね それって完全に逃げの一手なんじゃないでしょうか!! なので、リアルで聞くと、もっと責任持って発言してくれないかなーと思う場面もあります。 多用しようもんなら、そいつの信用はゼロですね笑 知らんけど、と言われた時の対応策 「知らんけど」って言われると、ムカつくので リアルで言われた場合の対応策を考えました! 対応策はコレです 「知らんけどってことは、お前の感想って事な?」 って聞き返す事です! そうすると言われた相手は、 「感想ではないよ」って返してくると思います! そしたら、すかさず、 「そういう調査(研究)があるんだ?」とトボけた風に聞きましょう そうすると、相手は 「…うん」 もしくは、 「ないけど、そうなんだって」 と言うしか有りませんww 相手が 「…うん」とった場合、 こっちの勝ち!相手に責任を負わせる事ができます!! 相手が 「ないけど、そうなんだって」と言った場合。 こっちは「じゃあお前の感想な!」で完封です笑 「知らんけど」って言って逃げる奴は、追いかけて行って掴まえてやりましょう! まとめ、知らんけどを使うのは無責任 まあ、なんやかんや言ったんですけど 知らんけどって言葉を実際に使ってみると、めちゃくちゃ便利です! なんでも、語尾に知らんけどつけたくなっちゃいます! だけど、知らんけどって言うのチョット無責任過ぎると思うんですよ 色々な意見言っても、知らんけどって付けてれば、発言に責任が発生しないんですもん そりゃ関西人は多用しますよね笑 だけど、実際多用されると、めちゃくちゃムカつきます。 お前は逃げてばっかだなって。 自分で責任を持てるくらい、考え抜いて発言しろよって思っちゃいますよね笑 なので、僕はあんまり 「知らんけど」は使わないようにしてます。 「知らんけど」を多用すると信用されなくなると思うんですよ なので、この記事を読んだ皆さんも「知らんけど」出来るだけ使わない方が良いですよ。 知らんけどww.

次の

関西人が使う結び言葉「知らんけど」の繊細な意味/用法について

語尾 知らんけど

この記事で言いたいこと 2つあるんですけど。 1.日本語運用ルールの基本 日本語を運用する際の基本中の基本と言えるルールとは、• はっきり言わない• 全部言わない であるように思います。 ほぼ同じ意味ですが。 2.「だけど」語法の日本語っぽさ 語尾にやたら「だけど」を付ける言い方って、その意味できわめて日本語っぽいです。 補足説明 何語にしろ、文法と語彙をマスターしただけでは、本当の意味でその言葉を使えるようになったとは言えません。 「運用の心得」とでも言いましょうか、そのことばを使うにあたって守らなければならない基本ルールと言いましょうか、言語ごとの「基本理念」のようなものがあるように思います。 うまく言えませんが。 もし、日本語の「運用ルールブック」があるとすれば、その第一条は「はっきり言わない。 全部言わない」であるように思います。 逆に言えば、「はっきり全部言う」と、たとえ文法や語法に何ら問題がなくても、どこか日本語っぽく聞こえないのです。 「だけど」を考える いくつかの例を手がかりに、語尾に付く「だけど」を考えます。 その1.ありえないんだけど エロい動画を見ていたら、とある行為に及ばれて女優さんがこう言っていました。 「意味がわかんない。 ありえないんだけど」 用件も忘れて、しばし感慨にふけってしまいました あらためて、すごく日本語っぽいなと思ったからです。 辞書で「だけど」って引いてみた 広辞苑で「だけど」を引くと《「だけれど」の約》、「だけれど」は《「だけれども」の下略》となっていました。 「だけれども」には 前文で述べた事柄に対し、それに反する事柄を示す語。 そうではあるが。 だけど。 だけども。 とありました。 「だけど」の解釈(1) エロい動画で耳にした「ありえないんだけど」を解釈してみます。 このもの言いを広辞苑での語釈に照らすと、「ありえない。 そうではあるが、」まで表明して、後に続くはずの「それに反する事柄」を省略していると解せます。 「はっきり言わない」「全部言わない」を実践していて、実に日本語っぽいです。 「ありえない」は別途 「ありえない」もまた「ありえない」単体で非常に興味をそそる表現ですが、別の機会に稿を改めて検討することにします。 ありえないんだけど。 「だけど」その後 エロい動画は結局、その「意味がわかんない。 ありえない」行為についてうやむやのまま終わってしまいました。 そこもまた超日本語っぽいんだけど。 その2.超かわいいんだけど 日本語話者は「はっきり言う」「全部言う」ことをものすごく嫌います。 そうでない者の目線からは病的と言っていいほどです。 言いたいことを全部言った場合、あたかも全部言っていないかのように偽装を施すことすらあります。 その時にも使われるのが「だけど」です。 なにこれ! iPhoneケースか何かの売り場あたりからだったでしょうか、ある日街を歩いていると、こんな声が聞こえてきました。 「なにこれ!超かわいいんだけど」 聞いてこう思いました。 なにそれ!超面白いんだけど。 「だけど」の解釈(2) 発話の主の言いたいことを推察します。 この事例でも「超かわいい。 だけど買わない」だとか、言われていない反対の事柄が意識されているように解することも可能ではあります。 しかし、「単にその場の感興を表明しただけ」というのが、もっとも無理のない解釈であるように思います。 つまり、声の主の言いたかったことは「超かわいい」で全部です。 偽装の「だけど」 全部言ってしまって、ほかに言いたいことがなくても、日本語話者は語尾に「だけど」を付けます。 日本語運用の重要ルール「全部言わない」に反するからです。 「だけど」を付けることで、あたかも「全部は言っていない」かのように偽装されています。 そう思うんですけど。 だけどの仲間:「し」 「だけど」のほかに、語尾に置かれて同様の機能を果たす語句には「し」があります。 <例文>• いや、寝てないし みたいな使い方です。 「し」の語釈 広辞苑での接続助詞「し」の項では、 話し手にとってつながりがあると意識される事情を指示する として、次のように記載されています。 語釈の記述とそれぞれの例文を整理して並べます• 事柄を並列する際に(略)次の句に続ける。 「酒も飲まないし(後略)」• 前の句が次の句の理由・原因となっていることを表す。 「天気は好いし休日だし(後略)」• 否定の推量を表す語の後に付いて、判断の成り立つ条件を表す。 「子どもじゃあるまいし(後略)」 広辞苑から採った上の例文は、引用元では続きの載った完全な文になっています。 しかし、あえて(後略)にしてみました。 「はっきり言わない。 全部言わない」の実践です。 上の例だけでも、言いたいことなり何が続くかの方向性なりはつかめるのではないでしょうか。 「し」も偽装に使う 「し」もまた、「全部言う」場合に「全部は言っていない」偽装工作に使われます。 こんな会話があったとします。 「さっき寝てたでしょ?」 「いや、寝てないし」 この会話の論点は、寝てたか寝てないかです。 後者の言いたいことは「寝てない」がすべてであるはずです。 なのに、「し」とまだ何かあるように偽装されてるし。 まとめ(なんだけど) まとめます。 語尾に付く「だけど」「し」に代表されるように• はっきり言わない。 全部言わない。 というのは、日本語運用ルールの第一条ではないかと感じられます。 「類」「感」「的」「とか」「っぽい」「みたいな」などなどです。 これらの語句は、語尾だけでなく、文中にも頻繁に登場します。 また、多くの「いまどきの言い方」についても、運用法の第一条「はっきり言わない。 全部言わない」に則した一表現形式と解釈することで説明できる気がしています。 いわゆる「若者語」しかり、「コンビニ敬語」しかりです。 いずれ詳細に検討していきたいです。 以上なんだけど。

次の

口癖の心理学!語尾に「~けど」をつける人の性格傾向と対処法

語尾 知らんけど

「知らんけど」って言葉が で話題になってました。 関西出身の人と会話していると、 よく聞くフレーズですよね。 テレビ番組でも、のさんが トークの終わりのほうでボケる時に使ってます。 知らないのなら よくそれまでの話をさも知っているかのように、 話すことができますよね 笑 自分のも会話の語尾に「知らんけど」って、 つけることが多いですね~ 父は関西ではなく、九州出身なんですけど。 「ここのラーメン屋さん美味しいらしいね。 知らんけど。 」 みたいな感じです。 自分の言葉遣いって環境に左右されやすいですが、 この「知らんけど」って言葉は癖になったらヤです。 一見すると、自分の主張に対して「無責任」な印象を与えますから。 本当にその情報が嘘か本当かわからない時に使うのなら、 まあ気持ちはわかります。 でも、口癖にならないように注意しないといけません。 色々調べてみたのですが、 「知らんけど」には大きく分けると3つの種類があるようです。 ・情報の真偽がわからない時に使う。 ・人からの伝聞を話す時に使う。 ・責任逃れの時に使う。 この中の、 「責任逃れ」のために使っている人が多いではないかと思います。 あ、これは完全に私の主観です。 日本人の国民性なんでしょうか。 自分の意見を断定することを控える。 意見を否定された時の逃げ道を作っておけば、 ダメージは少ないですからね。 でも、相手にハッキリ伝えることを目的にするのなら、 この責任逃れの「知らんけど」は使ってはいけないフレーズです。 自分の発信している情報が一気に胡散臭くなりますから。 もし、会話する相手が「知らんけど」って言ってくる人だったら、 私の場合、基本は話半分でその場を過ごしますね。 真剣に聞く必要なんかまったくないです。 一方で、親しい人間 例えば の場合、 語尾に「知らんけど」とつけたら、 「いや、知らないんかい!」 と、ツッコミますね 笑 と会話すると、この流れは定番になっているのですが、 未だに口癖として体に染み付いていますね。 本当は口癖を解消して欲しいんですけど・・・ いったいいつになることやら。 大阪の人はノリがいいですから、 ボケをしたりツッコミいれたり会話が弾みそうです。 でも、真剣な話を切り出す時に「知らんけど」って使われたら、 めちゃくちゃ信頼度下がりますよね。 自分が使う言葉は、周囲の環境に影響されるので 意識的に使わないようにしないといけません。 あ、そういえば明日の天気は雨だよ。

次の