ちらほら 意味。 「ある意味」の意味ってわかりませんか?

「ある意味」の意味ってわかりませんか?

ちらほら 意味

頑張ると努力するの違い 頑張ると努力するの違いを分かりやすく言うと、 自分の考えや意志を貫こうと力を尽くすことか、目的を達成するために力を尽くすことかの違いです。 頑張るという言葉は本来、「我を張る(がをはる)」という表現で示されていたものです。 「我を張る」が転じて「がんばる」という音になり、当て字をつけて「頑張る」と書くようになりました。 我を張るという文字で示されている通り、頑張るというのは、自分の考えや意志を貫き通すことに力を尽くすことを意味しています。 また、困難なことにめげずに、身を張ってやり抜くことも頑張るという言葉で表現されます。 例えば、「会社の業績アップのために頑張る」という表現を使うと、それは「会社で業績を上げれば給料が上がると聞いたので、自分の意志により、業績アップを目指して尽力する」というような意味合いになります。 「会社のために頑張る」というような表現は本来は適切ではありません。 あくまで、自分のために力を尽くす際に、頑張るという言葉を使うようにします。 また、頑張るという言葉は、「頑張り屋」などと使われることが多くあります。 頑張り屋とは、自分の意志を貫き、困難に負けずにやり抜ける人のことを指します。 「あなたは頑張り屋さんだね」というように使います。 その他にも、頑張るという言葉は激励の際などに使われます。 スポーツ選手などに「頑張れ!」と声援を掛けるのは、「自分のために力を尽くして!」という意味になります。 受験生などに向ける「頑張ってね」という言葉についても、同じことが言えます。 一方、努力するという言葉は、ある目的にために力を尽くすことを意味しています。 ここで言う目的とは、自分の意志とは関係なくても問題ありません。 頑張ると違って、自我を示す意味を持たないのが努力するという言葉です。 努力するという言葉は、「努力家」などと使われることが多くあります。 努力家とは、目的の為に尽力することが出来る人のことを指します。 「彼は努力家です」という表現は、「彼は自分の利益を度外視にしても励める性格です」という意味の言葉です。 自分の意志を抜きにしても、目標達成のために力を尽くそうとする際には「努力する」という表現を使うようにしましょう。 例えば、「会社の業績アップのために努力する」という表現を使った場合、それは「会社の業績アップという目的のために力を尽くして励む」というような意味合いになります。 頑張ると違って、純粋に目標に向かって尽力することを意味しています。 努力という言葉が使われる際には、「努力せよ」や「努力しなさい」など命令調であることが多くあります。 立場が上の者から下の者への指示などで使用されることが多く、頑張るよりも、事務的な意味を含みます。 頑張るを同じように命令形で使った場合は「頑張りなさい」や「頑張れよ」などと表現します。 それは自分の中にある力を出して、周囲に負けずに我を張りなさいというような意味合いになります。 同じ力を尽くすという意味を持つ言葉でも、頑張るは自分の中にある力を自分の為に出すことであり、努力するというのは、自我を抜きにしても目標達成に向けて尽力するという意味があるということを覚えておくようにしましょう。 頑張るを英語にすると「do my best」「try hard」「hold out」となり、例えば「私は英語の勉強を頑張る」を英語にすると「I do my best to study English」となります。 頑張るの意味 頑張るとは、 自分の意志や考えを貫いてやり抜くことを意味しています。 頑張るというのは、自分のために力を出すことを意味していて、張り切ると似た意味を持っている言葉です。 また、困難に直面した際などに、挫折をせず、我慢をしてやり抜くことも「頑張る」と表現することが出来ます。 ここで言う我慢という言葉も、自我を貫くという意味を含んでいる言葉です。 頑張るを使った分かりやすい例としては、「頑張り屋さんだねと言われたら好きになる」「頑張ることができない自分が嫌いだ」「新社会人として頑張る息子を応援している」「明日から頑張ろうと先延ばしにする癖がある」「一人で頑張りすぎると潰れる」などがあります。 このように、自分自身の意志によって行動する場合に「頑張る」という言葉を使います。 頑張るという言葉は、自分に対しても他人に対しても使える言葉ですが、他人に対して使う場合には「自我を貫いて踏ん張れよ」という激励の意味が込められています。 頑張るという言葉の漢字は当て字であり、本来は「我を張る」という言葉であったことを覚えておくとわかりやすいでしょう。 頑張るという言葉の「頑」という字を含んだ単語としては、自分の態度や考えを改めようとしないことを意味する「頑固」、物の作りが丈夫なことを意味する「頑丈」、自分の態度や考えを強く守っていることを意味する「頑強」などがあります。 頑張るの類語・類義語としては、気力を出してこらえることを意味する「踏ん張る」、精一杯働くことを意味する「精を出す」、力一杯努力することを意味する「奮闘する」、勇敢に戦うことを意味する「敢闘する」などがあります。 努力するの意味 努力するとは、 目的のために力を尽くすことを意味しています。 努力するとは、自分の意志を含まずとも、目的達成のために尽力することを意味しています。 努力するを使った分かりやすい例としては、「正しい方向性を向いた努力でなければ意味がない」「努力しても必ず報われるとは限らない」「長年にわたり努力を続けられる才能こそが天才だ」「努力は決してあなたを裏切らない」「目標を持って努力しよう」などがあります。 例えば「企業努力」という言葉があります。 これは個人が自分の意志を通すために力を尽くすという意味ではなく、企業全体が職場の環境や売り上げなどを向上させようと尽力することを意味しています。 そこに自我は含まれず、目標達成をすることにこそ意味があります。 こういった、自分の意志とは関係なく、目的のために力を出すことを「努力する」と表現します。 また、努力して目的が達成されたことを「努力が実る」という言葉で表現したりします。 自分の意志や自我を差し引いた上で、目的や目標の達成に力を尽くしている場合に「努力する」という言葉を使うようにしましょう。 努力と似た意味を持つ言葉としては、勉学や仕事などに精を出してつとめ励むことを意味する「精励」、気力をふるい起こして努め励むことを意味する「奮励」などがあります。 努力するという言葉の「力」という字を含んだ単語としては、教育を通して身につけた能力を意味する「学力」、元気よく動いたりすることを意味する「活力」、何かを行うための精神力を意味する「気力」、筋肉の力を意味する「筋力」などがあります。 頑張るの例文と使い方 5.小さい頃、祖母から「頑張り屋さんだねぇ」と言われたことがある。 この言葉がよく使われる場面としては、自分の意志を貫くために力を尽くす時などが挙げられます。 頑張るという漢字は当て字で、本来は「我を張る」という言葉でした。 そこから転じて「がんばる」という言葉が出来ました。 そういった由来から、自我を貫き通して力を尽くしていくことを「頑張る」という言葉で表現するようになりました。 「頑張り屋」などの言葉で使われることが多く、自分の利益のためにやり抜くことを頑張ると言います。 例文3などで、子供たちが頑張っている、などと使う場合は「子供たちが自分の力を尽くしている」という意味になります。 努力するの例文と使い方 5.目的を見失わずに努力することが大切だ。 この言葉がよく使われる場面としては、目的を達成するために力を尽くす時などが挙げられます。 自分の意志や自分の利益を度外視した状態でも、目標を達成するために力を尽くすことを努力するという言葉で表現します。 努力の「努」という字は、精を出して仕事をするという意味を持っていて、公共的な目的のために奉仕する精神を思わせる言葉です。 そこから転じて、努力というのは、自分のためでなくても力を尽くすことを言います。 もちろん、努力が実ったことで、自分自身への利益が生じる場合もあります。 しかし、ここで大切なのは、力を尽くす過程で自己を貫くことを重視しているかどうかということです。 自分自身の気持ちに重点を置く場合には「頑張る」という言葉を使い、自分のことよりも目的の達成に重点を置いている場合には「努力する」という言葉を使うようにしましょう。

次の

【頑張る】と【努力する】の意味の違いと使い方の例文

ちらほら 意味

頑張ると努力するの違い 頑張ると努力するの違いを分かりやすく言うと、 自分の考えや意志を貫こうと力を尽くすことか、目的を達成するために力を尽くすことかの違いです。 頑張るという言葉は本来、「我を張る(がをはる)」という表現で示されていたものです。 「我を張る」が転じて「がんばる」という音になり、当て字をつけて「頑張る」と書くようになりました。 我を張るという文字で示されている通り、頑張るというのは、自分の考えや意志を貫き通すことに力を尽くすことを意味しています。 また、困難なことにめげずに、身を張ってやり抜くことも頑張るという言葉で表現されます。 例えば、「会社の業績アップのために頑張る」という表現を使うと、それは「会社で業績を上げれば給料が上がると聞いたので、自分の意志により、業績アップを目指して尽力する」というような意味合いになります。 「会社のために頑張る」というような表現は本来は適切ではありません。 あくまで、自分のために力を尽くす際に、頑張るという言葉を使うようにします。 また、頑張るという言葉は、「頑張り屋」などと使われることが多くあります。 頑張り屋とは、自分の意志を貫き、困難に負けずにやり抜ける人のことを指します。 「あなたは頑張り屋さんだね」というように使います。 その他にも、頑張るという言葉は激励の際などに使われます。 スポーツ選手などに「頑張れ!」と声援を掛けるのは、「自分のために力を尽くして!」という意味になります。 受験生などに向ける「頑張ってね」という言葉についても、同じことが言えます。 一方、努力するという言葉は、ある目的にために力を尽くすことを意味しています。 ここで言う目的とは、自分の意志とは関係なくても問題ありません。 頑張ると違って、自我を示す意味を持たないのが努力するという言葉です。 努力するという言葉は、「努力家」などと使われることが多くあります。 努力家とは、目的の為に尽力することが出来る人のことを指します。 「彼は努力家です」という表現は、「彼は自分の利益を度外視にしても励める性格です」という意味の言葉です。 自分の意志を抜きにしても、目標達成のために力を尽くそうとする際には「努力する」という表現を使うようにしましょう。 例えば、「会社の業績アップのために努力する」という表現を使った場合、それは「会社の業績アップという目的のために力を尽くして励む」というような意味合いになります。 頑張ると違って、純粋に目標に向かって尽力することを意味しています。 努力という言葉が使われる際には、「努力せよ」や「努力しなさい」など命令調であることが多くあります。 立場が上の者から下の者への指示などで使用されることが多く、頑張るよりも、事務的な意味を含みます。 頑張るを同じように命令形で使った場合は「頑張りなさい」や「頑張れよ」などと表現します。 それは自分の中にある力を出して、周囲に負けずに我を張りなさいというような意味合いになります。 同じ力を尽くすという意味を持つ言葉でも、頑張るは自分の中にある力を自分の為に出すことであり、努力するというのは、自我を抜きにしても目標達成に向けて尽力するという意味があるということを覚えておくようにしましょう。 頑張るを英語にすると「do my best」「try hard」「hold out」となり、例えば「私は英語の勉強を頑張る」を英語にすると「I do my best to study English」となります。 頑張るの意味 頑張るとは、 自分の意志や考えを貫いてやり抜くことを意味しています。 頑張るというのは、自分のために力を出すことを意味していて、張り切ると似た意味を持っている言葉です。 また、困難に直面した際などに、挫折をせず、我慢をしてやり抜くことも「頑張る」と表現することが出来ます。 ここで言う我慢という言葉も、自我を貫くという意味を含んでいる言葉です。 頑張るを使った分かりやすい例としては、「頑張り屋さんだねと言われたら好きになる」「頑張ることができない自分が嫌いだ」「新社会人として頑張る息子を応援している」「明日から頑張ろうと先延ばしにする癖がある」「一人で頑張りすぎると潰れる」などがあります。 このように、自分自身の意志によって行動する場合に「頑張る」という言葉を使います。 頑張るという言葉は、自分に対しても他人に対しても使える言葉ですが、他人に対して使う場合には「自我を貫いて踏ん張れよ」という激励の意味が込められています。 頑張るという言葉の漢字は当て字であり、本来は「我を張る」という言葉であったことを覚えておくとわかりやすいでしょう。 頑張るという言葉の「頑」という字を含んだ単語としては、自分の態度や考えを改めようとしないことを意味する「頑固」、物の作りが丈夫なことを意味する「頑丈」、自分の態度や考えを強く守っていることを意味する「頑強」などがあります。 頑張るの類語・類義語としては、気力を出してこらえることを意味する「踏ん張る」、精一杯働くことを意味する「精を出す」、力一杯努力することを意味する「奮闘する」、勇敢に戦うことを意味する「敢闘する」などがあります。 努力するの意味 努力するとは、 目的のために力を尽くすことを意味しています。 努力するとは、自分の意志を含まずとも、目的達成のために尽力することを意味しています。 努力するを使った分かりやすい例としては、「正しい方向性を向いた努力でなければ意味がない」「努力しても必ず報われるとは限らない」「長年にわたり努力を続けられる才能こそが天才だ」「努力は決してあなたを裏切らない」「目標を持って努力しよう」などがあります。 例えば「企業努力」という言葉があります。 これは個人が自分の意志を通すために力を尽くすという意味ではなく、企業全体が職場の環境や売り上げなどを向上させようと尽力することを意味しています。 そこに自我は含まれず、目標達成をすることにこそ意味があります。 こういった、自分の意志とは関係なく、目的のために力を出すことを「努力する」と表現します。 また、努力して目的が達成されたことを「努力が実る」という言葉で表現したりします。 自分の意志や自我を差し引いた上で、目的や目標の達成に力を尽くしている場合に「努力する」という言葉を使うようにしましょう。 努力と似た意味を持つ言葉としては、勉学や仕事などに精を出してつとめ励むことを意味する「精励」、気力をふるい起こして努め励むことを意味する「奮励」などがあります。 努力するという言葉の「力」という字を含んだ単語としては、教育を通して身につけた能力を意味する「学力」、元気よく動いたりすることを意味する「活力」、何かを行うための精神力を意味する「気力」、筋肉の力を意味する「筋力」などがあります。 頑張るの例文と使い方 5.小さい頃、祖母から「頑張り屋さんだねぇ」と言われたことがある。 この言葉がよく使われる場面としては、自分の意志を貫くために力を尽くす時などが挙げられます。 頑張るという漢字は当て字で、本来は「我を張る」という言葉でした。 そこから転じて「がんばる」という言葉が出来ました。 そういった由来から、自我を貫き通して力を尽くしていくことを「頑張る」という言葉で表現するようになりました。 「頑張り屋」などの言葉で使われることが多く、自分の利益のためにやり抜くことを頑張ると言います。 例文3などで、子供たちが頑張っている、などと使う場合は「子供たちが自分の力を尽くしている」という意味になります。 努力するの例文と使い方 5.目的を見失わずに努力することが大切だ。 この言葉がよく使われる場面としては、目的を達成するために力を尽くす時などが挙げられます。 自分の意志や自分の利益を度外視した状態でも、目標を達成するために力を尽くすことを努力するという言葉で表現します。 努力の「努」という字は、精を出して仕事をするという意味を持っていて、公共的な目的のために奉仕する精神を思わせる言葉です。 そこから転じて、努力というのは、自分のためでなくても力を尽くすことを言います。 もちろん、努力が実ったことで、自分自身への利益が生じる場合もあります。 しかし、ここで大切なのは、力を尽くす過程で自己を貫くことを重視しているかどうかということです。 自分自身の気持ちに重点を置く場合には「頑張る」という言葉を使い、自分のことよりも目的の達成に重点を置いている場合には「努力する」という言葉を使うようにしましょう。

次の

「見受けられる」をビジネス文書で使いたいのですが

ちらほら 意味

「見受けられる」をビジネス文書で使いたいのですが、なんと言えばいいのでしょうか? もともとの文には、 「特商法表記のないサイトが散見している」 とあるのですが、 特商法表記のない 弊社の お客様のサイトがいくつか 多々 ある という内容なので、「散見」はどうなのかと思って質問しました。 宜しくお願い致します。 ちなみに別のサイトで??? な回答をもらいましたので、 コピーします --------------------------------------------------- 「散見」と来たら、「散見される」で、「~している」は間違っています。 尚、「散見」は読んで字の如く「あちこちに見える・ちらほら目につく」という意味で、厳密には「いくつか(多々)ある」ではありません。 「いくつか(多々)ある」なら、そのままお書きになってもビジネス文書中で通るでしょう。 ---------------------------------------------- A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の