コンタクト つけたまま 寝る。 コンタクトレンズをしたまま寝てしまったときの対処法

コンタクトをつけたまま寝るのはダメ!トラブルや対処法について解説

コンタクト つけたまま 寝る

コンタクトレンズを付けたまま寝てしまうのはNG? 結論から先に言ってしまうと、 コンタクトを付けたまま寝てしまうのはNGです。 寝る前にはきちんとはずすようにしてください。 一応、ハードコンタクトレンズの場合であれば多くの製品が連続装用の認可を受けているので、付けたまま寝ても大丈夫ということになってはいますが、目の健康のことを考えればはずすに越したことはありません。 仕事から疲れて帰ってきてそのままベッドに飛び込みたいときでも、コンタクトレンズは必ずはずすようにしましょう。 コンタクトレンズを付けたまま寝るとどうなる? コンタクトレンズを付けたまま寝ることによって起こる問題は、いくつかありますが、その代表的なものが 角膜の傷と 角膜の酸素不足ですね。 角膜の傷についてはイメージしやすいと思います。 付けたまま寝るとレンズが目の中で乾きます。 乾いたレンズは、目にとって明らかな異物となります。 乾いたレンズが角膜と擦れると、そこに傷が発生します。 傷はさまざまな雑菌の進入口になるので危険です。 角膜の酸素不足についてはややイメージしづらいかと思いますが、簡単に言うと、「角膜も体の一部なので呼吸をしているため酸素不足になるといろいろ不都合」だということです。 角膜には血管がないので、角膜が呼吸をするときは、空気中の酸素をダイレクトに取り込むか、涙に乗って運ばれてきた酸素を吸収するしかありません。 ということは、目を閉じていて、なおかつコンタクトレンズが角膜を覆っている状態では、角膜はほとんど呼吸できていないということになります。 もともと酸素透過性が高いハードコンタクトレンズなら、目が酸素不足に陥いることもないのですが、ソフトコンタクトレンズの場合は注意が必要です。 というのも、ソフトコンタクトレンズを付けたまま眠ってしまうと、レンズが乾き、眼球上の涙を吸い取ってしまうからです。 眼球上に涙がなくなると涙による酸素の運搬が滞るので、角膜が酸素不足に陥ってしまいます。 じゃあ、角膜が酸素不足になるとどうなるの? ということですが、これは私たち人間の場合でも同じですね。 酸素がなくなれば動物は死にます。 角膜の中には目にとってかなり重要な「角膜内皮細胞」という細胞があるのですが、角膜に充分な酸素が行き届かなくなると、この細胞の減少を促進させることになります。 角膜内皮細胞は一度失われてしまうと二度と再生しない細胞です。 目の傷はいつか治りますが、 一度失われた角膜内皮細胞は絶対に再生しません。 角膜細胞は加齢と共にゆるやかに減少していくものですが、コンタクトレンズの不適切な使い方(長時間装用等)を続けていると、その減少速度を速めてしまいます。 ちなみにこの角膜内皮細胞、赤ちゃんの時はおおよそ1ミリ平方辺り6,000個あるのですが、コンタクトレンズ歴が長く、なおかつ無理な使い方をしていると、10代後半にして2,000個を切ってしまう場合もあります(これはかなり危険じゃ状態です)。 角膜内皮細胞は眼の呼吸や代謝を担い、黒目に透明性を持たせるとても大事な細胞です。 これが少なくなると視界が悪くなるのはもちろんのこと、将来的に、高齢者に高い確率で発症する白内障の手術を受けることができなくなってしまいます。 少しでも「不適切な使い方」という言葉に心当たりを感じた方は、いますぐレンズの使い方を改めましょう。 コンタクトレンズは寝る前に必ずはずすこと、そしてなるべく装用時間を守ること。 後はケアをきちんとすること。 この3つを毎日ちゃんと行なうこと。 そうすれば、コンタクトレンズを使っていても、角膜内皮細胞が激減してしまうようなことはなくなります。 コンタクトレンズを付けたまま居眠りをしてしまうのも駄目? これも同じ理由により、駄目です。 しかし使用しているレンズの種類によっては、1時間程度の睡眠であれば、眼医学的に見ても許容されるものがあります。 以下にリストアップしておきますね(クリックすると当サイト内の詳細ページに飛びます)。 この中で1dayは1つだけ。 リストの一番上の「デイリーズトータル1」がそうですね。 ここまで酸素透過性が高いレンズは2weekを含めてもそう多くありません。 コンタクトレンズに詳しい方なら気付いたかもしれませんが、上にリストアップされているレンズは全てシリコーンハイドロゲル素材のものです。 また、シリコンレンズの中でも、ぎりぎり上の値に届けなかったものもあります。 7なのでまったく届いていないので、駄目です。 上にリストアップしたレンズは、一応、付けたまま1時間程度寝てしまってもそれほど問題がないと言われています。 ですが、それはあくまで理論上での話であって、レンズを付けたまま居眠りをして目に問題が生じるかどうかは、レンズの汚れ具合や、その人の目の健康状態によっても変わってきます。 つまり、憶測が難しいということです。 目の健康を考えるなら、やはりレンズを付けたまま居眠りをするのも極力控えた方がいいですね。 何日間も付けたままでいられるコンタクトレンズがある? 眼科で働いていると、時々こんなことを聞かれます。 「何日間も連続で付けて良いソフトコンタクトレンズがあるって聞いたんだけど?」 とか、 「つけたまま寝られるコンタクトレンズってあります?」 とか。 うーん・・・。 あるにはありますよ、何日間も付けたままでいていいソフトコンタクトレンズ。 つまり、厚生労働省によって「 連続装用」が認可されているものですね。 具体的にはこちらのものです。 「え、これだけ?」って思う方がいるかもしれませんが、これだけです。 昔は「アキュビュー」っていうレンズがあったんですけどね。 「モイスト」とか「トゥルーアイ」といった単語が何も付かない、ただの「アキュビュー」です。 1週間の連続装用が認められていましたが、今はもう製造されていません。 上記した2つのレンズは今でも存在しますが、いくら連続装用の認可が下りているといっても、実際にその使い方を許可している眼科医はほとんどいないでしょう。 連続装用にはさまざまなリスクが伴います。 目の健康のことを考えると、やっぱり寝るときはレンズをはずすに越したことはありません。 つまりコンタクトレンズの連続装用は、あまり現実的ではないということです。 単純に、コンタクトレンズを付けたまま寝ると起きたとき目が痛いですからね。 目の痛みや違和感は 危険のシグナルです。 寝る時でなくとも、痛みや違和感を感じている状態でコンタクトレンズを付け続けるのは危険な行為です。 絶対にやめましょう。

次の

大変!コンタクトレンズをつけたまま寝た時の対処法

コンタクト つけたまま 寝る

ハードコンタクトレンズは酸素を通しやすいのでリスク小! ハードコンタクトレンズは、 その名の通り硬いレンズでできているコンタクトです。 ソフトコンタクトレンズと違って、 ちょっとした汚れがついたりレンズの異常があれば すぐに違和感や痛みを感じるため、 初心者には少し扱いづらいと言われているんです。 が、ハードコンタクトレンズは とても酸素を通しやすいというメリットがあるんです。 なので、ズバリ! ソフトコンタクトレンズに比べれば、 つけっぱなしで寝てもまだマシかな~という感じです 笑 前述でもありましたが、 ハードコンタクトレンズって今ではそのほとんどが 高酸素透過性ハードコンタクトレンズになっています。 つまり、まるで裸眼のときのように 酸素を目に行き渡らせることができるということです! なので、装着したまま寝てしまっても、 それほど目にダメージがないというわけなんです。 コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうのはダメ! と言われている理由は、 コンタクトレンズでフタをしてしまって 目に酸素や栄養分が行き渡らなくなってしまうからなんです。 なので、酸素をたっぷり通してくれるハードコンタクトレンズなら、 ダメージもまだ少ないということですね。 ベストはコンタクトを外して寝ることです 笑 ちなみに…。 ハードコンタクトレンズといえども、 昔のタイプのようにあまり酸素を通さないというものは もちろんNGです。 昔はハードでも装着したまま寝てしまって、 目に障害をうけて眼科に駆け込むという人も 少なくなかったようなんです。 いや~、技術の進歩というのは本当に素晴らしいですね。 ちなみに先ほどの高酸素透過性ハードコンタクトレンズとは言っても、 レンズに汚れがついていたら 酸素を通しにくくなってしまいますので注意が必要です。 特にハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズと違って、 長期間に渡って使い続けていくというタイプが多いですから、 毎日のお手入れはしっかりとしておいて レンズをきれいに保つようにしてくださいね。 それと、ハードコンタクトレンズなら つけっぱなしで寝ても大丈夫とは言いましたが、 なるべくなら寝るときはコンタクトレンズを外しておいてください。 やっぱり、いくら酸素が通りやすいとはいえ、 目にとっては異物でしかありません。 ダメージがまったくないわけではありませんし、 こういった行為を繰り返していると 目になんらかの症状が現れてくるかもしれませんので、 やっぱり寝るときにはコンタクトレンズを外して、 しっかりとお手入れをしてから寝るようにするのがベストです! ちなみにソフトコンタクトレンズでも のものなら 少しぐらいなら装着したまま寝てしまっても大丈夫かもしれません。 ただし、自己責任で(笑) コンタクトレンズの最安値をもっと探しやすく。

次の

電車など移動中でもコンタクトをつけたまま寝るのはやめましょう

コンタクト つけたまま 寝る

コンタクトレンズを装着してまだ3日程度しか経っていない、コンタクトレンズ初心者です。 初心者がゆえにコンタクトの装着に時間がかかったりして、いまだに手こずったりしています。 使用しているコンタクトは、目に違和感が少ないであろう使い捨てのワンデイタイプなのですが、時折、頭をよぎるのが「就寝時にコンタクトを外さないくても、2日程度であれば連続で使用できるのでは?」という疑問です。 実際にネットで検索してみると、ヤフー知恵袋なんかで、「2日程度なら、いけますよ!」という意見が多く見られます。 みんな同じことを考えている。 毎朝、何分もコンタクトの装着に時間を取られるなら、それが2日に1回になれば効率がいいじゃないか!そのような考えで、あえてコンタクトレンズを外さずに就寝したら、朝起きたとき、 視界にうっすらと白い霧がかかったような状態になっていることに気づきます。 最初はコンタクトレンズの汚れかと思ったのですが、コンタクトレンズを外しても白い状態は続いたままです。 白い視界は30分前後で回復しました。 その後ネットで検索してみると、同じように一時的に白くなり、その後回復に向かうというケースが散見されるようです。 このとき初めて、眼科の女性スタッフがコンタクトレンズは高度管理医療機器だから、用法を守って下さいと言っていたことを思い出します。 平成17年4月1日よりコンタクトレンズは、危険性の高い 高度管理医療機器に変更されています。 この高度管理医療機器とは、副作用・機能障害を生じた場合、人の生命・健康に重大な影響を与えるおそれがある医療機器のことを指し、同レベルの機器には、心臓ペースメーカー、人工骨、歯科用インプラントがあります。 コンタクトレンズが医療機器として高レベルに位置づけされているのを裏付けるかのように、近年では、コンタクトレンズが原因で失明する例が急増しており、その原因の多くが、用法を逸脱したような長時間の連続使用です。 自分で手軽に装着できる手軽さが、医療機器であるイメージを弱めていることも大きな原因の一つだと思います。 ソフトコンタクトレンズを日を跨いで長時間付け続ける時、我々は、レンズの耐久度だったり、睡眠中にずれないかなどの物理的なレンズ自体のことに意識が行きがちです。 しかし、本当に注意しなければならないのは、生物学的レベルでの目の異変です。 角膜の酸素不足により引き起こされる角膜血管新生や、細菌による角膜炎角膜などは、コンタクトレンズを睡眠中にも着用することで引き起こされる失明に至る典型的な症状のようです。 普段生活している中で、角膜にも酸素が必要なんて知識がないように、思ってもない目の異変が起こりうる可能性があるのです。 コンタクトレンズは医療機器と今一度、心に刻んでおきましょう。 「白いもや」は一時的なもので治るものと、安心して長時間の装着を繰り返していると、いつかとんでもない副作用があなたを襲うかもしれませんよ。 角膜血管新生・・・長時間コンタクトレンズを着用し続けることによる角膜の酸素不足が原因で、角膜に酸素を供給するために血管が伸びてくる症状。 状態が悪化すると角膜炎を起こし、視力が低下し、やがて失明する。 アカントアメーバ角膜炎・・・世の中に広く分布するアカントアメーバが、眼球とコンタクトレンズの間で増殖することで引き起こされる角膜炎。 コンタクトレンズの着用により失明に至る、もっともありがちなケース。 もちろんコンタクトレンズを使用しない場合も発生する可能性はあるが、コンタクトの使用者に圧倒的に多いとのこと。

次の