スキンケア 比較。 スキンケアの参考におすすめ!人気の肌質遺伝子検査キット比較ランキング

【比較】キュレル、ミノン、アルージェの化粧水から乳液、クリームまで!敏感肌スキンケアを比べてみました。

スキンケア 比較

普段から敏感肌タイプの人はもちろん、季節の変わり目や乾燥が激しい時期など、肌が少しゆらぎ気味に感じる人も多いはず そんな時、どんなお手入れをしていますか?普段のスキンケアではしみてしまったり、かゆくなってしまうことも。 低刺激処方で優しい敏感肌向けのアイテムに切り替えたいな、と思いますよね! ミノンかキュレルかアルージェか・・・敏感肌向けスキンケア結局どれがいいの? そんなときによく選ばれるスキンケアがこちらの3ブランド。 左からミノン・キュレル・アルージェ 今回は、ドラッグストアでも手軽に購入できる人気の敏感肌向けブランドから ・ミノン アミノモイスト ・キュレル ・アルージェ を比べてみました。 価格帯やコンセプトは似ていても、メインとなる成分や使い心地などは異なります。 特長や成分のおさらいをしながら、実際の使用感などからおすすめや上手な選び方をレクチャーしたいと思います!ドラッグストアでどれにしよう?と迷った時など、ぜひ参考にしてみてくださいね。 もくじ ミノン・キュレル・アルージェの 特長・成分の違い 今回使ったのは敏感肌向けスキンケアの代表的な3ブランド、ミノン・キュレル・アルージェ。 まずは、各ブランドの特長や成分をおさらいしながらまとめてみました。 第一三共ヘルスケアのミノン アミノモイスト 乾燥肌・敏感肌にシンプルケアでうるおいを与えるスキンケアブランド「ミノン」。 天然保湿因子の減少で水分不足&硬くカサカサになった肌を、保潤アミノ酸の力でバリア機能をサポートします。 ミノンの歴史 ・2019年に「ミノンアミノモイスト」誕生から10周年を迎えた。 ・「敏感肌・乾燥肌向け」に加えて、2019年春には、ニキビや皮脂が気になる敏感肌向けの「敏感肌・混合肌向けライン」がスタート。 ・メンズシリーズの「MINON MEN」もあり。 まず、1970年代に洗浄料ブランド「ミノン」として誕生。 そこから敏感肌のフェイシャルケアを極めるブランドとして「ミノン アミノモイスト」が2009年にスタートした。 低刺激処方を守りながら、敏感肌をすこやかに美しく、手応えのあるスキンケアを目指して作られている。 肌の必須成分「セラミド」が不足しがちな敏感肌・乾燥肌のため、肌本来のセラミドの働きを守り・補い、肌のバリア機能をサポートするのが、キュレルの「セラミドケア」です。 敏感肌向けの嬉しい処方 弱酸性、無香料・無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)、アレルギーテスト済み、乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み アルージェ 肌のバリア機能の重要性に着目し、「バリア保湿 乱れ弱った肌のバリア機能を整える、敏感肌のための機能性保湿 」にこだわった低刺激処方のスキンケアブランド「アルージェ」。 高浸透を可能とした「ナノ化天然セラミド」で、セラミドを補うだけでなく肌のセラミド産生を促し、肌が自らうるおう力を高めます。 ミノン ミノンは、みずみずしい中にとろみ感のある化粧水と、のびのいいまろやか乳液。 とろみのある化粧水はしっとりとなじみ、適度に密着感があります。 とろみタイプなので、じわじわ浸透していく感じ。 乳液は、濃厚だけどまろやかでのびが良いです。 こちらも密着するようになじんでいき、もちもちとしたうるおい肌に。 ラインで使うと肌がぷるっとうるおい、乾燥対策としても持続性を感じます。 キュレル キュレルは、とろみのないみずみずしい化粧水と、柔らかな乳液。 化粧水は水分感が高く、パシャパシャ系のイメージ。 ただ、なじむとしっとり&肌もふっくらします。 肌なじみよく、しっとりとなじむ乳液は、よりぷるんとうるおうように感じました。 アルージェ アルージェは、みずみずしいけどしっとり感のあるミスト化粧水と、みずみずしいジェルミルク。 化粧水のミストをした後、しっかり手のひらでなじませると、浸透感がアップします。 ミストでシュっとかける付け心地は、お風呂上がりの火照った肌に気持ち良い! なお、化粧水はみずみずしい後肌のため、すぐに次の保湿アイテムを塗布するのがおすすめです。 乳液は、ミルクと混ざったようなジェルテクスチャーがとてもみずみずしく、一見、適量は少なく感じますが、伸びがとても良いです。 化粧水だけでは足りなかった保湿を、ここで補う感じに。 さらにこの後、「エッセンスミルキークリーム」も使ってみました。 濃密ながらもやわらかく、こちらものび良し。 肌に密着し、保護感を与えてくれます。 すべて終えると、ぷるっと肌が整います!ジェル乳液まででもうるおい感はありますが、乾燥対策にはクリームまで使った方がより安心感が得られるでしょう。 こんな時にはどれがおすすめ? 3ブランドを使い比べてみました! いろいろな肌状態に対してどれがオススメか、それぞれのアイテムを実際に使ってチョイスしてみました! 使った季節:冬 使った時の肌状態: 目に見えたひどい肌荒れはないが、敏感気味な肌状態。 実際使ってみても、アルージェが一番低刺激だと感じます。 その中でも、仕上がりの感じや翌朝のしっとり具合は、ミノンが一番高保湿だと感じました。 そんなアミノ酸を中心としたミノンの保湿成分にも期待ができます。 さらに高保湿を実感したいなら、化粧水+乳液に加えて、クリームまで使うのがベター。 みずみずしさで選ぶなら、キュレルが最適! と言っても、テクスチャー自体はみずみずしいものの、塗布後はしっとりと保湿される点も、インナードライにピッタリでしょう。 乳液まで使えば、キュレルの「セラミドケア」でセラミド産生のサポートも叶います。 また、乳液がジェルタイプなので、水分感高めです。 クリームもやわらかく軽い使用感で、油分過多にはならなさそう!皮脂分泌の気になるときは、乳液までで終わらせるのもいいと思います。 キュレルも、比較的なめらかな後肌に仕上がると思います。 まとめ いろいろな面で見てみた結果、アルージェはどんな肌タイプにも期待できる有能スキンケアでした。 みずみずしいうるおいがありつつ、敏感肌のこともしっかりと考えられた機能性保湿、界面活性剤なしでナノ化された「天然セラミド」が配合されている点など、敏感肌・乾燥肌にうれしい処方がたくさんあることがわかります。 また、肌の必須成分であるアミノ酸がたっぷり配合された「ミノン アミノモイスト」、セラミド自体は入っていないものの独自のセラミド機能成分で肌のセラミド産生をサポートしてくれる「キュレル」、どちらも独自の観点で敏感肌に寄り添っていることがわかりました。 それぞれの処方や使用感などを参考に、今の敏感肌合ったスキンケアが見つかりますように。 ドラッグストアに行く際は、ぜひ参考にしてみてくださいね! 〈掲載商品一覧〉.

次の

スキンケアの参考におすすめ!人気の肌質遺伝子検査キット比較ランキング

スキンケア 比較

すっぴんパウダーとは、のせるだけで素肌を綺麗に見せてくれる メイクオフ要らずのフェイスパウダーのこと。 元々は『クラブ』から発売されているアイテムの商品名でしたが、同じようにスキンケアアイテムとして使えるパウダーのことを総称して『すっぴんパウダー』と呼ぶように。 他にも『ナイトパウダー』や『スキンケアパウダー』など様々な呼び方があります!夜スキンケアの最後にのせることでべたつきを防いだり、日中のメイクの仕上げやお直しにも使うことが出来るんです。 肌馴染みが良いクリアタイプや薄いベージュカラーのものが多いので、学校メイクやすっぴんを見せたくないお泊りにも最適! すっぴんパウダーの特徴・魅力 肌を綺麗に見せてくれる すっぴんパウダーは前述したとおり『スキンケアパウダー』『ナイトパウダー』とも呼ばれ、多くのアイテムにヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分が配合されています。 そのためパウダーなのに しっとりとした仕上がりで、パサつき感がないのも魅力の一つ!洗い流さずそのまま眠ることができるから、夜スキンケアの化粧水・乳液などで保湿した後に使うのももおすすめなんです。 ただ保湿効果があるといっても、洗顔後すっぴんパウダーのみでスキンケア完了してしまうのはNG。 いつものスキンケアアイテムと併用するのが良さそうです! 更に優しい香りが付いているすっぴんパウダーもあるので、お気に入りの香りを見つければリラックスできること間違いなし。 外的要因から守ってくれる すっぴんパウダーとベビーパウダーは、どちらも主成分はタルクなどの粉末。 (シルクを主成分としたすっぴんパウダーもあります。 ) すっぴんパウダーは 保湿成分が多く配合され、よりしっとりとした使用感が特徴。 そのため粉質も柔らかく細かいものが多いです!対してベビーパウダーは主にあせもやただれ防止に使うアイテムのため、よりサラッとした質感に仕上げたいときにおすすめ。 ベビーパウダーを肌にのせると乾燥してしまうという方は、一度すっぴんパウダーを試してみて!ちなみにすっぴんパウダーの価格はベビーパウダーの2倍ほどです。 ケース・パフ付きで1089円(税込)とお試ししやすい価格なのが嬉しいポイントです! シルクパウダーが余分な皮脂を吸収するので、テカリやすいTゾーンもサラッとした質感にしてくれます。 日中のベースメイクの上から使ってももちろんOKですが、夜のスキンケアの最後にもおすすめ! 粒子の細かいしっとりした粉質なので、ふんわりと毛穴をぼかして自然にトーンアップさせてくれます。 7g・20gと2サイズから選べて詰め替え用も発売されているのがリピートしやすくて〇 ルースパウダータイプです。 毛穴をふんわりとぼかしてくれるソフトフォーカスパウダー配合の、ヌーディクチュール『ルースパウダー』。 きめ細かく柔らかな粉質なので、しっかりと肌に密着してくれるのも嬉しいポイント! またローヤルゼリーエキス・スクワラン・6つの植物エッセンスなどのリッチ美容液成分を配合しているから、乾燥しにくいんです。 いつものメイクの仕上げにフェイスパウダーとして使うのはもちろん、夜のスキンケアの最後やお泊りメイクにもおすすめ! タール系色素・アルコール・鉱物油・紫外線吸収剤・パラベン不使用で洗顔要らずな上、24時間いつでも使えるんです。 イノセントフローラルの自然な香りにも癒されます! カラーバリエーションは01 ナチュラルクリア・02 ピュアピンクの全2色展開です。 ルースパウダータイプ。 ハートのロゴが可愛らしいシンプルなパッケージで、持っているだけでもテンションを上げてくれそう! スクワラン含浸パウダー・リピジュア・セラミド2・加水分解ヒアルロン酸・水溶性コラーゲン・グリセリンなどの美容保湿成分を配合し、しっとりと うるおいを与えて乾燥を防ぎます。 タルク・シリコン・パラベン・合成色素・鉱物油・紫外線吸収剤・アルコール不使用なのも嬉しいポイント!これ一つでも自然に毛穴やくすみをカバーしてくれるから、ナチュラルメイクやすっぴんメイクにもおすすめ。 カラーバリエーションは01 桜色・02 肌色の全2色です! 美容液成分でパウダーをコーティングしている上、桜の花エキス・椿油・大豆エキスなどの美容液成分を200%も配合。 パウダーなのにパサつきにくく、うるおいを守りながらサラッとした肌に仕上げてくれるんです! また撥水・撥油処方で汗や水をはじいてメイクを崩れにくくしてくれたり、桜の花びら型パウダーによって毛穴をふんわりぼかしてくれるのも嬉しいポイント。 更に桜色偏光パールがツヤと透明感を与えてくれるんです!パウダーが出てくる中蓋の穴も、可愛らしい桜の花びら型。 持ち運びしやすい小さなサイズ感なので、メイク直しにもぴったり! もちろん夜のスキンケアの最後に使ってもOK。 ルースパウダータイプ。 手のひらに収まるコンパクトなサイズ感なのに、付属パフは大判で柔らか! 外出先でのメイク直しにも最適で、パステルピンクのパッケージも可愛らしいんです。 プロテクトスキンパウダーにより外的刺激から肌を守ります! 時間を選ばずいつでもつけられるクリアタイプなので肌色を選ばずに使えて、夜のスキンケア後でも使用OK。 また 皮脂吸収パウダー配合だから、テカリを防止してくれます! 気になる毛穴もふんわりぼかして、アロエエキス・ハトムギエキスなどが乾燥をケア。 プレストパウダータイプ。 香りのバリエーションはベビーミルクティーの香り・フローラルブレンドティーの香りの全2種類です! フェイクヌードパウダーにより、 素肌感を残しつつ悩みをカバーしてくれます。 血色感をプラスしてくれる絶妙なピンクカラーだから、起き抜けのどんよりくすんだ顔を見せたくないときにもおすすめ! スクワラン・ビタミンC誘導体・ローズヒップオイル・3Dヒアルロン酸・センチフォリアバラ花エキスなどの美容液成分も贅沢に配合。 お肌をしっとりと仕上げてくれます! 鉱物油やタール色素不使用で、昼も夜も使える洗顔要らず。 プレストパウダータイプです。 手のひらに収まるコンパクトなサイズ感なので、ポーチインしやすく持ち運びにぴったり! 皮脂吸着パウダー・ミネラル皮脂コントロールパウダーを配合することで、過剰な皮脂を吸着。 チェジュ島の天然ミネラルとミントが水分油分のバランスを整え、ひんやり爽やかな付け心地! 肌をパッと明るく見せ、くすみの気にならないふんわり肌に。 パラベン・タルク・合成色素・動物性原料・鉱物性油・合成香料不使用なのも嬉しいポイント! メイクの仕上げはもちろん、日中べたつきが気になったときやお直しにもおすすめ。 パフ付きのルースパウダータイプ。 とても小さなプレストパウダータイプなのでポケットやポーチなどに入れてどこにでも持っていきやすく、 ミニバッグにも最適! カラーバリエーションは01 クリア・02 ナチュラルの全2色で、どちらも24時間いつでも使えるんです。 肌にのせるだけで一枚ヴェールをかけたようにするんとした仕上がりで、理想の透明肌に導いてくれます! 普段のメイクの仕上げだけでなく、お泊りやメイク直しにもぴったり。 香りのバリエーションは、パステルローズの香り・ホワイトフローラルブーケの香りの全2種類。 どちらもとっても癒される良い香りだから、メイクやスキンケアが至福の時間に!とても きめ細かいパウダーなので、毛穴や色ムラをふんわりとぼかして目立たなく見せてくれるんです。 つるんと透明感のある仕上がりで、素肌っぽいのにトーンアップして綺麗に見せてくれます!またヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分でパウダーをコーティング。 パウダーなのにカサつきにくくしっとりした肌に導いてくれます!更にアルゲエキス・オウゴン根エキスなどのフィルター成分も配合。 タバコの煙・ホコリ・PM2. 5などの有害物質から肌を守ってくれるんです。 付属パフは大きめでふんわりと柔らかく、肌当たりが優しいのも使いやすいポイント!プレストパウダータイプです。 スキンケアの仕上げやメイクの上からはもちろん、お直しにも24時間いつでも使うことができます! 更に パウダーファンデーションの下地として仕込めば、より滑らかで美しい仕上がりに!皮脂を吸着してくれるのでサラッとした肌を長時間キープしてくれます。 18種類のアミノ酸を含んだシルクがお肌をしっかりと保湿。 表面はサラッとしているのに内側はしっとりな理想の肌に近づけるんです! 紙の素材で出来ているパッケージは、シルクが呼吸できるように工夫されています。 小さめで柔らかな付属パフは肌当たりも良く、お肌のことを考えて作られているのが分かりますね! ルースパウダータイプです。 きめ細かなパウダーが過剰な皮脂を吸着するから、サラッと快適な肌に! べたつきやテカリを防ぐので、日中メイクをしたくないときにもスキンケアの上から使うことが出来ます。 美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)を配合し、 シミ・ソバカスを防いで透明感をキープ。 更に保湿成分Sヒアルロン酸や肌荒れ防止スキンケアパウダーを配合することにより、乾燥・肌荒れを防ぎます!24時間いつでも使えて、首やデコルテなどにも使用OK。 ファンデーションと名がついていますが、色はついていないクリアタイプです! 夜スキンケアの上から使えばべたつき防止に、パウダーファンデーションの下地として使えばするんと毛穴レスな仕上がりに。 もちろんメイクの仕上げにも使うことが出来ます! マイカなどのミネラル成分によってナチュラルなツヤ感が出せるのも嬉しいポイント。 更にビタミンA・C・Eの3種類を配合しているので、 トラブルを防ぎしっとりした肌へ導きます! シリコン・紫外線吸収剤・界面活性剤・タルク・ナノ粒子・合成香料不使用、石鹸オフOK。 ビタミンC誘導体を配合し、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎます! 更にオーガニックアルテアエキス・オーガニックラベンダーエキス・キリンサイエキス・海洋性コラーゲンなどの保湿成分を配合。 しっとりと馴染みが良く、滑らかな肌へ導きます! パウダーをのせるだけでほんのりトーンアップするから夜スキンケアの最後に使うのはもちろん、メイクの仕上げにもおすすめ。 ロマンティックなドリーミーフローラルムスキーの香りが夢の世界へいざないます! 貝やヒトデなどの型押しが可愛らしく、乙女心をくすぐりますよね。 プレストパウダータイプ。 パッケージが毎年異なるため、リピート購入している方も多い人気アイテムです! 「半透明マグネットホワイトパウダー」が皮脂と混ざっても濁らず、時間がたっても透明感をキープしてくれます。 パフが朝・夜用の2種類付属しているのも使いやすいポイントです! メイクの仕上げやお直しとして使うのはもちろん、夜スキンケアの最後に使用することでべたつきを防止。 デコルテや首・手元にもおすすめなんです! ほんのりと香るフローラルアロマの香りにも癒されます。 プレストパウダータイプです。 すっぴんパウダーで素肌をバージョンアップ!.

次の

プチプラ vs デパコス!スキンケアアイテムの違いを徹底比較

スキンケア 比較

宇津木式スキンケアの基本 とはクレンジングや化粧水、美容液やクリームなどの基礎化粧品を一切使わず、水で洗うだけのスキンケアです。 宇津木式スキンケアの効果は?【比較写真あり】 結論から言うと、私には効果抜群でした。 宇津木式スキンケア法を知ったときは、こんなに何もしなくて本当に大丈夫なの?って疑ってましたが(笑) ストレスや寝不足で、簡単に肌が荒れる&敏感・混合肌だったので、さらに肌が荒れたらどうしよう・・・という不安もありました。 下記の写真は、宇津木式スキンケアを始める前と、始めて3か月後に撮った写真です。 炎症を繰り返して常に赤みとかゆみがある状態(宇津木式スキンケアを始める前に自分で比較したくて撮ったものです) 決して、つるつるの美肌!とまではいきませんが、炎症を繰り返していた当時よりも赤みが減り肌質が改善したと感じています。 もとの肌が綺麗な人は、もっと肌質が改善してキメが細かくなると思います。 3か月前は、普段使用しているスキンケアや化粧品を使用しても、体調や季節によって炎症を起こすことが多くありました。 そのたびに化粧で肌荒れを隠し、さらに肌が荒れて皮膚科に駆け込むという悪循環の繰り返し・・・ 今のケアを根本的に変えないとずっと荒れた肌をステロイドで治し、また時間が経ったら肌が荒れるの繰り返し。 綺麗な肌になりたい!と思い、肌について勉強しているときに出会ったのが宇津木式でした。 基本のスキンケアの方法 わたしが準備したのはこれだけです。 と 化粧をしなかった日の基本のスキンケア ・35度以下のなるべく水に近いぬるま湯で優しく皮脂を洗い流す+ワセリンで保湿 乾燥しない脂性肌の人は、ワセリンを塗らなくても大丈夫です。 注意 よく無添加せっけんと勘違いして合成界面活性剤の入ったものを使用しているひとを見かけます。 ちなみに赤箱や青箱の牛の絵がついたものは無添加せっけんではないので気を付けてくださいね。 無添加せっけんとは、「石鹸素地100%」「カリ石鹸素地」としか表示されていないものです。 メイクをした日のスキンケア方法 ポイントメイクのオフには大島椿の を使用しています。 綿棒にオイルをしみこましてアイメイクやアイブローをゆっくりと落とします。 そのあとに35度以下のなるべく水に近いぬるま湯+無添加せっけん+ワセリンで保湿。 いたってスキンケア方法はシンプルです。 宇津木式スキンケアを成功させるコツ とにかく優しく洗い流し、ワセリンもお肌に優しく押しながら塗っていきます。 初めの1か月程は、肌がゴワゴワする感じがして不安になりますが、2か月目くらいからガサガサ・ゴワゴワもしなくなりました。 ここで不安になりクレンジングと洗顔フォームのW洗顔に戻したら余計に肌がひどくなりました・・・(経験済み) どうしてもゴワゴワ感や乾燥が気になる方は、ポイントメイクをオフするのにも使用している で保湿するとゴワゴワ感や乾燥がマシになります。 このアトピコオイルは、皮膚科医に教えてもらいました。 また、ワセリン量は米粒程度とされてますが、肌の調子に合わせて私は量を調節しています。 ポイント ワセリンは純度の高い白色ワセリンを使用してくださいね。 片方の手のひらにワセリンを出して、両手をこすり熱を与えてから溶かして顔に使用すると少量でもよく伸びて塗りやすいです。 宇津木式を取り入れてからのメイク ここまではスキンケアの基本とコツをご紹介してきました。 最後は、本格的に宇津木式を取り入れていきたい方に、必要なメイク事情について解説していきます。 もちろん、化粧をしないほうがいいと本では書かれていますが毎日すっぴんは厳しいので、宇津木式スキンケアを取り入れながら使える化粧品を愛用してます。 石けんで落ちる化粧品への変更 宇津木式では、クレンジングを行ってはいけません。 なので石鹸で落とせるタイプの化粧品に変更する必要があります。 下記が石鹸で落とせて肌に優しい有名な化粧品ブランドです。 ・ ・ ・ ベースメイク 塗るタイプのクリームやファンデーションを辞めたほうがいいので、化粧下地・ファンデーションの両方を石けんで落ちるパウダータイプに変更しました。 石鹸で落とせる化粧品をいろいろと試しましたが、私が、実際に使ってみて良かったと感じたのは の化粧下地とミネラルファンデーション。 パウダータイプの化粧下地も初めて使用しましたが毛穴落ちを防いでくれていい感じです。 ミネラルファンデーションなのにカバー力もあってSPF30で紫外線対策できるのも決め手でした。 正直、日頃からクリームタイプのファンデーションを使用している人はカバー力が物足りないかもしれません。 どうしてもクリームタイプのファンデーションを使用したい方でも、石けんで落ちるタイプの物もあるのでチェックしてみてください。 乾燥肌の人にパウダータイプのベースメイクは乾燥しやすいと思うので化粧前には、ワセリンを塗るのを忘れないでくださいね! 特に乾燥が強い方日は、ワセリン後の化粧下地をパウダータイプからクリームタイプに変更しています。 ポイントメイク 全ての化粧品をミネラル系で揃えると高いので、ポイントメイクはドラッグストアの物を使用しています。 アイシャドウでまぶたに赤みやかゆみが出たり、口紅で唇が荒れる人はミネラルタイプを検討したほうがいいかもしれません。 メリット・デメリット 今の時点で感じているメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。 メリット ・クレンジングや添加物による肌荒れが治ってキメが整う。 ・肌の手入れが楽&時短につながる。 ・基礎化粧品にお金をかけていた場合、節約できる。 ・旅行でのスキンケア用品を最小限にできる。 デメリット ・せっけんで落とせるメイク用品は値が張るものがおおい。 ・肌が慣れるまではゴワゴワする感じがする。 ・クリームタイプのファンデーションを使用していた人は、ミネラル系化粧品のカバー力では物足りない可能性がある。 これからも宇津木式を継続して、様子を見てみたいと思います。

次の