サマータイム レンダ。 【サマータイムレンダ:116話】最新話のネタバレ!慎平の願望を確信に変えた貝

サマータイムレンダ最新話112話ネタバレ感想!押し寄せる絶望!ひづるの死はもう変えられない!?

サマータイム レンダ

ジャンプ本誌で連載していた作者の方が連載を持っていたりするので、クオリティはなかなかです。 さて、今回の記事で言いたいのはまさに少年ジャンプ+で連載している、ある1つの物語についてです。 家族との再会、滞りなく行われる葬儀。 だが島にはある異変が……? ひと夏の離島サスペンス! 夏の離島。 しかもタイムリープ物と言う、 好きな人にはたまらない内容となっています。 かくいう僕もそのうちの1人。 毎週楽しみにしています!! 楽しみにしてるんだよ!!!!! でもな、テンポがすげー悪いんだ!!! 話がまじで進まねえのだ。 これと比べると破格のページ数と言えるでしょう。 後述しますが、実際に1話目の完成度は高くこれからの物語に期待が持てるお話です。 1話目は文句の付けどころがないのですが、それ以降があかんのです。 2話目20ページ。 少年ジャンプだと29ページ。 まあまあまあ。 まだ1話目の貯金があるからでーじょーぶだ。 3話目・4話目は10ページ! すくねえええええええ!! オサレ師匠(ブリーチの作者さんのこと)のごとくあっさりとページを読み終えてしまいました。 あれ、とんこつを頼んだつもりなのに塩だったかな? って感じ。 5話目で持ち直すかな、と思ってもそうはならず。 5話目は13ページ。 ちなみにジャンプ本誌だと3話目以降は19~23ページほどになります。 いやね、考えがあってページ数を制限しているのかもしれませんけどね。 でもジャンプで育ってきた生粋のジャンプっ子はこのページ数で慣れちゃってるんですよ。 別にジャンプに限らず少年誌だったらどこも同じようなページ数ですしね。 その感覚が体に残っているから、10ページも少ないと物足りねーと思っちゃうんです。 それに当然ページ数が少なければ、話が進む割合も少なくなりますよ。 話が進まない事に拍車をかけています……。 好きな人も多いでしょう、タイムスリープと言う題材。 誰だってやり直した過去はあるものですから、そういった面で共感を得られるのかもしれません。 しかし人気のある題材の反面、取り扱いには注意が必要です。 エンドレス エイト、と言えばわかる人もいるかもしれません。 そう、涼宮ハルヒ史上最大の事件と言っても差し支えない章のことです。 小説は早めにループが終わったのですが、アニメだと8週同じような話を続いたそうです。 8週ですよ!? ほとんど構図やセリフが変わらず、話になんの進展も見られないお話が8週間続いたんですよ!? 実況は大変なことになっていたでしょうねえ。 僕は DVD で見ましたが、あれ、同じやつ借りてきちゃった? と思うほど同じ話の連続でした。 あれでいけると判断したディレクターやべえです。 話に進展が見られないと当然人は飽きてしまいます。 そうですこれこそが タイムリープ物の最大の欠点! タイムリープと言う題材の性質上、同じような絵やセリフが続きがちなんですよ。 もちろん同じようなセリフや構図にページを割くと話の進みも遅くなるんですよね。 なので特に繰り返すタイムリープ物は話のテンポに気を付けてほしい!! じゃあサマータイムレンダは面白くないのか? っていうとそういうわけではないんですよ。 1話以降は正直微妙です。 サマータイムレンダの1話を紹介しよう! 間違って欲しくないのは、僕は別にサマータイムレンダを面白くないと言うつもりはないと言うことだ! この作品のポテンシャルは認めているし、おそらく面白くなると思っている。 だからこそこのテンポの悪さがもったいねえな…と思っちゃうわけですよ。 特に1話の完成度は高い! 必要な情報を散らばめつつ、後々の伏線を敷いている段階。 だけどそれが今後の展開を期待させてくれる素晴らしい伏線なんだこれが。 というわけで紹介していくよ。 まず主人公である慎平の幼馴染の潮。 金髪美女。 そして褐色。 つっこんできたねえ~。 いいよ~。 この少女の葬式に出席するために主人公は東京から戻ってきました。 潮は少女を助けるために海に飛び込み、死んでしまったと考えられています。 が、首には絞められた跡があるらしい。 事故ではなく他殺の可能性が出てきました! そしてその助けた少女も、事故のショックで声が出なくなりました。 これは完全に重要な情報を知っているパターンですわ。 その少女の一家が一夜にして消えてしまいます。 言っておきますけど、本土ではなく離島ですからね。 島から出るのも一苦労ですよ。 夜にフェリーが出ている とも思えず。 小早川家はどこに行ってしまったのか。 主人公と同じタイミングで上陸したクールビューティー。 ただの一般人などではなく、なんらかの指令を受けて上陸した者だと思います。 彼女にしたい。 そして自分と同じ人間がいると言う事実。 昔は罹患者がたくさんいたらしく、島の者はこれを影の病と呼んでいます。 このおじさんだけ画風が違う!! その影は、おそらく殺す事でその人と入れ替わる事ができるみたい。 なぜそんなことをするのか、目的はなんなのか。 多くは謎に包まれていますが、非常に楽しみです。 そしてパンツ。 パンツ。 1話は面白いのでぜひ。 以降の話はまとめて読むのがおすすめですかね。 4・5話見ればわかると思いますが、警察官が入れ替わったのは親友から電話がかかってくる日の夜です。 対して主人公が店で働いているのは翌日です。 このように、基本的に主人公が働きかけないと同じようにキャラが動く事がわかりますね。 まだタイムリープしていない1話目ですでに警察官が入れ替わっていますから。 たとえ漫画に描写されていなくとも、書かれていないところでキャラは同じように動いているわけです。 こういうタイムリープ物は結構新鮮かもしれません。 一巻の感想&考察&解説の記事も書いたよ。

次の

サマータイムレンダ 1 (ジャンプコミックス)

サマータイム レンダ

こんにちは くろいとりと申します 当サイトで大プッシュしている注目作 「サマータイムレンダ」 ジャンププラスで連載中であり、もっともっと人気が出ても良い作品だと思っています。 アニメにしても物凄く良いものになりそうですし、 密かにアニメ化を期待してたり。 タイムリープ系の作品でもある本作。 とはいえ初期の段階から目的は割とハッキリしていて、島にはびこる影をどうにかする事となっています。 しかも初期の頃から非常にスピード感のある展開が続いていた事もあり、 正直そこまで長期連載にはならないだろうなぁと思っていました。 自分が本格的に読み始めたのも6巻の頃なので、割とすぐに終わっちゃうなぁと感じていたのを覚えています。 でしたが、気づけば遂に100話という大台に乗っていました。 毎回非常にインパクトのある展開を続けて、それでいて 伏線の回収をしっかりやりながらでのこの話数なので、改めて凄い作品だと感じますね。 とはいえ94話くらいから一気に謎も明かされていき、かなり物語も終盤へと近づいてきている感じがします。 もちろんそんなに簡単に終わる感じでもありませんが、 どういう最終回を迎えていくのかについて考えるのも面白そうですよね! ということで、今回はどのような形で最終回を迎えていくのかを考えていきましょう! サマータイムレンダ最終回について考える!! 目次• ラストバトルの結末は!? ループを繰り返してきた慎平達の戦い。 その最後の戦いはやはり7月24日の夏祭りで行われる事になるのでしょう。 おそらくその戦いまでには98話、99話で消えてしまった潮も復活して参加しているはず。 もしかしたら 青銅やその妻の千登勢も戦力に加わる事になるかもしれません。 青銅は銃の撃ち方が様になってましたし、結構な戦力になりそうな気がします。 まあいずれにしても慎平達人間側と、ハイネやシデ達影側での総力戦になるでしょう。 基本的には最後の戦いにおいて被害者が出てしまえば、ループによって無かったことには出来ないはず。 なので、 人間側で誰かしらかは亡くなる事もあり得るかもしれません。 根津さんなんかは特に死んじゃう可能性が高いような気もしますね。 結構な被害は出るかもしれませんが、それでも慎平達はハイネ達を倒す事に成功するでしょう。 とはいえ、そこまではハッピーエンドを迎えるにあたっての最低条件。 戦いが終わったその時慎平のループの力がどうなるのか。 その部分の方が重要になってくるでしょうね。 潮の生死はどうなる!? おそらく読者が皆思っているのは、全ての戦いを終えた時に潮がどうなるのかという事でしょう。 全ての影の生みの親であるハイネを倒してしまえば、生み出された影である潮は消えてしまう。 これは絶対のルールであるはずで、普通であれば覆す事は出来ないはず。 なので基本的にはどうやっても 慎平と潮が結ばれる形でのハッピーエンドは難しいと思います。 が、 そういうルールをもぶっ壊しかねないのが慎平の持つループの力。 ハイネとの戦いを終えた所で、その力も消えていくのだとは思いますが、最後に何かしらのボーナスを残して消えていくという可能性もあり得る気がします。 影を倒したという事実だけを残して、過去へと戻る。 そして戻った時間の行く先はループの起点となっていた7月22日ではなく、潮が亡くなってしまった7月21日。 潮が亡くなったという事実が消え去り、定められていた歴史の改変が行われる。 それによって慎平と潮が今度はお互いに生きた状態での再会となり、 慎平が潮と交わした「おまえはオレが守るから」という約束を果たすことになってのハッピーエンド。 そんな形となればちょっと都合は良いものの、綺麗な形で物語が完結出来るのではないでしょうか。 慎平と澪の関係は? とはいえ、もしも潮が生き返る(死んだという事実が無くなる)とすれば、それはそれで問題がありそうですよね。 「サマータイムレンダ」のヒロインと言えばもちろん潮になる訳ですが、 潮の妹である澪もヒロインだと思っています。 なんせ2巻の表紙を飾っているのが澪ですし。 そして澪はずっと慎平の事だけを強く思い続けています。 普通の作品であれば単なる負けヒロインという感じにも見えますが、今作の場合はメインヒロインが死んでしまっている状態。 潮が生き返ってのエンディングでないのだとすれば、 澪の思いが慎平に伝わるような形になっていくはずです。 影ミオが仲間に加わって以来、澪は自分の気持ちを慎平に伝えるようにとやたらと煽られています。 そして 「澪を守れるのも慎平だけ」だとも。 正直、潮がいなくなるからこそ、澪というヒロインが存在していた・・・とも考えられるんですよね。 そうでなければ、澪というキャラクターが潮の妹として登場してきた意味合いが少ない気がしちゃうんです。 ここまで 澪の気持ちの部分を丁寧に描いてきた意味というのがそこにあるのではないでしょうか。 しかし、100話時点ではまだ澪の気持ちは慎平に届いていません。 一時的かもしれませんが、 潮がいなくなった今こそ、慎平と澪が関係を深めるような展開が待っているのかもしれませんね。 ハイネの最後はどういうものになる? ここまで散々慎平を苦しめてきたハイネ。 最後もきっと今まで以上に慎平を苦しませてくれるでしょうね。 しかしそんなハイネについても、まだまだわかっていない事が沢山あります。 南雲先生の過去で、ハイネが突如豹変してしまったのは何故なのか? ハイネは何故故郷に家族と共に帰ろうとしているのか? 潮の中にハイネの意識らしきもの(??)が混じっているのは何故なのか? などなど、色々と判明していない部分が多いです。 この先の戦いで少しずつ明かされていくのだと思いますが、問題はハイネとシデの関係性の部分かもしれません。 ハイネにとってシデは守護者であり、自分が最初に産んだ子供でもあります。 なのでシデがハイネを守るのは当たり前のようでもありますよね。 しかし2周目の様子や、7周目の話なんかを見ると、二人の目的はそれぞれ別な感じに見えます。 故郷へと帰ろうとしているハイネに対して、 雁切さんことシデは何か違う自分なりのエンディングを探しているように感じるんですよね。 FF7リメイクをやりたかったなぁ・・・と、未来を感じさせない発言もしているのが大きなポイントとなっている気がしたり。 この辺の考えの違いの部分によって、 ラストバトルではシデがハイネの力を利用するような事にもなりかねない気がします。 ハイネの力まで奪ってより凶悪になったシデと最終決戦になる・・みたいな展開はありそうですよね。 まとめ という事で色々と「サマータイムレンダ」の最終回に向けての展開を考えてみました。 潮がどうなるのか、そして澪との関係がどうなるのか。 考える事は色々とありますが、 とりあえずはどんな形であってもハッピーエンドになって欲しいですよね。 とはいえまだまだ物語は二転三転していくでしょうし、じっくりと楽しんでいきたいと思います!! 今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

サマータイムレンダ

サマータイム レンダ

サマータイムレンダ最新話112話ネタバレ感想 サマータイムレンダ112話:時間はギリギリ 8周目に命からがら情報を残してくれた朱鷺子によれば、南雲先生から合図があったのが10時45分。 時間が全くない状態なだけに、 慎平は出来る限り最高の速度で突っ走っていました。 9周目のスタートが 10時11分 影ミオを救出したのが 10時35分 そしてそこから大急ぎで澪と窓を止めたのが 10時39分 更にそこから影ミオの最高速度で突き進んで虎島が目の前に見えたのが 10時44分 虎島の周辺には野良の影も配置されていましたが、それらも全スルー。 影ミオの大ジャンプからの影スケーティングでなんとか10時45分ジャストくらいのタイミングで虎島に辿り付く事に成功するのでした。 おそらく考えうる最大のスピードである事は間違いなく、 この先ループする事が出来たとしてもこれを縮める事は出来そうにありません。 正直こうなってくると この9周目でどうにか出来なければほぼ詰みなのではないかと思ってしまいますね。 サマータイムレンダ112話:ロズを貫くシデの攻撃 慎平と影ミオが虎島に辿り着くより一瞬先に南雲先生を助けようとシデの所に突っ込んでいた朱鷺子。 この場面は8周目の朱鷺子の描写と同じであり、8周目の南雲先生達の戦いにギリギリ間に合ったという感じに見えました。 が、何とか虎島に辿り着いた慎平と影ミオが見たのは シデに突っ込んだロズが一撃で穴だらけにされてしまった姿。 慎平は8周目の朱鷺子の記憶でそれを見ていたようですが、 通常の影とはレベルが違うロズが瞬殺されてしまうのを目の前に見て流石に驚きを隠せません。 ここで少し気になったのが シデの体に胸があった事です。 8周目に南雲先生と戦っていたシデにはなかった特徴ですよね? 以前のシデは男性型であり、今回のシデは女性型という事なんだろうか? まあよくよく考えると シデが初登場した時も女性型だったんですよね。 この辺りの違いがシデの秘密に関わっているという事なのかもしれません。 ロズを穴だらけにした力も気になる所です。 この力は 天沼矛ありきのものなのか、それともプリントした天沼矛ありき(2本の槍)のものなのか。 記録#19でも天沼矛について書かれていたので、もしかすると武器固有スキルなのかも(そういう作品ではないだろうけども) ・・・・・・・ん? そもそも8周目の戦いの際には、この時シデは竜之介のハッキング(というか乗っ取り?)によって泥を剥がされた状態だったはず。 それなのに 全くそういう状況になっていないということは・・・・!? サマータイムレンダ112話:ループによる弊害 「なるほど・・・こんな風に変わるんやねぇ・・・展開が・・・・!!」 そう言いながら泥の中から顔を見せた雁切さん。 それ以上の追撃をさせない為に、影ミオは包丁をぶん投げて攻撃します。 ここで ようやく慎平と影ミオはシデとハイネの前に辿り着くのでした。 慎平が本来この時間に辿り着くのは難しいはず。 そう感じたハイネは、逃げた朱鷺子から情報を手に入れたのだと確信。 しかしだからと言って ハイネは全く驚きも動揺もしません。 何故なら 虎島での戦いは8周目とは全く違う展開になってしまっていたから・・・。 おやおや・・・・何を驚いているんですか。 慎平くん・・・ キミがループしてくれたおかげで 我々ももう一度ひづるちゃんと戦えたんですよ このシデの言葉は最悪の結末である事を表していました・・・。 そうなんです。 忘れてしまっていました。 慎平がループによって有利に物事を進められるように、ハイネも知識を次の周へと持ち込む事で有利に進められるのだと。 サマータイムレンダ112話:南雲先生死す・・・!? あえて自殺する事で虎島行きのメンバーと澪と窓、それぞれを救おうと考えた慎平。 予想通りにギリギリで虎島に辿り着いた訳でしたが、 慎平は目の前の光景に愕然とさせられてしまいます。 それが、 シデが天沼矛で南雲先生の胸を貫いている場面。 シデはいつも通りに軽い口調で慎平を煽ります。 感謝します おかげで楽勝でした と。 ・・・・・・遂に恐れていた事がやってきてしまった感があります・・・ 完全に南雲先生は自ら死亡フラグを立ててましたからね・・。 とはいえやっぱり この展開は最悪すぎるでしょ!!! 8周目でまさかのやり方で竜之介を再誕させたりしたのは一体なんだったんだと思ってしまいますし。 どうにかこんな最悪過ぎる未来を変えたい所。 しかし前述の通り、既に時間はギリギリであり、 澪と窓を見捨てたりしない限りこれ以上早い段階で虎島に辿り着くのは不可能。 となると、 南雲先生の死亡は確定となってしまうのかもしれません・・・・・。 これは辛すぎる・・・・・ マジでどうにかならんのだろうか・・・! サマータイムレンダ最新話112話ネタバレまとめ これまでもループの力でどうにか危機を乗り越えてきた慎平。 しかしここへ来て 本当にどうしようもない状況に追い込まれてしまった感があります。 初期の初期からの頼れる仲間、南雲先生がやられてしまえば本当に絶望しかありません。 潮がやられ、南雲先生がやられてしまえば、何周ループ出来たって慎平に勝ち目なんて1%も残っていないでしょう。 というかまず、この状況をどうやって乗り切るのかも大きな問題です。 慎平のループはまだぎりぎり残っているのだとは思いますが(とはいえここで死んだらそろそろラストかな?)死んだからって立て直せる見込みもありません。 唯一可能性がありそうなのは竜之介の存在でしょうか。 彼がどうにかして受肉(この言い方でいいのか知らんけど)出来れば可能性は繋がるのかも。 とはいえ どうやっても南雲先生の死は避けられなそうで本気で辛いのですが・・・。 次回もまた読むのが怖くなってしまいますね・・。 今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の