超人 オリオン。 【FGO】超人オリオン おすすめ運用方法&性能解説

超人オリオン

超人 オリオン

概要 [ ] 「」の。 本来の姿。 略歴 Lostbelt No. 5『神代巨神海洋 アトランティス』で出会ったサーヴァント。 当初は異聞帯のアルテミスと敵対関係になることに躊躇いがあったが、島ごと住民ごと攻撃を仕掛けるアルテミスの所業を見過ごせず、カルデア一行と共に戦うことを決意する。 アトランティス決戦では機神アルテミスを撃墜し得る要のサーヴァントとして戦いに臨む。 多くの犠牲を出しながらも、孤独な兵器と化したアルテミスを解き放つべく放った最後の矢によりこれを撃破。 自らの役目を果たして消えていった。 人物 ではなく、本来の人間の姿のオリオン。 筋骨隆々の大男。 外見は似ても似つかないが、クマの時と性格はまるで変わらない。 筋金入りの女好き、プレイボーイ。 時々表情がクマっぽくなる。 能力 無力なクマ時代とは一変、ギリシャ最高の狩人を自称するだけの実力を存分に発揮する。 棍棒を主武装とし、その強靭な肉体はあらゆる獣を素手だろうが弓だろうが仕留めるだけの膂力を持つ。 アトランティスでは鍛冶神ヘファイストスがアキレウスの鎧を鍛ち直して作り出した神造兵装・黄金の弓矢『アイギス・エクリプス』を使用し、高度500kmの機神アルテミスへと狙撃を行っている。 の一騎『グランドアーチャー』であり、アトランティス決戦時には冠位を返上すると共にアルテミスを撃ち落とす宝具の一撃を放った。 強力なサーヴァントではあるが、平時は通常のサーヴァントを凌駕するほどの力までは発揮していない模様。 愛が重い、何か物理的に重い。 なぜ対軍なのかというと、この宝具は一人を一軍に匹敵するものへと変化させるほどの祝福だからだ。 副作用として常人ならば爆散するが、オリオンは筋肉痛で済む。 宝具演出が2パターンあり(セリフ違いも含めると計4パターン)、通常はシリアスにアルテミスが優しく抱きしめ加護を受けるが、時折浮気がバレたか何かで狼狽するオリオンにアルテミスが笑顔でチョークスリーパーを極める演出になる。 『Grand Order』では「自身に無敵貫通状態を付与 3ターン &攻撃力をアップ[Lv] 3ターン &クリティカル威力を大アップ 3ターン &弱体無効状態を付与 3ターン &毎ターンスター獲得状態を付与 3ターン 」という効果のArts宝具。 グランドアーチャーとして召喚された際に使用する場合、あらゆる獣を彼の手の届くものへと貶める追加効果を得る。 無限増殖するタイプの敵にも対応して、レンジ内に存在する限りは自動的に殺し続ける。 『神代巨神海洋 アトランティス』ではのヘファイストスが造った神造兵装の鎧を、異聞帯のヘファイストスが鍛え直して造り替えた対狙撃型星間戦闘機専用複合長弓『アイギス・エクリプス』を装備して使用している。 一射目で機神アルテミスの外殻を破壊し、神核を露出させることに成功する。 しかし、神核を狙った二射目は主砲の一射目を貫く事に成功するも、二連射目により相殺されて防がれてしまった。 其は、女神を穿つ狩人(オルテュギュアー・アモーレ・ミオ) ランク:EX 種別:対神宝具 レンジ:無限大(アルテミスに届くまで) 最大捕捉:1機 本来、あってはならない特殊宝具。 憎悪や闘志、敵意や殺意ではなく愛と憐憫をもって放たれる一矢。 『神代巨神海洋 アトランティス』において、グランドアーチャーとしての冠位を捨ててまで獲得したアルテミスのためだけの宝具。 自身の生命と引き換えに、機械の女神アルテミスを撃ち落とす。 アルテミスのあらゆる防御要素を無視し、あらゆる理不尽を回避して必ず中る最強の矢。 ヘファイストスがアキレウスの神造兵装の鎧を加工して鍛造した対狙撃型星間戦闘機専用複合長弓『アイギス・エクリプス』、アポロンがを全力の権能で変換した英霊の矢、マスターの令呪(ブースト)、それら全てが合一してただ一度だけ放たれる矢。 真名:超人オリオン [ ] オリオン。 月の女神アルテミスに愛されてしまい、波瀾万丈の人生を歩んだ狩人。 「放尿するもの」という意味を持つ名前のオリオンは、海神ポセイドンとエウリュアレ の間に生まれた子である。 「どんな敵でも仕留めてみせる」と豪語した彼はある日、女性関係のトラブルで両目を奪われてしまう。 オリオンはハンマーの音を頼りに小舟で海へとこぎ出し、知り合った暁の女神エーオースの伝手で視力を回復してもらった。 この時点で既に女神との危険なフラグを立てていることに注目したい。 妹のアルテミスがオリオンと恋仲になったことに危機感を抱いた兄にして太陽神アポロンは、 「おまえは弓の名手だが、あのガンダオンという男を射てるかな?」と、海の中にいたオリオンを射つようにアルテミスを唆した。 アルテミスは愛したオリオンを見事に射貫いてしまい、死体を抱き締めて嘆いたという。 死人をも蘇らせるというアスクレピオスに蘇らせてもらおうとも考えたが、生き返らせる前にはゼウスの 雷霆 らいていによって死んでしまった。 仕方なく、アルテミスはオリオンを星に昇華した。 冬になると、 輝く三つ星 トライスターが空に見える。 それはオリオンのベルトだという。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] Lostbelt No. 5『神代巨神海洋 アトランティス』配信に伴い期間限定サーヴァントとして実装。 主人公とはノリの良い友人のような仲 なんだかんだで大切な相手。 第2部第5章「神代巨神海洋アトランティス」クリア後はマイルーム会話がもう一つ追加され、ロストベルトでの顛末を知ったアルテミスが申し訳なさそうにしているのに対し「おあいこ」として話を切り上げる。 自分自身でありアルテミスの付属品のクマ。 最初にアルテミスを見た時、付属品の正体までは分からなかったものの、「こいつとは気が合わないはずがない」と一目で本質を見抜く。 そしてそれが自分自身だと知った後は驚愕しつつも他人事のように応援していた。 いつも連れているアポロンがろくでもない神であると忠告するが、そもそも神自体がろくでもないと返されてしまった。 、、 カルデアでナンパを試みた相手。 なお、どのケースも即座に暴力で応じられた模様。 美人なので興味はあるが、姉妹二人がどちらも女神なので嫌な予感しかせず手を出していない模様。 鍛冶の神。 彼がアキレウスの鎧を鍛造して造り出した弓矢を使用してアルテミスを撃墜した。 肉体に剛力を、精神に冷徹を。 そして我が運命をここに定めよう。 『 月女神の無垢な愛 アルテミス・アグノス』。 ……充填完了! 行くぞぉ!!」 「アルテミス、その力を貸してくれ。 お前と一緒なら負ける気がしない……ようし、ぶちかます! 『 月女神の無垢な愛 アルテミス・アグノス』。 勇気凛々! やってやる!!」 宝具解放。 「月女神の無垢な愛」。 「あ、何かやな予感がするー。 やべぇ! アルテミス怒ってる!なんかバレたっぽい!! 宝具中止!中止ー!! ぎゃあああクビ締めないでーッ!! ……ってあれ、夢か」 「マスター唐突だが浮気がバレたのですいませんちょっと撤退しまーす! え? ダメ? ヒィッ! アルテミスさん!! ぎゃぁぁあぁあぁあぁーっ!! 『 月女神の無垢な愛 アルテミス・アグノス』ー!! あ……愛が……重い……」 宝具解放。 別バージョン。 いかに超人とうたわれようと、日頃の行い(?)で月女神に絞められるが宿命である。 結局本来の姿になっても、 オリオンはやっぱりオリオンだということをプレイヤーに認識させたのであった。 「アルテミスいないよな? いない? よし、じゃあ街に繰り出そう! 女の子が俺を待ってるはずだ!」 戦闘終了時の台詞の一つ。 そんな事したとしても、アルテミスに制裁を加えられる未来しか見えないが……。 マイルーム [ ] 「助けてマスター! あの天秤の女神、俺を一目見るなり『罪が重すぎますわ』ってバックドロップ仕掛けてきたの! やっべーよアイツ、ガチのガチだよ! バックドロップちゃんとヘソで投げてるよ!」 マイルーム会話「」。 何をどうしたらアストライアにそう評された挙句にバックドロップ仕掛けられたのだろうか。 「助けてマスター! あの拳で戦う聖女さま、ちょっとちょっかいかけたら、ステップが完全にボクサースタイルに切り替わったの!! あご ジョーと こめかみ テンプルを的確に狙って打ってくるの!! シュッシュッ! って呼吸が鋭いの!!!」 マイルーム会話「」。 マルタにナンパしたら案の定ファイティングポーズを取ってしまった。 そういえばクマの時でもブッ飛ばされたような……。 「助けてマスター! あの南米の女神、俺がちょっかいかけると、ほがらかに笑いながら俺の首を折りに来たの! フロントチョークから一気に飛ぶ感じで! 関節技で即死技とかありなの!? 俺の首ちゃんとくっついてる!?」 マイルーム会話「」。 ケツァル・コアトルにナンパしたらやっぱり首を折りにかかろうとした。 それもう殺す気マンマンのような……。 「好きなこと? 狩りナンパ、以上! サーヴァントマッチングアプリとか使わない方がいいぞ? 不思議なことに、アルテミスしか表示されないんだぜ?」 マイルーム会話「好きなこと」。 どんなシステムでもあの男にはあの女神しかありえないらしい… 『神代巨神海洋 アトランティス』での活躍からも納得せざるを得ない。 本編 [ ] 「おまえは、俺以外の誰にも落とさせない。 誰にもだ!!」 『神代巨神海洋 アトランティス』にて。 ヘファイストスの鍛造した矢を相殺され、自身の霊基も消滅寸前になりながら、とがその身を捨てて時間を稼ぎ、が己が身を換えて造った矢を番え、彼方の女神に向けて獅子の如く咆える。 そして放たれる存在しないはずの第三宝具、「 其は、女神を穿つ狩人 オルテュギュアー・アモーレ・ミオ」。 」 同上。 彼が放った最後の一矢は殺意でも敵意でも無く「愛」であった。 虚空を独り漂う女神と、共に落ちる為の矢。 それは、神を撃ち落とす日。 愛を知らぬ機械じかけの女神に、小さく暖かな愛の火を灯した日。 イベント [ ] 「チョコくれー!!」 バレンタインイベントにて。 マイルームに入ってくるなりチョコを要求。 本人曰くカルデアではアルテミスのお気に入りである主人公ぐらいしかチョコを貰えないらしく、アタランテにもチョコを貰おうとしたら殺されたくないから勘弁してほしいと言われもらう気がなくなったとの事。 「ますたあは、のろわれてしまった!」 同上。 オリオンがチョコのお返しに渡した自分がつけているベルトを主人公がつけた際にどこかで聞いたようなSEの後に主人公を驚かせるために言ったセリフ。 主人公とオリオンの仲の良さが窺えるセリフであり、その後肩にアルテミスが憑いている状態のまま帰っていく。 メモ [ ]• ちなみに「オリオンは優男なイケメンではなかったのか」という点についてはオリオンの逸話を確認したI-IV氏曰く「どこをどう解釈しても優男のわけない」。 加えてあのギリシャ世界はがイケメンであり、、がモテモテの世界。 つまり「筋肉とロリがモテ要素」だと解釈してラフを提出したらしい。 ほぼほぼ直しなく一発で通ったとのこと。 没案ではもうちょっとちゃんとワイルド系のイケメンというか野性的だった。 目に傷ある感じだったが、生々しすぎるので没になった。 ちなみにアメンボの脚は水に浮くために毛が生えてて爪二本になっている。 オリオンの靴にも爪の様な部位が二本付いている。 話題まとめ [ ]• 宝具「我が矢の届かぬ獣はあらじ」の魔性・魔獣特効を鑑みるに、グランドアーチャーとしてのオリオンは本来、に対抗するために召喚されたのではないか、と考察されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

【FGO】超人オリオンとオリオンを同時に引いた人の運命力が凄い

超人 オリオン

SSR No. 1~]&敵単体の攻撃力を大ダウン 3ターン &敵単体のチャージを中確率で減らす <強化後> 敵単体に超強力な攻撃[Lv. 頑張れよ」 スキル 1 アルテミス「フハハハ、楽しい!」 2 オリオン「ん~……これでどうか!」 コマンドカード 1 オリオン「俺?」 2 アルテミス「ええ!」 3 アルテミス「いっきまぁ~すっ!」 宝具カード アルテミス「アッゲアゲで行くよぉ~っ!?」 アタック 1 アルテミス「えい!」 2 アルテミス「やあ!」 3 アルテミス「やったれぇ!」 エクストラアタック アルテミス「ダーリン行くわよぉ~!?」 オリオン「俺じゃなくてあっちな!」 宝具 アルテミス「さぁダーリン、愛を放つわよ! 『 月女神の愛矢恋矢 トライスター・アモーレ・ミオ 』!!」 オリオン「冷静に考えろ、お前どこ出身!?」 ダメージ 1 オリオン「ぬほおぅっ!?」 2 アルテミス「きゃ!」 戦闘不能 1 アルテミス「ごめんダーリン、油断しちゃったわ……」 2 オリオン「うう……くそ、すまん。 俺のせいだな……」 勝利 1 アルテミス「きゃあ! やった!! ダーリン大好き!」 2 オリオン「あ~いはい、はいはい、お疲れさん」 レベルアップ アルテミス「やったぁ! 神に近くなったわね」 オリオン「はいはい、おめでとさんおめでとさん」 霊基再臨 1 アルテミス「キタキタキター! ダーリン、あたしって可愛い?」 オリオン「おまえは、いつだって可愛いよ」 2 アルテミス「んっ、なかなかいける」 オリオン「ん~、ん? 何がだ?」 3 アルテミス「Wow! 最っ高!」 オリオン「おおぅ、よくやったもんだ」 4 アルテミス「神に限りなく近く、限りなく遠い存在になっちゃったわね……」 オリオン「おまえはそのまんまでいいんだよ、そのまんまで。 ……ぐんにゃり」 絆Lv 1 オリオン「って触ると反応するの俺かよ!」 2 オリオン「あはぁ…… 尾骶骨 びていこつ ……あはん、尾骶骨はやめてぇ!」 3 オリオン「いや、だから諦めろって! ……あぁ、だ、腹部! 腹部もやめてぇ!」 4 アルテミス「んも~! ダーリンをペタペタ触らないでってば~」 5 アルテミス「はははははっ! マスターも面白いね~。 オリオンは愛してるけどぉ、貴方もちょっぴり好きよ?」 オリオン「こいつが俺以外になつくとは……雪でも降るのか?」 会話 1 アルテミス「さあさあ、早く行こうよ! 冒険の旅へ~!」 2 アルテミス「え? 主は私で従者が貴方よね?」 オリオン「スイマセン。 こいつはこういう奴でして」 3 アルテミス「んふふふ~。 ダーリン、私の事……好き?」 オリオン「スンマセン! 無視してる訳じゃないんです! 話聞いてないだけです! ほんとスンマセン!」 4 アルテミス「オケアノス……楽しかったわね~。 またああいう冒険が出来るといいなぁ~」 オリオン「世界が危機にならない程度なら、俺も賛成だな」 (クリア) 5 アルテミス「ねぇねぇ、聞いて!? ダーリンってば、私との約束を守ってくれたんだって! はあ~あっ! ス・テ・キ! 最高! ダーリンラヴ!!」 オリオン「いや、それは俺であって俺じゃないんだけど……って揺らすな揺らすな! おい握りつぶすな! さっきまで落ち込んでたクセに妙にテンション高いなお前!?」 (クリア) 6 アルテミス「あら、アタランテね。 彼女どんなことがあっても私に毎日祈りを捧げてくれるのよ。 いい心掛けよね」 オリオン「んん……たまには女神さまっぽいとこ見せてやれよな。 かわいそうだから……」 (所持時) 7 オリオン「おー、俺! 本来のイケメンの俺が居る!」 アルテミス「あーん、もう! ダーリンを2倍監視しなきゃいけないなんて!」 (所持時) 8 オリオン「なるほどね、色々あったんだなマスター。 でもまあ、あのオリオンに後悔は無いだろうぜ、全くな」 アルテミス「ええ、女神の私が保証するわ。 その傷こそは、愛の告白なんだもの」 (所持&クリア) 9 アルテミス「ふぅーん……金星の女神。 なんかコメントは?」 オリオン「あのキンキラ女神とは致命的に気が合うが、致命的なまでに関わりたくない気がしまぁす!」 アルテミス「……セェーフッ」 オリオン「ふあぁぁぁ、危機一髪……!」 (所持時) 10 アルテミス「あの皇帝、私の主砲にそんな早く気づいたの?ふぅーん……狂気がなせる技なのかしら?ちょっと興味あるわねぇ」 オリオン「流石!狂気がベースのような精神構造をしていらっしゃるアルテミス様、お目が高……痛たたたた!冗談冗談!」 (所持&クリア) 好きなこと アルテミス「ダーリン! 永遠に愛してるわ……」 オリオン「あんまり永遠なんて言葉使うなよ。 微妙に怖いんだぜ……」 嫌いなこと アルテミス「ダーリン浮気した?」 オリオン「しーてーまーせーんー!」 聖杯について アルテミス「聖杯? そうね~。 ……はっ、ダーリンとの 三三九度 さんさんくど の 盃 さかずき に使いたいかな!」 オリオン「お前は時代背景とか時代設定とかを何だと思ってるんだ……」 イベント開催中 オリオン「クンカクンカ……イベントの匂いがするぜ」 誕生日 アルテミス「あら。 マスター誕生日~? おめでとうー」 召喚 アルテミス「はーい! アルテミ……じゃなかった、オリオンでーす!」 オリオン「ペットとかぬいぐるみとかのオリべえでーす。 喜んでくれて嬉しいわぁ」 6 アルテミス「もうそろそろお店を閉めちゃうの。 だから、ちゃんとアイテム交換したか確認してね。 ……え? 『さっきぬいぐるみと喋ってなかった』? ……あははは~、気のせい気のせい~!」 7 アルテミス「月下美人は一夜限り。 そう考えると、女神アルテミスたる私がこんな長く居ついたのは、貴方にとって一生モノの幸運と考えていいんじゃないかしら? ……なーんてね! さ、お店もおしまい。 訂正、逆だ。 召喚すると何故か女神アルテミスがついてきたのが、ギリシャ神話の英雄オリオンである。 おまけにオリオンは人とも獣ともつかぬ奇妙な生物 ゆるキャラ に変わり果てていた。 しかし、処女神アルテミスが恋に落ちた人間として名を馳せている。 アーチャーとしての役割を果たすことにした。 神格は限界まで落としているので、通常のサーヴァントよりやや強い程度の力しかない。 更に言うなら、マスコットというほど可愛らしくもないのであった。 溢れんばかりの愛を伴って射出されるため、標的に絶大なダメージと極度の混乱を及ぼす。 アルテミスはオリオン以外の異性に関心を持つことはないが、異性同性問わず恋バナには食いついてくる。 その正体は第三特異点まで明かされない。 絆レベル2 冬の代表的星座として有名なオリオンは名うての狩人であり、 そのあまりにも完璧かつ完全、爽やかかつまろやかな美男子ぶりをもって、 かの女神アルテミスの心すら撃ち落としたんだって。 ハンサムはイケメンのはじまり。 オリオンはロマンスのはじまり。 絆レベル4 アモーレって響き、大好き! すっごく甘くて優しくて、 それでいて切ない感じが止まらない気がするの! 絆レベル5 『月女神の愛矢恋矢』 ランク:A+ 種別:対人宝具 愛の力で放つ愛の一矢。 とにかく標的は吹っ飛んで大混乱! 幕間クエスト部分は第三特異点実装後に解放されたため存在しない ゲームにおいて• 2015年9月25日より開始のイベント「」にて期間限定の先行実装、開幕に伴い、恒常枠にて本実装された。 2017年1月18日より開始の月見イベント復刻に伴いバトルモーション B、A、QおよびEXアタック。 宝具モーションは対象外 がリニューアル。 HP偏重のステータスであり、そのHPは同じくHP偏重型のと同値。 成長型は緩めの凹型。 最終再臨後が最もステータスが伸びるため、最後までしっかり上げきろう。 通常Arts自体の性能はあまり芳しくないため、1枚目以外では基本的にArtsの代わりにQuickを使うことになる([AQQ]あるいは[宝具QQ]が定石である)。 男性である熊 オリオン が本体であり アルテミスはあくまでおまけという設定のため、男性が対象となる効果 のみを受ける。 しかもなぜか [神性]スキルもない(本来オリオンも神性を持って然るべきキャラなので、マスコット化で神性を剥がされていると捉えるべきか)。 味方時にも敵対時にも影響し得るのできちんと覚えておきたい。 スキル解説• スキル構成は防御寄りで優れた耐久性能を持つ。 ATKの底上げも可能で対「男性」には大きなダメージを狙える。 防御力アップの効果は1Tのみだが、その倍率は高めで効果中は被ダメージを大幅に減少できる。 攻撃力アップは3T継続し、CTも短めのため掛け直しも容易であるため気軽に使っていける。 高難度クエでは自前の「対魔力」と弱体耐性アップでデバフをある程度防ぐことが可能。 注意点は、スキル育成で成長するのは防御力アップ効果のみである点。 攻撃力アップ等は成長しないので育成時には留意すること。 対「男性」以外には効果がないため、クエストによっては持て余すこともあるが、宝具やブレイブチェインを狙える際に使用しておくと、大ダメージを狙える。 倍率がかなり高めであり、不利相性以外の男性相手にならクラスの垣根を越えた活躍も期待できる。 男性エネミー相手のクエストでは積極的に使っていきたい。 現時点で実装されているセイバーのうち、男性サーヴァントは半数以下。 しかし、バーサーカーは男性が多く、ストーリーのボスとして登場する者も少なくないので、しっかりと育てていきたい。 Lv6 Lv7 Lv8 Lv9 Lv10 クリティカル威力アップ 25. 敵の宝具対策に温存しておくのも有効だが、クリティカル重視の編成時には攻撃スキルとしての使用も視野に入る。 CTは8~6。 育成してCTを短縮し、宝具を何度か使っていければ、戦闘序盤に使用してもボスが宝具を使用する前に再使用が十分可能。 対男性アタッカーの特性を重視するなら「移り気への楔」、基礎能力の補強を重視するなら「女神の寵愛」か。 しかし対男性アタッカーとして運用が最大の個性になるため、Lv10 MAX を狙うならまず「移り気~」で問題ない。 全スキルMAXを目指すと、「虚影の塵」が 144と膨大な数を消費する。 何気に「鳳凰の羽根」もLv8-9の段階で20個ずつ必要。 「蛮神の心臓」も、スキルLv6-8の段階で14個ずつ要求されるほか、霊基再臨にも不可欠なので、備蓄は要確認。 「蛇の宝玉」も同様。 宝具解説• 「 月女神の愛矢恋矢 トライスター・アモーレ・ミオ 」 強化前:Arts属性単体攻撃&攻撃力大ダウン(3T)&確率でチャージ減 強化後:Arts属性単体攻撃&攻撃力大ダウン(3T)& 確定でチャージ減& クリティカル発生率ダウン(3T)• 幕間の物語クリアで宝具強化。 威力上昇に加え、チャージ減少が確定になり、さらにクリティカル発生率ダウン効果が追加される。 元々の攻撃力ダウンに加えてクリティカルを弱体化した上で宝具を確実に遅延させることも可能というデバフ重視の性能であり、高難易度の強敵への使い勝手が非常に良い。 また、素の威力とデバフの性能面ではオリオンが勝るが、宝具の回転率ではアルトリアが圧倒する。 高性能なデバフを付加できるArts宝具に加え、耐久重視のスキルを2つも兼ね備えているため長期戦において最大のパフォーマンスを発揮する居座り型アタッカー。 とはいえクリティカルアタッカー適性もあり宝具強化済みであるため対男性相手であれば瞬間火力も期待できる。 主にアーツパ、クイックパでの使用に向き、スター生成能力を持つArts型の や、自力でスターを稼げる、と組み合わせると無駄がない。 またはオリオン同様にQuickでNPを貯めると組めば対セイバー戦で男女両方を相手取れるようになる。 アーツサポート型サーヴァントを二体を採用するアーツパーティーの攻撃役としても採用できる。 編成難易度は高いが、、、など強力なキャスターで援護し、高い宝具回転率と豊富なバフ・デバフで敵を封殺するパーティーは、高難易度クエストの攻略に向く。 難点はやはりArtsでのNP増加量が微妙でQuickを優先することになる事で、Artsチェインに依存するキャラの足を引っ張りやすい。 特に玉藻と組む際はスター面は礼装で賄うものと割り切ることになる。 上述通り、見かけと異なり 刺さる特攻属性が異常に狭い。 豊富な特攻持ちを擁するランサーの宝具は、そのほとんどが今ひとつの効果となる。 肝心のは効かず、も刺さらず、熊 ぬいぐるみ なのでも効かない。 ついでにも対象外。 数少ない有効打は「男性」に対応する。 また、[ギリシャ神話系男性]であるため、はBバフに付属する特攻でミンチにできる。 敵になるとチャージ3で宝具を撃って来る上、強力な攻撃・防御バフである女神の寵愛を持つため、可能であれば上記二人を使って一気に片付けたい。 いない場合はいっそ、相性は等倍だが男性に強くチャージも減らせるを連れ出すのもありかも知れないが、「女神の寵愛」の効果ターン中は魅了がめっぽう効きづらくなることに注意。 概念礼装について• 多様な能力を持つため概念礼装の選択肢も多い。 癖のあるNP回収を補うならば「」、「」などの初期NP増加系が無難。 クリティカル運用を重視する場合、「」などで威力アップ、「」でのさらなるスター集中も選択肢に入る。 上記の初期NP系とスター集中アップを兼ねた「」も相性が良い。 「」なら「女神の寵愛」「心眼 偽 」に加えてマスタースキル等を併用し、3ターンの壁役兼火力アップが可能となる。 Artsを主とするパーティーではArts性能アップの「」、「」、「」等も視野に入る。 絆上限解放第四弾のひとり。 絆Lv10でを入手できる。 自己強化としてみると礼装自体のATK上昇が100固定なこともあり他の礼装の方が有用だが、味方全体に効果が付加され続けるのが利点。 補正値は高めで自身との相性も良く、サポートとしても優秀。 クリティカルメインで運用するパーティー構成で活躍してくれる。 名前 Lv. 星座にも名を残すギリシア神話随一の狩人オリオン。 その腕前は「彼一人でギリシャの動物は狩り尽くされてしまう」と言われるほど。 海神とミノス王の娘エウリュアレ(のとは別人)の子。 父親の加護により水上を歩ける。 オリオンに関する著名な逸話としては女神アルテミスとの恋愛譚が挙げられる。 狩猟と貞潔の神アルテミスがただ一人恋した男性だが、双子の兄、芸術と光明の神の奸計により彼女自身の手で殺害されたという。 ギリシャ神話のオリュンポス十二神の一柱、主神と女神レトとの間に生まれた双子で兄(弟)にアポロンがいる。 処女神であり彼女は子供を生んだ事はない。 理由として母親の出産時の出来事がトラウマになっているのではと言われている。 女神ヘラによる よくある嫌がらせ刺客が向けられ、身重の身で小鳥になって命がけで逃亡生活を送り、孤島でアルテミスを出産する。 その後、追っ手を振り切るため陣痛と産後の疲労に苦しむ母親の手を生まれ立てのアルテミスが引いて再度逃亡、9日9晩逃げ回った後弟アポロンを出産する。 この一連の出来事を生まれ立ての女の子が経験するには重過ぎたため、後日主神ゼウスに頼み込み「出産する苦しみを一生味わわなくていいようにしてほしい」と頼み込んだ。 双子そろって天界でも1,2を争うほどの弓の名手で、特にアルテミスは狩猟を司る女神でもある。 処女と純潔を頑なに守り、自分や親族に対する屈辱などに対しては熾烈極まりない報復を持って対する女神で、FGOのあーぱーな感じからは想像しづらい性格をしているとされる。 ちなみに女性の死を司る神でもあり、女性が突然死すると「アルテミスの銀の弓に射抜かれた!」と言われたらしい。 オリ 「怒らせると怖いなんてもんじゃないんだぞ!!」• しかしながら、このサーヴァントで顕現しているのは どう見ても女神アルテミスのほう。 これは格が違い過ぎるために本来はサーヴァントとして召喚不可能である神霊のアルテミスが、異常事態を感じて地上に降臨するために仮の器として英霊・オリオンという殻を借りているため。 オリオン本人は、熊のぬいぐるみ的なする。 シナリオ中では「神霊のランクダウンによる代理英霊召喚」と表現されてもいる。 神霊による「疑似サーヴァント」の一種とも考えられるが、『英霊の召喚に割り込んでいる』『一体化(憑依)していない』など他には見られない特徴があり、一概にそうとは言い切れない。 どうあれ「オリオンの殻を被っての現界」であるため、外見はどうあれサーヴァントとしての 本質は「英霊オリオン」である。 男性対象の[魅了]系スキルが効いてしまったり、アルテミスの[女神の神核]がないのはそのため。 ポセイドンの子であるは本来[神性]互換の[海神の祝福]を所有していたのだが、神性は「肉体依存のスキル」という設定があるため、ぬいぐるみ状態では失われていると考えられる。 [女神の寵愛]・[移り気への楔]はアルテミスからオリオンへの 呪い祝福を由来とするスキルだが、[心眼 偽 ]はオリオン自身の才覚に由来するスキル。 心眼のランクは(ぬいぐるみ化の影響か)本来より[-]分だけ、わずかに下降している。 ゲーム内にて初めてのマテリアル追加実装、、新しい特異点の実装でプロフィールの書き換えが行われた、色々と全く新しいサーヴァント。 特に誤記修正以外でプロフィールが丸々変わるのはかなり珍しい。 実装前後でプロフィールが大幅に異なるが、初期のプロフィールはアルテミス自身が書き込んだものと思われる。 バトルキャラをよーく見るとわかるのだが、アルテミスはオリオンの指示通りに弓型の宝具から矢状の魔力弾を撃ち出しているだけ。 それで当たるのは一重にオリオンとアルテミス二人の狩人としてのセンスゆえ。 いわば最高の射手(アルテミス)と最高の観測手(オリオン)が組んでるようなものだ。 宝具「 月女神の愛矢恋矢 トライスター・アモーレ・ミオ 」の「愛矢恋矢」は、元は「いとしこいし」と読む。 トライスターは英語、アモーレ・ミオはイタリア語、意訳としては「私の愛する 三ツ星 オリオン座」といったところ。 FGOでは使用されないが「 射法・玉天貫 みこっと 」なる宝具を所有。 名前やその攻撃方法(熊を矢として男性の股間目掛けて射出する)から直伝の説が濃厚。 アルテミス(月の女神)に関連のサーヴァントとしては、、がいる。 ただしアタランテとケイローンが同じギリシャ神話であるのに対し、カリギュラのみ原典がローマ神話という違いがある。 ほか、ギリシャ神話ではアルテミスの従姉妹に、月と魔術・豊穣と贖罪の女神でありキルケーとの師でもあるヘカテがいる。 満月のような乳は受け継がれなかったが。 FGOでも「自分が尊敬する数少ない神」だと語られた。 なお、縁者であるアタランテとメルトリリスからは(同じ中の人同士だけに)異口同音で彼女のバカップルぶりに仰天している。 アルテミスはとFGOマテリアル双方において、に妙な言及をしている。 キャラデザのI-IV氏のコメントによれば「今のアルテミスはオリオンの好みの姿をしているだけであって、 本来はロリも巨乳もへったくれもない形」らしい。 他にもやからの言及、『』でのアルテミスの発言から照らし合わせると、本体は他のオリュンポス十二神ともどもメカだということが示唆されているが……? さらにセイントグラフ背景にも謎めいた物体が映っている。 5ネタバレ• 示唆されていた通り、本来の姿は超巨大兵器ともいうべき姿であり、他のオリュンポス十二神も同じように機械の姿が本体であった。 により蹂躙され機械の姿を失った汎人類史とは違い、含めオリュンポス十二神は本来の機械の姿のまま、現世を支配している。 このことからセイントグラフ背景に映っている謎の物体は、汎人類史におけるアルテミスの機械体(霊基再臨第三段階ではその残骸)ではないか、と推測されている。 上記のI-IV氏のコメントもあわせて考えれば、かなり初期の段階から機械体の設定が考案されていたと思わしい。 『』の第五カジノにて、最大主砲とオリオンが恐れる「ルナティックビーム」なるものがさらっと出てきたが、コレってもしや……。 弓は投げるもの。 ついでにダーリンも投げる。 も弓を投げる。 もしや直伝だった?• 、、金星の女神系サーヴァント、所持時にマイルームに特殊会話が追加される。 会話4はクリア後に追加される。 会話5はクリア後に追加される。 への会話はクリアも条件。 金星の女神系サーヴァントの候補はororor。 への会話はクリアも条件。 幕間の物語• タスケテチョコがほしいのでオリオンをお迎えする予定 -- 2020-04-26 日 08:00:16• マジで笑えるのでおすすめ。 狂気を感じるぞw -- 2020-04-26 日 14:04:31• これがあったので我がデアではバレンタインにお迎えしたな。 今回の交換は関連ボイスあるエウロペおばあちゃまでホクホク -- 2020-04-30 木 22:23:45• 年末にオリオン引けたけどオリオン持ってない人はオリオンのためにオリオンもらうんだろうか?ちなみに当カルデアにはオリオンはいるけどオリオンはいない -- 2020-04-26 日 23:26:10• 俺もエッチな方のオリオンはいないからpu待たねえと -- 2020-04-27 月 18:33:40• Arts宝具な方のオリオンと星5アーチャーな方のオリオンとマイルーム会話はあるし、ストーリー進行によってもオリオンとオリオンの会話は増えるし、オリオンとオリオンを並べるとお似合いな感じがするし、早くオリオンを絆5にして正式加入させてえなあ -- 2020-04-29 水 19:40:44• 単体アーチャーが欲しいから交換したけど、LB5関連のマイルームがめっちゃ尊い。 選んでよかった。 -- 2020-04-29 水 23:52:58• 第三章で一目惚れして3年間、ピックアップの度に爆死してたけどやっとオリオンをお迎えできた! 嬉しい! 可愛い! 超人オリオンとパーティー組ませるの楽しい! -- 2020-04-30 木 04:29:07• 迷いに迷った末に選んだが、追加セリフを聞いただけで選んで良かったと思いました -- 2020-05-01 金 00:34:12• 邪ンヌのすり抜けで来られた…。 とはいえ2部4章の活躍は良かったしジナコが活躍するカルデアなので来てくれたのは嬉しい とはいえローマもこないだ来たばっかなんだよなぁ -- 2020-05-09 土 22:49:49• なんかカルナとページ間違えてたわ恥ずかしい -- 2020-05-09 土 22:50:44• 次からは間違えずにガチャ報告版に行くんだぞ -- 2020-05-09 土 22:56:30• 実装時からやってたけどお迎えできず、最後の未入手弓鯖ということもあって配布からついにお迎え!絆はまだだけど、まあ問題ないし、バレイベも楽しみ。 問題は塵だなぁ -- 2020-05-23 土 16:17:09• オール6(蛇まで)なら高難易度でも問題無く使えるから、キツいならここで妥協しておくのも有りだな。 また、エウリュアレが育っているなら対男性はそちらに任せて、S2を妥協という手も有る。 (ただし、最近の傾向として特攻のみのスキルから強化入るので、いずれ状況が変わるかも) -- 2020-05-23 土 17:40:08• 倍率感覚あれだったけどオール6でも運用問題ないのか…。 サンクス! 対男性はエウリュアレも育ってるし、対剣以外なら槍玉もいるからじっくりQPと素材集めて育てます! -- 2020-05-24 日 08:03:08• コミカライズ最新話読了して うわ女神様こわぃ -- 2020-06-09 火 18:27:04• まぁ、怖いは怖いが本質的にはオリオンと他のギリシア神以外眼中にないアルテミスが、代わりに借りを返すかと思うぐらいにはアタランテのこと気に入ってんのな、と -- 2020-06-09 火 18:46:40• 可愛くメッとデコピンかます感覚で人体を消し飛ばす神様 -- 2020-06-10 水 08:23:26• コミカライズのアルテミスって目の中歯車状になってんのな、型月のギリシャ神達見てからだとおぉってなった。 -- 2020-06-11 木 02:23:55• キャラ会話めっちゃ少なかった…というか無かった(?)のにいつの間にか増えたなー -- 2020-06-15 月 01:56:27• ルカンのシナリオで出てたルナティックビーム(最大主砲)って、もしかして異聞帯のが撃ってたシューティングスターのことか…! -- 2020-06-16 火 18:32:23• それを真っ先に思い浮かべたw -- 2020-06-16 火 18:50:32• 比喩表現ではなく本当に主砲だったとは -- 2020-06-16 火 20:53:46• サバフェスの頃から地味に伏線張ってたんだなと -- 2020-06-16 火 21:01:07• サバフェスどころか、書籍マテリアルのI-IV氏のコメントやイシュタルの関連キャラの項目の辺りからネタあっためてあるぞ -- 2020-06-17 水 23:08:15• 今ならわかる最大主砲ルナティックビーム… -- 2020-06-17 水 22:36:30• むしろカリギュラが一身に引き受けた精神攻撃ビームの方じゃね? -- 2020-06-20 土 19:10:14 New• あれ別に最大主砲じゃないし違くね。 ルナティック 狂った、精神異常の ビームだけど -- 2020-06-20 土 21:28:13 New• Lunatic 狂気の だから自分もそっちと思った -- 2020-06-22 月 06:07:04 New• こいつ地味にアルテミスのこと初めて会った時からドストライクだった(同時に危険感知もしてるが)って言ってるよな -- 2020-06-18 木 00:49:10• そういやストライクゾーンて打ち込まれるものじゃなくて投げ込まれるものでは -- 2020-06-20 土 19:24:38 New• 打ち込む、投げ込むの差異が何かよく分からなくなってきた。 ちなみに原文は「叩き込まれているのに」だった。 -- 2020-06-20 土 21:08:37 New• 既出だと申し訳ないけど、シルク・ドゥ・ルカンで「ルナティックビーム」て言って、くまリオンが「オメーの最大主砲じゃんそれ!」て言っててこんな所に前フリがあるなんて気が付かないよ…… -- 2020-06-22 月 02:21:20 New メンテナンス 次回ゲームメンテナンス イベント・キャンペーン 現在開催中・開催予定のイベント・キャンペーン 公式サイト• ピックアップ召喚 現在開催中・開催予定のピックアップ召喚 公式サイト• ゲームガイド• イベント 現在開催中・開催予定のイベント・クエスト• 掲示板• 雑談(テーマ別)• 以下別サイト• シナリオ• 第一部 Observer on Timeless Temple• 5部 Epic of Remnant• 第二部 Cosmos in the Lostbelt• Lostbelt No. 修練場• [月]• [火]• [水]• [木]• [金]• [土]• [日]• 種火集め• [月・木]• [火・金]• [水・土]• [日]• 宝物庫• [毎日]• サーヴァント• 強化関連• その他• 概念礼装• 概念礼装一覧• 強化関連• その他• 指令紋章 コマンドコード• データベース• マスター関連• アイテム関連• その他• 管理・編集掲示板• wikiについて• 公式関連サイトリンク集• Twitter 最新の20件.

次の

【FGO】超人オリオンとオリオンを同時に引いた人の運命力が凄い

超人 オリオン

概要 [ ] 「」の。 本来の姿。 略歴 Lostbelt No. 5『神代巨神海洋 アトランティス』で出会ったサーヴァント。 当初は異聞帯のアルテミスと敵対関係になることに躊躇いがあったが、島ごと住民ごと攻撃を仕掛けるアルテミスの所業を見過ごせず、カルデア一行と共に戦うことを決意する。 アトランティス決戦では機神アルテミスを撃墜し得る要のサーヴァントとして戦いに臨む。 多くの犠牲を出しながらも、孤独な兵器と化したアルテミスを解き放つべく放った最後の矢によりこれを撃破。 自らの役目を果たして消えていった。 人物 ではなく、本来の人間の姿のオリオン。 筋骨隆々の大男。 外見は似ても似つかないが、クマの時と性格はまるで変わらない。 筋金入りの女好き、プレイボーイ。 時々表情がクマっぽくなる。 能力 無力なクマ時代とは一変、ギリシャ最高の狩人を自称するだけの実力を存分に発揮する。 棍棒を主武装とし、その強靭な肉体はあらゆる獣を素手だろうが弓だろうが仕留めるだけの膂力を持つ。 アトランティスでは鍛冶神ヘファイストスがアキレウスの鎧を鍛ち直して作り出した神造兵装・黄金の弓矢『アイギス・エクリプス』を使用し、高度500kmの機神アルテミスへと狙撃を行っている。 の一騎『グランドアーチャー』であり、アトランティス決戦時には冠位を返上すると共にアルテミスを撃ち落とす宝具の一撃を放った。 強力なサーヴァントではあるが、平時は通常のサーヴァントを凌駕するほどの力までは発揮していない模様。 愛が重い、何か物理的に重い。 なぜ対軍なのかというと、この宝具は一人を一軍に匹敵するものへと変化させるほどの祝福だからだ。 副作用として常人ならば爆散するが、オリオンは筋肉痛で済む。 宝具演出が2パターンあり(セリフ違いも含めると計4パターン)、通常はシリアスにアルテミスが優しく抱きしめ加護を受けるが、時折浮気がバレたか何かで狼狽するオリオンにアルテミスが笑顔でチョークスリーパーを極める演出になる。 『Grand Order』では「自身に無敵貫通状態を付与 3ターン &攻撃力をアップ[Lv] 3ターン &クリティカル威力を大アップ 3ターン &弱体無効状態を付与 3ターン &毎ターンスター獲得状態を付与 3ターン 」という効果のArts宝具。 グランドアーチャーとして召喚された際に使用する場合、あらゆる獣を彼の手の届くものへと貶める追加効果を得る。 無限増殖するタイプの敵にも対応して、レンジ内に存在する限りは自動的に殺し続ける。 『神代巨神海洋 アトランティス』ではのヘファイストスが造った神造兵装の鎧を、異聞帯のヘファイストスが鍛え直して造り替えた対狙撃型星間戦闘機専用複合長弓『アイギス・エクリプス』を装備して使用している。 一射目で機神アルテミスの外殻を破壊し、神核を露出させることに成功する。 しかし、神核を狙った二射目は主砲の一射目を貫く事に成功するも、二連射目により相殺されて防がれてしまった。 其は、女神を穿つ狩人(オルテュギュアー・アモーレ・ミオ) ランク:EX 種別:対神宝具 レンジ:無限大(アルテミスに届くまで) 最大捕捉:1機 本来、あってはならない特殊宝具。 憎悪や闘志、敵意や殺意ではなく愛と憐憫をもって放たれる一矢。 『神代巨神海洋 アトランティス』において、グランドアーチャーとしての冠位を捨ててまで獲得したアルテミスのためだけの宝具。 自身の生命と引き換えに、機械の女神アルテミスを撃ち落とす。 アルテミスのあらゆる防御要素を無視し、あらゆる理不尽を回避して必ず中る最強の矢。 ヘファイストスがアキレウスの神造兵装の鎧を加工して鍛造した対狙撃型星間戦闘機専用複合長弓『アイギス・エクリプス』、アポロンがを全力の権能で変換した英霊の矢、マスターの令呪(ブースト)、それら全てが合一してただ一度だけ放たれる矢。 真名:超人オリオン [ ] オリオン。 月の女神アルテミスに愛されてしまい、波瀾万丈の人生を歩んだ狩人。 「放尿するもの」という意味を持つ名前のオリオンは、海神ポセイドンとエウリュアレ の間に生まれた子である。 「どんな敵でも仕留めてみせる」と豪語した彼はある日、女性関係のトラブルで両目を奪われてしまう。 オリオンはハンマーの音を頼りに小舟で海へとこぎ出し、知り合った暁の女神エーオースの伝手で視力を回復してもらった。 この時点で既に女神との危険なフラグを立てていることに注目したい。 妹のアルテミスがオリオンと恋仲になったことに危機感を抱いた兄にして太陽神アポロンは、 「おまえは弓の名手だが、あのガンダオンという男を射てるかな?」と、海の中にいたオリオンを射つようにアルテミスを唆した。 アルテミスは愛したオリオンを見事に射貫いてしまい、死体を抱き締めて嘆いたという。 死人をも蘇らせるというアスクレピオスに蘇らせてもらおうとも考えたが、生き返らせる前にはゼウスの 雷霆 らいていによって死んでしまった。 仕方なく、アルテミスはオリオンを星に昇華した。 冬になると、 輝く三つ星 トライスターが空に見える。 それはオリオンのベルトだという。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] Lostbelt No. 5『神代巨神海洋 アトランティス』配信に伴い期間限定サーヴァントとして実装。 主人公とはノリの良い友人のような仲 なんだかんだで大切な相手。 第2部第5章「神代巨神海洋アトランティス」クリア後はマイルーム会話がもう一つ追加され、ロストベルトでの顛末を知ったアルテミスが申し訳なさそうにしているのに対し「おあいこ」として話を切り上げる。 自分自身でありアルテミスの付属品のクマ。 最初にアルテミスを見た時、付属品の正体までは分からなかったものの、「こいつとは気が合わないはずがない」と一目で本質を見抜く。 そしてそれが自分自身だと知った後は驚愕しつつも他人事のように応援していた。 いつも連れているアポロンがろくでもない神であると忠告するが、そもそも神自体がろくでもないと返されてしまった。 、、 カルデアでナンパを試みた相手。 なお、どのケースも即座に暴力で応じられた模様。 美人なので興味はあるが、姉妹二人がどちらも女神なので嫌な予感しかせず手を出していない模様。 鍛冶の神。 彼がアキレウスの鎧を鍛造して造り出した弓矢を使用してアルテミスを撃墜した。 肉体に剛力を、精神に冷徹を。 そして我が運命をここに定めよう。 『 月女神の無垢な愛 アルテミス・アグノス』。 ……充填完了! 行くぞぉ!!」 「アルテミス、その力を貸してくれ。 お前と一緒なら負ける気がしない……ようし、ぶちかます! 『 月女神の無垢な愛 アルテミス・アグノス』。 勇気凛々! やってやる!!」 宝具解放。 「月女神の無垢な愛」。 「あ、何かやな予感がするー。 やべぇ! アルテミス怒ってる!なんかバレたっぽい!! 宝具中止!中止ー!! ぎゃあああクビ締めないでーッ!! ……ってあれ、夢か」 「マスター唐突だが浮気がバレたのですいませんちょっと撤退しまーす! え? ダメ? ヒィッ! アルテミスさん!! ぎゃぁぁあぁあぁあぁーっ!! 『 月女神の無垢な愛 アルテミス・アグノス』ー!! あ……愛が……重い……」 宝具解放。 別バージョン。 いかに超人とうたわれようと、日頃の行い(?)で月女神に絞められるが宿命である。 結局本来の姿になっても、 オリオンはやっぱりオリオンだということをプレイヤーに認識させたのであった。 「アルテミスいないよな? いない? よし、じゃあ街に繰り出そう! 女の子が俺を待ってるはずだ!」 戦闘終了時の台詞の一つ。 そんな事したとしても、アルテミスに制裁を加えられる未来しか見えないが……。 マイルーム [ ] 「助けてマスター! あの天秤の女神、俺を一目見るなり『罪が重すぎますわ』ってバックドロップ仕掛けてきたの! やっべーよアイツ、ガチのガチだよ! バックドロップちゃんとヘソで投げてるよ!」 マイルーム会話「」。 何をどうしたらアストライアにそう評された挙句にバックドロップ仕掛けられたのだろうか。 「助けてマスター! あの拳で戦う聖女さま、ちょっとちょっかいかけたら、ステップが完全にボクサースタイルに切り替わったの!! あご ジョーと こめかみ テンプルを的確に狙って打ってくるの!! シュッシュッ! って呼吸が鋭いの!!!」 マイルーム会話「」。 マルタにナンパしたら案の定ファイティングポーズを取ってしまった。 そういえばクマの時でもブッ飛ばされたような……。 「助けてマスター! あの南米の女神、俺がちょっかいかけると、ほがらかに笑いながら俺の首を折りに来たの! フロントチョークから一気に飛ぶ感じで! 関節技で即死技とかありなの!? 俺の首ちゃんとくっついてる!?」 マイルーム会話「」。 ケツァル・コアトルにナンパしたらやっぱり首を折りにかかろうとした。 それもう殺す気マンマンのような……。 「好きなこと? 狩りナンパ、以上! サーヴァントマッチングアプリとか使わない方がいいぞ? 不思議なことに、アルテミスしか表示されないんだぜ?」 マイルーム会話「好きなこと」。 どんなシステムでもあの男にはあの女神しかありえないらしい… 『神代巨神海洋 アトランティス』での活躍からも納得せざるを得ない。 本編 [ ] 「おまえは、俺以外の誰にも落とさせない。 誰にもだ!!」 『神代巨神海洋 アトランティス』にて。 ヘファイストスの鍛造した矢を相殺され、自身の霊基も消滅寸前になりながら、とがその身を捨てて時間を稼ぎ、が己が身を換えて造った矢を番え、彼方の女神に向けて獅子の如く咆える。 そして放たれる存在しないはずの第三宝具、「 其は、女神を穿つ狩人 オルテュギュアー・アモーレ・ミオ」。 」 同上。 彼が放った最後の一矢は殺意でも敵意でも無く「愛」であった。 虚空を独り漂う女神と、共に落ちる為の矢。 それは、神を撃ち落とす日。 愛を知らぬ機械じかけの女神に、小さく暖かな愛の火を灯した日。 イベント [ ] 「チョコくれー!!」 バレンタインイベントにて。 マイルームに入ってくるなりチョコを要求。 本人曰くカルデアではアルテミスのお気に入りである主人公ぐらいしかチョコを貰えないらしく、アタランテにもチョコを貰おうとしたら殺されたくないから勘弁してほしいと言われもらう気がなくなったとの事。 「ますたあは、のろわれてしまった!」 同上。 オリオンがチョコのお返しに渡した自分がつけているベルトを主人公がつけた際にどこかで聞いたようなSEの後に主人公を驚かせるために言ったセリフ。 主人公とオリオンの仲の良さが窺えるセリフであり、その後肩にアルテミスが憑いている状態のまま帰っていく。 メモ [ ]• ちなみに「オリオンは優男なイケメンではなかったのか」という点についてはオリオンの逸話を確認したI-IV氏曰く「どこをどう解釈しても優男のわけない」。 加えてあのギリシャ世界はがイケメンであり、、がモテモテの世界。 つまり「筋肉とロリがモテ要素」だと解釈してラフを提出したらしい。 ほぼほぼ直しなく一発で通ったとのこと。 没案ではもうちょっとちゃんとワイルド系のイケメンというか野性的だった。 目に傷ある感じだったが、生々しすぎるので没になった。 ちなみにアメンボの脚は水に浮くために毛が生えてて爪二本になっている。 オリオンの靴にも爪の様な部位が二本付いている。 話題まとめ [ ]• 宝具「我が矢の届かぬ獣はあらじ」の魔性・魔獣特効を鑑みるに、グランドアーチャーとしてのオリオンは本来、に対抗するために召喚されたのではないか、と考察されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の