キング コブラ 映画。 キング・コブラ : DVD・ブルーレイ

キング・コブラ : DVD・ブルーレイ

キング コブラ 映画

【参考動画】共食いをするキングコブラ。 (解説は英語です) キングコブラは世界で最も長い毒ヘビとされ、全長5メートルに達する例もある。 「ヘビを食べるもの」という意味の属名「Ophiophagus」の名の通り、キングコブラは主に他の種類のヘビを食べる。 コブラは捕食する際、相手の頭部の付け根を狙って毒液を注入し、神経伝達を阻害し、体を麻痺させて死に至らしめる。 (参考記事: ) 「キングコブラは、出会ったヘビの大半を襲うと考えられます」とシーヒー氏は話す。 一方のアミメニシキヘビは世界最長のヘビで、全長9メートル以上の個体もいる。 捕食するときには自分の体で相手を締め付ける。 通常は哺乳類を食べ、ヘビを食べることはない。 (参考記事: ) 「もしどちらかが捕食していたとするなら、キングコブラがニシキヘビを食べようとしていたのでしょう」と、バーブリンク氏は考える。 「どちらも失敗しましたけどね」 人為的に仕組まれた? ヘビの双璧であるこの2種が自然界で出会う頻度は、明らかではない。 また、この死闘をもたらした両者の出会いが自然なものであったとは必ずしもいえない、とバーブリンク氏は語る。 「確かにコブラは他のヘビを食べますが、人がふざけてこのように仕組んだとも考えられます。 キングコブラを飼っている人がいますからね。 もしかすると、こいつらを一緒に溝に入れたらどうなるか試してみないかって思った人がいたかもしれません。 (写真の)両側に盛り土がありますから。 もちろん、誰の手にもよらず、自然界の中で起こったとも考えられます。 私が現場に居合わせたらよかったんですが、残念です」(参考記事: ) きっかけが何だったにしろ、今回の経緯は明らかだろう。 キングコブラが自分にはのみ込めそうにない餌に手を出したが、それが巨大なニシキヘビだったため、ニシキヘビの得意技で反撃された。 体に巻きつかれ、絞め殺されてしまったのだ。 そして、ニシキヘビの体もコブラの毒には対抗できなかった。 (参考記事: ) 「ニシキヘビは短時間で死んでしまったでしょう」と、シーヒー氏は話す。 「30分としないうちに、どちらも死んでいたと思います」 文=Nadia Drake/訳=潮裕子.

次の

『コモドVSキングコブラ』(B級映画 2005年) マイケル・パレ&ミシェル・ボース主演

キング コブラ 映画

【参考動画】共食いをするキングコブラ。 (解説は英語です) キングコブラは世界で最も長い毒ヘビとされ、全長5メートルに達する例もある。 「ヘビを食べるもの」という意味の属名「Ophiophagus」の名の通り、キングコブラは主に他の種類のヘビを食べる。 コブラは捕食する際、相手の頭部の付け根を狙って毒液を注入し、神経伝達を阻害し、体を麻痺させて死に至らしめる。 (参考記事: ) 「キングコブラは、出会ったヘビの大半を襲うと考えられます」とシーヒー氏は話す。 一方のアミメニシキヘビは世界最長のヘビで、全長9メートル以上の個体もいる。 捕食するときには自分の体で相手を締め付ける。 通常は哺乳類を食べ、ヘビを食べることはない。 (参考記事: ) 「もしどちらかが捕食していたとするなら、キングコブラがニシキヘビを食べようとしていたのでしょう」と、バーブリンク氏は考える。 「どちらも失敗しましたけどね」 人為的に仕組まれた? ヘビの双璧であるこの2種が自然界で出会う頻度は、明らかではない。 また、この死闘をもたらした両者の出会いが自然なものであったとは必ずしもいえない、とバーブリンク氏は語る。 「確かにコブラは他のヘビを食べますが、人がふざけてこのように仕組んだとも考えられます。 キングコブラを飼っている人がいますからね。 もしかすると、こいつらを一緒に溝に入れたらどうなるか試してみないかって思った人がいたかもしれません。 (写真の)両側に盛り土がありますから。 もちろん、誰の手にもよらず、自然界の中で起こったとも考えられます。 私が現場に居合わせたらよかったんですが、残念です」(参考記事: ) きっかけが何だったにしろ、今回の経緯は明らかだろう。 キングコブラが自分にはのみ込めそうにない餌に手を出したが、それが巨大なニシキヘビだったため、ニシキヘビの得意技で反撃された。 体に巻きつかれ、絞め殺されてしまったのだ。 そして、ニシキヘビの体もコブラの毒には対抗できなかった。 (参考記事: ) 「ニシキヘビは短時間で死んでしまったでしょう」と、シーヒー氏は話す。 「30分としないうちに、どちらも死んでいたと思います」 文=Nadia Drake/訳=潮裕子.

次の

壮絶!キングコブラ vs ニシキヘビ、共に死す

キング コブラ 映画

の紹介:2016年アメリカ映画。 インターンのためと母親に嘘をついたブレントは夏の間ある男の家で過ごすことになる。 彼の名前はスティーヴン。 ブレントは彼の家でゲイポルノに出演するのだ。 その仕事はブレントには天職と呼べるものだった。 ネット上ではブレントの人気はうなぎ登り、しかしそれを妬む者もあらわれる。 そして悲劇が起こってしまう。 実在のポルノスターブレント・コリガンの話をベースにした映画。 製作にはジョー役で出演するジェームズ・フランコも参加している。 監督:ジャスティン・ケリー 出演:ブレント・コリガン(ギャレット・クレイトン)、スティーヴン(クリスチャン・スレーター)、ジョー(ジェームズ・フランコ)、ハーロー(キーガン・アレン)ほか キングコブラのネタバレあらすじ:情 ブレントはまさにスティーヴン好みの青年だった。 そのせいか情が湧き、スティーヴンはついにブレントと身体を重ねることになる。 その一方、ブレントは共に出演した男と寝るなどスティーヴンにはほとんど見向きもしなくなる。 ネット上ではそのイケメンな容姿からかブレントはたちまち人気になる。 しかしその反面、彼を妬む者も現れた。 バイパーボーイズというゲイポルノプロダクションでポルノスターとして活躍するハーロー(キーガン・アレン)とそのプロデューサーであるジョー(ジェームズ・フランコ)だった。 二人はブレントに強いライバル心を持ち始めていた。 キングコブラのネタバレあらすじ:決別 ある夜ブレントはスティーヴンに出演料を現在の1,000ドルから10,000ドルに上げてほしいと交渉する。 その時には既に二人の間には少しの溝ができていた。 そしてその交渉は決裂、ブレントは彼の元を去り家に帰ることを決意する。 母の元に戻ったブレントは一人で別のポルノプロダクションへと向かった。 その会社の責任者はブレントの参加に喜んだ。 しかし問題が発生する。 ブレントという名前の使用が出来なければ契約できないというのだ。 実はスティーヴンが「ブレント」という名前を商標登録してしまったのだ。 業界では既にブレントの名はブランドと化していた。 そのためブレントではない新しい名前での彼の出演はあり得なかった。 キングコブラのネタバレあらすじ:ニュース ブレントは自身の名前を奪ったスティーヴンに報復をする。 ポルノ出演時に実は17歳で未成年だったと訴えたのだ。 それで全てが丸く収まると思っていた。 スティーヴンの家には警察が捜査に入っていた。 しかし事態は悪い方へと向かう。 業界の信用を裏切ったとしてブレント自身もまたニュースに取り上げられてしまった。 そのせいで母親にも知られ、ブレントとスティーヴンは二人揃って落ちるとこまで落ちていった。 その時ブレントの元に一通のメールが届く。 ライバルプロダクション、バイパーボーイズのジョーだった。 彼はハーローとブレントの二人が合わされば最高の物が出来ると思い声を掛けてきたのだ。 キングコブラのネタバレあらすじ:最悪の事態へ そこでもまたブレントの名が問題となる。 彼らもまたブレントの名が必要だった。 しかしそれはまだスティーヴンの物。 ブレントの名をどうにかしない限り話は進まなかった。 しかしその問題はあっけなく終わりを迎える。 二人はある日久しぶりに電話で会話をした。 そこで簡単に和解したのだ。 二人にとっては肩の荷が下りたようにすっきりした。 ある夜、スティーヴンの元にダニーと名乗る一人の青年が訪れる。 スティーヴンは新たな人材を探していた。 その青年は若く、体つきも良く申し分のない人材だった。 しかし彼は突然ナイフを取り出しスティーヴンを殺してしまう。

次の