嬉しい 類語 ビジネス。 間違いも多い「嬉しい」気持ちを表す敬語表現|上手な使い方と例文

気に入っていただけて|ビジネス敬語・類語・嬉しい気持ちを表す言葉も

嬉しい 類語 ビジネス

「ありがたい」とは?意味や漢字は? 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味する 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味します。 コミュニケーションにおいて感謝の気持ちを相手に対して表すことは、良好な関係性を築くことに繋がります。 「ありがたい」という言葉を使いこなすことで、様々な人とのコミュニケーションが良い形で取れるようになることでしょう。 人が誰かから感謝されるということは、多くの人が生き甲斐の一つだと言えるかもしれません。 家族が感謝してくれる、恋人が感謝してくれる、友達が感謝してくれる、同僚が感謝してくれるということが生きるモチベーションに繋がっているはずです。 それを形に表すのが「ありがたい」という言葉なのです。 「ありがたい」の漢字は「有難い」 「ありがたい」の漢字は「有難い」と書きます。 これは「想像できない」という意味合いから、受けた行いに対して「想像ができないくらいうれしい」ということを表している表現になっているのです。 だからこそ漢字では「有難い」と書き、それが感謝を表す言葉として使われるようになったのです。 ちなみに現代においても「有難い」という漢字の表現も決して間違いではないのですが、何か漢字で書く特別な意図がない限りは基本的にひらがなで「ありがたい」と表記するのが一般的になっています。 もしもビジネスにおける書類に漢字で記すと修正を受ける可能性が高くなっているので基本的にはひらがなで書きましょう。 この表現については感謝の気持ちが強い時に使われる表現になります。 そのため、あまりに多用すると感謝の気持ちが伝わらなくなってしまうリスクがありますので、ここぞという時だけの使用に留めましょう。 感謝の気持ちの度合いだけで言えば「有難い限りです」という表現は最上級の言葉になります。 そのためここぞという時に「ありがたい限りです」を使うと深い感謝の気持ちが伝わりやすい表現です。 ここから感謝の気持ちを伝える他のワードのパターンも紹介していきますのでそちらも参考にしながら使い分けていってください。 ここまで期待を裏切り続けてきた私に対してこんなにも温かくアドバイスをいただけるなどと思ってもいませんでした。 本当に有難きお言葉です。 今後はご期待に添えますように心を入れ替えて精進して参ります。 この言い回しは先述の2つの比べると非常に使いやすい言い回しです。 ビジネスのシーンにおいては使わない日がないくらいの表現かもしれません。 ビジネスにおいて多用されている非常に重要な表現と言えます。 ビジネスにおいて「ありがたく存じます」という言葉は依頼事項の後に使う表現になります。 似たような表現には「幸いでございます」という表現がありますが、ビジネスメールにおいては依頼をするシーンは非常に多くなっているので使う機会は断然多くなります。 ビジネスに欠かせない表現になるので覚えておきましょう。 明日までにご返信いただけましたらありがたく存じます。 ご多忙のところ恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 この言い回しは、いい提案をもらった時の返答として使う言葉になります。 例えばビジネスパーソンとして引き抜きの話を受けて好条件をいただいた時の返答として使うことは十分にあり得る表現です。 この言い回しは前向きなニュアンスを感じさせる表現ではあるものの、はっきりと「YES」を相手に伝えない点で非常に使い勝手のいい言葉になります。 例文のように返事を保留したい時に相手方のメンツを潰さないようにうまく切り抜けるために使うこともできます。 覚えておくといつか役に立つ表現です。 私のようなものをお誘いいただくなんて、本当にありがたいお話です。 今の会社も20年勤めていますので、そちらにも筋を通したいので来週にもう一度お話できたらうれしいです。 この言葉はその場に身を置いている状態で使うのではなく、一旦その場を離れて振り返った時や、第三者的に、客観的な視点で見る時に使う言葉になります。 比較的使用頻度が高い表現であると言えます。 「ありがたいことです」という言い回しも「ありがたい言葉です」という言い回しと同じように、その話に関して完全に肯定している表現ではありません。 しかしながらポジティブなニュアンスをしっかり出しつつも冷静な視点を残している表現になりますので、賢明なビジネスパーソンであれば駆使したい表現になります。 この度はプロジェクトを無事完遂させることができました。 これもひとえに関係者各位の努力の賜物と認識しております。 厚く御礼申し上げます。 この表現は「ありがたく存じます」という表現と同じように使える表現であり、ビジネスのシーンにおいてよく見かける言い回しです。 取引先や目上の方に何かを依頼する際に「お願いいたします」と言い切るよりも「お願いできましたら幸いでございます」とワンクッション置くことで柔らかく感じる言い回しになりますので、相手方も気持ちよく依頼を引き受けることができるでしょう。 お忙しい中恐れ入りますが、本日中に資料のご共有をいただけましたら幸いでございます。 未完成でもかまいませんので一度資料の方を確認いたしたく存じます。 何卒、よろしくお願いいたします。 感謝の気持ちを示す文章を作る際には、微妙な表現の違いを言い換え表現も駆使しながら出すことができます。 「ありがたい」という言葉だけでは表現できないものを相手に伝えることができるようになるのです。 「ありがたい」という言葉を文章の中で繰り返すことで、語彙力の不足が露呈した感謝の気持ちが伝わらない文章だと相手方が感じてしまう可能性があります。 せっかくメッセージを送ってもそうなってしまっては本末転倒です。 「先日の件に関してとてもありがたい気持ちで一杯です。 どんなに素敵な文章で感謝を述べたとしても、気持ちが込められていなければ、その文章で相手方に感謝が伝わることはないでしょう。 感謝を伝えるにはまずは気持ちが一番大切です。 それに類語や言い換え表現も含めた言葉遣いのテクニックが伴えばスマートに気持ちを伝えることができるのです。 下記の関連記事も参考になるかと思いますので、この記事と併せて参考にしてみてください。

次の

喜びをあらわす言葉・単語の一覧:日本語表現インフォ

嬉しい 類語 ビジネス

目上の人に敬語として使っていいのか 敬語でも丁寧語でしかも文法的には本来正しくないために、「良かったです」は、ビジネスでは手紙やメールで本来使用を避けるべき言い回しです。 とくに上司や顧客など目上の人に対しては代わりになる言葉を使用しましょう。 会社の上司や顧客には、美しい日本語を使いたいなら、話し言葉でも避けたい表現です。 「良かったです」の類語は多くあります。 そのなかでもビジネスで使いやすい敬語の表現を挙げていきます。 良かったですは丁寧語 日本語の文法で、「良かった」の過去形の助動詞である「た」のあとに、丁寧語の助動詞「です」がつくので「良かったです」は丁寧語になります。 相手を立てる尊敬語、自分がへりくだって言う謙譲語、そして「です、ます、ございます」などの丁寧にした言葉の丁寧語、この3つは敬語に含まれます。 ビジネスでは敬語の中でも主に尊敬語が利用され、ほかにも「恐縮ですが」といった相手を気遣う言葉がやりとりの潤滑油となります。 良かったですの代わりに使える言葉7選 「良かったです」の代用の言葉をビジネスでは利用したいので、代わりに使える7つの言い方をご案内します。 嬉しく思います 安心しました ありがとうございます お役に立てて光栄です 喜ばしい限りです 何よりです 嬉しいお言葉ありがとうございます 次に挙げる使い方の例を参考にして、日々の生活に取り入れてみてください。 また、尊敬語や謙譲語は、使い慣れないと2重使いをする可能性があるので気をつけましょう。 言葉1:嬉しく思います 感情的に一番近い言い回しとして、「嬉しく思います」が挙げられますが、これもまた形容詞に丁寧語の、「ます」が付いたもので話し言葉です。 「思います」は丁寧語で、尊敬語は「思われます」になりますが、それよりも謙譲語の「存じます」や、「所存です」にすると自然な言い回しになります。 「嬉しく存じます」は、ビジネスでのメールや手紙のやり取りには頻繁に利用される言葉です。 言葉2:安心しました 類似語で「安心しました」があります。 取引がまとまった時など、 「良かったです」よりも不安が一斉されてホッとした状況を伝える際につかえます。 ビジネスのメールや手紙では、謙譲語の「致しました」に変更して「安心致しました」と明記することもできますので、覚えておきましょう。 言葉3:ありがとうございます 「良かったです」の意味もまた、感謝の意を含む使い方では、丁寧語の「ございます」を使った、「ありがとうございます」が適しています。 例えば顧客に送った書類が届いた報告があり、「ご報告をありがとうございます」とすれば、「良かったです」の気持ちを伝えられます。 代用に迷ったときには「ありがとうございます」をまず使えないか、考慮してみることが大切です。 言葉4:お役に立てて光栄です 上司から依頼された緊急の案件を処理してお礼を言われたら、「お役に立てて光栄です」と嬉しい気持ちを表しましょう。 自分が相手に対して行ったことに礼を言われた場合に使えます。 もっとへりくだって伝えたい大切な顧客の場合には、「です」を謙譲語にし、「お役に立てて光栄でございます」となります。 日本語も他の言語と同様、年配の方には謙譲語を使用することで相手をたてるビジネスでのやり取りが一般的です。 言葉5:喜ばしい限りです 「良かったです」の気持ちを強調したいときには、「喜ばしい限りです」が使えます。 文頭に「この上なく」をつけるとさらに強い意味になり、丁寧語の「です」を「ございます」に置き換えて「この上なく喜ばしい限りでございます」にすると、最上の気持ちが伝わります。 言葉6:何よりです 表現1:安心しましたの英語表現 頻繁に使われる、動詞のrelieveを使った言い回しです。 relieveは苦しみなどを和らげる、ホッとさせる、解放する、救い出すなどの意味があります。 類語のreassuredも同様に使えます。 I am relieved. 安心しました。 My colleague is very reassured to hear your bag was found. 同僚は貴方の鞄が見つかったときいてホッとしていました。 表現2:良かったの英語表現 多くの場面で利用できる「良かったです」の英語表現は以下になります。 That is really good. It is great. That is nice to hear. That is wonderful news. That's wonderful. 話し言葉で使われる率が多い表現は次になります。 It's cool. That's super. It's awesome. 表現3:嬉しいの英語表現 嬉しさを表す英語表現としては、次の例文が使えます。 I am pleased to meet you. あなたにお会いできて光栄です。 It is great to hear from you. あなたからの知らせが届いて嬉しく存じます。 以下、話し言葉で使われる例です。 It's awesome to see you again. 再会できてとても嬉しい。 It's superb to get your news. 君の知らせが届いて感激。 良かったですは敬語ではない.

次の

間違いも多い「嬉しい」気持ちを表す敬語表現|上手な使い方と例文

嬉しい 類語 ビジネス

既存の顧客や取引相手などに使える言葉です。 ですので、今までやりとりがない、初めて顔を合わせる相手には「初めまして」など、初対面用の常套句を使うのが適切と言えます。 お世話になっております。 B課長はいらっしゃいますでしょうか ・いつも大変お世話になっております。 どちらも、お世話になっている相手に対して感謝を込めてお礼を述べるときに使う言葉ですが、「お世話様です」という言葉は目上の方に対しては使いません。 「お世話様です」という言葉は、相手に対する感謝と「ご苦労様」というねぎらいの意味を含むため、例えば宅配便の荷物を配達に来てくれた人や買い物の対応をしてくれた店員さんに対して使うことが多いようです。 ビジネスの場では「お世話様です」という言葉は使わずに、「お世話になっております」「いつもありがとうございます」などといった言葉を、場面に応じて使い分けましょう。 送られる方は「頂戴いたします」や「いただきます」と、言って受け取ります。 目上の人にものを渡すとき「頂戴して下さい」とは言いません。 「よろしければ、お納め下さい」と、言って渡すと丁寧です。 尊敬語であるため、立場が下の人や部下などには使用しません。 少し上から目線の言葉になります。 相手の立場に関わらず挨拶として利用できる言葉が「お疲れ様」。 しかし、年代によっては、目下の人が目上の人に「お疲れ様です」と言うと気分を害す場合もあるのです。 そのため、おかれたシーンによってはお礼の言葉に置き換える方が適切な場合があります。 <例文> 例文1. プロジェクトの完遂ご苦労様です。 例文2. お疲れ様です。 お先に失礼します。 自分が知らないことを経験のある人、知識のある人にそのことについてのアドバイスを乞う意味を含んでいます。 簡単に言うと教えてくださいという意味とも取れますが、ビジネスシーンでは一時的に分からないことが出てきた時に解決を図るために方法などを聞きたい時によく使われます。 <例文> ・今後とも末永くご教授いただけますと幸いです。 ・先輩に5年に渡ってご教授いただいたおかげで一人前になれました。 主にビジネス文書や挨拶状の文末における締めの挨拶として使われます。 相手の健康を願って使う言葉だと覚えておきましょう。 「ご健勝」を使いこなせるようになるとビジネス文書を作成する際にも役立ちます。 「ご賢察ください」で「どうかお察しください」と、同じ意味の言葉となります。 上司や目上の人に自分の事情を理解してもらいたいときに使用されやすいことが特徴です。 <例文> ・拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 「ご無沙汰しております」は、誰かにしばらく会っていなかったり、連絡を取っていない状態が続いたりしたときに使われる表現です。 ご無沙汰しております」は、「お久しぶりです」よりもさらに丁寧な表現といえるでしょう。 <例文> ・長い間、ご無沙汰しております。 この度は、貴重なお時間を作っていただきありがとうございます。 自分のミスに対して相手に「どうか許しくてください」と、願いを込めて用いられることが多い言葉です。 「ご容赦ください」と似たような意味で使われやすい言葉に「ご了承ください」がありますが、こちらは非礼や過失を詫びるような意味合いはないため、間違えて使用してしまうと配慮が足りないと感じられてしまうため、注意しましょう。 本来手紙では、時候の挨拶で冒頭に季節の風情を表す挨拶として「初夏の候」や「晩秋の候」などを使います。 しかしビジネスではもっぱら、「時下」が四季に関係なく通年の時候の挨拶としてよく使用されています。 「時下」はもともと、「今現在」や「この頃」という状態を表現する言葉です。 <例文> ・拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 他者の主張や説得に対して、従う気持ちを表す言葉が「承服」なのです。 「承服」は受け入れて従うという意味であるにもかかわらず、相手の意見に賛同する際よりも納得できないときに「承服しかねる」と、否定の意味で使われることが多いです。 <例文> ・その意見には承服しがたいとのことです。 「深謝」は、ビジネスシーンにおいて口頭で使用するよりもビジネス文書やメール、お礼状などに使用することが多い言葉です。 「拙宅」は、自分の家を自慢しないで謙虚に使うことで、相手への尊敬にもつなげている言葉なのです。 <例文> ・この近くに住んでいますので、拙宅にもぜひお立ち寄りください。 僭は目上を意味し、それを越えて真似るので、「僭越ながら」という意味は、失礼を承知で、出過ぎたことをいたしますが、などというべきところを、「僭越ながら」という一言で表しているのです。 しかし、「とんでもないことでございます」または「とんでもないことです」と言い換えると、かえって不自然に響いてしまうのではないでしょうか。 文化庁の「敬語の指針」でも、「とんでもございません」は、使ってもよい敬語とされており、適切な状況であれば、ビジネスシーンで使っても問題はありません。 <例文> 「今回のプロジェクトが大きな成功を収めたのは、君のおかげだ。 」 「とんでもございません。 「謹」は、相手に対して敬意を表するさまを表しており、「謹んで」という場合には、敬意を払いながら行動や言動することを意味しています。 例えば、年賀状でよく見かける「謹賀新年」や、手紙の冒頭の挨拶として使われる「謹啓」といった熟語を想像すると分かりやすいでしょう。 いずれの熟語も、相手に対して敬意を払いつつ、ご挨拶を申し上げる丁寧な姿勢がうかがえる言葉です。 <例文> ・謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 その大慶は個人やビジネスの手紙文でかしこまった表現、儀礼的な表現として使用されることがほとんどで、ある状態について自分の喜びを伝える言葉といえます。 例えば、相手の会社やお店が繁盛している状態(実際にそうでなくてもよい)に対して大慶を使うと、その状態が自分にとって大きな喜びであることを示せるでしょう。 <例文> ・謹啓 貴社ますますご隆昌のことと、大慶に存じます。 信用性に関わることもあるので注意が必要です。 シチュエーションに応じて「かしこまりました」「承知いたしました」「けっこうです」「かまいません」などの言い換え表現を使いましょう。 謝罪会見できちんと理由を述べ、謝罪しているならそれは「陳謝する」と表現してもOK。 ただ泣きながら「ごめんなさい」だけを言っているようなら、それは「謝罪している」ということになります。 陳謝する場合、具体的な理由を付け加えることがポイントです。 目上の人に使用しても失礼ではありませんが、上から目線の傲慢な口調と受け取られる恐れがあるので、ビジネスシーンで軽々しく使わない方が賢明です。 ビジネスシーンでは、「なるほど」の言い換えとして同義語を使用するようにしましょう。 敬語表現として使用可能なのは、「確かに」「おっしゃる通りです」など。 「なるほど」という言葉が出てしまったときには、「なるほど、おっしゃる通りですね」「なるほど、承知いたしました」などと続けるといいでしょう。 社内で敬意を表す対象となる課長でも、社外に対しては謙譲語を使用しなければなりませんので注意しましょう。 受領という言葉は「品物やお金を受け取る」という意味を持ちます。 大切なクライアントから送られてきた書類に対し相手方からメールで「あの書類、届いたでしょうか?」と、問われる場合があります。 そんな場合に「拝受しました」「確かに受領いたしました」と、いうように返信することが正しい使い方です。 <例文> ・書類の方、たしかに拝受しました。 ビジネスシーンで誰かに「伏してお願い申し上げます」と、言われたら、それは「どうぞくれぐれもよろしくお願いします」と、いう意味です。 <例文> ・〇〇様の貴重なお時間を拝借しお手を煩わせたこと、伏してお詫び申し上げます。 この機会にしっかりビジネス敬語をマスターして、社会人としての一歩を踏み出しましょう!.

次の