ゾム 総受け 小説。 ホモ:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

ホモ:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

ゾム 総受け 小説

どうもおはようござます ぞむです。 毎週日曜日の11時半ってどういう時間か皆さんわかりますか? 私がだいたい起きる時間です。 そして週によっては起きた瞬間にPCをつける事があります。 これはどういう事かわかりますか? ブロマガ書いてなくて焦ってる時ですねぇ!!というかまさに今ですね!! せっかく先日買ったレンジでスパゲティを湯がける便利グッズでミートソーススパゲティ食べようと思ったのに…まぁブロマガ書き終わったら食べるんですけど。 てかこのレンジでゆがけるスパゲティの奴めっちゃ便利そうじゃないですか? いちいち鍋ださなくていいし、めっちゃ簡単そう。 おそらくモンキーシャオロンでも容易にできるんじゃないかなと思います。 まぁ私はこの前この便利グッズの使い方を間違えて爆死したからあまり人の事は言える立場じゃないんですけどね・・・。 スパゲティって種類によってゆで時間が変わりますよね? で、このスパゲティをレンジでゆがける便利な容器に 500W 5分 600W 4分 みたいな事がかいてあるんですね。 500Wなら5分でスパゲティ湯がけるんや!!よっしゃ5分でレンチンしよ!!てな感じで先日使ったんですよ。 で、ジャスト5分でレンジから出して、湯切りをして、皿にスパゲティをうつし、トマトクリームをかけて、食べました!! くそまずい!!! 久しぶりに思いました、麺がくそまずだと。 麺の中に芯がまだ残ってるような食感なんですね。 あれ?容器に書いてある通りにやったのになぁ、と疑問に思いながら容器を確認すると スパゲティに書いてあるゆで時間に以下の数字をプラスしてレンチンして下さい 500W 5分 600W 4分 てかいてたんすよ。 もっとわかりやすくかけや!! もう普通に500W10分とかでええやんけ!!! て思ったけど、どうやらスパゲティによっては湯がく時間が全く異なるらしいから仕方ないんやねろね。 ということでその日はくっそまずいスパゲティを食べる事になったんです。 なので!!今日はそのリベンジをしなければ!!ブロマガ書いてる場合じゃねぇ!! じゃそういうことでサヨナラ~~~~~~~~~~~~~~ 以下会員限定.

次の

総受け小説一覧

ゾム 総受け 小説

ある昼下がりの我々だ基地の廊下。 基地の廊下と言っても、グルッペンやエーミールが中心にお気に入りの花瓶や絵画を飾っており、いい感じに調和した家具によってどこを見ても洒落たアンティーク基調なデザインとなっていた。 そこを歩くアンティーク空間に映える『深い緑』の男がひとり。 「ゾムぅ〜ゾム〜どこかなぁ?ゾムぅ〜〜」 柔らかい笑みと、のんびりとした声。 そしてそれに反応するは、 「ん〜何?オスマン」 天井から降る、『鮮やかな緑』の声。 「なんや、そんな所におったん?まぁ、いつも通りやけど」 そう言うと、「めう」っと手で降りてくるよう促す。 「ぃっしょっ……!」 なんの躊躇もなく頭から真っ逆さまに落ちるも、軽々と体を回転させ、音もなく着地する。 無駄な動作がないとはこういう事だと改めて思う。 きっと自分には一生できない技であり、これは彼だけの才能なのだ。 そして、さすゾムぅと言いながらショーでも見たかのように拍手をすると、ゾムは右ポケットに手を突っ込んだ……無意識に。 もう一つ、これも彼だけのもの。 僕が数年前に見つけたゾムの〝ある〟癖なのだった。 そんな事を考えていると 「で、オスマン。 何なん用事は?」 と不思議そうに聞いてきた。 それもそのはず、今日は特に会議もなく、鬼のような書類も、ましてや戦争もない。 じぃーーーーーーーーーーっ…… と、音がするんじゃないかと思うほどゾムの顔を見つめた。 いつ見ても思うのだ。 … ………… ……長い。 ………………長すぎるっ…!!! 「切ろう」 突然物騒な事を言ったように聞こえたのか 「誰を?殺していいん?それとも生け捕り?」 と聞いてきたあたり……流石『生粋の殺戮者』だと思ったが、そうではない。 「ちゃうよ、ゾム」 「じゃあ何?」 「前髪」 「誰の?」 「ゾムの」 「いや、俺は別に……」 「ダメ」 「えっ、なんでなん?」 「めうぅぅうう!!! 」 「や、わからんてっ……あ、ちょっ…待っ、ぁああああぁ離ぁああせぇえええええ」 珍しく声を荒らげたゾムは抗うことが出来ず引きずられていく。 カチッ…カチッ…カチッ……… 長針と短針で示すは、午後3時。 「…………っむふ」 「……おいっ……っふ」 「「「「……ッフハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!! 」」」」 誰かの我慢出来ずに漏れた息が合図かのごとく、その場にいた鬱、コネシマ、シャオロン、オスマンの全員が笑い出した。 …たった一人を除いて。 「何がおもろいんや?大先生ぃ?」 「死ぬ死ぬ死ぬぅ!!! って、なんで俺だけぇ?!」 溢れんばかりの殺意を醸し出して 既に大先生のネクタイを締め上げて いるのは、『NEWゾム』……所謂 強制 イメチェンを果たしたゾムであった。 「っていうかオスマン!! おま…お前、前髪だけや言うてたやん!!なんでトータルカットでスタイリングまでしてんねん!」 「えーーだって似合ってるや〜ん、ダメ?」 そう拗ねたように言うと手元にあったミラーをゾムに向けた。 そこには前髪後ろ髪伸ばしっぱなしのボサボサ髪のゾムではなく、短くなった金髪が絹糸のようにサラサラと靡いて、前髪もふんわりとセンター分けで絶妙な感じに仕上がっている、「おま誰」状態のゾムの姿が写っている。 そのおかげで彼の綺麗な翠色の目もしっかりと見えるようになった……まぁ、今はめっちゃ怒りに燃えてるけど。 いつまで経ってもゾムの目から禍々しいマグマの熱が消えないので、 「でもさぁ、我ながら上手くいったと思うんやけど!?」 と、ゾムに指を突き立ててビシッと言うと反論しようとしたゾムが口を開く前に、 「せやで!めっちゃええやん!ゾム!!! 似合ってるやん!いーーなぁ俺もサッパリさせて欲しいわ!」 「なんていうか…ゾム、普通にかっこええわ」 「うん。 こんな髪型一つで変わるもんなん?そうしたら俺も不人気から解放…」 「されへんな!ハハハッ!!! 」 「うっせえぞシッマ!! あと大先生キモイ!」 「なんでっ?! 今俺なんか気持ち悪いって言われるシーンあった?!! 」 と内ゲバをさっそく開幕しそうな3人がゾムよりも先に口を挟んだが、それでも彼らの褒め言葉はお世辞でもなんでもなく純粋なものだった為、ゾムは開いた口を渋々閉じて、そして…… 右手をポケットに突っ込んだ。 「……ねぇゾム、照れてんの?」 彼の〝照れた時の〟癖に気がついて、ニヨニヨと笑いながら指摘してみせれば、 「て、照れてへんわっ!!! 」 と、自分の癖を自覚していないゾムはオスマンの指摘に明らかに動揺したが、装えていない平然を装いスタスタと部屋を出ていった。 しかし悔しかったのか、扉が閉まって直ぐ向こうから、 「あーーもう決めたわ、もうオスマンにクッキー焼いてやらんからな!」 というゾムの声。 もちろん、その言葉に彼が黙っている訳もなく、 「ええーっ!!!! それはっ…それはないでゾム〜!!! あ、ちょっ待ってよゾムぅ〜ねぇーゾムぅ〜」 言葉の攻撃では負け無しのオスマンも、どうしても甘い物には勝てない。 もちろんゾムはそれを知っていて、ニヨニヨと面白がっている。 お互いがお互いをよく知っていて、お互いに面白がっている。 似通った色ゆえの似通った性格なのか……いや、それよりも今重要な事は、ゾムにクッキーをこれからも作ってもらうこと。 「待ってぇーー!ゾムゥー 泣 」 長い廊下を「鮮やかな緑」を「深い緑」が追いかけていった。 残された3人の空間。 どうしても一つ気になることがある。 「……ねぇ、俺ゾムがクッキー作ってるの見たことないんやけど。 」 すると二人はきょとんとした顔で、 「え?そうなん?あいつのめっちゃ美味いで!!! もう、サッッッックサク!」 「っていうか、結構…ほぼ毎週作ってるよなゾム。 」 「「ゾムゥゥウウウウウウウ 俺にも クッキー作ったってぇえええええ…!!!! 」」 廊下に深緑に加えて、もう1つ「色」が重なった。

次の

総受け小説一覧

ゾム 総受け 小説

ある昼下がりの我々だ基地の廊下。 基地の廊下と言っても、グルッペンやエーミールが中心にお気に入りの花瓶や絵画を飾っており、いい感じに調和した家具によってどこを見ても洒落たアンティーク基調なデザインとなっていた。 そこを歩くアンティーク空間に映える『深い緑』の男がひとり。 「ゾムぅ〜ゾム〜どこかなぁ?ゾムぅ〜〜」 柔らかい笑みと、のんびりとした声。 そしてそれに反応するは、 「ん〜何?オスマン」 天井から降る、『鮮やかな緑』の声。 「なんや、そんな所におったん?まぁ、いつも通りやけど」 そう言うと、「めう」っと手で降りてくるよう促す。 「ぃっしょっ……!」 なんの躊躇もなく頭から真っ逆さまに落ちるも、軽々と体を回転させ、音もなく着地する。 無駄な動作がないとはこういう事だと改めて思う。 きっと自分には一生できない技であり、これは彼だけの才能なのだ。 そして、さすゾムぅと言いながらショーでも見たかのように拍手をすると、ゾムは右ポケットに手を突っ込んだ……無意識に。 もう一つ、これも彼だけのもの。 僕が数年前に見つけたゾムの〝ある〟癖なのだった。 そんな事を考えていると 「で、オスマン。 何なん用事は?」 と不思議そうに聞いてきた。 それもそのはず、今日は特に会議もなく、鬼のような書類も、ましてや戦争もない。 じぃーーーーーーーーーーっ…… と、音がするんじゃないかと思うほどゾムの顔を見つめた。 いつ見ても思うのだ。 … ………… ……長い。 ………………長すぎるっ…!!! 「切ろう」 突然物騒な事を言ったように聞こえたのか 「誰を?殺していいん?それとも生け捕り?」 と聞いてきたあたり……流石『生粋の殺戮者』だと思ったが、そうではない。 「ちゃうよ、ゾム」 「じゃあ何?」 「前髪」 「誰の?」 「ゾムの」 「いや、俺は別に……」 「ダメ」 「えっ、なんでなん?」 「めうぅぅうう!!! 」 「や、わからんてっ……あ、ちょっ…待っ、ぁああああぁ離ぁああせぇえええええ」 珍しく声を荒らげたゾムは抗うことが出来ず引きずられていく。 カチッ…カチッ…カチッ……… 長針と短針で示すは、午後3時。 「…………っむふ」 「……おいっ……っふ」 「「「「……ッフハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!! 」」」」 誰かの我慢出来ずに漏れた息が合図かのごとく、その場にいた鬱、コネシマ、シャオロン、オスマンの全員が笑い出した。 …たった一人を除いて。 「何がおもろいんや?大先生ぃ?」 「死ぬ死ぬ死ぬぅ!!! って、なんで俺だけぇ?!」 溢れんばかりの殺意を醸し出して 既に大先生のネクタイを締め上げて いるのは、『NEWゾム』……所謂 強制 イメチェンを果たしたゾムであった。 「っていうかオスマン!! おま…お前、前髪だけや言うてたやん!!なんでトータルカットでスタイリングまでしてんねん!」 「えーーだって似合ってるや〜ん、ダメ?」 そう拗ねたように言うと手元にあったミラーをゾムに向けた。 そこには前髪後ろ髪伸ばしっぱなしのボサボサ髪のゾムではなく、短くなった金髪が絹糸のようにサラサラと靡いて、前髪もふんわりとセンター分けで絶妙な感じに仕上がっている、「おま誰」状態のゾムの姿が写っている。 そのおかげで彼の綺麗な翠色の目もしっかりと見えるようになった……まぁ、今はめっちゃ怒りに燃えてるけど。 いつまで経ってもゾムの目から禍々しいマグマの熱が消えないので、 「でもさぁ、我ながら上手くいったと思うんやけど!?」 と、ゾムに指を突き立ててビシッと言うと反論しようとしたゾムが口を開く前に、 「せやで!めっちゃええやん!ゾム!!! 似合ってるやん!いーーなぁ俺もサッパリさせて欲しいわ!」 「なんていうか…ゾム、普通にかっこええわ」 「うん。 こんな髪型一つで変わるもんなん?そうしたら俺も不人気から解放…」 「されへんな!ハハハッ!!! 」 「うっせえぞシッマ!! あと大先生キモイ!」 「なんでっ?! 今俺なんか気持ち悪いって言われるシーンあった?!! 」 と内ゲバをさっそく開幕しそうな3人がゾムよりも先に口を挟んだが、それでも彼らの褒め言葉はお世辞でもなんでもなく純粋なものだった為、ゾムは開いた口を渋々閉じて、そして…… 右手をポケットに突っ込んだ。 「……ねぇゾム、照れてんの?」 彼の〝照れた時の〟癖に気がついて、ニヨニヨと笑いながら指摘してみせれば、 「て、照れてへんわっ!!! 」 と、自分の癖を自覚していないゾムはオスマンの指摘に明らかに動揺したが、装えていない平然を装いスタスタと部屋を出ていった。 しかし悔しかったのか、扉が閉まって直ぐ向こうから、 「あーーもう決めたわ、もうオスマンにクッキー焼いてやらんからな!」 というゾムの声。 もちろん、その言葉に彼が黙っている訳もなく、 「ええーっ!!!! それはっ…それはないでゾム〜!!! あ、ちょっ待ってよゾムぅ〜ねぇーゾムぅ〜」 言葉の攻撃では負け無しのオスマンも、どうしても甘い物には勝てない。 もちろんゾムはそれを知っていて、ニヨニヨと面白がっている。 お互いがお互いをよく知っていて、お互いに面白がっている。 似通った色ゆえの似通った性格なのか……いや、それよりも今重要な事は、ゾムにクッキーをこれからも作ってもらうこと。 「待ってぇーー!ゾムゥー 泣 」 長い廊下を「鮮やかな緑」を「深い緑」が追いかけていった。 残された3人の空間。 どうしても一つ気になることがある。 「……ねぇ、俺ゾムがクッキー作ってるの見たことないんやけど。 」 すると二人はきょとんとした顔で、 「え?そうなん?あいつのめっちゃ美味いで!!! もう、サッッッックサク!」 「っていうか、結構…ほぼ毎週作ってるよなゾム。 」 「「ゾムゥゥウウウウウウウ 俺にも クッキー作ったってぇえええええ…!!!! 」」 廊下に深緑に加えて、もう1つ「色」が重なった。

次の