はなさ か じいさん。 花咲か爺

『はなさかじいさん』の教訓は?あらすじや読み聞かせにおすすめの絵本も紹介

はなさ か じいさん

花咲かじじい 花咲かじじい 楠山正雄 一 むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがありました。 正直(しょうじき)な、人のいいおじいさんとおばあさんどうしでしたけれど、子どもがないので、飼犬(かいいぬ)の白(しろ)を、ほんとうの子どものようにかわいがっていました。 白も、おじいさんとおばあさんに、それはよくなついていました。 すると、おとなりにも、おじいさんとおばあさんがありました。 このほうは、いけない、欲(よく)ばりのおじいさんとおばあさんでした。 ですから、おとなりの白をにくらしがって、きたならしがって、いつもいじのわるいことばかりしていました。 ある日、正直おじいさんが、いつものようにくわ[#「くわ」に傍点]をかついで、畑をほりかえしていますと、白も一緒(いっしょ)についてきて、そこらをくんくんかぎまわっていましたが、ふと、おじいさんのすそをくわえて、畑のすみの、大きなえのきの木の下までつれて行って、前足で土をかき立てながら、 「ここほれ、ワン、ワン。 ここほれ、ワン、ワン」 となきました。 「なんだな、なんだな」 と、おじいさんはいいながら、くわ[#「くわ」に傍点]を入れてみますと、かちりと音がして、穴のそこできらきら光るものがありました。 ずんずんほって行くと、小判(こばん)がたくさん、出てきました。 おじいさんはびっくりして、大きな声でおばあさんをよびたてて、えんやら、えんやら、小判をうちのなかへはこび込みました。 正直(しょうじき)なおじいさんとおばあさんは、きゅうにお金持ちになりました。 二 すると、おとなりの欲(よく)ばりおじいさんが、それをきいてたいへんうらやましがって、さっそく白(しろ)をかりにきました。 正直おじいさんは、人がいいものですから、うっかり白をかしてやりますと、欲ばりおじいさんは、いやがる白の首(くび)になわをつけて、ぐんぐん、畑のほうへひっぱって行きました。 「おれの畑にも小判がうまっているはずだ。 さあ、どこだ、どこだ」 といいながら、よけいつよくひっぱりますと、白は苦しがって、やたらに、そこらの土をひっかきました。 欲(よく)ばりおじいさんは、 「うん、ここか。 しめたぞ、しめたぞ」 といいながら、ほりはじめましたが、ほっても、ほっても出てくるものは、石ころやかわらのかけらばかりでした。 それでもかまわず、やたらにほって行きますと、ぷんとくさいにおいがして、きたないものが、うじゃうじゃ、出てきました。 欲ばりおじいさんは、「くさい」とさけんで、鼻(はな)をおさえました。 そうして、腹立(はらだ)ちまぎれに、いきなりくわ[#「くわ」に傍点]をふり上げて、白(しろ)のあたまから打ちおろしますと、かわいそうに、白はひと声(こえ)、「きゃん」とないたなり、死んでしまいました。 正直(しょうじき)おじいさんとおばあさんは、あとでどんなにかなしがったでしょう。 けれども死んでしまったものはしかたがありませんから、涙(なみだ)をこぼしながら、白の死骸(しがい)を引きとって、お庭のすみに穴をほって、ていねいにうずめてやって、お墓(はか)の代(かわ)りにちいさいまつの木を一本、その上にうえました。 するとそのまつが、みるみるそだって行って、やがてりっぱな大木(たいぼく)になりました。 「これは白の形見(かたみ)だ」 こうおじいさんはいって、そのまつを切って、うす[#「うす」に傍点]をこしらえました。 そうして、 「白(しろ)はおもちがすきだったから」 といって、うす[#「うす」に傍点]のなかにお米を入れて、おばあさんとふたりで、 「ぺんたらこっこ、ぺんたらこっこ」 と、つきはじめますと、ふしぎなことには、いくらついてもついても、あとからあとから、お米がふえて、みるみるうす[#「うす」に傍点]にあふれて、そとにこぼれ出して、やがて、台所(だいどころ)いっぱいお米になってしまいました。 三 するとこんども、おとなりの欲(よく)ばりおじいさんとおばあさんがそれを知ってうらやましがって、またずうずうしくうす[#「うす」に傍点]をかりにきました。 人のいいおじいさんとおばあさんは、こんどもうっかりうす[#「うす」に傍点]をかしてやりました。 うす[#「うす」に傍点]をかりるとさっそく、欲ばりおじいさんは、うす[#「うす」に傍点]のなかにお米を入れて、おばあさんをあいてに、 「ぺんたらこっこ、ぺんたらこっこ」 と、つきはじめましたが、どうしてお米がわき出すどころか、こんどもぷんといやなにおいがして、なかからうじゃうじゃ、きたないものが出てきて、うす[#「うす」に傍点]にあふれて、そとにこぼれ出して、やがて、台所(だいどころ)いっぱい、きたないものだらけになりました。 欲(よく)ばりおじいさんは、またかんしゃくをおこして、うす[#「うす」に傍点]をたたきこわして、薪(まき)にしてもしてしまいました。 正直(しょうじき)おじいさんは、うす[#「うす」に傍点]を返してもらいに行きますと、灰になっていましたから、びっくりしました。 でも、もしてしまったものはしかたがありませんから、がっかりしながら、ざるのなかに、のこった灰をかきあつめて、しおしおうちへ帰りました。 「おばあさん、白(しろ)のまつの木が、灰になってしまったよ」 こういっておじいさんは、お庭のすみの白のお墓(はか)のところまで、灰をかかえて行ってまきますと、どこからか、すうすうあたたかい風が吹いてきて、ぱっと、灰をお庭いっぱいに吹きちらしました。 するとどうでしょう、そこらに枯れ木のまま立っていたうめの木や、さくらの木が、灰をかぶると、みるみるそれが花になって、よそはまだ冬のさなかなのに、おじいさんのお庭ばかりは、すっかり春げしきになってしまいました。 おじいさんは、手をたたいてよろこびました。 「これはおもしろい。 ついでに、いっそ、ほうぼうの木に花を咲かせてやりましょう」 そこで、おじいさんは、ざるにのこった灰をかかえて、 「花咲かじじい、花咲かじじい、日本一の花咲かじじい、枯れ木に花を咲かせましょう」 と、往来(おうらい)をよんであるきました。 すると、むこうから殿(との)さまが、馬にのって、おおぜい家来(けらい)をつれて、狩(かり)から帰ってきました。 殿さまは、おじいさんをよんで、 「ほう、めずらしいじじいだ。 ではそこのさくらの枯れ木に、花を咲かせて見せよ」 といいつけました。 おじいさんは、さっそくざるをかかえて、さくらの木に上がって、 「金のさくら、さらさら。 銀のさくら、さらさら」 といいながら、灰をつかんでふりまきますと、みるみる花が咲き出して、やがていちめん、さくらの花ざかりになりました。 殿さまはびっくりして、 「これはみごとだ。 これはふしぎだ」 といって、おじいさんをほめて、たくさんにごほうびをくださいました。 するとまた、おとなりの欲(よく)ばりおじいさんが、それをきいて、うらやましがって、のこっている灰をかきあつめてざるに入れて、正直(しょうじき)おじいさんのまねをして、 「花咲かじじい、花咲かじじい、日本一の花咲かじじい、枯れ木に花を咲かせましょう」 と、往来(おうらい)をどなってあるきました。 するとこんども、殿(との)さまがとおりかかって、 「こないだの花咲かじじいがきたな。 また花を咲かせて見せよ」 といいました。 欲(よく)ばりおじいさんは、とくいらしい顔をしながら、灰を入れたざるをかかえて、さくらの木に上がって、おなじように、 「金のさくら、さらさら。 銀のさくら、さらさら」 ととなえながら、やたらに灰をふりまきましたが、いっこうに花は咲きません。 するうち、どっとひどい風が吹いてきて、灰は遠慮(えんりょ)なしに四方八方(しほうはっぽう)へ、ばらばら、ばらばらちって、殿さまやご家来(けらい)の目や鼻(はな)のなかへはいりました。 そこでもここでも、目をこするやら、くしゃみをするやら、あたまの毛をはらうやら、たいへんなさわぎになりました。 殿さまはたいそうお腹立(はらだ)ちになって、 「にせものの花咲かじじいにちがいない。 ふとどきなやつだ」 といって、欲ばりおじいさんを、しばらせてしまいました。 おじいさんは、「ごめんなさい。 ごめんなさい」といいましたが、とうとうろう[#「ろう」に傍点]屋(や)へつれて行かれました。 底本:「むかし むかし あるところに」童話屋 1996(平成8)年6月24日初版発行 1996(平成8)年7月10日第2刷発行 底本の親本:「日本童話宝玉集(上中下版)」童話春秋社 1948(昭和23)〜1949(昭和24)年発行 入力:鈴木厚司 校正:林 幸雄 ファイル作成:野口英司 2001年12月19日公開 青空文庫作成ファイル: このファイルは、インターネットの図書館、で作られました。 入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

次の

童謡「はなさかじじい」の楽譜や歌詞と歌入りmp3やmidi試聴と無料ダウンロード

はなさ か じいさん

悪辣な隣人への罰 ある山里に心優しい老夫婦と、その隣人に欲張りで乱暴な老夫婦が住んでいた。 優しい夫婦が傷ついた子犬を見つけて飼うことにし、わが子のように大切に育てる。 あるときは畑の土を掘りながら「ここ掘れワンワン」と鳴き始める。 驚いた老人がで畑を掘ったところ、金貨(・)が掘り出され、老夫婦は喜んで近所にも振る舞い物をする。 それをねたんだ隣の老夫婦は、無理やり犬を連れ去り、財宝を探させようと虐待する。 しかし、指し示した場所から出てきたのは、期待はずれのガラクタ(・・欠けた)だったため、隣の老夫婦は激怒して犬を殺害し、飼い主夫婦にも悪態をついた。 わが子同然の犬を失って悲しみにくれる夫婦は、死んだ犬を引き取って庭に墓を作って埋め、雨風から犬の墓を守るため、傍らに木を植えた。 植えられた木は短い年月で大木に成長し、やがて夢に犬が現れてその木を伐り倒してを作るように助言する。 夫婦が助言どおりに臼を作り、それで餅を搗くと、財宝があふれ出た。 それを知った隣の老夫婦は再び難癖をつけて臼を借り受けるが、出てくるのは汚物ばかりだったため、激怒してで臼を打ち割ってにして燃やしてしまう。 優しい老夫婦はを返してもらって大事に供養しようとするが、再び犬が夢に出てきての枯れ木に灰を撒いてほしいと頼む。 その言葉に従ったところ花が満開になり、たまたま通りがかったが感動し、老爺をほめて褒美を与えた(このときの台詞が「枯れ木に花を咲かせましょう」である)。 羨ましく思った隣の老夫婦がまねをするが、花が咲くどころか大名の目に灰が入ってしまい、隣の老夫婦は無礼をとがめられて罰を受ける(捕縛・投獄されるなど)。 バリエーション [ ] (地方などによりバリエーションあり)• 子犬に畑に入られて怒った欲張りな隣人が犬を切ろうとするが、 親切な夫婦の取りなしで飼われる。 近年の絵本・アニメなどでの改変 [ ]• 正直な老夫婦が大名からの褒美を受け取らず、かわりに隣人夫婦(にせ花咲か爺)の非礼の許しを乞い、無欲さに免じて大名が隣の爺をする。 これに感激した夫婦が改心してそれまでの横暴を謝罪するなど、一部変更が加えられる場合もある。 解釈 [ ] 五大のひとつとして江戸時代の赤本等に載せられ広く民間に普及した昔話で隣の爺型と呼ばれる昔話のパターン。 この話の花を咲かせるモチーフは中世末以降、の信仰を背景として民間に普及した「枯れ木に花を」のたとえの形象化であると言われる。 それ以前の型は灰をまいて雁を取る「」にあり、雁取り爺は東北で「」と呼ばれ川上から流れてきた木の根っこから生まれたが狩猟で獲物をもたらすという異常誕生の「小さき子」のモチーフを有し、「花咲爺」の祖型であると民俗学者・は指摘している。 また中国の『』の犬が畑を耕す話との対比からこの話の背後に犬と農耕の重要な関係が見て取れる。 大河ドラマ『』では「花神とは、中国では『花咲爺』のことである」と語られる。 唱歌 [ ] ()「花咲爺」は(34年)に出版された『幼年唱歌 初編 下巻』に収録。 作詞・、作曲・。 全6番の歌詞は一連の内容をなぞっている。 犬の名前は本来はないが、唱歌では「」としている。 に系列で放送された『』(制作)の第6話「ここ掘れワンワンワンサくん」で、「メガネ」(声:)が先祖の話をする時の劇中歌(歌・編曲:)の一部に、この唱歌が使われた。 なおこの劇中歌は、同作第21話「ワンサくんのミュージカル特集」でも流された。 替え歌として、応援団が得点時に歌う「」が知られている。 出典・脚注 [ ] []• 「日本昔話百選」(稲田浩二・稲田和子)など。 デジタル大辞泉【はなさかじじい】• 犬の名前は本来はないが、「シロ」または(本記事の第6項目参照)の影響で「ポチ」と名付ける話もある。 参考文献 [ ]• 昔話・伝説小事典 野村純一他 編著 みずうみ書房刊 200頁。 外部リンク [ ]• 著().

次の

花咲じいさんHACHIMAN

はなさ か じいさん

Once upon a time, there lived an old man and his wife. ふたり は こども が いなかった ので、シロ と いう イヌ を とても かわいがって いました。 Since they did not have any children they lovingly cherished their dog called Shiro. あるひ、シロ が はたけ で ほえました。 One day Shiro was digging in the fields. 「ここほれ ワンワン、ここほれ ワンワン」 "Dig here, woof woof, dig here, woof woof" went Shiro. 「おや? ここを ほれと いっているのか。 よしよし、ほってやろう」 You want me to dig here eh?. Ok, I will start digging" おじいさん が ほってみると、 After digging a while what do you think he found? 「ややっ、これは すごい!」 "Wow, this is amazing! " なんと、じめん の なか から おおばんこばん が ザクザク と でてきたのです。 Out from the ground came a bag bursting with gold coins ,some large and some small. この はなし を きいた、となり の よくばりじいさん が、 But a greedy old man from the next house had heard all of this 「わし も、おおばんこばん を てにいれる。 おめえ の シロ を、わし に かして くれや」 "I would also like to get my hands on some of those gold coins. Lend me your dog for a while " よくばりじいさん は、シロ を むりやり はたけ に つれて いきました。 The greedy old man, then forcibly took Shiro by the scruff of the neck and walked off. そして、いやがる シロ が キャンキャン ないた ところ を ほって みると、くさい ゴミ が たくさん でてきました。 Whimpering, Shiro unwillingly dug at the ground and revealed what seemed to be a lot of bad smelling rubbish. 「この やくたたず の イヌめ!」 "Bah, what a useless dog you are! " おこった よくばりじいさん は、なんと、シロ を なぐりころして しまったのです。 And with that, the greedy old man proceeded to beat poor Shiro to death. シロ を ころされた おじいさん と おばあさん は、なくなく シロ を はたけ に うめて やると、ぼう を たてて おはか を つくりました。 When the old man and his wife found Shiro, they cried and cried. They then buried Shiro in the field and put a stick in the ground as a grave for him. つぎのひ、おじいさん と おばあさん が シロ の おはかまいり に はたけ へ いってみると、シロ の おはか の ぼう が ひとばん の うち に たいぼく に なっていたのです。 When the old man and his wife went to the field the next day to pray at Shiro's grave, they were astonished to find that the stick they had put in the ground had turned into a giant tree overnight. おじいさん と おばあさん は、その き で うす を つくって、おもち を つきました。 So the old man and his wife made a mortar from the tree trunk and pounded rice for rice cakes. すると ふしぎなこと に、もち の なか から たからもの が たくさん でてきました。 But then a strange thing happened. From out of the rice cakes came all sorts of treasures and such. それ を きいた、よくばりじいさん は、 The greedy old man had been listening nearby again. 「わし も、もち を ついて たから を て に いれる。 おめえ の うす を、わし に かして くれや」 "I also wish to pound some rice and receive treasures like you. Lend me your mortar now. " と、うす を むりやり かりる と、じぶん の いえ で もち を ついて みました。 The greedy old man then snatched up the mortar and took it home to make rice cakes with. しかし でてくる のは いしころ ばかり で、たからもの は でてきません。 But no matter how hard he tried, all he got from there mortar were rocks and stones. 「いまいましい うすめ!」 "What a useless mortar you are! " おこった よくばりじいさん は うす を オノ で たたきわる と、やいて はい に してしまいました。 The greedy old man then picked up his axe and split the mortar in two, and burnt it ,until all that was left was ash. たいせつな うす を やかれた おじいさん は、せめて はい だけ でも と、うす を やいた はい を ザル に いれて もちかえろう と しました。 The old man who's mortar had been burnt to ash, took the ash home with him in a basket. そのとき、はい が かぜ に とばされて、かれき に フワリ と かかりました。 But a strong wind blew up and sent the ash flying and presently it landed on a dead tree. すると、どうでしょう。 Then, what do you think happened? はい の かかった かれき に、まんかい の はな が さいた の です。 The dead tree suddenly burst out in full bloom and came back to life. おじいさん は、うれしくなって。 The old man became very cheerful once more. 「かれき に はな を さかせましょう。 パアーッ」 "I will make the whole tree bloom again, there you go. と、いいながら つぎつぎ に はい を まいて、かれき に うつくしい はな を さかせました。 The old man then continued to throw ash all over the tree and flowers bloomed in every place. ちょうど そこへ、おしろ の おとのさま が とおりかかりました。 At precisely that time, the lord of a local castle was riding by. 「ほう、これは みごとじゃ」 "Wow, this is a remarkable thing- " おとのさま は たいそう よろこんで、おじいさん に たくさん の ほうび を あげました。 The lord was so pleased with what he saw, that he presently showered the old man with gifts of all sorts. それを みていた よくばりじいさん が、 But, the greedy old man had been watching again. 「おい、わし も はな を さかせて ほうび を もらう。 その はい を、わし に よこせ!」 "Hey, I will also make the flowers bloom and receive presents for sure. Hand over that ash to me! " むりやり に はい を とりあげる と、おとのさま に いいました。 He then grabbed the ash from the old man and spoke out to the lord. 「とのさま、この はい は わし の もの です。 "Lord, this is my ash. わし が かれき に はな を さかせます から、わしにも ほうび を ください。 I will make this dead tree bloom once more, so please reward me for it. バァーッ!」 Fly ash! よくばりじいさん は とのさま の まえ で たくさん はな を さかせよう と、はい を いっせい に まきました。 The greedy old man tried to make the flowers bloom, threw all the ash up in the air at one go and straight into the face of the lord. すると はい が おとのさま の め に はいって、よくばりじいさん は おとのさま の けらい に さんざん なぐられた と いうことです。 おしまい The end One point of advice: One good turn leads to another. One bad deed after another leads to tragedy. 福娘のサイト 366日への旅 福娘童話集 子どもの病気相談所 世界60秒巡り.

次の