秋田 スタジアム。 これから出来る!全国のサッカー新スタジアム構想

J3優勝の秋田にスタジアムを「早く」18万人署名

秋田 スタジアム

サッカーJ3で初優勝したブラウブリッツ(BB)秋田だが、J2昇格の条件となる新スタジアム整備の行方が見えない。 秋田経済同友会(秋田市)は国際会議やコンサートも開ける大型の多機能施設を提案。 ただ100億円以上という建設費の財源や運営主体に関する議論は進まず、国などの支援を当てにした「ハコモノ造り」を想定しているふしがある。 人口減少の進む秋田で維持できる施設は造れるのか。 (藤沢志穂子) 有識者らによる県の「スタジアム整備のあり方検討委員会」が9日にまとめた最終報告は秋田市の市街地に建設、行政主導で建設計画を進め、運営では民間の資金・運営能力も活用すべきだとした。 BB秋田の岩瀬浩介社長は「(効率性など)数字だけでは計れない効果がスタジアムにはある。 存在が街の誇りになるようにしたい」と期待、6月までにJ2ライセンス取得をJリーグに申請する意向だ。 現在の本拠地「あきぎんスタジアム」(秋田市)の収容人数は約5千人。 そのため新スタジアムは秋田市の八橋地区や秋田大学周辺の建設を想定、工事中は、秋田市の八橋陸上競技場を改修して使用する方向が固まりつつある。 スタジアムは本場の欧州で、サッカーをエンターテインメントと考え、街のランドマークとして「観(み)る」「魅せる」を重視。 地域の企業間をつなぐビジネス拠点かつ多機能複合施設として利益を生み、地域の防災拠点ともなる考え方が定着してきた。 では秋田に合った施設とは何か。 秋田経済同友会は昨年12月、スタジアムを覆う可動式の屋根付き4階建て、建築面積が約2万2千平方メートル、観客席が最大1万5千席とJ1基準も満たす大型施設案を提案した。 イベント開催に加え防災やスポーツの拠点とする。 経済波及効果は建設費110億円を含め170億円、年間20億円の経済効果を見込んでいる。 ただこの試算は、サッカー1試合当たりの観客動員数を5千人と、直近の実績の倍以上に見積もるなど「見通しが甘い」との見方がある。 スタンド部分の屋根付きで建設面積は約2万2千平方メートル、観客席数は約1万5千席。 建設費の約100億円はスポーツ振興くじ(toto)の助成で30億円、残る70億円を市債でそれぞれ賄った。 北九州市の人口は約96万人と秋田県全体に匹敵。 スタジアムはJR小倉駅から徒歩7分と交通至便な場所にある。 それでも運営は「楽ではない」(市スポーツ振興課)。 ギラヴァンツの観客動員は、年間16試合で約9万6千人と「目標は上回った」(広報)が成績は9位と不振だった。 各種イベントを含む入場者数は12月末時点で18万6千人。 1月までの年間目標は21万人と、達成は厳しい。 市は年間1億5千万円の維持費を拠出、チームにも同6千万円を支援するが、北橋健治市長は見直しも示唆している。 一方、J2のモンテディオ山形(山形県天童市)は昨年9月、新スタジアムの整備に向け建設・運営の主体となる新会社を設立した。 地元紙やコンサルティング会社6社、山形銀行など3銀行が出資し4月に基本計画の策定に着手、2年後の9月に建設場所の決定を目指す。 山形市と天童市が誘致に前向きという。 秋田の現時点の検討は、山形のような経済界の協力体制や運営主体などの点で具体性に欠け、当初から公的支援を前提としているふしがある。 具体化は近く発足する県の別の検討組織に委ねられるが、大都市圏の北九州市ですら苦戦する運営が、人口減少の秋田で成功するのか。 佐竹敬久知事は「身の丈のものが望ましい」と話すものの、10年、20年後も運営を維持できる施設のあり方を、改めて考えていく必要がある。

次の

施設案内 あきぎんスタジアム(球技場)|秋田市公式サイト

秋田 スタジアム

サッカーJ3・ブラウブリッツ秋田(BB秋田)の本拠地となる新スタジアムの整備を巡り、秋田市の穂積志市長は、外旭川地区が「有力な候補地の一つ」との考えを初めて示した。 従来候補地とされていた市営八橋運動公園、秋田プライウッド本社(川尻)、秋田大学(手形)の3カ所については「課題を抱え困難だ」と述べ、整備の可能性を否定した。 今後、スタジアムの候補地選定は外旭川地区を中心に進む可能性がある。 スタジアムが必要かどうかも含め、施設の整備費や維持費、まちづくりとの関連など、多様な視点から議論を深めていくことが求められる。 3候補地のうち、県は八橋運動公園を有力視していた。 穂積市長は、建設地として想定される現在の第2球技場と健康広場が使えなくなり、利用者の理解が得られないなどと指摘した。 第4の候補地として浮上してきた外旭川地区は、JR奥羽線の新駅が2021年春に開業する。 流通大手イオンのグループ会社イオンタウン(千葉市)による大規模複合商業施設の出店構想もある。 地域住民や秋田市議の中には新駅と大規模商業施設、新スタジアムを連動させて地区のまちづくりを進めることを求める動きがある。 穂積市長の発言はこうした動きに応えたものともみられる。 20年度に次期総合計画と総合都市計画を策定するとし、策定過程で外旭川への整備を検討するという。 市はこれまでまちづくりの基本方針である「コンパクトシティー」とは相いれないとして、イオンの進出に消極的な姿勢を示してきた。 外旭川を新スタジアムの候補地とすることで方針を転換するのか、発言の真意が問われる。 本県は人口減、少子高齢化が加速し、自治体財政は厳しさを増している。 新スタジアムの整備費は100億円と見積もられている。 整備を望む声は多いが、必要性を疑問視する声も根強いのが現状だ。 スタジアムを整備するとしても、単に試合を行うだけの施設にしてはならない。 多額の維持費に見合った収益を上げる必要がある。 コンサートなど各種のイベント開催が期待される。 欧州にはショッピングモールやホテル、映画館などを併設することで収益を上げているスタジアムもある。 成功事例を参考にしながらも、コンパクトシティーとの整合性を図り、市全体のまちづくりに配慮した議論を進めてほしい。 BB秋田は17年、J3で優勝し、J2昇格への期待が高まったことから新スタジアム整備の機運が盛り上がった。 だが一昨年と昨年は共に8位に終わった。 J3全体のレベルが上がっているとはいえ、J2昇格の可能性が低くてはスタジアム整備への市民、県民の理解を得るのは難しい。 今後の奮起なしに、整備構想は前に進まない。

次の

これから出来る!全国のサッカー新スタジアム構想

秋田 スタジアム

秋田駅よりバスでお越しのお客様 JR秋田新幹線、奥羽本線、羽越本線、男鹿線「秋田駅」西口より秋田中央交通バスで約10分。 バス時間の詳細は、• 車でお越しのお客様 秋田中央ICより約20分。 駐車場について会場近隣駐車場をご利用ください。 歩道部分が大変狭くなっておりますので道路周辺の歩行は十分お気をつけください。 道路への飛び出しは絶対にお止めください。 周辺住宅との距離が狭いため、迷惑となる行為は絶対にお止めください。 周辺施設や店舗への駐車は絶対にお止めください。 横断幕掲出および大旗使用について 横断幕事前掲出時間 キックオフ180分前~150分前の間にて掲出作業をお願いいたします。 なお、両ゴール裏(バックスタンド以外)は、事前掲出時間以外の掲出はできません。 開門後の掲出をお願いいたします(バックスタンド側は11時までとなります)。 横断幕掲出について• ホームチーム、アウェイチームともに指定されたエリアに掲出お願いいたします。 横断幕事前掲出時間の厳守にご協力お願いいたします。 横断幕事前掲出時間に作業が終了しなかった場合でも一旦退場していただきます。 誹謗中傷、人種差別と受け取れる横断幕の掲出はお止めください。 誹謗中傷、人種差別と受け取れる横断幕の掲出が確認出来た場合、強制撤去させていただきます。 会場備品の無断使用は絶対にお止めください。 重り等は各自でご用意いただけますようお願いいたします。 横断幕事前掲出時間は変更となる場合があります。 予めご了承ください。 強風等で横断幕が飛ぶ可能性がある場合はクラブの判断で撤去させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 横断幕・大旗はスポンサー看板にかからないようにしてください。 水色:ホーム掲出エリア、赤:アウェイ掲出エリア、黄:大旗使用可能エリア ホーム自由席側 アウェイ自由席側.

次の