メルペイ ポイント 還元。 メルペイの仕組みやメリットデメリット!使い方やポイント還元の事も解説|資産運用や財テクを知って生活を豊かにする山斗のブログ

【メルペイ】初「メルカリでスマート払い」1品2,000円以上購入でP1,000還元キャンペーン

メルペイ ポイント 還元

ここでは、メルペイのポイント還元制度について詳しくお伝えしていきます。 1-1.ポイント還元期間は9ヶ月間のみ 対象期間は2019年10月1日から 2020年6月末までの9ヶ月となります。 1-2.メルペイを使って支払いを行うだけ! ポイント還元制度を受けるには、特に事前登録や手続きは必要ありません。 なおメルペイには次の3つの支払方法があります。 ・メルペイ残高からiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイポイントを利用してiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイあと払いでiD決済・バーコード払いを行う これらすべてがポイント還元制度に対応しています。 ただし、メルカリでメルペイを利用したり、通販サイトSHOPLIST(ショップリスト)等で 「かんたんネット決済」を行う方法には対応していません。 ただしメルペイの場合、還元される ポイントの有効期限は90日と短いのでご注意下さい。 1-4.還元対象の店舗|コンビニ等 ポイント還元制度に対応する店舗は、全国に約51万ヶ所が存在します。 上画像のようなマークが表記された店舗であればポイント還元制度に対応しており、特にコンビニの場合ほとんど対応しております。 ただし、上記店舗すべてメルペイが利用できるわけではありません。 あくまで電子マネー「iD」やメルペイコードに対応している必要があります。 詳しくは公式サイトの「メルペイが使えるお店」のページよりご確認ください。 そのため、メルペイ対象店舗であれば、このメルペイポイントを再利用して支払いを行うことが可能です。 また、メルカリでの買い物にも利用できます。 1-6.ポイント還元はいつ?タイミングと上限 ポイント還元のタイミングについてですが、 支払方法によって付与されるタイミングが異なります。 2.メルペイポイントの使い方とよくある疑問 メルペイは一般的なスマホ決済サービスに比べてポイント制度の仕組みが少し異なるため、「メルペイポイントは分かりにくい」という声が多かったのも事実です。 そこで、この章では、メルペイポイントの使い方や基礎知識について詳しくお伝えします。 せっかくのポイント還元制度をムダにしないよう、しっかりとメルペイポイントを理解していきましょう。 2-1.メルペイポイントとは|コード払い・ID払い両方利用可能 メルペイポイントとは、メルペイの対象店舗やメルカリで商品・サービスを購入するときに使えるポイントのことです。 獲得したポイントは、イオンやセブンイレブン、吉野家など、メルペイ払いまたはiD払いに対応した店舗で再利用することができます(1ポイント=1円)。 2019年10月現在で利用できるコンビニは下記の通りです。 ただし、おサイフケータイ機能が付いていないスマホの場合、id払いができないため、結果的にファミリーマート等では利用できないのでご注意下さい。 ・セブンイレブン ・ローソン ・ミニストップ ・ファミリーマート(id払いのみ) ・セイコーマート(id払いのみ) ・ポプラ(id払いのみ) ・デイリーヤマザキ(id払いのみ) 2-2.ポイント支払いをする方法と注意点|決済の優先順位 メルペイでは「メルペイ残高」を使って商品を購入します。 メルペイ残高とは、メルペイにチャージしたお金のことでポイントとは異なります。 たとえば、メルペイポイントが500ポイント、メルペイ残高が600円残っていたとしましょう。 この時点で1,000円分の商品を購入した場合、まず メルペイポイントから先に消化され、その後にメルペイ残高で支払う流れとなります。 そのため、ここでは、決済後にメルペイ残高が100円だけ残るイメージです。 ポイントを使わないという選択肢は今の所存在しません。 では、1,200円の商品を買った場合はどうなるのでしょうか。 この場合、ポイントとメルペイ残高を合わせて1,100円分の残金しかないため、購入代金には100円足りません。 この場合は 決済は不可となります。 現金で不足分の100円を追加で支払うこともできません。 そのため、ポイントとメルペイ残高は、商品を購入できるだけの金額を用意しておく必要があります。 その意味では、d払いやPayPayなど、他社のスマホ決済サービスとは仕組みが異なるといえるでしょう(他社は支払いするだけでポイントが貯まる)。 ただ定期的に 「ポイント獲得キャンペーン」をメルペイは実施しています。 しかし時期によってはキャンペーンが行われていないこともあるため、2020年6月までは、先ほどお伝えしたポイント還元制度を中心にメルペイポイントを貯めることになるでしょう。 また各キャンペーンで上限・付与時期が定められている場合が多いので必ず公式サイトでチェックしてください。

次の

メルペイの支払い方法・還元率・還元時期・使えるお店について

メルペイ ポイント 還元

メルペイはメルカリの売上金やポイントを、通常の店舗(コンビニ、ファーストフード、スーパーマーケット、ファミレスなど多数)で日常的な買い物の購入に使えるというサービスです。 (売上金がない場合は銀行からチャージして、メルペイで使うこともできます。 ) 最近流行りのペイペイなどはバーコード決済ですが、メルペイの場合は「iD決済」を利用します。 (メルペイはバーコード決済も利用できます) 「iD決済」はバーコードをお店の人に見せるわけではなく、決済端末にスマホを近づけて決済するという方法になります。 メリット・デメリットなどは次の項目で詳しく見ていきましょう。 メルペイが使える店舗は? (出典:) コンビニだとセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラなどで利用できます。 その他かなり多くのお店で使えます。 上の画像に載っているのはごく一部なので詳しくは以下で確認してみてください。 (出典:) このようなiDマークやメルペイマークのある店舗で利用可能です。 メルペイの4つのメリット メリット1:メルカリの売り上げを利用できる メルカリで何かを売った時の売り上げ金はメルカリ内にストックされますが、これを銀行に振り込みしようとすると手数料がかかってしまいます。 知っていると知らないでは大きな差ですね。 個人的にメルペイの一番大きなメリットは現状ではこれかなと思います。 メリット3:使える店舗が多い 各スマホ決済サービスは利用できる店舗の拡大というところに課題があります。 サービスが乱立し、利権などの問題で使える店舗が少ないサービスが多いわけですね。 でもメルペイはバーコード決済だけでなく、「iD決済」も利用できます。 (出典:) この「iD」のマークを見たことがある人は多いでしょう。 iDはすでにかなり広まっていて、利用できる店舗数が多いわけです。 セブンイレブンで利用できるスマホ決済サービスは少ないですが、iDなら利用できます。 2019年3月時点で135万個所以上で使用できるので、多いのが分かると思います。 また更に LINE PAYとも提携して、お互いの利用店舗を使えるようにすると発表がありました。 実現するとかなりの範囲で使えるようになると思います。 便利になる一方でお店側の負担は大きいんですね。 でもメルペイは決済料金の1. (利用者側の手数料は無料です。 ) ですので お店としても導入しやすく、利用店舗が広がる可能性が高いと思います。 また「iD」だけでなく、バーコード(QRコード)決済にも対応しているので、小さなお店でも導入しやすくなっています。 メルペイのデメリット デメリット1:Apple Payかおサイフケータイの機能がないとiDを使えない メルペイにはバーコード決済とiD決済が用意されていますが、 iD決済の方はApple Payかおサイフケータイの機能がないスマホでは使えないんですね。 iD決済の店舗数が多いので、iDは使いたいところです。 iPhoneの場合、対応しているのはiPhone7以降になります。 (iPhone6もApple Pay対応ですが、日本と規格が違うので利用できない) Androidの場合は自分のケータイにおサイフケータイの機能がついているのか確認しておきましょう。 デメリット2:ポイント還元がない 例えばペイペイや楽天ペイなどは、それを使って決済したときに0. でも メルペイにはポイント還元はないんですよね。 メルペイは売上金を一度ポイントに変換してからメルペイで使用することになります。 またキャンペーンや友達紹介などでもポイントをもらえます。 そのため、メルペイ内にはポイントが存在していますが、 これはポイント還元とはまた別のものというわけです。 これがメルペイの一番残念な点かなと思います。 メルペイをお得に使いたいならクーポンをうまく利用することになりそうですね。 メルペイの使い方 古いバージョンのメルカリを使っている場合はメルペイは使えませんが、最新版にアップデートすると使えるようになります。 始めに設定が必要なのでまだ設定していない人は以下の記事を参考にして設定を済ませておきましょう。 iD決済の場合の使い方 「iD」マークのあるお店ではこちらの使い方になります。 支払いのタイミングで、お店の人に「 iDで」と伝えてください。 「メルペイで」ではダメなので注意してくださいね。 Androidの人はおサイフケータイに「メルカリ(iD決済)」が追加されていると思いますので、普通におサイフケータイとして使えばOKです。 それで決済が完了します。 iPhoneの人はひと手間かかりますが、それでも簡単ですね。 Touch IDもFace IDも必要なく、iPhoneを立ち上げなくても同様の決済ができるのはSuica モバイルSuica しかありません。 それ以外の場合は、必ずTouch IDもFace IDの認証が必要になるので、一度iPhoneを立ち上げる必要があります。 メルペイも上記のようにiPhoneを立ち上げる必要があります。 レジの支払いのタイミングで「 メルペイで」と伝えましょう。 するとこのようにバーコードとQRコードが表示されます。 これをお店の人に見せて、バーコードリーダーで読み取ってもらったら決済が完了します。 iD決済の方が圧倒的に店舗数が多いですが、小さめのお店の場合はコード払いもあります。 いずれにせよ簡単に使えますね。 (このスマホでは0円になっていますが、売上金があるときにはここに金額が表示されます) でもこの状態ではメルペイでは利用できないんです。 変換の手数料は無料です。 ちなみにですが、銀行口座をメルペイに登録すれば、この面倒な作業をする必要がなくなります。 銀行口座を登録してメルペイにチャージする方法 これは少し長くなるので以下の記事にまとめました。 まとめ メルペイを利用する価値のある人は以下のような人です。

次の

メルペイのポイントの使用方法|支払い方は?チャージできる?有効期限は?

メルペイ ポイント 還元

ここでは、メルペイのポイント還元制度について詳しくお伝えしていきます。 1-1.ポイント還元期間は9ヶ月間のみ 対象期間は2019年10月1日から 2020年6月末までの9ヶ月となります。 1-2.メルペイを使って支払いを行うだけ! ポイント還元制度を受けるには、特に事前登録や手続きは必要ありません。 なおメルペイには次の3つの支払方法があります。 ・メルペイ残高からiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイポイントを利用してiD決済・バーコード払いを行う ・メルペイあと払いでiD決済・バーコード払いを行う これらすべてがポイント還元制度に対応しています。 ただし、メルカリでメルペイを利用したり、通販サイトSHOPLIST(ショップリスト)等で 「かんたんネット決済」を行う方法には対応していません。 ただしメルペイの場合、還元される ポイントの有効期限は90日と短いのでご注意下さい。 1-4.還元対象の店舗|コンビニ等 ポイント還元制度に対応する店舗は、全国に約51万ヶ所が存在します。 上画像のようなマークが表記された店舗であればポイント還元制度に対応しており、特にコンビニの場合ほとんど対応しております。 ただし、上記店舗すべてメルペイが利用できるわけではありません。 あくまで電子マネー「iD」やメルペイコードに対応している必要があります。 詳しくは公式サイトの「メルペイが使えるお店」のページよりご確認ください。 そのため、メルペイ対象店舗であれば、このメルペイポイントを再利用して支払いを行うことが可能です。 また、メルカリでの買い物にも利用できます。 1-6.ポイント還元はいつ?タイミングと上限 ポイント還元のタイミングについてですが、 支払方法によって付与されるタイミングが異なります。 2.メルペイポイントの使い方とよくある疑問 メルペイは一般的なスマホ決済サービスに比べてポイント制度の仕組みが少し異なるため、「メルペイポイントは分かりにくい」という声が多かったのも事実です。 そこで、この章では、メルペイポイントの使い方や基礎知識について詳しくお伝えします。 せっかくのポイント還元制度をムダにしないよう、しっかりとメルペイポイントを理解していきましょう。 2-1.メルペイポイントとは|コード払い・ID払い両方利用可能 メルペイポイントとは、メルペイの対象店舗やメルカリで商品・サービスを購入するときに使えるポイントのことです。 獲得したポイントは、イオンやセブンイレブン、吉野家など、メルペイ払いまたはiD払いに対応した店舗で再利用することができます(1ポイント=1円)。 2019年10月現在で利用できるコンビニは下記の通りです。 ただし、おサイフケータイ機能が付いていないスマホの場合、id払いができないため、結果的にファミリーマート等では利用できないのでご注意下さい。 ・セブンイレブン ・ローソン ・ミニストップ ・ファミリーマート(id払いのみ) ・セイコーマート(id払いのみ) ・ポプラ(id払いのみ) ・デイリーヤマザキ(id払いのみ) 2-2.ポイント支払いをする方法と注意点|決済の優先順位 メルペイでは「メルペイ残高」を使って商品を購入します。 メルペイ残高とは、メルペイにチャージしたお金のことでポイントとは異なります。 たとえば、メルペイポイントが500ポイント、メルペイ残高が600円残っていたとしましょう。 この時点で1,000円分の商品を購入した場合、まず メルペイポイントから先に消化され、その後にメルペイ残高で支払う流れとなります。 そのため、ここでは、決済後にメルペイ残高が100円だけ残るイメージです。 ポイントを使わないという選択肢は今の所存在しません。 では、1,200円の商品を買った場合はどうなるのでしょうか。 この場合、ポイントとメルペイ残高を合わせて1,100円分の残金しかないため、購入代金には100円足りません。 この場合は 決済は不可となります。 現金で不足分の100円を追加で支払うこともできません。 そのため、ポイントとメルペイ残高は、商品を購入できるだけの金額を用意しておく必要があります。 その意味では、d払いやPayPayなど、他社のスマホ決済サービスとは仕組みが異なるといえるでしょう(他社は支払いするだけでポイントが貯まる)。 ただ定期的に 「ポイント獲得キャンペーン」をメルペイは実施しています。 しかし時期によってはキャンペーンが行われていないこともあるため、2020年6月までは、先ほどお伝えしたポイント還元制度を中心にメルペイポイントを貯めることになるでしょう。 また各キャンペーンで上限・付与時期が定められている場合が多いので必ず公式サイトでチェックしてください。

次の