ノルウェージャンフォレストキャット。 メインクーンとノルウェージャンの違いとは?どっちが飼いやすい?

ノルウェージャンは鳴くの?鳴かないの?その鳴き声を解説します

ノルウェージャンフォレストキャット

性格 ノルウェージャンフォレストキャットは、少し臆病なところもありますが、大きな体に似合わずおとなしく甘えん坊な性格です。 穏やかで辛抱強く、優しい性格をしていますが、機敏な動きを見せることもあります。 長毛猫にしては動きが活発なところがあり、特に子猫の頃は遊ぶことが大好きなので、おとなしくしてはいません。 成猫になっても、屋外での木登りが好きだったり、キャットタワーの最も高いところを独占しようとしたりします。 人やほかの猫とのコミュニケーションが好きで、飼い主のことを信頼する性格です。 日常のお世話 長毛種のノルウェージャンフォレストキャット。 毛玉ができやすい被毛なので、毎日ブラッシングやコーミングを行って、抜け毛を取り除くようにしてください。 毛玉ができると皮膚疾患の原因になってしまうこともあります。 毛玉はすぐに対処するようにしましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットの被毛は、防寒・防水のために皮脂で薄く覆われています。 シャンプーを行わないと、被毛の汚れが落ちにくくなったり、雑菌が繁殖したりして、皮膚炎を引き起こすことがあります。 寒冷地以外では月に1度はシャンプーをするようにしてください。 大きくなってからシャンプーを始めると嫌がることも多くあります。 小さい頃から、ブラッシングやシャンプーなどのお手入れに慣らしておくようにしたほうが良いでしょう。 また、ノルウェージャンフォレストキャット体が大きいぶん、成長スピードがほかの猫よりも遅いです。 十分に成長して成猫になるまで、約3年間かかると言われています。 しっかりと体をつくるためにも、良質でバランスのとれた食事を与えましょう。 成猫になると比較的おとなしいと言われているノルウェージャンフォレストキャットですが、子猫の頃はとても元気で、運動も遊ぶのも大好きです。 キャットタワーを設置して、棚の上は事故防止のために片付けをしておくようにすると良いでしょう。 歴史・起源 ノルウェーで「妖精のような猫」と呼ばれていたこともある、ノルウェージャンフォレストキャット。 北欧の神話に登場する、女神フレイヤの乗ったソリを引いていたという伝説があり、北欧ではよく知られています。 ノルウェージャンフォレストキャットは、4000年前にさかのぼると言われる歴史があると言われますが、起源ははっきりしていません。 1説では、南ヨーロッパに住んでいた短毛の猫スコウガットが祖先と言われています。 一方では、11世紀頃にバイキングがトルコから猫を持ち帰り、それが住み着いたものとも言われています。 冬の寒さの厳しいノルウェーで生き残るのに必要な条件が整っていた猫だけが生き残り、その残った猫たちで選択交配が行われてきたため、長毛でやや大きめの猫になりました。 長い歴史の中で人間の生活に近づき、ネズミ退治のために農場などで飼育されていたことも多かったようです。 1930年代、ノルウェーの愛猫家は、国を代表する猫としてノルウェージャンフォレストキャットの前身と言われるスコウガットを保護、育成する活動を始めました。 しかし、第二次世界大戦で活動は中断。 1970年代までの間にスコウガットは個体数が激減してしまいました。 その後、1975年にノルウェーの繁殖家たちが、初となるノルウェージャンフォレストキャットの猫種クラブを設立。 ここから本格的な繁殖と保存が再開され、1977年にはCFAに猫種として登録されました。 隣国であるスウェーデンでは1978年に、アメリカでは1984年になってようやく登録されています。 気をつけたい病気 肥大型心筋症、糖尿病、皮膚疾患、毛球症、尿路疾患 種類を指定する• すべて選択• MIX(ハーフ) 811• すべて選択• ゴールデン・レトリバー 69• ラブラドール・レトリバー 79• 秋田犬 42• アイリッシュセッター 2• グレートデン 4• コリー 2• サルーキ 1• シェパード 2• シベリアンハスキー 5• スタンダードプードル 12• セントバーナード 15• ニューファンドランド 3• バーニーズマウンテンドッグ 27• ボルゾイ 4• ロットワイラー 2• ワイマラナー 2• すべて選択• 柴犬 397• ウェルシュ・コーギー 64• ビーグル 56• アメリカン・コッカースパニエル 65• アメリカンピットブルテリア 3• イングリッシュコッカースパニエル 9• ウィペット 2• オーストラリアンシェパード 2• 甲斐犬 8• ケリーブルーテリア 1• シェットランドシープドック 46• スピッツ 25• ダルメシアン 1• チャウチャウ 3• バセットハウンド 4• ビアデット・コリー 5• ブルドッグ 2• ベドリントンテリア 1• ボーダーコリー 43• ワイアーフォックス・テリア 9• すべて選択• トイ・プードル 543• ミニチュア・ダックスフンド 177• ミニチュア・ダックスフンド(スムースヘアー) 1• ミニチュア・ダックスフンド(ワイヤーヘアー) 3• チワワ(ロングコート) 646• チワワ(スムースコート) 81• イタリアングレーハウンド 27• ウエストハイランドホワイトテリア 5• カニンヘンダックスフンド 42• キャバリア 22• ケアーンテリア 2• シーズー 180• ジャックラッセルテリア 55• スキッパーキー 1• スコティッシュテリア 2• スタンダードダックス(スムースヘアー) 2• 狆 3• トイマンチェスターテリア 1• パグ 59• パピヨン 102• ビション・フリーゼ 23• フレンチブルドッグ 91• ペキニーズ 54• ボストンテリア 17• ボロニーズ 1• ポメラニアン 217• 豆柴 54• マルチーズ 109• ミニチュア・シュナウザー 94• ミニチュア・ピンシャー 62• ヨークシャーテリア 98• ラサアプソ 2 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない 種類を指定する• すべて選択• スコティッシュフォールド 436• アメリカンショートヘアー 290• マンチカン 278• アビシニアン 18• アメリカンカール 79• エキゾチック・ショートヘアー 22• エキゾチック 36• エジプシャンマウ 16• オシキャット 2• オリエンタルショートヘアー 3• オリエンタルズ 3• キンカロー 8• サイベリアン 134• シャム 29• シャルトリュー 23• シンガプーラ 1• ジェネッタ 6• スクーカム 6• スフィンクス 4• セルカークレックス 20• ソマリ 51• ターキッシュバン 1• チンチラ 5• トイガー 4• トンキニーズ 31• ノルウェージャン・フォレストキャット 289• バーミーズ 4• ヒマラヤン 38• ブリティッシュショートヘアー 232• ベンガル 97• ペルシャ 111• ボンベイ 10• MIX(猫) 22• ミヌエット 105• メインクーン 67• ラガマフィン 109• ラグドール 87• ラパーマ 4• ラムキン 2• ロシアンブルー 128 フリーワード検索 性別• 男の子• 女の子• 選択しない.

次の

みんなの猫図鑑

ノルウェージャンフォレストキャット

スコティッシュフォールド 189• スコティッシュフォールド 折れ耳 109• スコティッシュフォールド 立ち耳 80• マンチカン 148• マンチカン 短足 75• マンチカン 長足 73• ノルウェージャンフォレストキャット 126• メインクーン 116• エキゾチックショートヘア 115• ブリティッシュショートヘア 81• ベンガル 76• ラグドール 69• サイベリアン 60• アメリカンショートヘア 55• ミヌエット 54• ペルシャ 43• ペルシャ チンチラ 41• ロシアンブルー 30• セルカークレックス 30• ミックス・その他の猫種 24• ラパーマ 22• ラガマフィン 22• アビシニアン 12• エジプシャンマウ 10• ソマリ 9• シャルトリュー 7• トンキニーズ 7• ヒマラヤン 6• スフィンクス 6• アメリカンカール 5• キンカロー 5• オシキャット 5• エキゾチックロングヘア 4• ラムキン 3• スコティッシュストレート 3• シンガプーラ 3• トイガー 3• ブリティッシュロングヘア 2• デボンレックス 1• サバンナキャット 1• トイボブ 1• アビシニアン 12• アメリカンカール 5• アメリカンショートヘア 55• アメリカンバーミーズ 0• アメリカンボブテイル 0• アメリカンリングテイル 0• アメリカンワイヤーヘア 0• エキゾチックショートヘア 115• エキゾチックロングヘア 4• エジプシャンマウ 10• エルフキャット 0• オシキャット 5• オホサスレス 0• オリエンタルショートヘア 0• オリエンタルロングヘア 0• カオマニー 0• キムリック 0• キンカロー 5• コーニッシュレックス 0• コラット 0• サイベリアン 60• サバンナキャット 1• シャム サイアミーズ 0• シャルトリュー 7• シンガプーラ 3• ジャパニーズボブテイル 0• スコティッシュストレート 3• スコティッシュフォールド 折れ耳 109• スコティッシュフォールド 立ち耳 80• スノーシュ 0• スフィンクス 6• セイシェルワ 0• セルカークレックス 30• セレンゲティ 0• ソマリ 9• ターキッシュアンゴラ 0• ターキッシュバン 0• チャイニーズ・リー・ファ 0• デボンレックス 1• トイガー 3• トイボブ 1• トンキニーズ 7• ドウェルフ 0• ドンスコイ 0• ノルウェージャンフォレストキャット 126• ハバナ 0• バーマン 0• バーミラ 0• バリニーズ 0• バンビーノ 0• ヒマラヤン 6• ピクシーボブ 0• ブリティッシュショートヘア 81• ブリティッシュロングヘア 2• ベンガル 76• ペルシャ 43• ペルシャ チンチラ 41• ボンベイ 0• マンクス 0• マンチカン 短足 75• マンチカン 長足 73• ミヌエット 54• ミンスキン 0• メインクーン 116• ヨーロピアンバーミーズ 0• ラガマフィン 22• ラグドール 69• ラパーマ 22• ラムキン 3• ロシアンブルー 30• ミックス・その他の猫種 24 発祥の地・ノルウェーでは、「森林の猫」「森の妖精」とも呼ばれるノルウェージャンフォレストキャット。 神話にもたびたび登場するほど、北欧ではなじみのある猫です。 美しく豊かな被毛が特徴で、大きな体やフレンドリーな性格から、「犬との異種交配種」と信じられていた時代もあるそうです。 ノルウェージャンフォレストキャットの特徴 ノルウェージャンフォレストキャットは、ノルウェーの森林地帯で自然交配によって生まれました。 神秘的なアーモンド型の目と、ふさふさとした豊かな被毛が特徴です。 北欧神話にも登場するほど古くから存在していて、「女神フレイヤが愛し、戦車を引かせていた」「雷神トールが地上から連れ去ろうとしたが、重すぎて持ち上がらなかった」などと言われています。 猫はだいたい1歳で成長が止まりますが、ノルウェージャンフォレストキャットの成長はゆっくりで、成猫になるのに3~4年かかります。 成長するとオスが体重4. 5~6kg、メスが3. 5~5kgほどと平均的な猫より重め。 8kgを超えるような個体も珍しくありません。 毛色は単色だとブラック、ブルー、ホワイト、タビーではブラウン、シルバー、ブルー、レッド、クリーム。 さらにホワイトや他色とのバイカラーもあり、バラエティ豊かです。 メインクーンとの違いノルウェージャンフォレストキャットは日本では「ノル」「ノルウェージャン」などの略称で呼ばれていますが、アメリカでは「ウェジー」「NFC」と呼ばれています。 猫種としての歴史は古いですが、ノルウェージャンフォレストキャットがCFAで公認されたのは1997年と最近のこと。 同じく長毛で体が大きなメインクーンとよく似ていたため、種として認められるまで時間がかかりました。 実際にノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンはよく似ていて、パッと見では同じ猫に見える人も多いでしょう。 見分け方にはコツがあるんです。 鼻:横から見るとノルウェージャンフォレストキャットの鼻筋はまっすぐ、メインクーンは丸みがある 耳:ノルウェージャンフォレストキャットの耳の先端が丸、メインクーンは尖って「リンクスティップ」という毛がある 顔:ノルウェージャンフォレストキャットの顔は逆三角形、メインクーンは丸顔 これらに注意すれば、違いはすぐにわかりますよ。 ノルウェージャンフォレストキャットの性格 穏やかで賢い猫でありながら、人と過ごすことを好むノルウェージャンフォレストキャット。 活発な面もあるので、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめです。 大きな体に似合わず、甘えん坊ノルウェージャンフォレストキャットの性格は、ゴージャスな外見に反し温厚な甘えん坊。 飼い主とのスキンシップも好みます。 社交的で我慢強いので、子どもがいたり他のペットを飼っていたりする家庭でも問題なく飼うことができるでしょう。 ただし、忍耐強さから表面上は平静を装っていても、実はストレスをためていることもあります。 森林育ちで、高いところが大好きおとなしい性格ですが運動能力は高く、ノルウェージャンフォレストキャットは飼い主と遊ぶのが大好き。 また、森林で狩りをして暮らしていた歴史からか、高いところや木登りが好きなので、キャットタワーを用意すれば喜んで登るでしょう。 ノルウェージャンフォレストキャットの飼い方 ノルウェージャンフォレストキャットは北欧の厳しい気候に対応するため、豊かな被毛を持つようになりました。 首から胸にかけての、ラフといわれる襟巻きのような毛が豪華です。 ノルウェージャンフォレストキャットの毛並みは、雪や水をはじく固くて長いオーバーコートと、柔らかく保温性のあるアンダーコートのダブルコート。 春と秋の換毛期は大量に毛が抜けます。 抜け毛を放っておくと、たくさん毛玉(ヘアボール)を吐いたり、毛球症になったりしてしまうことも。 特に夏は熱中症や皮膚炎などのトラブルの原因になります。 普段でも週3回以上、換毛期は毎日ブラッシングし、美しい毛並みと健康を保ちましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットはシャンプー必須猫は基本的にシャンプーの必要はないと言われますが、ノルウェージャンフォレストキャットは別。 ふわふわの毛は意外にオイリーです。 放っておくと毛艶が悪くなったり、悪臭の原因になったりするため、定期的にシャンプーしましょう。 シャンプーの頻度は、飼い主が「最近遊んであげた後は手がべたつく……」と気がついたきが目安と考えて大丈夫です。 ノルウェージャンフォレストキャットの水をはじく被毛は濡らすのが大変ですが、根気よく、かつ手早くシャンプーしてください。 ノルウェージャンフォレストキャットの寿命 ノルウェージャンフォレストキャットの平均寿命は、約11~14年ほど。 ただし成猫になるまでの期間が長く、ほかの猫は約1年でおとなになるのに対し、ノルウェージャンフォレストキャットは3~4年もかかると言われています。 少しでも長生きさせるためには、日頃の食生活やお手入れ、そして定期的な健康診断が重要です。 ノルウェージャンフォレストキャットは毛玉ができやすかったり、熱中症が起きやすかったり、長毛種ならではのトラブルなどが多くみられます。 また、ストレスがない生活を心がけることも、ノルウェージャンフォレストキャットの長寿の秘訣と言えるでしょう。 ノルウェージャンフォレストキャットの気を付けたい病気 ノルウェージャンフォレストキャットはその豊かな被毛から、「毛球症」のトラブルが多いです。 毛づくろいで飲み込んだ抜け毛が胃の中で毛玉になり、便秘や下痢、食欲不振などの症状を引き起こします。 放置していると「腸閉塞」になってしまう可能性も。 毛球症を防ぐには、こまめなブラッシングが大切です。 毎日1回は行いましょう。 また、換毛期(春・秋)はいつもより抜け毛の量が増えるので、1日2回程度に回数を増やしてください。 定期的にシャンプーをやってみてもいいかもしれませんね。 病気の治療には、早期発見が大切です。 些細なことでも構いません。 普段と違う様子が見られたら、すぐにかかりつけの獣医師に相談しましょう。

次の

おすすめキャットタワー10選!タイプ別にご紹介!

ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンの性格• 穏やか• ストレスに強い• 環境の変化に強い• 甘えん坊• 遊び好き• 人懐こい 過酷な環境を生き抜いてきた品種だけに、環境への適応力が高く、比較的ストレスにも強いといわれています。 その風貌からは想像できないほど甘えん坊な一面がありますが、飼い主の膝の上でじっとしているのは苦手。 いつも動いているのが好きですから活動的な家庭にはピッタリです。 子どもとの相性はよいでしょう。 ノルウェージャンフォレストの値段 一般的に大型になる猫は成長が遅く大人になるまでには3~4年はかかります。

次の